左利き肝臓専門医ブログ

2017.06.16更新

半月ほど前の5月24日 インドネシアで痛ましい自爆テロがありました

その週末の27日から始まるラマダンを控え
日頃より厳しめの警備の準備をしていた警官を狙ったもの
と報道されていましたが

インドネシア ラマダン と聞いて ふと思いだしたことがあります

書き手の外来に
イスラム教徒のインドネシア人女性が来られていたことがあり
ちょうどこの季節に ラマダンの話をうかがったことがありました


ラマダン

ramada01


最近は 今回のテロのような残念なきっかけで
ラマダンについて初めて学ばれる方も多いと思いますが

敬虔なイスラム教徒は 毎年1年のうち1ヶ月間
断食することで信仰を深められます

空腹に耐えて 自己の欲望を制する自己鍛錬であり
自分自身と向かい合うことで 普段できない信仰心のチェックをする

また 食べ物があることへの感謝
食べるものさえない貧しい人への喜捨
同じ境遇を共有することによる 家族やコミュニティへの理解と絆を深める

そうしたことが ラマダンを行うことの大きな意義とされているそうです

ramada02


ラマダンの1ヶ月間は
太陽が出ているあいだは 基本的に一切の飲食が禁じられます

その間 朝2時に起きて 3時までに食事を済ませ
日没後に夕食をとられ 朝早く起きて食べるためにすぐに寝る

そうした日々を送られるとのこと


挨拶は ラマダン・カリーム

ハッピー・ラマダン といったニュアンスのようです

ramada04


で インドネシア人の患者さんがいらしていた頃
当時の書き手は イスラム文化の勉強をしていませんでしたから

夏に患者さんが来られて ラマダンの話をされたときに

「どうして こんな暑い時期にされるのですか?」 と

自らの無知をさらけ出す質問をしたものでした(苦笑)


患者さんは 笑いながら

ラマダンはイスラム教にとって神聖な月である9月に行われるけれど

それは太陰暦を用いているイスラム暦の9月で
太陰暦は1年354日

西洋人が用いている太陽暦の1年365日より10日間ほど短いので

太陽暦では毎年10日間ずつ ラマダンの時期が早まること

を 教えてくださいました


2017年のラマダンは 5月27日に始まり 6月25日に終わる

今 まさにラマダンの真最中ですが

ramada05

上述した理由で 年によっては冬にラマダンのこともあり

夏に比べて冬の方がエネルギーを必要とするから
冬のラマダンの方が辛いのよ と患者さんは言われていました

なるほどです


ところで 
ラマダン期間中は断食をするので ダイエットになるのでは?
と思われる方もおられるかと思いますが

このブログで何回も説明しましたように

太る原因でいちばん多いのが 寝る前のドカ食い

上述したように
ラマダン期間中は まさにそうした食生活が続くわけで

ramada06

ラマダン後に糖尿病のコントロールが悪くなる患者さんも多いとか

国際糖尿病連合は
ラマダン期間中の糖尿病治療のガイドラインを出しているほどです

ramada07


イスラム世界でも ラマダンの糖尿病への悪影響は問題になっていて
医師の指示があればラマダンの免除が認められていますが

熱心な信者さんたちのなかには
そうした医師のアドバイスに従わない方もおられるそうです

信仰に忠実にすることで糖尿病が悪化しても仕方ない

と思われるそうで

ramada08

うーん 宗教は文化と考えているフトドキモノの書き手は
それを聞いて ちょっとびっくりしてしまいました



最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら