左利き肝臓専門医ブログ

2017.08.16更新

夏風邪夏型過敏性肺炎とは趣が異なりますが

夏に多く見られるのが 冷房病 です


rbb01


エアコンでの冷え過ぎ
によって
起こり


scc09

オフィスで仕事をする女性に多くみられますが
最近は中高年の男性にも増えています


rbb01a


<症状>

冷え性の症状に似ていて

頭痛 肩こり 腰痛 疲労感 食欲不振 不眠 むくみ
冷え 便秘・下痢 頻尿 生理不順

などが認められます

rbb02


<原因>

身体が冷やされることによる血行不良が第一の原因で

冷えにより血管が収縮して血行不良になり
そのために肩こりなどが起こります

rbb03


また 自律神経失調も大きな原因です

夏風邪でも説明しましたように

室内外での急激な温度変化に身体がついていけなくなり
5℃以上の気温差がある場所の出入りにより
体温調節を司る自律神経のバランスが乱れてきます


rbb04


体温を下げる交感神経 上げる副交感神経のバランスが崩れてしまい
体温調節が出来なくなります


rbb05


もともとヒトの身体は 自律神経のバランスにより
過剰になった体内の熱を 皮膚の水分を通じ汗として体外へ出すことによって
体温調節していますが

エアコンから送り出される乾燥した冷気は
大切な皮膚の水分をすっかり蒸発させてしまい
皮膚の水分がなくなり汗をかけないので 体温調節が出来なくなるのです


また 自律神経は全身の臓器の働きを調節しているので
そのバランスの乱れにより 全身のさまざまな症状が起こってきます


<対策>

身体を冷やしてしまわないように 冷えを避けることが大切

*クーラーの風に直接当たらないようにして
*エアコンの設定温度は28℃と高目にし
 外気温との差を少なくするようにします

rbb06


職場などでエアコンの温度調節が上手くいかないときは

*カーディガンなどの羽織るものやひざ掛け
*マスク (体感温度を上げてくれる)
*スカーフ マフラー (頭痛 肩こりに効く)
*腹巻 (お腹を冷やさない)
*レッグウォーマー 靴下の重ね履き

などにより対処します

rbb07


<予防>

自律神経の働きを正常に保つために 以下のことに気をつけます

@食生活

*3食きちんと食べる
*冷たい飲み物を摂りすぎない 暖かい飲み物を飲む


@お風呂に入る

*シャワーでは体の芯が温まらないため お風呂に入った方が良い
*38~40度のぬるめの温度で 20~30分は入浴して 全身の血行を良くします


@定期的な運動

*交感神経の働きをよくするため
 1日に20~30分のウオーキングを行うようにします

rbb08


@座りっぱなしを避ける

長時間 座ったままでいると さまざまな健康障害が生じますし
 自律神経の乱れも生じますから
 1時間に1回は定期的に椅子から立ち上がってストレッチをするようにします


@質の良い睡眠をとる

*夏風邪の項で解説したように
 エアコンのリモコンなどを上手く利用して 心地よい睡眠をとるようにします


@ストレスをためない

*ストレスがたまると自律神経の乱れが生じやすいので 上手く気分転換します

rbb09


最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら