左利き肝臓専門医ブログ

2017.06.22更新

太ったウエイターさんに給仕されると
ゲストは ついついたくさん食べてしまう
というお話を紹介しましたが

これに関連して

デブはヒトにうつる

という話題が世間を賑わしたことがありました


インフルエンザや風邪と同じように 肥満も周りの人に感染してしまう?

なかなかショッキングで そしてとてもキャッチーな話題なので
ちょっと ご紹介しましょう


きっかけになったのが
2007年に 世界でいちばん有名な医学雑誌NEJMに掲載された
1本の論文でした

obtr01


この論文は アメリカ東部のマサチューセッツ州で
1971年~2003年の30年以上の長期にわたり
21~70歳の男女12000人以上の沢山の人々を対象にした
疫学研究のデータをもとに

友人 兄弟 配偶者 近所の隣人とのつながりといった
社会的ネットワークと  肥満になるリスク
の関係を検証した研究の成果です


研究では

ある人の周囲にいる人がBMI・30以上のかなりの肥満になった場合
その人も続いて肥満になる確率 

を検討しました

その結果 その人が肥満になる確率は

*配偶者が肥満になった場合 37%増加

*兄弟姉妹が肥満になった場合 40%増加

*友人が肥満になった場合 57%増加

していました

ちなみに ある人の近所の隣人が肥満になったでも
その人が肥満になる確率はほぼ0%で
単に家が隣という社会的要因は 肥満になるリスクには関与しない

obtr01a


さらに詳しい解析もなされていて

友人といっても どちらか片方だけが友人と思っている間柄より
お互いが友人と思っている深い間柄の方が ダントツにリスクが高く

異性より同性の友人の方がリスクが高い

また 兄弟姉妹でも 異性より同性の方がリスクが高い

obtr02


同性のマブダチは危ない ということですね(笑)

obtr03

面白いですね~ どうしてなのかな?


ヒトが 肥満になりやすい遺伝子を有している場合
肥満になるリスクはおよそ30%と報告されていますから

遺伝的な因子を有していることより
周囲の人が肥満になる社会的状況の方が
はるかに肥満になるリスクが大きいということです

まさに デブは インフルエンザのように ヒトにうつる?

なんともショッキングな結果です



こうした 社会的要因が肥満に影響を及ぼすという研究は
以前からなされていて

太ったウエイターさんの話題でも紹介しましたが

太ったヒトの写真を見ると 普通の人や痩せた人の写真を見たあとより
たくさんクッキーやキャンディを食べることが報告され

ヒトは
周囲の食べる量に合わせて自分の食べる量を決める傾向があることも
報告されています


要するに

*近しい関係の人に太った人が多かったり

*周囲にたくさん食べる人が多いと


肥満のリスクが高いということです


確かに街でマンウオッチングをしていると
ふくよかな方の隣に ふくよかな方がおられる確率は 高い気がします

obtr04


ただ 現象としてそうしたことが見られるのは 理解できますが
どうしてそうなるのでしょう?

たとえば親子の場合
親がおデブでジャンクな食事ばかりしていたら
子供が影響を受けておデブになってしまうのは 理解できます

obtr05


しかし 友人がおデブになることが
その友達がおデブになることに どのように影響するのでしょう?

沢山食べる 運動しない ジャンクな間食が好き
友人のそうした傾向が 影響を及ぼすのでしょうか?


色々な理由が考えられるが いちばん大きな理由は

友人同士で 太ることを容認してしまうからではないか?


と 論文の筆者たちは考察しています


肥満をネガティブに捉える気持ちがない友人同士では

片方が太ると その太った理由である食生活を含む生活習慣を
友人も抵抗なく受け入れてしまうから デブがうつる


なるほど
太っても構わないわ という価値観を共有する友人同士の間で
肥満は広がっていくというわけですね

だとすると もし太ってしまったら
肥満は健康に良くないわよ という考え方の友人と
積極的に付き合うようにすれば良いということ?


こうした 病気を社会的なつながりの観点から検討する方法論は
ネットワーク医学と呼ばれ
肥満だけでなく さまざまな分野で研究が行われています

病気は

*遺伝子やタンパク質のネットワークの異常によって生じ

*肥満 糖尿病 脂肪肝などの病気同士のネットワークも存在しますが

*さらに 社会ネットワークが 病気の発症に影響を及ぼしている

というコンセプトのようです

obtr06



一方で 脳科学の専門家は 肥満がうつる理由のひとつに
ミラー・ニューロンの存在を指摘しています

ミラーニューロンは 霊長類などの高等動物のみに存在する特殊な細胞で

他人が目の前で何らかの行動を取った場合
その行動に反応して自分も同様の行動を起こすように
つまり 真似っこをするように命令します

obtr07

このミラー・ニューロンが強力に活動するのが

*相手と共感したとき

*何かを我慢したり メンタル的に不安定で意志力が弱まっているとき

だそうで

上述したネットワーク医学の推論を
脳科学的に裏付けているようで面白いです

なるほどです~


さて 読み手の皆さんの身近には
太った影響力の強い同性の友人はおられませんか?

もし いらしたら

そして あなたが 体重に頓着しないタイプ
あるいは ダイエットに悩まれていたら

充分にご注意ください(笑)



2017.03.14更新

さすが プロはキャッチーなタイトルをつけるものです

久し振りに髪の毛を切りに行って
待っている間に差し出された雑誌のなかに
表紙に今日のブログのタイトルが踊っているものがありました

Tarzan 3/9号 内臓脂肪と皮下脂肪に関する特集号です

*内臓脂肪は減らしやすいので サクッと3週間で退治しましょう

*皮下脂肪は難敵なので じっくり3か月かけて取り組みましょう

うまい! さすがプロのタイトルです!


しかも表紙は

内臓脂肪が増える太り方の リンゴ型肥満のリンゴ
皮下脂肪が増える太り方の 洋ナシ型肥満の洋ナシ

のビジュアルな組合せ

tarzan01

デザイン的にもさすがです!


Tarzanは 以前にも 太る理由特集を紹介させていただきましたが
いつも興味深いテーマを選んで特集を組まれていて
参考になります


で この特集の目次を見ると

内臓脂肪 皮下脂肪に加え 異所性脂肪 褐色脂肪細胞など
関連するトピックワードが並んでします

tarzan02

 

ぜーんぶ 当ブログでは既に取り上げたことがあるネタですが(笑)

プロが料理すると どんな内容になるのか
ヘアカットが終わってからすぐに 本屋さんに行って1冊購入してきました


で 内容的には ウチのブログと遜色ありません(笑)
Tarzanさん なかなかよく勉強されています(エラソ~!:苦笑)


でも 見せ方はさすがプロだけあって きれいですね


それと 具体的な対策

つまり

*内臓脂肪を減らす食べ方
*皮下脂肪を減らす食べ方
*有酸素運動を無理なく継続していく方法

等に関する記事が なかなか詳細でためになります


そういえば 以前ご紹介した同雑誌の太る理由特集号からも
知らぬ間に太る食べ方について ご紹介しました

tarzan03

こういう 実際的なノウハウ記事は
具体的でとてもためになるので 素晴らしいと思います

さすがの編集のプロの目線には感服します


そこで Tarzanの最新号を買い逃した方のために
次回から
書き手がためになると思った内容をかいつまんでご紹介します

Tarzanさん ありがとうございます!


tarzan04

 

2017.02.23更新

脂肪組織以外の臓器に脂肪が溜まり
機能異常が生じてきてしまう異所性脂肪について説明しましたが

さまざまな臓器に脂肪が溜まると どんな障害が生じるのでしょう?


<肝臓での異所性脂肪>

肝臓の生理的な働きは

栄養素が足りない状況では
グリコーゲンの分解や糖新生により 糖を全身に供給し

ectf01

栄養素が過剰な状況では インスリンの作用により
肝内に糖を取り込みグリコーゲンとして蓄積し
さらに過剰な糖質がある場合は 脂質に変換して蓄えます


ectf02



しかし 肝臓に異所性脂肪蓄積が起こると

グリコーゲンの合成能が低下し備蓄量が減るので
筋肉などを壊して糖質を供給する糖新生が起こりやすくなり

その結果
筋肉量が減少し 基礎代謝が落ちて  さらに太りやすい体質になってしまう



ectf03


また 肝細胞のインスリン抵抗性が生じるので

肝細胞に糖を取り込みにくくなり 血糖値が高い状態が維持され
さらに グリコーゲンの合成能も一段と低下します


インスリン抵抗性が生じる過程には

遊離脂肪酸により誘導される
インスリン受容体からの情報伝達分子の機能障害

が 関与すると考えられています

lipotox08


肝臓に異所性脂肪が蓄積して起こる病態は
既にご説明したNAFLD・NASHが有名ですが

ectf05

これらの病態で 糖尿病生活習慣病が合併しやすいのは
上述した異所性脂肪蓄積によるところが大きいと考えられています



<骨格筋での異所性脂肪>

過剰な栄養摂取により脂肪組織からあふれ出た遊離脂肪酸は
肝臓と同様に骨格筋にも異所性に蓄積して

ectfm02

筋肉への糖の取り込みの低下=インスリン抵抗性を惹起します

そのため 血糖値が高い状態が維持されてしまうし
グリコーゲンの合成も抑制されてしまう

ectfm01


骨格筋でインスリン抵抗性発現は

肝臓と同様に
インスリン受容体から細胞内へのシグナル伝達分子の働きが
遊離脂肪酸により障害されるためと考えられています


骨格筋での異所性脂肪蓄積を亢進させる要因として

*運動不足 高脂肪食
*それらにより生じる肥満が誘導する低アディポネクチン血症

などが想定されています

ですから 
筋トレなどを行い骨格筋内の脂肪蓄積量が減ると
インスリン抵抗性も改善するとされています

無酸素トレーニングは 基礎代謝を上げるだけでなく
骨格筋のインスリン抵抗性改善にも役立っているのですね



<肝臓・骨格筋の異所性脂肪蓄積と 食事・運動療法>

興味深いことに

肝臓や骨格筋における異所性脂肪蓄積量は
内臓脂肪量とは必ずしも相関しません

ですから
肥満がなくても 運動不足や高脂肪食だけで
肝臓や骨格筋に異所性脂肪が蓄積し得ます

たとえお腹が出ていなくても
肝臓や筋肉に脂肪がついていることもあるので 要注意です!


しかし 糖尿病の方が食事療法や運動療法を行うと

siu01

たとえ体重減少は少なくても

*食事療法は 肝臓の
*運動療法は 骨格筋の

異所性脂肪蓄積を著明に減少させることが報告されています


1日に3000~5000歩程度の早歩きを2週間行うだけで
骨格筋の異所性脂肪蓄積量が20%も減るとの報告もあります

肝臓や骨格筋の異所性脂肪蓄積量が減れば
それぞれのインスリン抵抗性が改善されますから
血糖コントロールに好影響を及ぼすのは 間違いありません

食事療法 運動療法の効果は こんなところにもあるのですね



<心血管系での異所性脂肪>

肝臓や骨格筋だけでなく 心臓や血管にも異所性脂肪が蓄積します

ectfh01

しかし 心血管系での異所性脂肪蓄積による障害は
肝臓や骨格筋と異なり インスリン抵抗性が関与しません

遊離脂肪酸は
血管を構成する血管内皮細胞内で 活性酸素の産生を促進し
内皮細胞機能が障害され 血管が常に収縮しやすい状態になる

そうすると 狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります


糖尿病 メタボリックシンドローム 脂質異常症などの患者さんで
狭心症などが発症しやすい原因のひとつとして
血管での異所性脂肪蓄積が考えられています

実際 肥満や糖尿病の患者さんでは
心臓への異所性脂肪の蓄積の度合いが強く

ectfh02


心筋梗塞を起こした方は そうでない方に比べて
心臓の異所性脂肪の量が多いことが報告されています

ectfh03



<膵臓での異所性脂肪>

遊離脂肪酸が過剰になり 膵臓内に異所性に蓄積し始めると
膵臓内に線維化が起こりβ細胞数が減少してくるので
インスリン分泌能が低下してきます

この現象には
遊離脂肪酸による膵β細胞の細胞死(アポトーシス)亢進
が関与すると考えられています

ectfp02


このように 膵臓への異所性脂肪蓄積は
インスリン分泌低下を介して ダイレクトに糖尿病発症を促します

ectfat02




異所性脂肪蓄積によるさまざまな障害について説明してきましたが

*異所性脂肪蓄積は  インスリン抵抗性を誘導して
 糖尿病や生活習慣病などの発症につながることが多い

*肥満がなくとも 肝臓や骨格筋の異所性脂肪蓄積は起こり得る

といったことが ポイントだと思います


お腹の周りについた脂肪だけでなく

肝臓 骨格筋 心臓 膵臓などの脂肪蓄積についても
気をつけなければいけない


厄介で 面倒なことです


ectflast


将来的には

*過剰に蓄積した内臓脂肪や異所性脂肪を皮下脂肪へ分布変換させる薬剤
*内臓脂肪・異所性脂肪の蓄積を特異的に阻害する薬剤

などの開発が望まれるところです


しかし よく考えてみましょう

異所性脂肪が蓄積するのは

食べ過ぎや運動不足などの悪しき生活習慣により
体内に皮下脂肪の脂肪蓄積量を上回る量の脂肪が溜まるからです

なにも 上述したような難しい薬を開発しなくても
生活習慣さえ改善すれば 異所性脂肪はたまりません


seikatsusyukan


不適切な ”第3の脂肪” によるさまざまな問題が
どうして生じてきたのか?

ectflast2


これまで説明してきたように
生活習慣病が起こる新たな機序が 次々に明らかにされてきましたが

改善するための根本対策は 常に明快なわけで

でも それが難しいのですよね(苦笑)

 

 

2017.02.22更新

脂肪組織からあふれ出てきた 過剰な遊離脂肪酸などの脂質が
脂肪毒性を引き起こして
臓器や細胞の機能を障害する話を紹介しましたが

こうした脂肪毒性という現象の根底には

皮下脂肪や内臓脂肪などの脂肪組織からあふれ出た脂肪が
脂肪組織以外の非脂肪組織に蓄積すると
その組織や細胞の機能がおかしくなる

という考え方があり

さまざまな組織に沈着した脂肪は 異所性脂肪 と呼ばれます

ectfat01


<異所性脂肪とは?>

多量の中性脂肪を細胞内に溜め込む性質をもたない
筋細胞 肝細胞 膵β細胞 心筋細胞などに
過剰な中性脂肪が異所性に蓄積し

それにより 
各細胞の機能異常が引き起こされ
糖尿病生活習慣病の 発症・進展に関与する現象のことです


ectfat02



<どうして異所性脂肪が蓄積するか?>


内臓脂肪の蓄積により生じる 
高遊離脂肪酸血症 高インスリン血症により
各臓器内に脂肪が蓄積すると考えられています

過剰な栄養摂取により生じた中性脂肪は 
まず皮下脂肪に蓄積され

皮下脂肪の脂肪蓄積能力が限界に達すると
内臓脂肪として蓄積されます

さらに内臓脂肪の脂肪蓄積能力が限界に達すると
蓄積しきれない中性脂肪・遊離脂肪酸は血中に放出され
肝臓や骨格筋などに蓄積して異所性脂肪沈着を起こすに至ります


lipotox03


一方 前回少しご紹介した慢性炎症も 
異所性脂肪蓄積に関わると考えられています

さまざまな臓器において 慢性炎症は組織の線維化を誘導しますが

脂肪組織で慢性炎症が生じると
線維化により 組織内での脂肪蓄積容量が制限されてしまい

脂肪を容易に血中に放出しやすくなります

ectfat04



実際に 肥満の患者さんでは 脂肪組織内の線維化の程度は
脂肪組織の脂肪蓄積容量と逆相関を示し
異所性脂肪蓄積量と正相関を示しています

脂肪組織での慢性炎症による線維化が
異所性脂肪蓄積に関与しているようです


<日本人に多い隠れ肥満>

少し話が脱線しますが

脂肪組織から血中に遊離脂肪酸が放出される際は
主にインスリンがホルモン感受性リパーゼ活性を介して 
放出量を調節しています

脂肪組織からの遊離脂肪酸放出量は
内臓脂肪 皮下脂肪 骨格筋脂肪でそれぞれ違い

内臓脂肪が 最も大量に脂肪酸を放出します

このように 内臓脂肪は皮下脂肪に比べて悪さを示しますが

ectfat05

日本人は欧米人に比べ 皮下脂肪の脂肪貯蔵能力が低いので
内臓脂肪/皮下脂肪比が高く

非肥満者であっても
内臓脂肪蓄積や脂肪肝の存在が認められるので 要注意です


ectfat06


いわば 隠れ肥満ですね


<異所性脂肪で誘導される病態>

インスリン抵抗性が その典型です

インスリンが作用するインスリン感受性臓器である
骨格筋 肝臓などに異所性脂肪が蓄積すると

それぞれの臓器の細胞レベルで インスリン抵抗性を惹起してしまい
糖尿病やメタボリックシンドロームを引き起こす原因になります

インスリン抵抗性が生じる機序は 前回ご説明した脂肪毒性に依ります


ectfat07


また 心臓や血管に異所性脂肪が蓄積すると
心筋細胞や血管内皮細胞の機能が障害されて
狭心症や心筋梗塞に進展するリスクが生じてきます


異所性脂肪蓄積 あなどれません


こうした 非脂肪組織における異所性脂肪蓄積は
上述した隠れ肥満でも起こり得ますので

厳密に言うと体重をチェックするだけでは不十分で
内臓脂肪量や 肝臓や骨格筋での脂肪蓄積量
評価する必要があります


当院でも 脂肪肝や糖尿病の方々には
腹部CT検査での内臓脂肪量測定をお勧めしており

naizoushibou



赤く見える内臓脂肪の量の多さを
ご自分の眼で確認していただいています

この内臓脂肪が 色々な悪さをしていること

そして 内臓脂肪は皮下脂肪に比べて
運動療法や食事療法によって減りやすいことをお話して

新たに始める食事療法や運動療法の 動機付けにしていただいています


次回は 各臓器における異所性脂肪蓄積について説明します



2017.02.21更新

脂質異常症シリーズの最後に

これまでの話とは少し趣が異なる
脂肪毒性異所性脂肪蓄積 の話題を提供します


過剰に増えた脂肪は 細胞にとって毒だ

というセオリーがあり

脂肪毒性・Lipotoxixity と呼ばれています

lipotox01


<脂肪毒性って なんだ?>

健康障害を伴う肥満状態においては

細胞内や血液中の 過剰な中性脂肪・遊離脂肪酸

さまざまな細胞の機能異常や 臓器障害を引き起こす

という考え方で


lipotox02
過食や運動不足で体重が増え 脂肪が増えると
皮下脂肪組織の貯蔵能力を超えてしまい

血中に容易にあふれ出て 過剰な遊離脂肪酸となり

lipotox03

脂肪組織以外の組織に蓄積して
細胞障害や細胞死を誘導してしまいます

こうした脂肪組織以外に蓄積して悪さをする脂肪を
異所性脂肪 と呼びます
(次回詳しく説明します) 


<脂肪毒性が引き起こす障害>

膵臓のβ細胞の インスリン分泌低下・β細胞量の減少

骨格筋・心筋細胞の インスリン抵抗性出現

肝臓での インスリン抵抗性出現 肝細胞障害(脂肪性肝炎)

脂肪組織での インスリン抵抗性出現 慢性炎症の出現
        炎症性サイトカイン分泌増加

血管の拡張反応の低下

中枢神経系でのインスリン・レプチン抵抗性

といった 臓器 細胞レベルの機能障害が起こってきます


lipotox04


インスリン抵抗性
脂肪毒性で誘導される代表的な現象であることが
おわかりいただけたかと思います

lipotox05



<脂肪毒性がおこるメカニズム>

こうした脂肪毒性が発揮される機序として

*細胞内に蓄積した脂質が 細胞機能を直接障害する

*臓器内での脂肪蓄積により誘導された慢性炎症が寄与する

といった考え方があり

遊離脂肪酸や 脂肪酸から誘導されるセラミドなどが

細胞内で iNOS NFκB JNK IKKβ PKCといった
炎症反応やインスリンシグナル伝達に関わる分子に働きかけたり
酸化ストレスを誘導して

細胞障害やインスリン抵抗性が生じると推測されています



lipotox06


また 肥満により脂肪組織で誘導される慢性炎症

脂質分解を促進し 遊離脂肪酸の血中への放出を増加させる
と考えられています


脂肪組織は アディポカインというホルモンのような物質を産生して

そのなかの悪玉アディポカインと呼ばれるものは
インスリン抵抗性の誘導などに関わることを 以前に説明しましたが

脂肪組織から漏れ出てくる遊離脂肪酸などの脂質分子の一部は

さまざまな細胞の機能に悪影響を及ぼす
悪玉アディポカインの仲間と見做す考え方もあり


lipotox06a


ラードなどに多く含まれるパルミチン酸やステアリン酸といった
長鎖飽和脂肪酸
ストレス応答や炎症性反応を惹起するために
まさに悪玉アディポカインと見做されています


lipotox07


遊離脂肪酸の一部が 細胞機能を障害する

などというアイデアは
書き手が医学生だった頃は 聞いたこともありませんでした

ホント 医学は日進月歩で
勉強していないと あっという間に取り残されてしまいます(苦笑)



<脂肪毒性とインスリン抵抗性>


最後に 脂肪毒性とインスリン抵抗性の関わりをもう少し詳しく解説します

インスリン抵抗性とは 既に説明したように

インスリンは分泌されていても
その標的臓器で作用が発揮できない状況のことで

要するに インスリンがうまく働けない


どうしてうまく働けないかというと

インスリンが働くには 標的細胞の表面にある受容体に結合し
受容体から種々の分子を介して細胞内にシグナルが伝達され核に到達し
インスリン作用を発揮するのに必要な分子の遺伝子が発現される

というプロセスが必要ですが

遊離脂肪酸

*このプロセスに関わるさまざまな分子の機能を修飾して
 インスリンのシグナルがうまく伝わらないようにしたり

lipotox08

*炎症やストレス応答を惹起する分子を活性化させたり

lipotox09

することで インスリン抵抗性や慢性炎症を引き起こすのです



一方で 

糖尿病患者さんの膵臓内には慢性炎症が見られますが

慢性炎症で誘導されるM1マクロファージという 炎症を増悪する細胞が
インスリンを分泌する膵臓のβ細胞の機能障害をもたらすことが
明らかにされています



lipotox10


このように

慢性炎症という病態が色々なところに絡んで
病態をさらに悪い方向へと進展させてしまいます

lipotox11


炎症は ケガや感染を起こしたときに
それを修復させるために起こってくる一過性の反応ですが

なぜか一過性に収束せず 慢性的に炎症が遷延することがあり
それがさまざまな病気の病態形成に関わることが
明らかにされつつあります

脂肪毒性やインスリン抵抗性にも
慢性炎症が深く関与しているようですが

この興味深い慢性炎症については いずれ稿を改めて解説します



2015.03.23更新

リンゴといえばシードル!
 

 a

では 梨のお酒は? という呑兵衛のお話しではなくて(笑)

倹約遺伝子の話題で リンゴ型肥満 洋ナシ型肥満 について言及しましたが
この単語はダイエットに興味がある方なら 耳にされたことがあるでしょう

リンゴ型肥満は 手足は細いのにお腹がつき出るような体型
脂肪は皮下組織でなく お腹のなかの内臓の周囲にたまります
溜まった脂肪は 内臓脂肪

一方 洋ナシ型肥満は 端的に言うと 下半身デブ
脂肪は皮下組織 特に腰から下半身にかけて溜まります
溜まった脂肪は 皮下脂肪

 a


この内臓脂肪と皮下脂肪 同じ脂肪でもかなり性格が異なります

内臓脂肪は 
脂肪細胞の数は多くありませんが 
内部に中性脂肪がたっぷりと蓄積されているので 細胞が大きい!
細胞肥大型 と呼ばれます

それに対して皮下脂肪
内部の中性脂肪のたまりも少なく小さめですが 
そのかわり 脂肪細胞の数が多い!
細胞増殖型 と呼ばれます

 a


内臓脂肪は 大人になってから太ってきた人に多い いわば”新デブ

皮下脂肪は 色々な種類の細胞が増殖することが多い成長期から太っている人に多い 
いわば”もとからデブ

先日のブログでご紹介しましたね


で どちらが性質が悪いかというと それは断然 内臓脂肪です

前にも言及しましたが 内臓脂肪はメタボの元凶です

肥大した脂肪細胞はアディポカインとよばれるホルモン様物質を産生
それらのなかには動脈硬化やインスリン抵抗性を誘導して 
糖尿病をはじめとする生活習慣病を引き起こします

 a


また摂取エネルギーが過剰になると 内臓脂肪細胞は極限にまで肥大化して
やがて肥大の限界を超えると 
蓄えきれなくなった脂肪や糖質が血液にあふれ出る

さらに 内臓は門脈という血管を介して肝臓に直結していますが
肝臓は中性脂肪やコレステロールを作る臓器ですから
そこに原材料となる脂質がたくさん流入すると 
コレステロールなどが更にたくさん作られ高脂血症になる

いいことはありません

一方 皮下脂肪はぶよぶよしていて見た目は悪いですが 
直接病気に結びつくことは少ない

脂肪細胞内に蓄えられた脂肪の量も少ないので 血中に溢れ出すこともないし
アディポカインもほとんど産生しない

 a



ただし運動により分解されやすいのは 内臓脂肪です

ダイエットや運動により 内臓脂肪に蓄えられた脂肪は消費されるので 
肥大した細胞は縮小する

しかし皮下脂肪は細胞数が増えているので 
一度増えた細胞数を減らすのはなかなか至難の業です

いわば皮下脂肪は長期のエネルギー貯蔵庫のようなもので
天変地異が起こって飢餓時代が訪れたら 
皮下脂肪が多い人は しばらく食い繋げるでしょう 

 a



ちなみに リンゴ型肥満は男性に多く 洋ナシ型肥満は女性に多い

つまり 男性は内臓脂肪が溜まりやすく 女性は皮下脂肪が溜まりやすい 
その理由は また別の機会に(笑)


ということで 
中年以降に体重が増えてきた方は
男性はリンゴ型肥満の増悪 
女性は洋ナシ型肥満からリンゴ型肥満への変化に気をつけられ

成長期から肥満だった方は 
さらに内臓脂肪の蓄積が加わらないよう注意が必要です

ダイエット中の皆さん 頑張ってください!


ちなみに 大人が楽しむリンゴやナシといえば、、、

 aa


結局オチは 呑兵衛の話?(苦笑)

2015.03.13更新

若い頃からデブか 大人になってからデブになったか その差は大きい?
最近 糖尿病専門医と書き手の間では このことがよく話題になります

糖尿病専門医が語る仮説はこうです

若い頃 成長期にデブになると(もともとデブ : もとデブ) 
脂肪がつくのは主に皮下組織だし 体がそれなりにデブに適応するから
大人になって更にデブにならなければ それほど支障はないかもしれない?

 a


一方 大人や中年になってからデブになると(新しくデブになった : 新デブ) 
内臓脂肪も増えるから生活習慣病になりやすくなるし 
健康管理上 非常に心配なことが多い

 b

どうなのでしょう?

書き手は 肥満児の先駆け なので もとデブ です(苦笑)
しかし 糖尿病専門医のありがたいご指導により 
新デブ の追加はなしですんでいるので
今のところ大事には至っていません

スタッフにこのことを話したら 
身内にも同じような人がいると妙に納得されました

また糖尿病は 若い頃は痩せていたのに中年になってから太り始めた
という方が発症することが多いようです


でも 新デブ が もとデブ より優位なこともあります

それは もとデブはダイエットや運動を頑張っても
あまり改善が期待できないのに対し

新デブはダイエットや生活習慣の改善により改善が期待できること

もとデブの皆さん 更にデブにならないように気をつけてください!!
新デブの皆さん 頑張ってダイエットや運動療法に励んでください!!

もとデブ と 新デブ の違い  研究してみると意外に面白いかも?



2015.02.09更新

好評の(?) 肥満シリーズ 第3弾  
「あなたは太りやすい体質ですか?」

 38.1


では 以下の質問にお答えください

1)両親 あるいはそのいずれかが太っている  Yes:3ポイント

2)子供の頃に太っていた  Yes:2ポイント

3)血縁に糖尿病 高血圧 狭心症の方がいる  Yes:1ポイント

4)脂っこいもの 甘いものが好き  Yes:1ポイント

5)間食 夜食 ドカ食いが好き  Yes:1ポイント

6)ビール党  Yes:1ポイント

7)運動が嫌いで 歩くより車での移動を好む  Yes:1ポイント


さて 皆さんは合計で何ポイントでしたか?

合計が 6ポイント 以上だと ズバリ 肥満体質です!
(このチェックリストは日本生活習慣病予防協会のHPにでています)

 38.2


皆さん 大丈夫ですか~?

ご覧になってわかるように
1)~3)の質問は 「遺伝要因」に関すること
4)~7)の質問は 「生活習慣」に関することです

肥満は「遺伝要因」と「生活習慣」の両方が関与して生じます

遺伝要因はどんなに頑張っても変えることはできませんから
残念なことに遺伝要因がある方は 生活習慣により気をつける必要があります

一方 遺伝要因がなくても 生活習慣が乱れていると肥満になってしまいます

 38.3


ちなみに私事で恐縮ですが 
書き手は最初の3問で6ポイントに達してしまいます
(つまり糖尿病の遺伝体質がある)

しかし糖尿病専門医の暖かいご指導のおかげで(!)
いまのところ糖尿病も発症せず事なきを得ております

やはり大切なのは生活習慣の改善だと 身をもって感じている次第で(苦笑)

6ポイント以上だった方 生活習慣の改善を心掛けて 
地道な努力で頑張りましょう!



2015.02.03更新

どうしてデブじゃ悪いのよ! 
ちょっとふくよかなだけで 別に病気じゃないでしょう?

 33.1


このネコさんがそのように言われているか定かではありませんが

デブは立派な”病気”です!」と日本肥満学会は宣言されています
(すみません デブなんて品のない言い方はされておらず
肥満症」と言われていますが)

「危険なデブ」は「肥満症」という”病気” なのだから 
きちんと治療しないとダメです! ということです


では「危険なデブ:肥満症とは どんなデブかというと 

一般にBMI(肥満の尺度:体重・Kg/身長2・m)が25以上だと
肥満とされますが そのなかでも

肥満関連疾患による健康障害がある
 (肥満関連疾患: 高血圧 2型糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 
  冠動脈疾患 脳梗塞 脂肪肝 肥満関連腎臓病 睡眠時無呼吸症候群
  整形外科的疾患 月経異常)

・健康障害がなくても 内臓脂肪型肥満(内臓脂肪面積100cm2以上)で 
 将来の肥満関連疾患合併が予測される
 (内臓脂肪量面積はCTで測定しますが 
 へそ周囲ウエスト測定で 男性85cm 女性90cm以上だと
 100cm2以上とみなされます)

のいずれかにあてはまると「危険なデブ:肥満症になってしまいます

そして こうした肥満症の「患者さん」は 
その治療として医学的な減量を必要とされるのです

 33.2


はい 皆さん 大丈夫ですか~?

ウエスト測定のところを読まれて 冷や汗が出てきた方はおられませんか~? 
(肝臓専門医は冷や汗です:苦笑)

まあ 肥満が良くないことは認識していても 
それが”病気”だという そこまでの認識はありませんよね

太っているけれど健康だと思っていたのに 
病気”だなんて言われると ちょっと不安になります

でも 現代の予防医学の常識はそういうことのようで、、、

危険なデブの方 危険なデブになりそうな方 
”病気呼ばわり” されないように頑張って痩せましょう!(自戒です!)


ところで ネコのウエストは どこで測るの?

33.3


entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら