左利き肝臓専門医ブログ

2018.06.22更新

再度 忖度の話を続けます


なぜ忖度はなくならないのか?

それは 日本人は「世間」を気にせずにはいられないから


空気 同調圧力 に続いて
今度は 世間 というキーワードが登場してきます

「世間」という言葉は 万葉集の時代からある
実質的な裏の人間関係を示すもので

自分と 利害関係のある人々と 将来利害関係を持つであろう人々 の
全体の総称を示すそうです


sontak21a


その特徴は

同質の人間からなり 外国人を含まず
排他的で閉鎖的な性格を有する 

こと


日本人は ある「世間」に所属できることで安心でき
「世間」は その構成メンバーのプライドのよりどころになる

と同時に

「世間」の意向を 忖度せずにはいられなくなり
自分が所属する「世間」ばかり見て 社会に目を向けようとしなくなるので
余計に忖度がはびこりやすくなる

sontak21



そして 日本の多くの組織において
「世間」のコネや人脈により 社会の重要な決定がなされる

そうした組織は ブランド力があり

そこに属する人にとって
自分がそこに属することが レーゾン・デトール 存在価値になり
また 自分は特別である という特権意識を持つが

一方で そこから排除されることを恐れ そのために忖度に走る

sontak22



そうした組織人は
想像力が欠如し  外の社会からどう見られているか無関心になるので
社会のルールや評価よりも 世間の意向を重視してしまい

そんな組織人で構成される組織は
閉鎖的で 部外者を徹底的に排除して 内部の論理だけで動くようになる

うーん なかなか恐ろしいものがあります


で 「世間」のルール というのもあって

贈与 互酬の原則
 もらったら返すことで 中元・歳暮が良い例ですが
 個人でなく地位に贈られることが多く
 見返りの期待や打算に基づく 一種の投資行動 でもあるそうです(苦笑)

長幼の序
 年功序列の意識ですね!

共通の時間意識
 日本人独特の “今後ともよろしく” という感性で
 西洋人は一人一人の時間を生きているので こうした共通の時間意識はない

差別的で排他的

神秘性
 世間は わけがわからない 正体がつかみにくいから
 逆に圧倒的な力を持ち 
 合理性では判断できないほど 世間の暗黙の掟に縛られてしまう

なるほど~

sontak21b


書き手はスウエーデンで留学生活をしていたときに
それまで気づかなかった日本社会や日本人のこうした特徴を
意識することが出来ました

特に 個と社会の関係の 彼我の違いに驚いた
ちょっとした カルチャー・ショックでした(苦笑)

たとえば こんなことがありました

研究室の仲間と談笑していたときに
書き手をポスドク(博士研究員)として受け入れてくれたボスのために
頑張って実験して良いデータを出さないと
と 書き手が言うと

変なこと言うなよ
お前は自分のために研究しているのであって
ボスのために研究しているわけではないだろ?

と 指摘されたのですよ(苦笑)

まさに 欧米人は個人として生きているが
日本人は世間のなかで生きていること

を 実感しました


閑話休題


で 著者は
最近の社会は 世間のルールが崩れ 変化 流動化しつつある
と 論を展開されます

それは バブル崩壊後の社会の変化が影響していて

終身雇用 年功序列の崩壊
非正規雇用の激増
製造業からサービス業へのシフト

などにより 従来の“世間のルール”が成り立たなくなってきた


いわば 世間という きちんとした共同体が崩壊しつつある状態

具体的な事例として
就職してもすぐに辞めてしまう若者の増加や
お中元 お歳暮離れ などが挙げられています

そして 

人々は二度と世間・共同体をとり戻せないと感じているので
せめて共同体の匂いを感じたいと思い
 
それが故に 空気を読むことにこだわるようになり
空気の影響力が以前にも増して強まっている


一方 SNSの普及により
見えない相手と円満に交流するため ネットでの炎上を防ぐために
空気を読むことが これまで以上に必要とされる

ルールのない空気による支配

なんだか あやふやで危険な感じがします

sontak21c


さらに 共同体だけでなく 国民国家を支える幻想も崩壊しつつあり
超ソロ社会が出現して来ているそうで

sontak25

そうなると人は
家族にも会社にも地域社会にも頼ることが出来ないので
不安と孤独にさいなまれ

それが故に 余計に共同体の匂いを感じたいと思い
さらに空気を読むことに執着するようになる

悪循環ですね!


空気を読むことは
正体の解らない誰かの意向を忖度することと 表裏一体で
決して健全なことではない

空気の存在しない国や社会はないけれど

問題なのは
空気の支配を許すかどうか?
許さないとすれば 空気にどう対処するか?

ということで

日本は 空気の支配を許す国なので
いまだに忖度がなくならず 縛られている
と 筆者は結論付けられます

sontak27


では そんな状況に どのように対処すればよいのでしょう?

 

 

2018.06.15更新

忖度の話を続けます


なぜ日本社会では忖度がはびこるか?

日本社会には 同調圧力 なるものがあるそうで

皆と一緒でないと不安になる
なんでも横並びが大好き

sontak11


例えば
日本の有給休暇消化率は50%で 世界で一番低いけれど
そのかわり 祝祭日の数は際立って多い

ひとりで有給休暇はとりにくいけれど 皆と同じ祝祭日なら安心 ということ

そして
日本のサラリーマン社会が 忖度のクモの糸に縛られているのは
この同調圧力が強いから というわけです


確かに日本人は
他の人と同じだと安心するし
人と異なることを嫌がる 怖がる傾向がありますね

sontak12


で 社会で同調圧力が大手を振っているのは 排除への恐怖 が原因で

同調圧力に逆らえば 組織から排除されかねないという恐怖があり
排除されないようにするためには 皆と同じようにするのがいちばんで
だから無意識のうちに自己規制が働いて 圧力に従う

日本人は 大きくてブランド力のある組織に属すると安心できるけれど
一方で ひとたび属すると
今度は排除への恐怖がとても強くなるのです

sontak13


別の見方をすると

主語を 一人称単数から 所属組織に明け渡してしまう傾向が強く

自分で判断するより 忖度のネットワークのなかで
周囲の希望や意向を推し量りながら
それに沿って生きることを好む傾向がある

そうすれば 自己責任を感じずにすむし  さらに社会や組織から高く評価される


うーん 耳が痛いかも?(苦笑)


ここで 山本七平さんの 「空気」の研究 という論文が引用され
前回も登場した“空気”と 同調圧力の関連が語られます

sontak14

つまり

まわりの人々の暗黙の同調圧力が 空気になり
その空気が 人と社会を支配するほどの大きい影響力を持つのが
日本の社会の特徴で

空気が強い社会では 忖度の必要性がさらに増す


この空気は
まことに大きな絶対権を有した妖怪のようなもので

非常に強固で 絶対的な支配権を有する判断基準となり
あらゆる議論や主張を超えて 個人を拘束する

その前では 論理的な分析や論証は一切吹っ飛んでしまい
あらゆる議論は 最後は空気によって決定される

sontak16


空気によって ロジカルな判断ができなくなってしまう

うーん 怖いことです、、、


一方で
空気に抵抗するものは 異端として社会的に葬り去られるので
人は何も言えなくなる

特に最近の社会では 空気の支配が強まっていると
著者は危惧されています


sontak15


でも 書き手は思うのですが
誰が 何が どのようにして 空気を形成するのでしょう?

そんなことを疑問に思っているようでは
空気に敏感にもなれないし
忖度上手にもなれないのでしょうか?(苦笑)

 

2018.06.11更新

昨年の流行語大賞になり 最近また世間を賑わせている 忖度

sontak00a

書き手はお恥ずかしいことに
マスコミで話題になったおかげで
生まれて初めて この言葉を知りました(苦笑)

うーん いい歳をして
これまで忖度しない人生を過ごしてきたのでしょうか?

それとも 意識しないで 忖度してきた?(笑)


ということで お勉強好きな書き手は
片田珠美さんという精神科の先生が書かれた
「忖度社会ニッポン」という角川新書を読んで とても勉強になったので
何回かに分けて内容をご紹介します

sontak01


<そもそも 忖度とは何か?>

忖度は

*相手の指示がなくても

*相手の意向 欲望を推し量り

*先回りして満たそうとする

行為のことで

立場の弱い人が 強い相手にすることが多い

意地悪な言い方をすると
地位の低い人に こびりついた習性で
権力者にこびへつらい 自分の地位を盤石にしようとする行為である

sontak02

なるほど~!


で 勉強が出来る優等生は 小さい頃から“忖度の達人”で

もともと忖度の能力が高く
その能力で 他人から褒められる成功体験を繰り返して
忖度のうまみを肌身で感じている

そうした優等生が
官僚 裁判官 エリートサラリーマンなどに成長して
彼等が生息する 忖度がはびこる組織で さらに腕を磨いていく

sontak03


再度 なるほど~!!


また意地悪な言い方をすると

忖度できる人は
自分の意見を考える習慣がなくなっていることに気付かず
ゴマ擂りが発想の原点になっている人で

物事の客観的な評価 何が正義かの判断ができなくなり
権力者の力が衰えると 直ちに見捨てられる

うーん 手厳しいですね!(笑)



で 忖度がはびこる組織

一般社会から隔離された世界で
なかでの競争が激しく
懲罰 異動などの不安や恐怖に常にさらされている

そんな環境で 忖度出来る人は
常に 成功や出世への野心と
地位を失うことへの不安や恐怖を抱えているので
ついつい 得意の忖度に磨きをかけてしまう


また そのような組織では
上層部が忖度出来る人を上手く使いこなす

はっきりとした言質を与えず 具体的に指示するような野暮なことはせず
曖昧に言って 部下に忖度させるように仕向ける

お~ 重要なことを具体的に指示するのは 野暮なのですね!(笑)

sontak04a


さて ここで “空気” というコンセプトが登場します

忖度出来る人は そうした社内の“空気”を敏感に感じることができ
なおかつ それに疑問を感じず
“空気”が導くままに 半ば無意識のうちに自己統制できるので

組織のなかで 偉くなっていける!(笑)

sontak05

でも それは
組織内で 社会からかけ離れた判断が横行していくことでもあり

さんざん話題になった大企業での数々の不正は
こうした忖度にまみれた組織が故に 行われてきたのではないかと
著者は推測されています


<なぜ 忖度するのか?>

何といっても 自己防衛のため

sontak07


まわりに波風を立てたくない
権力者に気に入られたい 嫌われたくない 怒らせたくない

そうした思いから 無意識のうちに相手の顔色をうかがい
相手が何を望んでいるか察知し 先回りしてそれを満たそうとする

そして 他人の評価や評判に過敏に反応してしまう


一方で 忖度への見返りへの期待もあるけれど
忖度しても報われないことも多々あることも現実

そこが 人生の不条理な点でしょうか?(笑)


また 見返りの期待よりも本能的なのが 承認欲求

子どもの頃は 他人に誉められたいから忖度して
そして 忖度できる子は 良い子 気が利く子と 誉められる

大人になると 他人に認められたい 評価されたいから忖度して
そして 忖度できる大人は 忖度社会では出世していく

sontak06


でも そうした人たちは

他者の欲望を満たそうとするあまり
自分が何をしたいのかわからなくなり
アイデンティティーの危機に陥るリスクがある

また 忖度疲れにも陥ってしまう

周囲に対する対他配慮性が優れている人は
気配りが出来て 他からの評価が高いが そのせいで疲れてしまうことが多い


対他配慮性は 社会生活を送るうえで不可欠で
それがないと 自分勝手で傲慢な人間になりやすいけれど
その原動力が承認要求だけだと 自分を失ってしまうリスクがある

なるほど


*忖度とは何か?

*なぜ忖度するのか?


*忖度出来る人は どんな人か?


*忖度が幅を利かす組織は どんな組織か?


なんとなくイメージできた気がします


でも 忖度って 良いことなのか 悪いことなのか?
どちらなのでしょう?

この文脈だと ネガティブ感にあふれていますが
相手の気持ちを慮ること自体は 悪いことではないのでは?

読み手の皆さんは どう思われますか?

 

2018.03.12更新

京都の染師 吉岡さんの
日本古来の色を 古式ゆかしい植物染めで再現する試みの続きです


は 日本を代表する色

tpi11


海外ではJapan blueとも呼ばれ
明治時代に日本に来た外人の眼には 日本は青い世界に見えたほど

かつての日本は 暖簾 着物 のぼりなど 多くのものが青色で染められ
おとぎの国のような雰囲気であふれていたそうです

tpi12
tpi13


但し この藍こそが 染めるのがいちばん難しい色だそうで

蓼藍(たであい)という植物の葉から

tpi14

まず 蒅(すくも)を作ります

夏に葉を収穫し 2か月かけて乾燥させ
10月に臺のなかに入れて 水をかけて 枯草菌を繁殖させます
そして2か月に1回ほど切り返す

こうして半年かけて発酵させ 蒅(すくも)ができます

tpi15


蒅(すくも)作りは 今も昔も徳島で行われていて
藍師と呼ばれるプロの方々が作業に携わっておられます

化学染料の出現により衰退しましたが 今でも数軒が残っているとのこと


さて蒅(すくも)は 染め師に渡されますが
この段階で まだ枯草菌は生きています

tpi16

染め師は 染料からブクブクと泡立つ具合を見て
染める時間の長さを決めます

染める時間の長さで 色が微妙に異なるので まさに一発勝負です

tpi17


染めてからすぐの布は 緑色に見えますが
水洗いのあと 空気に触れて酸化すると 青くなります


こうして 染める時間を変えて
藍から さまざまな青を染め分けます

濃い青 紺色 薄い青 水色


薄い色の染め方の方が 時間調節が微妙で難しいそうです


濃いから薄い順に 青色の名は異なります

紺色 縹(はなだ)色 浅葱(あさぎ)色 水色 甕覗(かめのぞき)

tpi18


青系色だけで 20以上の名称があるそうですが
そのグラデーションを見ると ため息が出るほど美しい世界です

書き手は 青色フェチですから
和の色の青のグラデーションは どれだけ長い時間見ていても飽きません

tpi19



黄色は さまざまな色を作る 魔法の色です

刈安という植物を そのまま煎じると 黄色の染料になり
比較的簡単に作れます

tpi20


黄色そのものも充分に美しいのですが
中間色を作り出すのに使われる 貴重な色なのです

例えば 藍で染めた布を黄色で染めると
青竹色と呼ばれる緑色になります

tpi21
tpi22
tpi23



緑色の自然の染料は世の中になく
全て藍と黄色の掛け合わせから造られるそうで
藍の濃さと 黄色の加え方で 緑の深さが決まるとのこと

緑色もグラデーションがあり
濃いから薄い順に 青緑 常盤色 若草色 苗色 と呼ばれます

このグラデーションも 青に負けず劣らず 美しい

tpi24

青だけでなく 他の色も 黄色と掛け合わせると
さまざまな中間色が出来ます


このようにして
300~400種類とも言われる 世界に類を見ない多さ 豊かさの和の色が
出来上がっていくのですね


吉岡さんが こうして長年にわたり研鑽されて
植物染めで染め上げられた 多種多様な和の色は

ロンドンのヴィクトリア・アルバート博物館で
植物染めシルクとして 永久保存されることになったそうです

tpi25


このヴィクトリア・アルバート博物館

若き日の吉岡さんが 毎年2週間ほど通い詰めて
陳列されてある世界の万物を目のあたりにして
本物を追求しなければいかないと インスパイアされた場所だそうで

そうした 吉岡さんにとって 宝物の宝庫のような場所に
自分が植物染めで染めた和の色の布が納められるなんて
なんだか幸せですよね

tpi26


でも 平安時代の伝統的な和の色を
長い時間をかけて 愚直にひたすら追い求めた
研鑽と努力の日々があったからこその 幸せなのでしょう

tpi27

頭が下がりますし 羨ましいです、、、



2018.03.09更新

平安時代に使われていた鮮やかな色を 復活させたい

そんな思いから
古代から使われている植物染めの復活を推進している
京都の染織工房の染め師さんの ドキュメンタリー番組を見ました


日本の色には 独特の美しい呼び名があって
その数は 300~400種類あまり

青系色だけでも 藍 紺 群青 露草など20以上の名称があり
世界に類を見ない多さ 豊かさを誇っている

しかも 美しく 自然になぞらえた つつましさ 確かさがある

tpi01



そんなことは 以前 本を読んで興味を持っていましたが

いかんせん 日常の生活では
和の色なんて何の馴染みもありませんから
興味はあるけれど リアルさはない 

といった状態でした


だから

「失われた色を求めて ~植物染め・伝統100色を今の世に」

というタイトルの この番組に 興味を持った次第です

tpi02


主人公の 京都の染司の染織史家・5代目・吉岡幸雄さんは

tpi03


植物染めの美しさを追求されています

染料の原料のほとんどが植物で 本当に美しい色が出るそうです


かつては 世界中で天然の植物染めが行われていましたが
産業革命で化学染料が発明されて以来
その簡便さ 安価さに押され すたれてきたとのこと

日本でも 江戸時代までは植物染めでしたが
明治以降は化学染料を用いた染色が主流となり 
植物染めは 忘れられてしまいました


しかし 吉岡さんは

正倉院に残されていた 平安時代の衣装の切れ端を見て
1000年以上のときを経ても 全く輝きを失っていない色の美しさに
驚かれました

化学染料を用いた染物では こんなことはあり得ない

植物染めの偉大さを実感され 回帰していかれたそうです


化学染料全盛の世で失われてしまった 日本色を再現するために
古来の文献にあたり 
かつての日本の色の染料 染め方を研究する

日本各地の農家とコラボして 染色の材料となる植物の栽培を行う

tpi04


そうして得られた貴重な植物染料を用いて 全て手作業で染める

tpi05



確かに 植物染めの色は 美しくて そして存在感があります


昔造られた甲冑に織り込まれた糸の赤は 今でも全く色褪せておらず
見る者を圧倒するような 凛々しさ 気高さを感じます

tpi06

普段見慣れている色とは異なるのが 一見してわかります

素人目にも 植物染めの素晴らしさが解るような気がしました



平安時代は 日本の歴史上 最も色が豊かな時代だったそうです

源氏物語では さまざまな色に溢れた描写が繰り返しでてくるそうで
その色の名前も 上述したように 自然豊かで美しい

tpi07


日本人の愛した色は
美しい景観を見つめて それを自らの衣装や 絵画 工芸などに表し
物語や歌のなかに託してきたもの

吉岡さんは 日本の色についてそう語られ
生涯かけてその復活を目指したいと言われます


番組ではナレーターが 源氏物語のなかで
源氏が さまざまな女性に贈る衣料の色を指示する場面を朗読します

紅梅 葡萄(えび)色 桜色 浅はなだ色 
濃い紅 赤 山吹 青鈍(あおにび)
梔子(くちなし)色 聴(ゆるし)色

tpi08


そして それらの色をどのように重ね合わせていけば美しいかも思案します

tpi09

ここで言い表された和の色

無粋な書き手は 哀しいかな ほとんどイメージすることができませんが

色の重ね合わせで 美しさがさらに際立つことは想像できますし
とても興味を持ちました

tpi10


実際に どのような色が
どんな植物を原料にした染料で どのように染められるかは
次回詳しく説明することにしますが


うーん 和の色か、、、

ちょつと インスパイアされてしまいました



2018.03.02更新

清少納言 の 枕草子 

snms41


紫式部 の 源氏物語

snms42



いずれも王朝文学に燦然と輝く名著ですが
比較するのが困難なほど その内容は全く異なっています


枕草子は 
をかし をモチーフにした洒脱なエッセイ

人やものごとを 客観的 理性的に見て 料理していきます

snms43



源氏物語は 
あはれ をモチーフにした 壮大な恋物語

人の生き様を 主観的 情緒的にとらえて 物語を紡ぎます

snms44



こうした際立つ作風は
それぞれの著者の性格によるところが大きいとされています



清少納言の性格は

すかっとしていて 鼻っぱしが強い
勢い余って ついつい余計な一言まで加えて 人を論破してしまう

一流でなければダメで 二流三流は許せない

ということで 

才はあるが生意気で嫌な奴 とも言えます(笑)

snms45

その反面 打たれ弱いところもあって

枕草子には
道隆が死亡し道長が権威を握ったあとの話題がむしろ多いのですが

しかし悲壮感はなく
道長 彰子に対する批判もなく 道長にはむしろ好意的ですらあったため

清少納言は道長のスパイなのではないか? との噂が出たこともあり
その際はかなり落ち込んで 4か月間も実家に帰ってしまったそうな


彼女は 後宮での会話の名手として名を馳せていて

時期を外さない瞬時の対応で
短く わかる人にはわかる式の 
相手の知識や才能に訴える受け答えが出来る

自分は美人でないと思っていたので 尚更 話術に磨きをかけていた
との説もあるようです


自然や人の情感に敏感で 超がつくほどの 好奇心の旺盛さを併せ持つ
女嫌いで 主人である定子以外の女性には全く興味がなく

その一方で 一流の男好き
しかも 一流でない男には興味を示さない

snms46


そんな性格の彼女の筆運びは きびきびしていて
連想を自由に飛ばし 思いの赴くままに筆を走らせる

実録的描写に優れ きりっと引き締まってスピード感がある文体
ノリがよくて おまけに軽妙な風刺まで利かす

個人的には こういう筆運びは 大好きです!(笑)


ちなみに彼女 バツイチで
離婚後に28歳で中宮に仕えるようになったそうです

旦那さん 大変だったのかな?(笑)

snms47



一方 紫式部の性格は

どちらかというと ネクラでカマトト

snms48



漢字や歴史に詳しいことを自慢しながら
周囲への配慮から 他人にはそのことを隠し続けます

当時の女性は 漢字(学問)は必要でなく
むしろ漢学に長けると女らしさに欠ける とされたので
致し方ない処世術であったようですが

つつましく 目立たないようにしていながら
自らの才能には ただならぬ自信を持っていたようで

源氏物語の空蝉は 自分がモデルではないかと言われています


人には本心をすべて打ち明けさせて 自分の本心は決して明かさない

こうした性格は 隙がなさ過ぎて どこか意地悪に写ります

実際に後宮では 周囲の女房たちからの嫉妬に悩まされたようで
貝のように閉じこもり
ネコをかぶって 女の修羅場をくぐりくけようとしたとのこと

カマトトと言われる所以は そんなところにあるのかもしれません


それでいて 男よりもむしろ女好きで

紫式部日記には 
多くの女房の容姿 衣装 立ち振る舞いが詳述されています

snms49



当時としては新しい文学ジャンルである「物語」への意識も強かったようで
男が書いた正史よりも 物語の方が人の本質を著せると認識し

歴史書などは事実を記したメモに過ぎない と述べています

snms50


そして この時代の女性を
自分の運命も決められず 幸せも他人任せの受け身な生き方しかできない
不自由で哀れな存在としてとらえていました

源氏物語が 実は女性を描いた作品であると言われるのは そのためです


また 前回ご紹介したように
清少納言に対する 一方通行的な激しいライバル心を持っていた一面もあります

そういう意味では 色々な意味で 
清少納言よりも 女らしい方だったのかもしれません?

あ このコンテクストで 女らしい なんて書くと 怒られるかな?(苦笑)

snms51



ちなみに 彼女は未亡人で
27歳の晩婚でしたが わずか2年で夫は先立ってしまい
夫の死後に30歳で彰子の宮に仕えるようになりました



さて このように 対照的な性格だった 清少納言 と 紫式部

彼女やパートナーにするのは どちらのタイプが良いでしょう?
読み手の皆さんは どう思われますか?


snms52



書き手は

ユーモアを解し 軽妙洒脱な会話が楽しめる清少納言に魅力を感じますが

紫式部の 物語や  当時の女性の生きざまに対する深い洞察にも
魅力を感じます


うーん でも

どちらか一方 と言われたら 清少納言かな?


でも お恥ずかしいことに
枕草子も源氏物語も まだきちんと読んだことがないのですよ!

そろそろ歳も重ねてきたので 
ふたりの性格を思い浮かべながら 読んでみようかと思っています


2018.02.26更新

清少納言 紫式部 も 後宮の女房であったとお話ししましたが

そもそも 後宮や女房ってなに?


後宮

なんとなく隠微な響きを持つ(?:笑)言葉ですが
皇帝や王様の皇后や妃が住むところを 後宮と言います

snms31



この図だと 上半分に描かれたピンクのエリア

有名なところでは 江戸時代の大奥も後宮ですね

清少納言や紫式部が活躍した平安時代には 内裏と呼ばれていました

snms32



で その後宮で 皇后や妃に仕えるのが女房

主から部屋(房)を与えられて奉公した女性のことを言い
ひとりの后に20~30人ほどの女房がいたそうです


snms33


皇后や妃の身の回りのお世話をしたリ 雑務を行うわけですが

政府の要人や行政機関の官僚が 天皇や皇后に取次ぎを頼む際にも
女房を通じて頼むこともあり
そういう意味では ちょっと生臭い職務もされていたようです


さて 平安京時代の女房は
主の話し相手 教育係 としての職務が重要視されており
それが故に 選別は厳しかったとのこと

今の県知事にあたる役職である受領の娘が
女房になることが多かったそうです

というのも 受領は経済的に恵まれていることが多かったので
その家庭は個性を重んじる自由な雰囲気があり
受領の娘としての地方住まいの経験が文化的奥深さも育くみ
まさに女房の職務を果たすのに適役だったのです


また 後宮での生活では それなりの衣装を着る必要がありますが
そうした費用は全て時前だったので
実家が経済的に恵まれている必要もありました

こうした背景から
多くの受領は 娘を女房として後宮に送り込むことに躍起になり

そして 清少納言も紫式部も 受領の娘でした


ちなみに 受領の娘は
上流社会の殿方からも 交際相手としてたいそう人気があったそうです

snms34


さて 平安京の後宮は まさに文化サロンのような存在

女房は 雇用主である皇后 妃や 後宮を訪れる公卿殿上人と
まさにエスプリに富んだ会話を繰り広げていたようです

snms36


かつての銀座のクラブでのホステスとインテリ客の会話のように
と言われる方もおられるようです

今の銀座は どうなのかな?(笑)

snms35


ですから
特に公卿殿上人たちが 天皇 皇后への接近の手掛かりとして
後宮の女房に接近を試みる際には

女房は その会話において
ツーカー式の瞬時の反応 その裏に潜む学識の深さ が求められました

共通の教養・知識に基づいた気の利いた会話ができることは必須であり

特に 当時の男性社会では漢学が必須の教養でしたから
漢詩文が共通の話題となることも多く
女性とはいえ漢学・漢詩に通じていることが 人気のある女房の必須条件でした

snms37


そして かな文学の代表的な作家である清少納言も紫式部も
男勝りの深い漢学の教養を 身につけていたのです

そんな女房たちと公卿殿上人たちの エスプリに富んだ気の利いた会話が
昼な夜な 御簾越しに交わされる

その様子は 枕草子にも源氏物語にも たびたび登場します

snms38

この 御簾越し というのが なんとも優雅で格好が良いですよね!(笑)


うーん それにしても

後宮の生活 奥が深そうですね

格好良いけれど 勉強してついていくのが 大変だったろうなあ(笑)

 

 

2018.02.23更新

清少納言 と 紫式部

王朝文学史に燦然と輝く名を残すふたりが
ライバル関係 女の戦いがあったのではないか?

そんな風に邪推されるのは
ふたりがともに 一条天皇の後宮に仕えていたからです


清少納言は 

snms11

一条天皇の最初の妃である 定子に仕えました

定子は 時の絶大なる権力者 藤原道隆の娘で
一条天皇が10歳  定子が14歳の時に 定子は後宮に入内しました

その3年後に 清少納言が女房として仕えるようになります

snms12


一条天皇も定子も 聡明で文化好きだったことから
定子が中心となった後宮は まさに洗練された栄華な世界で

人々が共有する知性 教養に裏付けられた
風流で機知に富んだ会話が交わされる 
開明的な雰囲気にあふれていたそうです

snms13



しかし 幸せな良き日は長くは続かず
道隆が糖尿病で没すると 藤原家内で熾烈な権力争いが起こり

道隆の長男・伊周(定子の兄)は
道隆の弟の道長の陰謀により失脚してしまいます

snms14

そして 世は 道長の時代になります

道長は 得意の策略を巡らせて 定子が一条天皇に会えないようにし
さらに自分の娘の彰子
一条天皇の第2の皇后として後宮に送り込みます

一条天皇が20代 彰子が12歳のときです

snms15


こうしてふたりの皇后が並び立つ状況になりますが

snms16



既に清少納言らの活躍により 文化の誉れ高い定子の宮 に対抗するように

道長は教養高い女房をたくさんヘッドハンティングして
彰子の宮を盛り上げようとします

ここでスカウトされた女房のひとりが 紫式部 でした

snms17

紫式部は 清少納言に匹敵する活躍を道長に求められ
当時は貴重品だった紙 墨 硯などを 道長から豊富に供給され
源氏物語を書くに至ったと言われています


そういう意味では 清少納言と紫式部は
それぞれ 定子宮と彰子宮の文化広報担当職のような存在で
確かにある意味で ライバル関係にあったと言えるのでしょう


snms18
snms19



しかし定子は 彰子が後宮に入ってからわずか10カ月で
産後の状態が悪く 25歳の若さで あっけなく亡くなってしまいます

そして 定子の宮はなくなり 清少納言も後宮から去ります


紫式部が彰子の宮に女房として仕えるようになったのは
彰子が後宮に入って何年後かと言われていますから

実際に後宮で 清少納言と紫式部が
顔を合わせて言葉を交わすといったことはなかったと考えられています


うーん 才能があり筆も立つ女同士の
バチバチとした火花を散らす争いを期待する下衆としては
ちょっと残念な展開ですが(苦笑)

snms20



でも 少なくとも紫式部は
清少納言のことを かなり意識していたようです

というのも 紫式部は自らの筆で 清少納言のことを

利口そうに漢字を書き散らしているけれど よく見ると間違いも多く
こんなふうに自らの才能をひけらかそうとする人の行く末は
必ず悪くなるばかりだろう

と 辛辣に評しているのです

しかも 後ろ盾である定子が亡くなり
清少納言がひとりでわが身の行く末について案じている状況で
このように完膚なきまでに論破していて

水に落ちた犬は打て 的な感じで
うーん ちょっと意地が悪いかな という感じすらします

snms21


確かに 知的で華やかだった定子の宮 その中心にいた清少納言に対して

時の権力者の交代により しゃしゃりでてきた感じの新興の彰子の宮で
清少納言と同じ役割を求められていた紫式部としては

定子の宮や清少納言に対する
並々ならぬ対抗心やライバル意識はあったのでしょうが

清少納言が なにかの折に 単なる興味で
紫式部の亡き夫の派手な衣装を難じたことを根に持って
清少納言に対してただならぬ意識を持っていたという説もありますから

もしかしたら 紫式部の方から清少納言への
一方的な負の感情ベクトルがあったのかもしれません


それに ふたりの性格が 対照的と言っていいほど異なっていた

紫式部が清少納言を過度に意識する理由は
そんなところにもあったように思います

ふたりの性格が どんなに対照的だったかは 次回詳しく説明します



2018.02.19更新

もう だいぶ前のことになりますが
NHKの大河ドラマで 松山ケンイチさん主演の 平清盛 が放映されていました

snms01

視聴率が大河ドラマの歴代ワースト記録になるくらい不評で
営業的には散々だったようですが

書き手は 結構面白いと思い
あまりテレビの連続ドラマを見ない書き手としては珍しく
毎週欠かさず見ていました


snms02


そのなかでも 印象に残っていることのひとつが
西行役の役者さんが 和歌を詠むシーン 

本当に 歌を唄うように大きな声で節をつけて 作品を披露するのですよ

snms03



季節のTPOに応じて 昔の名歌と言われる和歌を
さらっと口ずさんだりできると たいそう格好良いと思うのですが

和歌は どうも馴染みがなくて
本に書いているのを 文字で読むのが面倒くさい 
という印象が強かった

でも あの番組を見て

平安時代には あんな風に 
まさに歌のように詠んでいたのか


確かに 文字で読むより 音として耳から入った方が
印象に残るなあと

いたく感心したのを覚えています

snms04



そのあと 平安時代の王朝文学に関する本を読む機会もあって

和歌集とか日記とか 結構面白いかもと思いつつ
未だに本格的に読んだことはないのですが

そのあたりの書籍を漁っていて 書き手の下衆心に触れたのが(苦笑)

清少納言と紫式部の関係
です

snms05


清少納言 は 枕草子

紫式部 は 源氏物語


いずれも王朝文学を代表する名作古典の作者ですが

二人とも同時代 一条天皇の後宮で女房として働いていたことから
ちょっと微妙なライバル関係のようなものがあったようで

そういう下衆っぽいのが決して嫌いではない書き手は
ついつい興味を持ってしまうのですよ(苦笑)



で 平安時代の文化的環境は なかなか雅で やんごとないのですよ

もちろん 
奈良時代の 中国に追いつき追い越せブームが残っていますから

圧倒的に漢字文化が幅を利かせていて 公文書などは全て漢字
男が身につけるべき教養の第一は漢学だったわけですが

snms06

徐々に 平仮名を使った和歌文化 が勢いを増してきて

snms07

特に男女の関係においては
何度か和歌のやりとりをして 互いの人格 教養の深さを推し量り
親交を深めていく 

そんなおしゃれなことが行われていたそうで

snms08


まあ 鼻持ちならない とも言えますが(笑)


一方で 政治の世界はいつの世もドロドロしているもので

当時は 藤原摂関家の全盛時代

ときの権力者は自分の娘を次々に天皇の后に送り込んで
天皇を意のままに操り 思うままに政治を動かしていたわけです

当然 藤原家内ではトップを巡る権力闘争が頻繁に行われていて

清少納言や紫式部が活躍した一条天皇時代は

最初は藤原道隆が絶大なる権力を握っていましたが
彼は 当時は飲水病と呼ばれていた糖尿病により亡くなってしまいます

その後 道隆の子供達と 道隆の弟の道長との間で権力闘争が行われ
剛腕だった道長が天下を握ります

snms09

ちなみに道長は以前ご紹介したように
日本を代表する(?)糖尿病患者さんとして
インスリンの結晶とともに切手に描かれています

snms10


さて こうした文化的 政治的環境のなかで

清少納言と紫式部は どのようにして名作を世に残したのか?
それぞれの性格はどんなだったのか?

そして 気になるふたりの関係は?

次回 詳しく解説します



2018.02.09更新

もう一昨年のことになりましたが
アメリカ大統領選挙で ヒラリーが敗れたとき

ojn01

それまでも指摘されていた

女性がなかなかトップになれないという ガラスの天井論 が

再度 注目を浴びていました

ojn02


それに関連する形の「女性とリーダー論」で
こんな興味ある記事を読みました

一昨年5月 ヒラリーが出馬宣言をしたのと たまたま同じ日に
 
大西洋を隔てた アメリカとフランスの代表的な新聞である
ニューヨークタイムスの編集主幹と ルモンドの社長が退任したそうです

ojn03
ojn04


NYタイムスの編集主幹は「強引」 ルモンドの社長は「独裁的」

そんな言葉で評される それぞれの経営スタイルが批判を浴びての 
事実上の更迭だったとか


しかし 強引とか独裁的という言葉は 
ときとして優秀なリーダーを褒める際に用いられることもある

少なくとも 男性の場合は、、、


そう 更迭されたNYタイムス編集主幹もルモンド社長も 女性でした

ojn05


女性と男性では
リーダーとして期待されるものが異なる というダブルスタンダードは
決して過去のものではなく

リーダーの「女性らしさの神話」は今もって健在で
女性のリーダーが組織を追われるときは 
必ずと言っていいほど「強引」「独裁的」という形容詞がつけられるとか

ojn06


そんなこと考えたこともなかったので 読みながら驚きました 

世の殿方たちは 女性が自分の上司になったとき 彼女を

*周囲を和ませながら完璧に女性らしさを発揮するリーダー

ojn08

*独裁的で鼻持ちならないリーダー

ojn08


の対極的な2項分布的評価をしがちだそうですが
 
男性が上司のときは そんな極端な評価をすることはあまりない


そして上司と部下で衝突があって 
女性上司が男性の部下を評価指導するとき

部下の男性は 
それを冷静に受け入れられるタイプと 
生理的に受け入れられないタイプがいて

後者のタイプの男性部下は 
女性上司を「独裁的で鼻持ちならないリーダー」
と評することが多いそうです

まあ 似たような傾向は
男性の上司のときにも多かれ少なかれあるでしょうが

でも女性リーダーは ともすれば 冷酷なモンスターのように見られ

ojn09


男性リーダーと同じように判断や仕事をしていても
ある種のバイアスがかかった物差しで評価され

更迭されるときは男性リーダーと異なり 実績以上に性格が話題にされる

女性は絶えず その本能を詮索され続ける 
それが リーダーさえも逃れられない女らしさの呪縛である

と この記事を書いた女性作家は結んでいます

ojn10


まあ 裏を返せば 
上述した 女性上司からの評価指導を生理的に拒絶するような
男社会の ”未熟さといやらしさ” がなせる業 ということでしょうか?(苦笑)

ojn10a


うーん 書き手は幸か不幸か
これまでの人生で女性上司を持ったことはないし 
自分自身が女性ではないから 

この話題は
イメージすることはできても リアルに実感することは難しい


でも 最近日本は 女性の社会進出の度合いの少なさで
世界から かなり白い目で見られつつあるようで
この状況は相当ヤバイそうです

ojn12


確かに 書き手が海外の学会に出席した際などには
女性の座長やスピーカーの数が日本の比ではないほど多く
最初はびっくりしたものです


書き手は この手の差し迫った問題を解決するには

男性が 自らの幼さ(?:苦笑)を反省することはもちろんですが

ojn13


女性も 一握りのGlass ceilingへの挑戦者だけでなく
多くの女性が ある意味で意識改革をしないといけないようにも思います

ojn11


言うは易しで 難しい問題なのですが、、、

 

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら