左利き肝臓専門医ブログ

2016.10.04更新

ブログネタは up to date でないと!
そうでなくても 新しもの好きの江戸っ子だから!


というわけで 当初の予定では 今日は便秘の解説をする予定でしたが

大隅先生が今年のノーベル医学・生理学賞を受賞されたニュースを聞いて

急遽 オートファジーネタに! (なんて節操がない!:苦笑)

autophagynobel1


オートファジーについては いずれシリーズで詳しく説明しますが

思い切り端的に言うと

細胞のなかで
不要になった細胞内小器官やタンパク質を分解する仕組みのことです



もともとは 細胞が飢餓状態 栄養が供給されない状態になったときに
その細胞を顕微鏡で観察すると
細胞のなかに 見慣れない構造物があった

それを発見したのが オートファジー研究の途端だったと聞いています


autophagynobel2


その 膜で囲まれた見慣れない構造物は オートファゴソームと名付けられ
その中には ミトコンドリアなどの細胞内小器官が
取り込まれていることがわかりました

そして
タンパク質分解酵素のリソソームが オートファゴソームにくっついて
オートリソソームを形成して

その中で 細胞内小器官やタンパク質などの細胞内成分が
分解されていることがわかりました


この現象は 最初は 細胞が飢餓状態になったときに
自らの細胞内成分やタンパク質を分解してアミノ酸を得て
それを再利用して飢餓に対応する生理現象と考えられていました


autophagynobel3

 

 

確かにオートファジーの本質はそうなのですが

最近は 飢餓状態への対応だけでなく
さまざまな生理現象にも関わっていることが わかってきました

antophagunovel4

 

たとえば 受精卵から胎児が育ってくる発生現象の過程で
不必要となった構造物やタンパク質が オートファジーによって分解されます

また 体内に侵入してきた細菌やウイルスを排除する免疫反応にも
オートファジーが深く関与すると考えられています


一方 生理現象だけでなく 病気の形成にも関与することがわかってきています

パーキンソン病などの難治性神経変性疾患
神経細胞の中にゴミが溜まることが発症に関与すると考えられていますが

そうした不要な細胞内のゴミを分解するのが まさにオートファジーで
パーキンソン病などでは オートファジーに不具合があるのではないかと
推察されています


もっと身近では 肥満や生活習慣病の原因となる 脂肪酸や糖が

脂肪組織やグリコーゲンなどの体内の貯蔵庫から
分解されて血中に放出される過程にも
オートファジーが関与すると考えられています


autophagynobel5


ですから 飢餓状態での適応反応として見出された
あまり馴染みのない ぴんとこないオートファジーという現象は

実は さまざまな神経変性疾患や生活習慣病にも関与する
とても身近なものなのです



大隅先生は27年前に 酵母を用いた研究でオートファジー現象を発見され
上述したような この分野での研究発展の基礎を築かれました

autophagynobel8


書き手としては オートファジーと同様に
細胞内の不要なタンパク質を分解するプロテアソーム系の研究の方が
(こちらも日本人の田中啓二先生が大きな貢献をされています)
先に受賞されるのかなと思っていたので ちょっと意外でした


もうひとつ意外だったことは

オートファジーが受賞対象になる場合は 大隅先生だけでなく

大隅先生の研究室で ヒトにおけるオートファジー現象を解析され
その分子機構を詳細に明らかにされた
共同研究者の先生も一緒に受賞されるのでは?と予想されていたのに

受賞者は 大隅先生おひとりだったことです

ノーベルコミティからの電話インタビューで
大隅先生ご自身も 単独受賞に驚かれていたようでした

医学・生理学賞の単独受賞は 久し振りなのではないでしょうか? 



新しい現象を見出すことこそが大事である という評価なのでしょう

基礎科学の世界の厳しさも ちょっと感じました



蛇足ですが 書き手が若い頃に数年間留学していたのが
ノーベル賞を選考する スウエーデンのカロリンスカ研究所でして

留学の最後の年にはボスの計らいで 授賞式にも参加させていただきました

autophagynobel6

貸衣装屋さんで燕尾服を借りたりして 馬子にも衣装で大変でしたよ(苦笑)


大隅先生 おめでとうございます!
そして 長年のご精進 おつかれさまでした

antophagynobel7

 

これを機会に この分野の研究がますます発展して
身近な生活習慣病の治療にまで その成果が及ぶことを期待したいと思います

オートファジーの詳細については また稿を改めて解説します

 

 

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら