左利き肝臓専門医ブログ

2018.03.12更新

京都の染師 吉岡さんの
日本古来の色を 古式ゆかしい植物染めで再現する試みの続きです


は 日本を代表する色

tpi11


海外ではJapan blueとも呼ばれ
明治時代に日本に来た外人の眼には 日本は青い世界に見えたほど

かつての日本は 暖簾 着物 のぼりなど 多くのものが青色で染められ
おとぎの国のような雰囲気であふれていたそうです

tpi12
tpi13


但し この藍こそが 染めるのがいちばん難しい色だそうで

蓼藍(たであい)という植物の葉から

tpi14

まず 蒅(すくも)を作ります

夏に葉を収穫し 2か月かけて乾燥させ
10月に臺のなかに入れて 水をかけて 枯草菌を繁殖させます
そして2か月に1回ほど切り返す

こうして半年かけて発酵させ 蒅(すくも)ができます

tpi15


蒅(すくも)作りは 今も昔も徳島で行われていて
藍師と呼ばれるプロの方々が作業に携わっておられます

化学染料の出現により衰退しましたが 今でも数軒が残っているとのこと


さて蒅(すくも)は 染め師に渡されますが
この段階で まだ枯草菌は生きています

tpi16

染め師は 染料からブクブクと泡立つ具合を見て
染める時間の長さを決めます

染める時間の長さで 色が微妙に異なるので まさに一発勝負です

tpi17


染めてからすぐの布は 緑色に見えますが
水洗いのあと 空気に触れて酸化すると 青くなります


こうして 染める時間を変えて
藍から さまざまな青を染め分けます

濃い青 紺色 薄い青 水色


薄い色の染め方の方が 時間調節が微妙で難しいそうです


濃いから薄い順に 青色の名は異なります

紺色 縹(はなだ)色 浅葱(あさぎ)色 水色 甕覗(かめのぞき)

tpi18


青系色だけで 20以上の名称があるそうですが
そのグラデーションを見ると ため息が出るほど美しい世界です

書き手は 青色フェチですから
和の色の青のグラデーションは どれだけ長い時間見ていても飽きません

tpi19



黄色は さまざまな色を作る 魔法の色です

刈安という植物を そのまま煎じると 黄色の染料になり
比較的簡単に作れます

tpi20


黄色そのものも充分に美しいのですが
中間色を作り出すのに使われる 貴重な色なのです

例えば 藍で染めた布を黄色で染めると
青竹色と呼ばれる緑色になります

tpi21
tpi22
tpi23



緑色の自然の染料は世の中になく
全て藍と黄色の掛け合わせから造られるそうで
藍の濃さと 黄色の加え方で 緑の深さが決まるとのこと

緑色もグラデーションがあり
濃いから薄い順に 青緑 常盤色 若草色 苗色 と呼ばれます

このグラデーションも 青に負けず劣らず 美しい

tpi24

青だけでなく 他の色も 黄色と掛け合わせると
さまざまな中間色が出来ます


このようにして
300~400種類とも言われる 世界に類を見ない多さ 豊かさの和の色が
出来上がっていくのですね


吉岡さんが こうして長年にわたり研鑽されて
植物染めで染め上げられた 多種多様な和の色は

ロンドンのヴィクトリア・アルバート博物館で
植物染めシルクとして 永久保存されることになったそうです

tpi25


このヴィクトリア・アルバート博物館

若き日の吉岡さんが 毎年2週間ほど通い詰めて
陳列されてある世界の万物を目のあたりにして
本物を追求しなければいかないと インスパイアされた場所だそうで

そうした 吉岡さんにとって 宝物の宝庫のような場所に
自分が植物染めで染めた和の色の布が納められるなんて
なんだか幸せですよね

tpi26


でも 平安時代の伝統的な和の色を
長い時間をかけて 愚直にひたすら追い求めた
研鑽と努力の日々があったからこその 幸せなのでしょう

tpi27

頭が下がりますし 羨ましいです、、、



2018.03.09更新

平安時代に使われていた鮮やかな色を 復活させたい

そんな思いから
古代から使われている植物染めの復活を推進している
京都の染織工房の染め師さんの ドキュメンタリー番組を見ました


日本の色には 独特の美しい呼び名があって
その数は 300~400種類あまり

青系色だけでも 藍 紺 群青 露草など20以上の名称があり
世界に類を見ない多さ 豊かさを誇っている

しかも 美しく 自然になぞらえた つつましさ 確かさがある

tpi01



そんなことは 以前 本を読んで興味を持っていましたが

いかんせん 日常の生活では
和の色なんて何の馴染みもありませんから
興味はあるけれど リアルさはない 

といった状態でした


だから

「失われた色を求めて ~植物染め・伝統100色を今の世に」

というタイトルの この番組に 興味を持った次第です

tpi02


主人公の 京都の染司の染織史家・5代目・吉岡幸雄さんは

tpi03


植物染めの美しさを追求されています

染料の原料のほとんどが植物で 本当に美しい色が出るそうです


かつては 世界中で天然の植物染めが行われていましたが
産業革命で化学染料が発明されて以来
その簡便さ 安価さに押され すたれてきたとのこと

日本でも 江戸時代までは植物染めでしたが
明治以降は化学染料を用いた染色が主流となり 
植物染めは 忘れられてしまいました


しかし 吉岡さんは

正倉院に残されていた 平安時代の衣装の切れ端を見て
1000年以上のときを経ても 全く輝きを失っていない色の美しさに
驚かれました

化学染料を用いた染物では こんなことはあり得ない

植物染めの偉大さを実感され 回帰していかれたそうです


化学染料全盛の世で失われてしまった 日本色を再現するために
古来の文献にあたり 
かつての日本の色の染料 染め方を研究する

日本各地の農家とコラボして 染色の材料となる植物の栽培を行う

tpi04


そうして得られた貴重な植物染料を用いて 全て手作業で染める

tpi05



確かに 植物染めの色は 美しくて そして存在感があります


昔造られた甲冑に織り込まれた糸の赤は 今でも全く色褪せておらず
見る者を圧倒するような 凛々しさ 気高さを感じます

tpi06

普段見慣れている色とは異なるのが 一見してわかります

素人目にも 植物染めの素晴らしさが解るような気がしました



平安時代は 日本の歴史上 最も色が豊かな時代だったそうです

源氏物語では さまざまな色に溢れた描写が繰り返しでてくるそうで
その色の名前も 上述したように 自然豊かで美しい

tpi07


日本人の愛した色は
美しい景観を見つめて それを自らの衣装や 絵画 工芸などに表し
物語や歌のなかに託してきたもの

吉岡さんは 日本の色についてそう語られ
生涯かけてその復活を目指したいと言われます


番組ではナレーターが 源氏物語のなかで
源氏が さまざまな女性に贈る衣料の色を指示する場面を朗読します

紅梅 葡萄(えび)色 桜色 浅はなだ色 
濃い紅 赤 山吹 青鈍(あおにび)
梔子(くちなし)色 聴(ゆるし)色

tpi08


そして それらの色をどのように重ね合わせていけば美しいかも思案します

tpi09

ここで言い表された和の色

無粋な書き手は 哀しいかな ほとんどイメージすることができませんが

色の重ね合わせで 美しさがさらに際立つことは想像できますし
とても興味を持ちました

tpi10


実際に どのような色が
どんな植物を原料にした染料で どのように染められるかは
次回詳しく説明することにしますが


うーん 和の色か、、、

ちょつと インスパイアされてしまいました



2018.03.02更新

清少納言 の 枕草子 

snms41


紫式部 の 源氏物語

snms42



いずれも王朝文学に燦然と輝く名著ですが
比較するのが困難なほど その内容は全く異なっています


枕草子は 
をかし をモチーフにした洒脱なエッセイ

人やものごとを 客観的 理性的に見て 料理していきます

snms43



源氏物語は 
あはれ をモチーフにした 壮大な恋物語

人の生き様を 主観的 情緒的にとらえて 物語を紡ぎます

snms44



こうした際立つ作風は
それぞれの著者の性格によるところが大きいとされています



清少納言の性格は

すかっとしていて 鼻っぱしが強い
勢い余って ついつい余計な一言まで加えて 人を論破してしまう

一流でなければダメで 二流三流は許せない

ということで 

才はあるが生意気で嫌な奴 とも言えます(笑)

snms45

その反面 打たれ弱いところもあって

枕草子には
道隆が死亡し道長が権威を握ったあとの話題がむしろ多いのですが

しかし悲壮感はなく
道長 彰子に対する批判もなく 道長にはむしろ好意的ですらあったため

清少納言は道長のスパイなのではないか? との噂が出たこともあり
その際はかなり落ち込んで 4か月間も実家に帰ってしまったそうな


彼女は 後宮での会話の名手として名を馳せていて

時期を外さない瞬時の対応で
短く わかる人にはわかる式の 
相手の知識や才能に訴える受け答えが出来る

自分は美人でないと思っていたので 尚更 話術に磨きをかけていた
との説もあるようです


自然や人の情感に敏感で 超がつくほどの 好奇心の旺盛さを併せ持つ
女嫌いで 主人である定子以外の女性には全く興味がなく

その一方で 一流の男好き
しかも 一流でない男には興味を示さない

snms46


そんな性格の彼女の筆運びは きびきびしていて
連想を自由に飛ばし 思いの赴くままに筆を走らせる

実録的描写に優れ きりっと引き締まってスピード感がある文体
ノリがよくて おまけに軽妙な風刺まで利かす

個人的には こういう筆運びは 大好きです!(笑)


ちなみに彼女 バツイチで
離婚後に28歳で中宮に仕えるようになったそうです

旦那さん 大変だったのかな?(笑)

snms47



一方 紫式部の性格は

どちらかというと ネクラでカマトト

snms48



漢字や歴史に詳しいことを自慢しながら
周囲への配慮から 他人にはそのことを隠し続けます

当時の女性は 漢字(学問)は必要でなく
むしろ漢学に長けると女らしさに欠ける とされたので
致し方ない処世術であったようですが

つつましく 目立たないようにしていながら
自らの才能には ただならぬ自信を持っていたようで

源氏物語の空蝉は 自分がモデルではないかと言われています


人には本心をすべて打ち明けさせて 自分の本心は決して明かさない

こうした性格は 隙がなさ過ぎて どこか意地悪に写ります

実際に後宮では 周囲の女房たちからの嫉妬に悩まされたようで
貝のように閉じこもり
ネコをかぶって 女の修羅場をくぐりくけようとしたとのこと

カマトトと言われる所以は そんなところにあるのかもしれません


それでいて 男よりもむしろ女好きで

紫式部日記には 
多くの女房の容姿 衣装 立ち振る舞いが詳述されています

snms49



当時としては新しい文学ジャンルである「物語」への意識も強かったようで
男が書いた正史よりも 物語の方が人の本質を著せると認識し

歴史書などは事実を記したメモに過ぎない と述べています

snms50


そして この時代の女性を
自分の運命も決められず 幸せも他人任せの受け身な生き方しかできない
不自由で哀れな存在としてとらえていました

源氏物語が 実は女性を描いた作品であると言われるのは そのためです


また 前回ご紹介したように
清少納言に対する 一方通行的な激しいライバル心を持っていた一面もあります

そういう意味では 色々な意味で 
清少納言よりも 女らしい方だったのかもしれません?

あ このコンテクストで 女らしい なんて書くと 怒られるかな?(苦笑)

snms51



ちなみに 彼女は未亡人で
27歳の晩婚でしたが わずか2年で夫は先立ってしまい
夫の死後に30歳で彰子の宮に仕えるようになりました



さて このように 対照的な性格だった 清少納言 と 紫式部

彼女やパートナーにするのは どちらのタイプが良いでしょう?
読み手の皆さんは どう思われますか?


snms52



書き手は

ユーモアを解し 軽妙洒脱な会話が楽しめる清少納言に魅力を感じますが

紫式部の 物語や  当時の女性の生きざまに対する深い洞察にも
魅力を感じます


うーん でも

どちらか一方 と言われたら 清少納言かな?


でも お恥ずかしいことに
枕草子も源氏物語も まだきちんと読んだことがないのですよ!

そろそろ歳も重ねてきたので 
ふたりの性格を思い浮かべながら 読んでみようかと思っています


2018.02.26更新

清少納言 紫式部 も 後宮の女房であったとお話ししましたが

そもそも 後宮や女房ってなに?


後宮

なんとなく隠微な響きを持つ(?:笑)言葉ですが
皇帝や王様の皇后や妃が住むところを 後宮と言います

snms31



この図だと 上半分に描かれたピンクのエリア

有名なところでは 江戸時代の大奥も後宮ですね

清少納言や紫式部が活躍した平安時代には 内裏と呼ばれていました

snms32



で その後宮で 皇后や妃に仕えるのが女房

主から部屋(房)を与えられて奉公した女性のことを言い
ひとりの后に20~30人ほどの女房がいたそうです


snms33


皇后や妃の身の回りのお世話をしたリ 雑務を行うわけですが

政府の要人や行政機関の官僚が 天皇や皇后に取次ぎを頼む際にも
女房を通じて頼むこともあり
そういう意味では ちょっと生臭い職務もされていたようです


さて 平安京時代の女房は
主の話し相手 教育係 としての職務が重要視されており
それが故に 選別は厳しかったとのこと

今の県知事にあたる役職である受領の娘が
女房になることが多かったそうです

というのも 受領は経済的に恵まれていることが多かったので
その家庭は個性を重んじる自由な雰囲気があり
受領の娘としての地方住まいの経験が文化的奥深さも育くみ
まさに女房の職務を果たすのに適役だったのです


また 後宮での生活では それなりの衣装を着る必要がありますが
そうした費用は全て時前だったので
実家が経済的に恵まれている必要もありました

こうした背景から
多くの受領は 娘を女房として後宮に送り込むことに躍起になり

そして 清少納言も紫式部も 受領の娘でした


ちなみに 受領の娘は
上流社会の殿方からも 交際相手としてたいそう人気があったそうです

snms34


さて 平安京の後宮は まさに文化サロンのような存在

女房は 雇用主である皇后 妃や 後宮を訪れる公卿殿上人と
まさにエスプリに富んだ会話を繰り広げていたようです

snms36


かつての銀座のクラブでのホステスとインテリ客の会話のように
と言われる方もおられるようです

今の銀座は どうなのかな?(笑)

snms35


ですから
特に公卿殿上人たちが 天皇 皇后への接近の手掛かりとして
後宮の女房に接近を試みる際には

女房は その会話において
ツーカー式の瞬時の反応 その裏に潜む学識の深さ が求められました

共通の教養・知識に基づいた気の利いた会話ができることは必須であり

特に 当時の男性社会では漢学が必須の教養でしたから
漢詩文が共通の話題となることも多く
女性とはいえ漢学・漢詩に通じていることが 人気のある女房の必須条件でした

snms37


そして かな文学の代表的な作家である清少納言も紫式部も
男勝りの深い漢学の教養を 身につけていたのです

そんな女房たちと公卿殿上人たちの エスプリに富んだ気の利いた会話が
昼な夜な 御簾越しに交わされる

その様子は 枕草子にも源氏物語にも たびたび登場します

snms38

この 御簾越し というのが なんとも優雅で格好が良いですよね!(笑)


うーん それにしても

後宮の生活 奥が深そうですね

格好良いけれど 勉強してついていくのが 大変だったろうなあ(笑)

 

 

2018.02.23更新

清少納言 と 紫式部

王朝文学史に燦然と輝く名を残すふたりが
ライバル関係 女の戦いがあったのではないか?

そんな風に邪推されるのは
ふたりがともに 一条天皇の後宮に仕えていたからです


清少納言は 

snms11

一条天皇の最初の妃である 定子に仕えました

定子は 時の絶大なる権力者 藤原道隆の娘で
一条天皇が10歳  定子が14歳の時に 定子は後宮に入内しました

その3年後に 清少納言が女房として仕えるようになります

snms12


一条天皇も定子も 聡明で文化好きだったことから
定子が中心となった後宮は まさに洗練された栄華な世界で

人々が共有する知性 教養に裏付けられた
風流で機知に富んだ会話が交わされる 
開明的な雰囲気にあふれていたそうです

snms13



しかし 幸せな良き日は長くは続かず
道隆が糖尿病で没すると 藤原家内で熾烈な権力争いが起こり

道隆の長男・伊周(定子の兄)は
道隆の弟の道長の陰謀により失脚してしまいます

snms14

そして 世は 道長の時代になります

道長は 得意の策略を巡らせて 定子が一条天皇に会えないようにし
さらに自分の娘の彰子
一条天皇の第2の皇后として後宮に送り込みます

一条天皇が20代 彰子が12歳のときです

snms15


こうしてふたりの皇后が並び立つ状況になりますが

snms16



既に清少納言らの活躍により 文化の誉れ高い定子の宮 に対抗するように

道長は教養高い女房をたくさんヘッドハンティングして
彰子の宮を盛り上げようとします

ここでスカウトされた女房のひとりが 紫式部 でした

snms17

紫式部は 清少納言に匹敵する活躍を道長に求められ
当時は貴重品だった紙 墨 硯などを 道長から豊富に供給され
源氏物語を書くに至ったと言われています


そういう意味では 清少納言と紫式部は
それぞれ 定子宮と彰子宮の文化広報担当職のような存在で
確かにある意味で ライバル関係にあったと言えるのでしょう


snms18
snms19



しかし定子は 彰子が後宮に入ってからわずか10カ月で
産後の状態が悪く 25歳の若さで あっけなく亡くなってしまいます

そして 定子の宮はなくなり 清少納言も後宮から去ります


紫式部が彰子の宮に女房として仕えるようになったのは
彰子が後宮に入って何年後かと言われていますから

実際に後宮で 清少納言と紫式部が
顔を合わせて言葉を交わすといったことはなかったと考えられています


うーん 才能があり筆も立つ女同士の
バチバチとした火花を散らす争いを期待する下衆としては
ちょっと残念な展開ですが(苦笑)

snms20



でも 少なくとも紫式部は
清少納言のことを かなり意識していたようです

というのも 紫式部は自らの筆で 清少納言のことを

利口そうに漢字を書き散らしているけれど よく見ると間違いも多く
こんなふうに自らの才能をひけらかそうとする人の行く末は
必ず悪くなるばかりだろう

と 辛辣に評しているのです

しかも 後ろ盾である定子が亡くなり
清少納言がひとりでわが身の行く末について案じている状況で
このように完膚なきまでに論破していて

水に落ちた犬は打て 的な感じで
うーん ちょっと意地が悪いかな という感じすらします

snms21


確かに 知的で華やかだった定子の宮 その中心にいた清少納言に対して

時の権力者の交代により しゃしゃりでてきた感じの新興の彰子の宮で
清少納言と同じ役割を求められていた紫式部としては

定子の宮や清少納言に対する
並々ならぬ対抗心やライバル意識はあったのでしょうが

清少納言が なにかの折に 単なる興味で
紫式部の亡き夫の派手な衣装を難じたことを根に持って
清少納言に対してただならぬ意識を持っていたという説もありますから

もしかしたら 紫式部の方から清少納言への
一方的な負の感情ベクトルがあったのかもしれません


それに ふたりの性格が 対照的と言っていいほど異なっていた

紫式部が清少納言を過度に意識する理由は
そんなところにもあったように思います

ふたりの性格が どんなに対照的だったかは 次回詳しく説明します



2018.02.19更新

もう だいぶ前のことになりますが
NHKの大河ドラマで 松山ケンイチさん主演の 平清盛 が放映されていました

snms01

視聴率が大河ドラマの歴代ワースト記録になるくらい不評で
営業的には散々だったようですが

書き手は 結構面白いと思い
あまりテレビの連続ドラマを見ない書き手としては珍しく
毎週欠かさず見ていました


snms02


そのなかでも 印象に残っていることのひとつが
西行役の役者さんが 和歌を詠むシーン 

本当に 歌を唄うように大きな声で節をつけて 作品を披露するのですよ

snms03



季節のTPOに応じて 昔の名歌と言われる和歌を
さらっと口ずさんだりできると たいそう格好良いと思うのですが

和歌は どうも馴染みがなくて
本に書いているのを 文字で読むのが面倒くさい 
という印象が強かった

でも あの番組を見て

平安時代には あんな風に 
まさに歌のように詠んでいたのか


確かに 文字で読むより 音として耳から入った方が
印象に残るなあと

いたく感心したのを覚えています

snms04



そのあと 平安時代の王朝文学に関する本を読む機会もあって

和歌集とか日記とか 結構面白いかもと思いつつ
未だに本格的に読んだことはないのですが

そのあたりの書籍を漁っていて 書き手の下衆心に触れたのが(苦笑)

清少納言と紫式部の関係
です

snms05


清少納言 は 枕草子

紫式部 は 源氏物語


いずれも王朝文学を代表する名作古典の作者ですが

二人とも同時代 一条天皇の後宮で女房として働いていたことから
ちょっと微妙なライバル関係のようなものがあったようで

そういう下衆っぽいのが決して嫌いではない書き手は
ついつい興味を持ってしまうのですよ(苦笑)



で 平安時代の文化的環境は なかなか雅で やんごとないのですよ

もちろん 
奈良時代の 中国に追いつき追い越せブームが残っていますから

圧倒的に漢字文化が幅を利かせていて 公文書などは全て漢字
男が身につけるべき教養の第一は漢学だったわけですが

snms06

徐々に 平仮名を使った和歌文化 が勢いを増してきて

snms07

特に男女の関係においては
何度か和歌のやりとりをして 互いの人格 教養の深さを推し量り
親交を深めていく 

そんなおしゃれなことが行われていたそうで

snms08


まあ 鼻持ちならない とも言えますが(笑)


一方で 政治の世界はいつの世もドロドロしているもので

当時は 藤原摂関家の全盛時代

ときの権力者は自分の娘を次々に天皇の后に送り込んで
天皇を意のままに操り 思うままに政治を動かしていたわけです

当然 藤原家内ではトップを巡る権力闘争が頻繁に行われていて

清少納言や紫式部が活躍した一条天皇時代は

最初は藤原道隆が絶大なる権力を握っていましたが
彼は 当時は飲水病と呼ばれていた糖尿病により亡くなってしまいます

その後 道隆の子供達と 道隆の弟の道長との間で権力闘争が行われ
剛腕だった道長が天下を握ります

snms09

ちなみに道長は以前ご紹介したように
日本を代表する(?)糖尿病患者さんとして
インスリンの結晶とともに切手に描かれています

snms10


さて こうした文化的 政治的環境のなかで

清少納言と紫式部は どのようにして名作を世に残したのか?
それぞれの性格はどんなだったのか?

そして 気になるふたりの関係は?

次回 詳しく解説します



2018.02.09更新

もう一昨年のことになりましたが
アメリカ大統領選挙で ヒラリーが敗れたとき

ojn01

それまでも指摘されていた

女性がなかなかトップになれないという ガラスの天井論 が

再度 注目を浴びていました

ojn02


それに関連する形の「女性とリーダー論」で
こんな興味ある記事を読みました

一昨年5月 ヒラリーが出馬宣言をしたのと たまたま同じ日に
 
大西洋を隔てた アメリカとフランスの代表的な新聞である
ニューヨークタイムスの編集主幹と ルモンドの社長が退任したそうです

ojn03
ojn04


NYタイムスの編集主幹は「強引」 ルモンドの社長は「独裁的」

そんな言葉で評される それぞれの経営スタイルが批判を浴びての 
事実上の更迭だったとか


しかし 強引とか独裁的という言葉は 
ときとして優秀なリーダーを褒める際に用いられることもある

少なくとも 男性の場合は、、、


そう 更迭されたNYタイムス編集主幹もルモンド社長も 女性でした

ojn05


女性と男性では
リーダーとして期待されるものが異なる というダブルスタンダードは
決して過去のものではなく

リーダーの「女性らしさの神話」は今もって健在で
女性のリーダーが組織を追われるときは 
必ずと言っていいほど「強引」「独裁的」という形容詞がつけられるとか

ojn06


そんなこと考えたこともなかったので 読みながら驚きました 

世の殿方たちは 女性が自分の上司になったとき 彼女を

*周囲を和ませながら完璧に女性らしさを発揮するリーダー

ojn08

*独裁的で鼻持ちならないリーダー

ojn08


の対極的な2項分布的評価をしがちだそうですが
 
男性が上司のときは そんな極端な評価をすることはあまりない


そして上司と部下で衝突があって 
女性上司が男性の部下を評価指導するとき

部下の男性は 
それを冷静に受け入れられるタイプと 
生理的に受け入れられないタイプがいて

後者のタイプの男性部下は 
女性上司を「独裁的で鼻持ちならないリーダー」
と評することが多いそうです

まあ 似たような傾向は
男性の上司のときにも多かれ少なかれあるでしょうが

でも女性リーダーは ともすれば 冷酷なモンスターのように見られ

ojn09


男性リーダーと同じように判断や仕事をしていても
ある種のバイアスがかかった物差しで評価され

更迭されるときは男性リーダーと異なり 実績以上に性格が話題にされる

女性は絶えず その本能を詮索され続ける 
それが リーダーさえも逃れられない女らしさの呪縛である

と この記事を書いた女性作家は結んでいます

ojn10


まあ 裏を返せば 
上述した 女性上司からの評価指導を生理的に拒絶するような
男社会の ”未熟さといやらしさ” がなせる業 ということでしょうか?(苦笑)

ojn10a


うーん 書き手は幸か不幸か
これまでの人生で女性上司を持ったことはないし 
自分自身が女性ではないから 

この話題は
イメージすることはできても リアルに実感することは難しい


でも 最近日本は 女性の社会進出の度合いの少なさで
世界から かなり白い目で見られつつあるようで
この状況は相当ヤバイそうです

ojn12


確かに 書き手が海外の学会に出席した際などには
女性の座長やスピーカーの数が日本の比ではないほど多く
最初はびっくりしたものです


書き手は この手の差し迫った問題を解決するには

男性が 自らの幼さ(?:苦笑)を反省することはもちろんですが

ojn13


女性も 一握りのGlass ceilingへの挑戦者だけでなく
多くの女性が ある意味で意識改革をしないといけないようにも思います

ojn11


言うは易しで 難しい問題なのですが、、、

 

2017.11.24更新

2008年 リーマン・ショックが起こります

kkg41

金融工学を駆使して生み出された 住宅ローンの不良債権化に端を発し
アメリカでは 800万人が家を失い 1000万人が失業し
全世界に大きく深刻な爪痕を残しました

正直に告白すると 書き手も ちょっと”火傷”しました(苦笑)

kkg42


この期に及んで ようやく 金融工学の罪が 問われ始めます

そして 金融工学者にも 
全てではないが 一部の罪はあると考えられるようになりました

金融工学は重要な技術革新ではあったが
リスクを隠していた部分もあり

粗悪な証券が破綻することに賭けて儲けた 

そんな金融機関すら あったようです


結果的に 金融工学は 暴走してしまった

kkg43



前提条件を常にチェックして
壊れたときにどうなるかを考えてやらないと 危ない

数式の前提が崩れると 数式は機能しなくなる

物理学や数学と金融の世界は 似て非なるものだった

kkg44

大志を持って金融の世界に転向した科学者たちは 今になって述懐します

私達は 思い違いをしていたのです

kkg45


人間がパニックになると 
どんな行動をとるか そのとき価格がどう動くか

それを数学や物理学で計算するのは不可能だ


うーん このコンテクストだと
ノーベル財団さんは 1997年以降の世界の経済状況の紆余曲折を鑑みて
自嘲を込めて 今年の賞を行動経済学に与えたのかな?(笑)


kkg46




それに 金融工学は 他の自然科学で行われる実験が出来ないので
実際にお金を投入して取引をしないと 検証できない

また 金融工学はブラック・ボックス

数式は 表に出れば 真似られてしまうので
決して表に出ることはない秘密主義
(数式では特許がとれない というハンデもあるようですが)

オープンにされていない 議論が出来ない 
それでは 発展できない

だから 金融工学は 本来の科学ではない

とする意見もあります

kkg47



リーマン・ショック後には こうした議論を背景に
金融機関の動き 金融派生商品への規制が必要という意見が出てきて
現在 多くの規制がかけられ コントロールされようとしています

その一方で 規制に対応した新たな金融工学を開発している科学者もいて
彼等は 規制を新たな利益を得るチャンスと とらえています

科学者は 障害があると乗り越えたくなるそうです(苦笑)



さらに最近は AIの参入という 新たなトピックが世を賑わせています

クリスタルという洒落た名前のAIは
過去20年間の膨大な市場データにより 有利な売買パターンを学習し 

High Frequency Trading HFT 高頻度取引 と呼ばれる
まばたき1回の間に1万回の取引という 
圧倒的なスピードによる売買を行います

kkg48

人間は 対応不可能です(苦笑)

やがて コンピューターがトゥルースを生み出す時代が来るかもしれません
トゥルースの基本は人が作り AIがそれをより効率的に改善する

しかし
AIコンピューターの暴走による 瞬時の異常な株価の変動も起こりました

kkg49


何が金融危機のきっかけになるか 原因を特定できなくなる時代

そんなリスクが囁かれ始めています

所詮は その時代の技術の限界を越えた金融危機には 対応できないのです



では そんなお騒がせの金融工学は 世の中に必要なのか?

多くの市場関係者は ないとダメ! と言われます

今更 勘 経験 度胸 の世界には戻れないし
第一 既にシステムのバックボーンになっているので
金融工学なしの市場は成り立たない



では 金融工学者の社会的責任は どうなのか?

もちろんそれは重大で
金融は知識の格差が非常に大きいので ブラック・ボックス化できやすいため
余計に倫理感を持ち

何が正しくて 何をやってはいけないか という考えをしっかり持ち
金融工学的手法に取り込む必要がある

その不具合により被害を受ける人がいて
社会的影響が大きいことを認識すべきである

市場関係者は そのように自らに警鐘を鳴らしています


ただ 彼等のホンネの中には
強欲な面がないと金融工学者には向かない という意見もありました

まあねぇ これまでも何回か話題提供しましたが

ヒトがその本性の一部である ”強欲” をコントロールするのは
簡単ではありませんからね(苦笑)

ybsb06


そして ソープもショールズも
いくつも会社を破綻させ 多くの人々に不幸を及ぼしましたが
ともに70歳過ぎて 悠々自適の生活を送っているそうで

さらに今年2月には トランプ政権により
リーマン後に続いていた金融市場への規制が 緩和され始めました

kkg50


さて 世界の経済は どんな方向に進んでいくのでしょう?

過ちを再び繰り返さず
地に足がついた発展を遂げられるのでしょうか?



エピローグには ニュートンのこんな言葉が登場します

星の動きは計算できるが 人間の狂気は計算不可能だ

kkg51



そして番組は こんな警句で〆られます

トゥルースは 狂気さえも計算できるか?

科学は誘惑する

kkg52



うまい!(笑)

この番組の企画制作に携わった方々のセンスに
敬意を表したいと思います!


で 最後に

リーマンで火傷してから 色々と勉強した書き手は 
正直言って こう思うのですよ

額に汗して働いて得たお金と
金融工学的に楽して(?)儲けたお金 Easy Money  では
持つニュアンスが少し違わないかな?

ybs53

こんなことを書くと
お金に質の差があるか! と 怒られるでしょうか?(苦笑)

 


2017.11.20更新

NHK特番の「ザ・トゥルース(真実)世界を変えた金融工学」の続きです

ソープが生み出した 金融工学 は
数学者ブラックと経済学者ショールズによって 大きく成長します

kkg21


彼等は 金融派生商品の適正価格を的確にはじき出せる

ブラック・ショールズ方程式を 作り上げました

kkg22

これは ソープ理論を学問的により洗練させた 非常にシンプルな数式で
条件を変えることで 色々な金融商品の価格が計算でき

これまでランダムとされていた 市場の動きのかなりの部分を 
この方程式で説明することができ
株式市場に革命をもたらすことになりました

この方程式を用いて
次々と金融派生商品が生まれ 市場が拡大していきます


1994年には ショールズ自らが
Long-Term Capital Management LTCMという投資会社を立ち上げ
ブラック・ショールズ方程式を用いて12兆円を運用

年率40%の利益をあげ続け!

kkg23


なんと1997年には ノーベル経済学賞を受賞したのです

kkg24



えーっ ノーベル経済まで 

しかもそんな短期間で 獲っちゃったの?
知りませんでした、、、


ちなみに それから20年後の今年

ノーベル経済学賞は
行動経済学の魁 リチャード・テイラーさんに贈られました

kkg25

20年前にノーベル財団が 先見の明を示して
ショールズさんでなくテイラーさんに賞を授与していたら
世界の経済の模様は変わっていたかもしれませんね?(笑)



さて ブラック・ショールズ方程式は

ザ・トゥルース 真実という名の数式

と呼ばれました

kkg27


予測不可能な市場の動きも 解析・数式化して的中させるための試み
全てを統一できると 科学者たちが信じた数式でしたが

その一面で 富を得るための数式 錬金術 とも揶揄されました

kkg28


しかし 栄華が長続きしないのは世の常で

新たな市場開拓のために
ロシアなどの新興国の国債をターゲットにしたLTMCは
1998年のロシアのデフォルト・債務不履行により破綻して

損失は46億ドルにも上りました

ブラック・ショールズ方程式では
0.0003% 100万年に3回の確率でしか起きない事象と計算していた
ロシアのデフォルトが 現実に起こってしまったのです


世のエコノミストたちは

ショールズらが数式に頼りすぎていた 目の前の現実より数式を信じていた

数式は 平常時の状況は予測できるが 金融危機は予測できず対応できない

破綻はごくレアな現象ではあるが
数式が成り立つ前提条件が破綻すると うまくいかなくなる

これが 金融工学の限界である 

などと論評しました



一敗地に塗れた 金融工学


しかし たくましく復活してきます

マネーゲームの魅力は強力で
一度よい目を味わうと 失敗してもあきらめきれず

より効率的なトゥルースを求めるため
金融会社は 多くの科学者を雇い
たくさんの新たな金融派生商品を作り出します


ちょうどその頃のウォール街には
アポロ計画の終焉により職を失った科学者・ロケット工学者が参入し始め
彼等は トゥルースの在り処を 月でなく金融の世界に求めたのです

当時 ロケット物理学から金融工学の世界に転入した物理学者は

金融業界での仕事は
物理学のそれとほとんど変わりなくエキサイティングで

kkg29

物理学の法則が金融工学の世界にもあると信じていた そうです

kkg30


マーケットに進出してきた科学者たちは

自分たちの理論の正しさを証明したい
金融市場で利益をあげたい 金儲けがしたい

という

数学としての純粋な面 儲けたいという貪欲な面 の2面性を持ち

kkg31

金融商品をヒットさせて 巨額のボーナスを得るという
いかにもアメリカ的な価値観に基づく  サクセスストーリー

を描いていきました


そして

新たな局面を迎えた金融工学の大躍進により

為替 原油 住宅ローン 天候 などが 投資の対象となり
市場はカジノのようになり 規模は500兆ドルに膨れ上がりました

金融派生商品(デリバティブ)は
世界のGDPの7倍以上のマネーで運用されるという
 

実態をともなわない まさにバブルで異様な世界と なっていったのです

kkg32


でも 世の人々はその時点で
BRCISなど新興国の好景気も合わせた 右肩上がりに浮かれてしまい

そうした浮かれた状況の背景に潜む異様さに
哀しいことに 気がついていなかった

もちろん 少し火遊びをしていた書き手も
ことの重大性や異様さに 全く気がついていませんでした(苦笑)

 
そして あの 2008年を迎えるわけです


2017.11.17更新

書き手は  大学院で免疫学を学んでいました
(学ぶというより遊んでいた?:苦笑)

当時はインターロイキンという 
リンパ球が産生するホルモン様物質が同定され始めた頃で
免疫の分野は とても活気づいていました

ちなみに 現在ではインターロイキンは40種ほど同定されていますが
書き手が遊んでいた30年ほど前は
まだ数種類しか発見されていませんでした

日本は この分野の研究で世界をリードする立場にあり

そのフロントランナーの研究所のひとつが
今年 文化勲章を受勲された松原謙一先生が率いられ
IL-6の発見者 岸本忠三先生が活躍されていた
大阪大学・細胞工学センターでした

kkg01

細胞工学 Cell Engineering  という言葉は

それまで聞いたことがなかったのですが
その響きはとても印象的でした

細胞 という単語と 工学 という単語の結びつきが
なんだか違和感があるようで
それでいて なんとなく先駆的な格好良さも感じて


で 長い前振りになって恐縮ですが

書き手がもっと大人になってから(笑)

工学という単語が 別の単語とくっついているのを見聞きして
もっと驚いたのですよ!

それが 今日のお題の 金融工学 です

kkg02


NHKの「ザ・トゥルース(真実)世界を変えた金融工学」

という番組を見ました

kkg03


なぜか最初に 吉川晃司(なつかしい!:笑)が出てきて
ショーペンハウアーが語ったという こんな警句を紹介します

富は海水に似ている 飲めば飲むほど  喉が渇く

kkg04


うまい導入ですよね!(笑)


金融工学

その響きは 細胞工学よりも
もっと違和感があって もっとアヤシイ!(笑)

kkg05


番組では まず 金融工学が何たるかを紹介します

数学 物理学の数式を駆使して 富を拡大して 儲けようとする科学で
現在の金融ビジネスのほとんどの分野で 金融工学が使われており
金融工学の登場により 世界の富は500兆ドルまで膨れ上がっている

確率論をベースに構築されたもので
株価を 単純な数式で表し予測することを 初期の目的としていた


金融工学が出てくる以前の投資は
企業の経営に関する情報を集め
そのうえで カン 経験 度胸 で 投資判断をしてましたが

金融工学の登場により その景色が一変してしまい
次々と新しい金融派生商品(デリバティブ)が生まれて
市場は巨大に膨れ上がった

kkg06


そして そのあと 突然 暴走を始めて
かってないほどの規模の経済危機を生み出したのは ご承知のとおりです


では 金融工学は 誰が いつ どのようにして 生みだしたのでしょう?

1960年代のマサチューセッツ工科大学に
エドワード・ソープという 金融工学を生み出した数学者がいました

kkg07


世界恐慌の時代に子供時代を過ごし
経済的自由の重要性を認識していた彼は
要は 金儲けが好きだった?(笑)

自らの数学的才能を駆使して
確率論によりブラックジャック必勝法を見出し

そのアイデアを基に
株価の不規則でランダムな動きを 数学的に表現し予測する試みを始め
ウォール街の投資の世界に持ち込んで 巨額の富を得ようとした

kkg08


Beat the Market マーケットをぶっとばせ という書籍を執筆 出版し

従来の投資の重要な参考資料だった 会社の財務状況 経営方針など全く無視し
自らが考案した数式のみを信じて 投資を行う

そんな当時としては破天荒なやり方に
多くのウォール街関係者は 興味を示しませんでしたが

彼の出現を契機に
金融界は 数学者・物理学者が幅を効かせる世界となりました


個人的に 彼の業績(?)で注目だったのは
「空売り」という方法を発明したことです

kkg09


空売りは 今でこそ投資家さんやヘッジファンドさんらが
マーケットで巨額の利益を得るために
日常茶飯事的に行われていますが

値上がりだけでなく 値下がりでも儲けようという 空売りのアイデア

kkg10

書き手は 初めてそのやり方を知ったとき
ずいぶんとえげつないことを考えだした奴がいるものだと
びっくりしたものですが

なんとエドワード・ソープが思いついたものだそうで

ワラントという
金融派生商品とリアル株の割合を 絶妙に調整する数式を作り上げ
年に20%の利益をたたきだしていたそうです


さて ソープが生み出した金融工学 
この先 どんな風に暴れていくのでしょう?(笑)

 

前へ

entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら