左利き肝臓専門医ブログ

2015.08.28更新

ギリシアクライシスの騒ぎは
中国経済の先行き不安・世界同時株安騒ぎの陰に隠れた様相ですが 
まだまだ予断を許しません

greek

我が家のラテン人気質が徹底してお嫌いな方は
「ギリシアもとっとと EUから抜けて鎖国すればいいのに」
と過激なことを言われていましたが

ラテン贔屓の書き手も
土壇場で国民投票案を持ち出したギリシアのやり方には 
さすがにちょっと呆れました


ただ ここに来て 
ドイツを「いじめっ子」扱いする論調が 
あちこちで散見されるようになってきました

germany


ドイツとギリシアの決定的な対立をなんとか収めたフランスでは
最近大人気のトマ・ピケティさんが 
ドイツはギリシアの債務減免に応じるべきだと主張し

toma

ピケティの前に大人気だったエマニュエル・ドットさんに至っては
こんな本すら書いています
(これ夏休みに読むつもりです)

dot

ドイツだって南欧から搾取してさんざんイイ思いをしてきたのだから
少しぐらい自腹を傷めたって仕方がないだろう

それより こんな状態が続いたら 
EUはドイツとその属国たちになってしまう

G EU


ヨーロッパの論壇では 
そんな意見が主流になりつつあるのでしょうか?


書き手は どっちもどっちかなと思っていますが
それよりも以前から 
ドイツとギリシアのどちらがどうのこうのということより

そもそも どうしてEUなのよ? 

という疑問を持ち続けています

EU

ヨーロッパ大陸には さまざまな国々が共存し
それぞれの国が 独自の歴史や文化を背景にした違いを見せており
それが故に面白くて魅力的 と感じているので

どうして ある意味でそうしたオリジナリティを捨ててまで 
EUとしてまとまる必要があるの? と思ってしまいます

それに 旅行でヨーロッパの田舎に行くと 
都会の人たちと異なり どうもジモピーたちは
EUのことを快く思っていないのではないか?
と感じることもあります


下衆の勘繰りと 物事を単純化して考えたい性向から

「EUというコンセプトを支えているのは
 経済的な目的なの? それとも政治的な理念なの?」

euro


という 思い切り短絡化した二者択一の疑問を
抱いてしまうのですよ(苦笑)

もちろん その両方の要素が複雑に関与しているのでしょうが
Far Eastに暮らす左利きには
どうもヨーロッパがEUにこだわる心情が
よくわからないし 実感ができない

ヨーロッパのニュースを聞くたびに そうした疑問を感じています



最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら