左利き肝臓専門医ブログ

2016.03.26更新

ちょうど1年ほど前 
お風呂に入りながら寝てしまい 溺れそうになったアホな書き手
ネコさまたちが救ってくれた話題を提供しました

あのとき ネコさまたちは
浴室の隣のトイレの便器で勝手に水遊びをしていて
書き手がたまたま その音に気がついて眼を覚ましたので
結果的に水難救助ネコとして活躍したことになりましたが

なんと最近は 自ら意志を持って 水難救助活動をするネコが現れました!


ある晩 いつものように きこしめしてお風呂に入っていた書き手は
知らぬ間に気持ち良く寝てしまったようです

すると どこからともなく

「ニャッ!」という 低音の小気味よい声が聞こえて

えっ? と驚いて書き手が目を覚ますと

いつの間にか 
お風呂の半分を覆っているふたの上に 楓がおすわりしていて

kaedefuro

書き手のことを 真ん丸おめめでジッと見つめています


あれ 楓 いつの間にそこに来たの?

書き手が水没するかもしれないと思い 
注意するために 今 ニャッと泣いてくれたの?

そう感謝しながら 書き手はまた うつらうつら、、、

しばらくすると また「ニャッ!」という鳴き声が聞こえて
ハッと目を覚ますと 楓がじっと見つめています

ありゃ 楓さん また呼び起こしてくれたの

と感謝しながら 書き手は再度 うつらうつらして、、、

そしてまた 「ニャッ!」

このリフレインが 4回くらいあったでしょうか
やっと 書き手も目を覚ましました


楓さん 偉いね!

もしかしたら 書き手はうつらうつらしながら 
徐々に頭が 水没し始めていたのかもしれません

楓はその様子を観察していて 一定以上沈みそうになると
「ニャッ」と警告していたのでしょうか?

これまで ローズもデイジーも 
こんなことはしてくれたことはありませんから
ちょっとびっくりでした

kaedebath2


前回ご紹介したように 楓は自らが水難に遭遇したので
水難救助の使命に目覚めたのかもしれません


で 楓の水難救助活動に再現性があるかどうかは
幸か不幸か それ以降 書き手が浴槽で溺れそうになっていないので
わかりません

再現性を確認する機会があったら またご報告させていただきます?(苦笑)



2016.03.19更新

ある晩 書き手がPCに向って勉強していると

いつものように楓がやってきて 
キーボードの手前に陣取り 毛繕いを始めました

kaedesuinan1

あのねえ そこに陣取られると キーボードを操作しにくいのだけど、、、

まあ いつものことなので放っておきましたが
今日は楓さん いつもにもまして 入念な毛繕いを延々と続けています

kaedesuinan2


で ふと気がつくと 机の上が水で濡れていて
楓のシッポも濡れているのですよ

えっ? と思って 楓を抱きかかえると 後足が両方ともびしょ濡れ


一瞬 何が起きたの? と思いましたが

すぐにひらめいて お風呂場に行ってみると
お風呂場の前は水が飛び散っていて
バスタブには こんなものが浮かんでいました(笑)

ofuroahiru


さっきお風呂にお湯を入れたときに 半分しか蓋をしていなかったのです

一体何が起こったの?

楓さん アヒルさんと遊んでいて 下半身 バスタブに落ちたの?(笑)

kaedesuinan3



すぐにもう一人の下僕を呼んで 
二人でタオルで楓の下半身を拭きましたが
その間 楓は不機嫌そうに鳴き声をあげていました

でも 溺れなくてよかった

バスタブの蓋は きちんとしないといけませんね(苦笑)



そういえば ローズやデイジーも
お風呂場で水難事故を起こしたことがあります

デイジーはまだ若い頃 
下僕がシャワージェルを使って バスタブを泡でいっぱいにして入浴していたら

泡の表面を蓋と勘違いして 突然バスタブの上にジャンプ!

気がついた下僕が
慌ててデイジーの体を空中でキャッチしようと試みましたが
既にデイジーの下半身は お湯まみれ 泡まみれ

シャンプーの泡を毛繕いして舐められたら困るので
もう一人の下僕さんを大声で呼んで
二人でシャワーで洗い流しましたが 

すごくあばれて大変でした!

デイジーがシャンプーされたのは これが最初で最後です(笑)

disysuinan


ローズは つい最近
もうひとりの下僕が入浴中に 
蓋の上に座ってお気に入りのシャワパクをしていたら

何かの拍子ですべって 後ろ足がお湯にどっぷりつかってしまいました

入浴中の下僕さんの Help! の声を聞いて
書き手が慌ててお風呂場に行き タオルで下半身を拭きましたが

デイジーや楓と違って 
体をタオルで拭かれるのが大好きなローズは
グルグルと喉を鳴らして 大喜びしていました(笑)

rosesuinan



3人3様の おネコさまたちの水難事故記


それにしても

唯一 下僕たちが知らぬ間に水難事故に遭っていた 楓
一体 何が起こったの?

そして 鳴いて騒ぐわけでもなく
濡れたままで平然と書き手の机に乗って 毛繕いをしていたなんて

さすがは大物です?(苦笑)



 

2016.03.12更新

書き手は毎朝 
ローズとデイジー用の老ネコカリカリと 
楓用の成ネコカリカリ
別々に計量して わけてお出ししていることを紹介しました

ローズとデイジー用のカリカリは この器に二分してお出しします

nekoshoki21


この容器は もうひとりの下僕さんが ミラノで購入してきました

壊れないように 
ちゃんと機内持ち込み手荷物で持って帰ってきたのです(笑)


楓のカリカリは この器でお出しします

nekoshoku22


で それぞれの器を やや離して置いておくのですが


ローズやデイジーは 普通は老ネコ用を食べていますが

nekoshoku23


ふたりとも(特にローズ)は かなり頻繁に
楓用のカリカリもこっそりと盗み食って(?)います

nekoshoku31
nekoshoku32


やっぱり 成ネコカリカリの方が 
老ネコカリカリより 美味しいのでしょうか?


一方 楓は ひとり用の器が自分用だという認識はあるようですが

nekochoku41

ときどき お姉さんたち用のカリカリをつまみ食いしています

nekoshoku42

うーん そんなに風味が違うものなのかな?

書き手は まだ味見したことがないので よくわかりません

でもイメージとしては 成ネコ用のカリカリの方が美味しそうな気がする(笑)


ということで いつも翌朝には 
楓用の器はカラ ローズとデイジー用の器には少し残っている
というパターンでしたが

どうも最近は ネコさまたちの趣向が変わったのか
楓用の器の方に食べ残しがあり ローズとデイジー用の器はカラ
という日が多い

うーん 別にカリカリの種類を変えたわけではないのですが 
どういうことなのかな?

ネコさまたちの食事の嗜好は なかなか難しいです(笑)


でも ひとつだけはっきりとわかっていることがあります

それは パッケージの底の方
つまり封を開けてからの時間経過が長くなったものは
ネコさまの皆さん あまり召し上がらない

そのまま手つかずで 置いてあるのですよ

風味や香りがなくなってしまうからでしょうか?

ホント これは見事です


しかも これは嫌い と 
容器の外にカリカリをはじき出したりすることもなく
また お腹が減ったと訴えてくることもない

ごく平然と 食べずに置いてある

初めてこのことに気がついたときには びっくりしましたね!

ネコって お腹が減ったら食べるんじゃないの?

風味や味が落ちていたら マズイから食べなくて
そのまま食べないでいられるの?



ネコ歴の長いもうひとりの下僕さんは

「あなたたち 外で頑張っているノラさんたちは 
 食べたくても食べられないときがあるのだよ
 そんな贅沢を言っていたら ばちが当たるよ!」

と諭すのですが

ネコさまたち そんなお言葉はどこ吹く風です


うーん 育て方を間違えたのでしょうか?(苦笑)



2016.03.05更新

ネコさまたちのお食事の準備は 書き手の大事な朝の日課です!

我が家では 
朝に1日分のドライフード(業界用語:カリカリ)を食器に入れ
そのまま24時間 出しっぱなしにしています

ネコさまたちは 自分が食べたいときに 食べたいだけ召し上がる
1日分を一気に食べてしまうことはなく 気が向いたときにちょっとずつ食べる

こうした食べ方を 業界では「五月雨食い」と呼びます
(ネコ業界の専門用語 面白いでしょ?:笑)

このように24時間出しっぱなしにして五月雨食いをさせるのは
衛生上あまりよくないという話も聞いたことがありますが

ローズもデイジーも13年間 ずっとこの食べ方で過ごしてきて
幸いに一度も病気をしたことがありませんから
少なくとも我が家のネコさまたちにとっては 問題ないようです


ネコのカリカリは 何種類もあります

nshokuji1

チキンがベースだったり 白身魚がベースだったり
素材による違いもあるのですが 

いちばん驚いたのは ネコさまの年齢による違いがあること

成長のための栄養が必要とされる仔ネコ用があるのはわかりますが
1歳から6歳くらいまでの成ネコ用があり

nekoshoku2


7歳を過ぎると シニア・高齢ネコ用になり

nekoshoku3


さらに12歳以上の老齢ネコ用があり

nekoshoku3

最近では室内飼いネコの平均寿命の延びにしたがい
なんと18歳以上の超高齢ネコ用のフードが開発されているそうな!


年齢により 必要とされる 
タンパク質と脂肪のバランス
マグネシウム カルシウム リン ナトリウムなどのミネラル成分の量
が異なってくるために

そうしたことを考慮した組成の 年齢別フードがあるわけです

ネコさまは歳をとると腎臓を患いやすくなるため
特にミネラル成分の調節は とても重要なポイントになるようです


ということで 我が家では
ローズとデイジーのための高齢~老齢ネコ用のカリカリ
楓のための成ネコ用のカリカリ
別々に準備しています

しかも それぞれ2~3種類をミックスします

だから この計量器でしっかり測って作ることが 
書き手の朝一番の日課です

nekoshoku0


毎朝 書き手がこの作業をしているのを見て
書き手よりはるかにネコ歴が長いもうひとりの下僕さんは
「なんだかマニアックね! こんなことしたことがないわ」
と眺めています

でも ネコさまたち とくにデイジーは
書き手がカリカリの準備をしているそばで 
作業を見ながらおすわりしてじっと待っています

shokudaisy

その姿は けなげでかわいい!


でも 書き手が二日酔いとかで(たとえですよ!:笑)
ノロノロと作業をしていると

「遅いんだよ!」 「もっとテキパキとやれよ!」

ネコさまたちの気持ちを もうひとりの下僕さんが代弁してくださります


はいっ スミマセン!

我が家の一日は そんなふうにして始まります(笑)



entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら