左利き肝臓専門医ブログ

2015.12.19更新

幕末 江戸の人々は黒船の来襲に度肝を抜かしたそうですが

我が家の先住ネコ(業界用語です)のローズデイジー
3年前の秋の日 突然の白船の来襲 にびっくりすることになりました

「あの日は 朝から下僕たちの様子がおかしかったのよね」
「いや 今から思い返すと 
  その数週間前から 妙にそわそわしていた気がする」

あとでローズとデイジーは そんなふうに述懐されていました?(笑)


まず かつて彼女たちが使って 
その後は物置にしまわれていたキャットケージ
突然 居間の片隅に登場しました

「あれ どうしてこれが居間におかれているの?
 私はもうこんなもの使っていないわよ」
と いぶかしがる ローズ

sf1

はい おっしゃるとおり 
あなたたちのために用意したのではありません(笑)

「へんね なかに食器やトイレまで用意してある、、、」  
デイジーもかって自分も入ったことがある中を
疑惑の眼差しでのぞいています

sf2


ちなみに ケージには こんな表札がついていて

sf3

A spoiled rotten CAT

「甘やかされたどうしようもないネコが ここにいます」?

今思うと うーん この表札がいけなかったのかな?(苦笑)


さて そんな 
なんともこわばった部屋の空気を突き破るように参上したのが

白船ならぬ 白ネコ 楓!

sf11
sf12

平成の眠りをさます 白いネコ たった1匹で家掻きまわす
(本歌と違い掛詞もなく恐縮です:苦笑)


おそるおそる ケージのなかの白い異邦人の様子を観察するローズ

sf4

観察されている楓も 何気に緊張しています(笑)

デイジーに至っては そばに寄れず 
ちょっと高いところから 遠巻きに眺める始末

sf5


この日から 3ネコの微妙な関係の日々が始まりました(笑)


さて 今朝の冷え込みは厳しかったようで
楓はまだ外が暗いうちから 書き手のベッドの枕元に飛び乗ってきて
うまい具合に横になって 後ろ脚を伸ばして
肉球を書き手の頬っぺたに押し付けて 
暖をとっておられました

押し付けられた肉球が冷たくて 目が覚めたです、、、



2015.12.12更新

我が家の3匹のネコさまのなかで いちばん最初に来たのは ローズ

2月末の寒い頃
大阪まで迎えに行って 新幹線で東京まで来ました

そして約3か月遅れて 
ちょうどゴールデンウイークが始まる直前に デイジーが来ました

キャットシッターの南里さんの本を読んで
若い頃から多頭飼いした方が良いことを知り
ふたりともまだ1歳になる前から 一緒に住むようになりました

rd1

この写真 ふたりとも若い!(笑)

デイジーが来るまでは ひとりお嬢さま状態を謳歌されていたローズ
彼女が来ると 最初の1~2日こそ フー シャー と威嚇していましたが
3日目くらいから どちらからともなく近づいて 
じゃれあったり 追っかけっこをし始めました

居間から玄関の方に ローズがデイジーを追いかけて 
部屋から出て行ったら 次の瞬間には 
逆にデイジーがローズを追いかけて逆方向に走っている

まるでアニメのトム&ジェリーのようで
下僕たちはそんな光景を見て お腹を抱えて笑ったものです

rd3

ふたりは いつもべったりとくっついているほど仲良しではありませんが
かといって ケンカするほど仲は悪くない

適度にくっつき 適度に距離を置く そんな大人の関係?です

rd2

せいぜい 上の写真のように 
たまにローズがデイジーを舐めるくらいで 
これ以上の親密な関係にはなりません 

下僕たちは 本当はふたりでくっついて寝るような
いわゆる ネコ団子状態 を楽しみたいと思っていますが
なかなかそんなことはしてくれません

たまーに くっつくこともありますが
くっつくといっても せいぜい この程度で、、、

RD111

お尻とお尻をくっつけて お尻あい?

RD112

珍しく デイジーがローズにちょっかいを出しています

RD113

ふたりして 窓の外の何を見ているの?


ふたりは 仲間意識はあるものの
それぞれが個別に 下僕との関係を楽しんでいるようにも見えます


約十年間 そんなふたりだけの関係が続きましたが
そのうちにデイジーがあまり運動しなくなり メタボ体型になってきました

デイジーにもう少し活発に運動してもらうには 
何らかの刺激を加えた方が良いかな? 

と下僕たちは考えて、、、


2015.12.05更新

前回のブログでご紹介したシャノアール

書き手が 昼に夕に 足しげくお店に通った甲斐あって 
5匹の仲間が遂に揃いました

cya1

祝 コンプリート!!


最後の1匹をお迎えしたときには こんなエピソードがありました

シャノアールをいただくときは
くじ引きの箱に手を突っ込んで ブラインドで取ってくるので
この種類を欲しい! というワガママを言ってはダメです

最後の1回 ダラリくんが欲しかったのですが 残念なことに引けず、、、

がっかりして「あ これ 持っているのだけど」と力なく言うと

なんと優しいレジの女の子が 
「どれがお好みですか?」と 聞いてくれました

予想外の展開に驚いて 
「あのー ダラリくんが欲しいのですが」 と言うと
「あ ダラリくんですね」 と彼女は言って
なんと後ろの棚に格納してある箱から ダラリくんを取ってきてくれました

超ラッキー!!

「わっ ありがとう! これで全種類揃いましたよ!」
とオヤジが嬉しそうに言うと
「良かったですね!」 と彼女は微笑んでくれました!!

カフェ・ベローチェ・茅場町駅前店のかわいいレジのお姉さん 
オヤジに優しくしてくれて ありがとう!

オヤジ そんなにがっかりしているように見えましたか?(苦笑)



ということで 我が家に勢ぞろいしたシャノアールくんたち 
皆で楽しそうに集っていましたが

cya2

そんなシャノアールくんたちを とんでもない受難が待ち構えていました


まず 卓上カレンダーに上手に乗っかっていた たてのびくん
魔の手が襲いかかります

cya3


あっ お尻を 噛まないで!

cya4


哀れな たてのびくん カレンダーから転げ落ちてしまい
そのお尻には 襲撃者が噛んだ唾液のあとが しっかりと光って見えます! 


cya5

そして 5匹皆で集っていたとき またしても受難が!!

お家に来たばかりの ダラリくん
「わーっ 進撃の巨人が襲ってきたー!」 と 
目があった襲撃者に 恐れおののいています

cya6

そして進撃の巨人は 次から次へと シャノアールくんたちをなぎ倒していき

cya7

全員なぎ倒して なんとなくご満悦顔?

cya8


それでも彼女の狩猟本能は満たされず 
噛むは いたぶるはの 悪行三昧!

cya9
cya10


こんな怖いところでは 生活したくない! 

不安を感じたシャノアールくんたちは
平和な医院の受付への移住にむけて 難民申請をするそうです


それにしても 我が家の 進撃の巨人 怖いですねぇ~ 

ちょっと 色々と 素行悪いよ!(笑)


entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら