左利き肝臓専門医ブログ

2018.01.29更新

先日のニューズウイーク

超富裕層への富の集中がアメリカを破壊する

というタイトルのコラムが掲載されていました


アメリカでは 所得額トップ1%が 国家の富の約20%以上を握っており
下位90%が有する富は 約23%に過ぎない

nwft1801


という現状を踏まえて

カネが世界を動かし 選挙の流れを決め 権力の担い手を決めている

アメリカをはじめとする先進国で進む富の集中は
社会と民主主義の安定を危険にさらしている

これは 世界を崩壊させる恐れがある 最も深刻な長期的な問題だ

富の集中が グローバル化と組合わさると
ポピュリズムが高まり 民主主義は衰退する

と 危惧を呈します


2年ほど前に 21世紀の資本 が大流行したトマ・ピケティ

nwft1800


資本は自己増殖する

ひとたびその仕組みが確立されると 自己増殖のスピードは
生産によって国民の所得が蓄積されるスピードを超える

との指摘を引用し 現在進行中の 富の一極集中の理由を推察します


投資家や金持ちは 大金の海原をゆうゆうとクルージングしていけるが

nwft1802


庶民は ボートが沈まないように 必死でこぎ続けなければならない

nwft03


アメリカでは ルーズベルトのニューディール政策 以来行われてきた
市場経済が一定の規制を受け
金持ちほど税負担が大きく 貧困層を支援する政策により
平等主義的な社会が築いてこられたが

nwft1804


それが80年代にレーガンが開始した「レーガン革命」により中断され
政府による富の再配分が行われなくなったことが
大きな原因であると 指摘します

nwft1805

この流れには サッチャーさんも 絡んでましたよね

nwft1806


そして 富の集中が民主主義に緊張をもたらしている と指摘します

民主主義の要である ひとり1票 の原則は
今や 1ドル1票 に取って代わられようとしている

nwft1807


トランプのアメリカで見られた 白人至上主義者たちと民衆との衝突を
引き合いに出して
格差の拡大は 社会の緊張も高めていると 警鐘を鳴らし


そして コラムをこう結びます

富の格差が拡大すると 社会の緊張が高まり
これまでにないほど 民主主義が緊張にさらされる

そして その次は 為政者のクビが飛ぶ 
しかも暴力的な方法で

nwft1808



うーん 最後の〆が ちょっと衝撃的ですね、、、

 

そういえば
昨年末の12/28のファイネンシャル・タイムスの社説でも

民主主義を脅かす格差拡大

というタイトルで

権力は富を生み 富は権力を生む

この連鎖を止める方法はあるのだろうか?

と 現代社会の富の一極集中状態に 危惧を呈していました

nwft1809


この社説では

これまでの人類の歴史で 
ヨハネの黙示録に出てくる 人類に破滅をもたらす4つの悲劇
すなわち 

戦争 革命 疫病 飢饉

が 
格差の拡大に歯止めをかけてきた 

と指摘し

nwft1810

今後 そうした破滅をもたらす事態が発生しない限り
我々は無限に拡大する格差に再び直面していく可能性が大きい

と 悲観的な予測を立てます


しかし
現代国家は
所得と富の不平等を是正すべく様々な政策を導入しようと思えばできる

税金と社会保障が 格差を縮小させてくれるだろう と
希望的な観測も述べます


はたして それが出来るのでしょうか?

nwft1811

この社説でも 最後に
こうした現代資本主義社会における民主主義の危機を 憂います

20世紀の混乱の中で
自由民主主義を守り通してきたアメリカにおいてさえ
今 ポピュリズムと富裕層による金権政治が台頭している

将来的には 大衆を常に分断しつつも従順にさせておきながら
富裕層が力を握る金権政治が続く時代が 到来するかもしれない

nwft1812


あるいは 独裁者が台頭する可能性もある 

エリートの富裕層に批判的なことは言うが
富裕層に対する抵抗勢力のふりをするだけで
決して彼らに不利なことはせず
エリート層に抱いている大衆の不満を利用して権力を握る独裁者だ

格差拡大は 最終的には 民主主義をも殺してしまうかもしれない

nwft1813




訴えている内容がとても類似した
ニューズウイークのコラムと ファイネンシャル・タイムスの社説を
タイミングよく短期間の間に連続して読んで

普段 あまりそうしたことを考える機会がない書き手も

うーん 今の世界の社会って そんな感じなの? と

ちょっと思いにふけったというか びっくりもしました


トランプ大統領がアメリカに出現したのは
突拍子もない現象だったのではなく 拡大した富の格差による結果

ということですよね?

そして そのトランプは レーガンを見習った経済政策を行い
彼の品のない言動に愛想を尽かしているアメリカ国民も
彼の政権下での経済の好調さには 一定の評価を下しているとか

先週のダボスでも トランプさんの評判は良かったとか!

nwft1814
nwft1916

ヨーロッパでは
グローバリズムがもたらしたひずみを基にしたポピュリズムが
徐々に跋扈しようとしている?

nwft1818


そんな世界の状況は
個人的にはあまり実感できず あなたの知らない世界 ではあるのですが

でも 現実的には そうした世界に生きているのですよね

nwft1816



大きな政府が
富の格差問題を改善して 民主主義の危機を救えるのでしょうか?

それとも ファイネンシャル・タイムスの社説で指摘された
戦争 革命といったカタストロフィーを待つしかないのでしょうか?

nwft1817



うーん 世界は どうなっていくのでしょう?

こんなふざけた 現実逃避的な漫画を
最後に引用している場合じゃないのかな?(苦笑)


でも 面白い漫画を見つけてきたでしょう?

アラ還暦になっても まだ モラトリアム?(笑)



最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら