左利き肝臓専門医ブログ

2017.08.16更新

夏風邪夏型過敏性肺炎とは趣が異なりますが

夏に多く見られるのが 冷房病 です


rbb01


エアコンでの冷え過ぎ
によって
起こり


scc09

オフィスで仕事をする女性に多くみられますが
最近は中高年の男性にも増えています


rbb01a


<症状>

冷え性の症状に似ていて

頭痛 肩こり 腰痛 疲労感 食欲不振 不眠 むくみ
冷え 便秘・下痢 頻尿 生理不順

などが認められます

rbb02


<原因>

身体が冷やされることによる血行不良が第一の原因で

冷えにより血管が収縮して血行不良になり
そのために肩こりなどが起こります

rbb03


また 自律神経失調も大きな原因です

夏風邪でも説明しましたように

室内外での急激な温度変化に身体がついていけなくなり
5℃以上の気温差がある場所の出入りにより
体温調節を司る自律神経のバランスが乱れてきます


rbb04


体温を下げる交感神経 上げる副交感神経のバランスが崩れてしまい
体温調節が出来なくなります


rbb05


もともとヒトの身体は 自律神経のバランスにより
過剰になった体内の熱を 皮膚の水分を通じ汗として体外へ出すことによって
体温調節していますが

エアコンから送り出される乾燥した冷気は
大切な皮膚の水分をすっかり蒸発させてしまい
皮膚の水分がなくなり汗をかけないので 体温調節が出来なくなるのです


また 自律神経は全身の臓器の働きを調節しているので
そのバランスの乱れにより 全身のさまざまな症状が起こってきます


<対策>

身体を冷やしてしまわないように 冷えを避けることが大切

*クーラーの風に直接当たらないようにして
*エアコンの設定温度は28℃と高目にし
 外気温との差を少なくするようにします

rbb06


職場などでエアコンの温度調節が上手くいかないときは

*カーディガンなどの羽織るものやひざ掛け
*マスク (体感温度を上げてくれる)
*スカーフ マフラー (頭痛 肩こりに効く)
*腹巻 (お腹を冷やさない)
*レッグウォーマー 靴下の重ね履き

などにより対処します

rbb07


<予防>

自律神経の働きを正常に保つために 以下のことに気をつけます

@食生活

*3食きちんと食べる
*冷たい飲み物を摂りすぎない 暖かい飲み物を飲む


@お風呂に入る

*シャワーでは体の芯が温まらないため お風呂に入った方が良い
*38~40度のぬるめの温度で 20~30分は入浴して 全身の血行を良くします


@定期的な運動

*交感神経の働きをよくするため
 1日に20~30分のウオーキングを行うようにします

rbb08


@座りっぱなしを避ける

長時間 座ったままでいると さまざまな健康障害が生じますし
 自律神経の乱れも生じますから
 1時間に1回は定期的に椅子から立ち上がってストレッチをするようにします


@質の良い睡眠をとる

*夏風邪の項で解説したように
 エアコンのリモコンなどを上手く利用して 心地よい睡眠をとるようにします


@ストレスをためない

*ストレスがたまると自律神経の乱れが生じやすいので 上手く気分転換します

rbb09


2016.10.04更新

ブログネタは up to date でないと!
そうでなくても 新しもの好きの江戸っ子だから!


というわけで 当初の予定では 今日は便秘の解説をする予定でしたが

大隅先生が今年のノーベル医学・生理学賞を受賞されたニュースを聞いて

急遽 オートファジーネタに! (なんて節操がない!:苦笑)

autophagynobel1


オートファジーについては いずれシリーズで詳しく説明しますが

思い切り端的に言うと

細胞のなかで
不要になった細胞内小器官やタンパク質を分解する仕組みのことです



もともとは 細胞が飢餓状態 栄養が供給されない状態になったときに
その細胞を顕微鏡で観察すると
細胞のなかに 見慣れない構造物があった

それを発見したのが オートファジー研究の途端だったと聞いています


autophagynobel2


その 膜で囲まれた見慣れない構造物は オートファゴソームと名付けられ
その中には ミトコンドリアなどの細胞内小器官が
取り込まれていることがわかりました

そして
タンパク質分解酵素のリソソームが オートファゴソームにくっついて
オートリソソームを形成して

その中で 細胞内小器官やタンパク質などの細胞内成分が
分解されていることがわかりました


この現象は 最初は 細胞が飢餓状態になったときに
自らの細胞内成分やタンパク質を分解してアミノ酸を得て
それを再利用して飢餓に対応する生理現象と考えられていました


autophagynobel3

 

 

確かにオートファジーの本質はそうなのですが

最近は 飢餓状態への対応だけでなく
さまざまな生理現象にも関わっていることが わかってきました

antophagunovel4

 

たとえば 受精卵から胎児が育ってくる発生現象の過程で
不必要となった構造物やタンパク質が オートファジーによって分解されます

また 体内に侵入してきた細菌やウイルスを排除する免疫反応にも
オートファジーが深く関与すると考えられています


一方 生理現象だけでなく 病気の形成にも関与することがわかってきています

パーキンソン病などの難治性神経変性疾患
神経細胞の中にゴミが溜まることが発症に関与すると考えられていますが

そうした不要な細胞内のゴミを分解するのが まさにオートファジーで
パーキンソン病などでは オートファジーに不具合があるのではないかと
推察されています


もっと身近では 肥満や生活習慣病の原因となる 脂肪酸や糖が

脂肪組織やグリコーゲンなどの体内の貯蔵庫から
分解されて血中に放出される過程にも
オートファジーが関与すると考えられています


autophagynobel5


ですから 飢餓状態での適応反応として見出された
あまり馴染みのない ぴんとこないオートファジーという現象は

実は さまざまな神経変性疾患や生活習慣病にも関与する
とても身近なものなのです



大隅先生は27年前に 酵母を用いた研究でオートファジー現象を発見され
上述したような この分野での研究発展の基礎を築かれました

autophagynobel8


書き手としては オートファジーと同様に
細胞内の不要なタンパク質を分解するプロテアソーム系の研究の方が
(こちらも日本人の田中啓二先生が大きな貢献をされています)
先に受賞されるのかなと思っていたので ちょっと意外でした


もうひとつ意外だったことは

オートファジーが受賞対象になる場合は 大隅先生だけでなく

大隅先生の研究室で ヒトにおけるオートファジー現象を解析され
その分子機構を詳細に明らかにされた
共同研究者の先生も一緒に受賞されるのでは?と予想されていたのに

受賞者は 大隅先生おひとりだったことです

ノーベルコミティからの電話インタビューで
大隅先生ご自身も 単独受賞に驚かれていたようでした

医学・生理学賞の単独受賞は 久し振りなのではないでしょうか? 



新しい現象を見出すことこそが大事である という評価なのでしょう

基礎科学の世界の厳しさも ちょっと感じました



蛇足ですが 書き手が若い頃に数年間留学していたのが
ノーベル賞を選考する スウエーデンのカロリンスカ研究所でして

留学の最後の年にはボスの計らいで 授賞式にも参加させていただきました

autophagynobel6

貸衣装屋さんで燕尾服を借りたりして 馬子にも衣装で大変でしたよ(苦笑)


大隅先生 おめでとうございます!
そして 長年のご精進 おつかれさまでした

antophagynobel7

 

これを機会に この分野の研究がますます発展して
身近な生活習慣病の治療にまで その成果が及ぶことを期待したいと思います

オートファジーの詳細については また稿を改めて解説します

 

 

2016.02.24更新

今日は 
*どうして花粉症の症状が生ずるのか?
*どうして花粉症の患者さんは増えているのか?
*花粉症の症状を和らげるための日々の生活の注意
について解説します

<なぜ花粉症の症状は生ずるのか?>

花粉症は 
スギやヒノキなどの花粉に対するアレルギー反応により起こります

スギやヒノキの花粉が体内に入ってくると
それに特異的に反応する IgE抗体という物質が作られます

IgE抗体は 眼や鼻の粘膜に存在している肥満細胞の表面に結合していて

kfnkijo1

再び花粉が入ってくると 花粉は肥満細胞表面のIgE抗体に結合
その刺激で 
肥満細胞からヒスタミンロイコトリエンなどの化学物質が放出されます

kfnkijo2

これらの化学物質は 粘膜の神経や血管を刺激して
くしゃみ 鼻水 鼻づまり 涙 などを起こさせます

kafunshoujyou1


肥満細胞から放出される化学物質のうち
ヒスタミンは 知覚神経を刺激して 
 くしゃみ・鼻水・眼のかゆみを起こし
ロイコトリエンは 末梢血管を拡張させるので
 鼻づまりを起こします

histaminluekotri

このヒスタミンとロイコトリエンの差異が 治療薬の選択に関与しますが
治療のところで詳しく解説します


さて こうした症状は 
体内から花粉を排出させるために起きるもの
いわば生体の防御反応のひとつですが

アレルギー体質が強い方は この反応が過剰に起こるため
これらの症状に悩まされることになります

また花粉が繰り返し入ってくると
粘膜での反応が増幅して慢性化し 
症状が強くなり 持続するようになります


<なぜ 花粉症の患者さんは増えているのか?>

特に スギ花粉症の患者さんの増加は著明で
1998年と2008年を比較すると 16.2%から26.5%に増加しており
今や 3人に1人が花粉症で悩まれる時代 になりつつあります

kafunzouka

戦後に国策で植えられたスギの木が伐採されないので
病気の原因になる大量のスギ花粉が飛散するためと考えられています

特に 関東・東海では植林されたスギの木が多いので
花粉症の患者さんも多い傾向がみられます

kafunsugiyama


花粉症が発症する確率は
体内に入った花粉量(抗原量)と相関すると言われています

ですから 飛散している花粉の量が多いと
去年までは大丈夫だった方でも 今年から急に発症してしまう
といったこともありますから 注意が必要です


また
*高タンパク・高脂肪な食事内容
*不規則な生活リズム
*ストレスの多い生活
などは アレルギー反応を起こしやすくするので

そうした日常生活の変化も
花粉症患者さんが増加している原因かも知れません

さらに
*大気汚染
*母乳からの栄養摂取の減少
腸内細菌叢の変化
*子供の頃の結核や寄生虫の感染機会の減少
といったことも 花粉症の増加に寄与していると考えられています


<日々の生活における花粉症対策>

日常生活でいちばん注意すべき点は
ズバリ 花粉が目や鼻に入ってこないようにすること です!

@花粉が飛びやすい日は なるべく外出を控える
*天気が良くて 気温が高く 乾燥している日
*風が強い日
*前日が雨だった日
などの日は 要注意です

特に花粉が飛びやすい午後1時~3時の外出は控えましょう

kafungatobuhi

@外出するときは 完全防備で
帽子 メガネ(目に入る花粉量を1/2-1/3に減らす)
 マスク(吸い込む花粉量を1/3-1/6に減らす)
 を身に着ける
コートはツルツルした素材のものを
 (ウールは花粉が付着しやすいので危険です)

kafunbougyo

@帰宅したときは 玄関に入る前に 衣服に付いた花粉を振り払う
*衣類や髪に付着した花粉をしっかりと振り払い
 家の中に花粉を入れないようにすることが大切です

@家に帰ったら 洗顔やうがいをして 花粉を落とす
@花粉の飛散の多い日は 窓や戸を閉め 布団や洗濯物の外干しを避ける
@こまめに室内を掃除する

kafuncyuui12

こうした注意をされて 可能な限り 花粉との接触を防いでください


次回は 花粉症の治療についてご紹介します



2015.10.19更新

秋の紅葉の話題をご紹介したときに
紅葉後の落葉は自己犠牲をともなう切ないものお話ししましたが

緑の葉が赤や黄色に色付いて やがてハラハラと落ちていく現象は
生物学的には「アポトーシス」と呼ばれます 

ヒトのような多細胞生物を構成する細胞の死に方には何種類かあり
そのうちのひとつが このアポトーシスです

アポトーシスは 簡単に言うと細胞が自殺する死に方です

細胞が存在する環境に変化が生じ 
多細胞生物にとって その細胞が存在しない方が良い状況になったとき
細胞は自らが有するカスパーゼをはじめとする酵素群の働きでDNAを切断し 
自殺してしまうのです

apo1


冬眠状態に入るために水分を節約しようとする樹木にとって
水分をたくさん消費してしまう葉は 困った存在です

だから葉は そうした状況を理解して 
アポトーシスを起こして死んで 落葉していく

もちろん 葉っぱが空気を読むのに長けているわけではありませんし
情緒的に落葉していくわけではありません(笑)

アポトーシスはプログラムされた細胞死と呼ばれ
特定の状況になるとDNA切断に至る酵素反応の引き金が挽かれます
ですから 遺伝的にプログラムされた死 なのです

ヒトでは 発生過程で不要になった余分な細胞や
癌化した細胞や内部に異常を起こした細胞の除去が 
アポトーシスによってなされます

もともとヒトには指と指の間に魚のような水かきの細胞がありますが
発生過程でアポトーシスにより取り除かれるのが良い例です

オタマジャクシがカエルになるときにシッポがなくなるのも
シッポの細胞がアポトーシスを起こすからです

apo1

また ウイルスに感染した細胞の一部は アポトーシスによって除去されます


アポトーシスが生命科学の分野で注目され始めたのは 
書き手が留学していた1990年代のはじめで 
当時ラボでもこの話題で大変盛り上がり
その後数年間は さまざまな分野で
アポトーシスに関する研究が大流行したのを憶えています



さて このアポトーシスが「立つ鳥あとを濁さず」的な死に方だとすると
それと対照的なのが「ネクローシス」という細胞の死に方です

ネクローシスは端的に言うと 病気のときの細胞の死に方で
栄養不足 毒物 外傷などの外的環境要因により誘導されます

アポトーシスを起こした細胞は 自ら小さくなって死んで
マクロファージなどの貪食細胞に取り込まれて処理されるのに対し

ネクローシスを起こした細胞は 
細胞内の成分を周りにまき散らしながら死んでいきます

nec1

だから アポトーシスで死んだ細胞は炎症を起こさず処理されますが

ネクローシスで死んだ細胞のあとには 
巻き散らかされた細胞内成分が原因となり 炎症が起こってしまう

nec2


死んだあとに炎症が残るか残らないか 
これがアポトーシスとネクローシスのいちばんの大きな差異になります

なんらかの原因により 
局所で細胞のネクローシスが持続的に起こる状態になると
その場で炎症が慢性的に生じるようになり

こうした慢性炎症が 動脈硬化や生活習慣病の原因になると考えられています

ですから慢性炎症が生じる機序の解明が 大きな研究課題として認識され 
フロントラインで研究が進められています


このように 細胞の死に方には アポトーシスとネクローシスという
とても好対照なふたつのパターンが認められます

自らがいなくなった後に 周囲にどのような影響を及ぼすか?

アポトーシスとネクローシスのこの差異に気がついたとき 
とても驚いたのを覚えています

なんだか 細胞死という単に生物学的な現象を超えた 
示唆的なものがあるようにも感じられて 
アポトーシスやネクローシスについて考えるとき 
いつも妙に気になります(笑)

 

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら