左利き肝臓専門医ブログ

2015.02.25更新

すみません 今日もニャンコネタです あしからず(苦笑)

留学先のアメリカで一緒に暮らすようになったネコを 
日本に連れて帰ってきた友人がいます

 561

もともとネコ好きの彼女は ひとりで留学していたこともあり
地域コミュニテイの情報誌で見つけた捨てネコの里親募集に応募したそうです

ネコとの面談でお気に入りくんが見つかったそうですが
ご縁がまとまる前に その催しを主催している団体の方との面接があり
”彼女がきちんとネコが飼えるか”について事細かに聞かれたそうです

さらに驚いたことに 彼女のアパートやラボの人達に 
彼女の”ネコ飼育適性”についての照会があり 
それらの審査を経て やっと晴れて無事に里親になれたとのこと

アメリカでは悲しいことに虐待目的でネコを飼う人が少なくないので 
そのあたりは事前に厳しく審査するそうですが

ちょっとびっくりです 
そういえば 最近は日本でも悲しいニュースをときどき見聞きしますね


で 日本に帰ることになり 
彼女は当然のごとくネコくんを一緒に連れて来ました

ラボで働くヒスパニック系の人達が
「パスポートもビザもなしで日本に行けるなんて羨ましい!」
と言っていたとか?

今はなきノースウェスト(今はデルタ)は 
5Kgまでのペットは手荷物扱いでOKとのことで 
手数料など300ドル払い ケージに入れて客室内に持ち込み 
一緒に窓の外の雲海を眺めたり機内食も楽しんだそうです

 562

これもちょっと驚きでした

優しいCAのお姉さんにネコ用おもちゃも貰えたかな?
あ デルタの太平洋線のCAは
おば(あ)さんばかりで お姉さんはいないか(苦笑)


その後 ネコの機内持込みについて色々なところで聞いたら
アメリカとヨーロッパ系のキャリアはおおらかで 
多くは厳しい制限はなし(アリタリアはダメらしい)

アジア系キャリアは厳しく 1フライトに何匹までという規定があったり
客室内への持込みはダメで貨物室預かりになるようです

こんなところにもペットに対するお国柄や文化があらわれるのですね

ちなみに中国ではペットのイヌネコの入国審査が非常に厳しくて 
数週間も税関に留め置かれることがあるそうです


ところで 彼女が機内でウトウトしていたら突然CAさんに起こされ
「Your cat is strolling.(ネコ 散歩してるわよ)」と言われ 
あせったそうです

きっと初めての環境に興味津々だったネコくん 
思わず冒険に出かけてしまったのでしょう(笑)

でも退屈な機内で散歩しているネコに出くわしたら 
それはそれで 意外に和むかもしれませんね?

2015.02.22更新


今日は2月22日 巷では東京マラソンで盛り上がるでしょうが
ネコラヴァーの皆さん ニャンニャンニャンでネコの日 でございますよ! 

ケーブルテレビのアニマルプラネットでは 1日中ネコ番組が放映され
ネットのペット用品ショップでは キャットフードが大割引される
そんな日でございます

我が家でも先ほどカリカリ(ドライタイプのキャットフードを意味する業界用語)を大量購入致しました(笑)

ということで 我が家のネコ”さま”たちをご紹介させていただきます
(ネコバカにお付き合いくださいませ:苦笑)

既に何回かブログに登場していただきましたが 
我が家では3匹のネコ”さま”が ヒエラルキーの頂点に君臨されておられます


いちばん最初に来られたのが ローズ(ソマリ)

12年前のちょうどニャンニャンニャンの翌日に 
大阪から新幹線で我が家にお越しになりました

 511512

おっとり系で(長毛のネコはおっとり系が多いそうな)
気立ての良いお嬢さまです

大阪出身だけあってグルメであられ 
ヒトが食べているものをヒト舐めされることを好まれます
特にシュークリームや中トロがお好みです


次に来られたのが デイジー(ロシアンブルー)

1匹で飼うより2匹で飼った方が良いと 
キャットシッターの南里さんの本で読んで 
ローズの3か月後に我が家にお迎えしました

 521522

先日のブログでご紹介したように かなりのナーバスお嬢さまで
東北大地震のときは よほどお怖かったのか 
どこかにお隠れになり1日出てこられませんでした


そして少し老化されてきたローズとデイジーに活発になっていただく目論みで
3年前にやって来られたのが 楓(トンキニーズ)

 531532

やんちゃ盛りで ときどきお姉さま方を ”獲物を見る目” でご覧になり ”狩り” を挙行され
お姉さま方に フ~ とか シャ~ とかやられておいでですが
全くめげず いつも活発に空を飛ばれておいでです(笑)


さて そんなお嬢さまたちのお名前 ローズ デイジー 楓 
の共通点はと申しますと
はい その通り お花の名前でございます

どうしてこういうお名前になられたかと申しますと、、、

ソマリはイギリスのネコ ロシアンブルーはロシアのネコ 
そこで書き手は当初 それぞれのお国のお酒 ジン と ウオッカ 
という名前にしようと提案致しましたが

 533534


(ジンならタンカレー10 ウオッカならヴェルベデーレ がbestでございます:苦笑)

ダメ! と糖尿病専門医に一言のもとに却下いただき 
それぞれのお国の国花の ローズ と デイジー とあいなりました次第で

そしてトンキニーズはカナダのネコなので アイスワイン ではなくて
カナダの国花 メープル は呼びづろうございますので 
楓 とあいなりました

お嬢さまたち ご自分のお名前をお気入りでしょうか?


でも本当のことを申しますと 
ジン ウオッカ というお名前に 未だに少し未練がございます、、、


ふーっ 普段使い慣れない敬語を使うのは 疲れるわい!
ネコ”さま”ネタなので 
ついつい敬語で書き始めてしまい おかげで苦労しました

あ 敬語の使い方が間違っていたらゴメンナサイ(笑)

 535

最近 我が家で流行の「ネコかぶり」! 
(下僕の白髪と楓さまの前足を混同しないようにご注意ください:笑)

頭が暖かくなりますが この後 楓は
お腹や手足をしきりに舐めてオヤジ臭を消しておられました(苦笑)

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら