左利き肝臓専門医ブログ

2017.10.23更新

公の場では 政治と宗教の話はしない方が無難なのでしょうが

衆議院選挙も 無事に終わりましたから

17el14

ちょっと こっそり 政治ネタ します(笑)

yrid10


書き手は これまでのブログで

トランプさんのやり方に疑問を感じることや

佐野元春さんの政治への姿勢に共感を覚えながらも
でも歳をとると逡巡するところもある

といった

まあ 当たり障りがないことを 書いてきましたが(笑)


今回の選挙を巡っての

ちょっとびっくりするような
予想外 想定外なダイナミックな動きが続いた政治情勢

政治家さんたちの騒動

それらに関してさまざまなマスコミで繰り広げられた論評

などを見聞きしていて 感じることがありました


それは  日本では リベラルがどうなっていくのか? ということ


いわゆる ”保守” と ”リベラル”

” ” が意味するところは 
必ずしも一筋縄ではいかなくて なかなか厄介でもありますが


17el01


優等生的かつ短絡的な表現で恐縮ですが

社会や政治が健全に発展していくためには
その両方が 二大政党制で 競い合った方が良いと思う

17el02

日本の政治風土には 二大政党制は似合わない
という話もありますが


で 今の日本では 

保守は いわずもがなの存在感がありますが

リベラルは どうなっていくのだろう?

という気持ちが ずっとありました


書き手も さすがに若い頃は
今のように世の中を斜めに見てばかりいませんでしたから(苦笑)

どちらかといえば左寄りで
(左利き=酒飲み という意味ではありませんよ:笑)

保守かリベラルかといえば リベラルで

学生の頃は 江田さんの社民連とかに 淡い期待を持っていました

17el03



まあね でも 歳を重ねると
よいことか悪いことかわからないけれど(苦笑)
ついつい保守化しますよね

言い訳するわけではありませんが(苦笑)

アメリカでも 年齢層が上がるに連れて
赤の保守党の支持者の割合が増えてくるし

17el05


イギリスでも 47歳を境にして
保守の支持がリベラルのそれを上回るようになる
(この図では 保守:青 リベラル:赤 と これまでの逆です)

17el06


でも 個人的には
若い頃のリベラルへの思いも 心のどこかにこっそり生息していて

佐野さんの歳を重ねてもぶれない姿が気になったり
リベラルはどうなるのかな?という思いを
イジイジと持っていたのですよ(苦笑)


で 今回の選挙

新党結成で アッと驚く政治ショーの幕を勢いよく開けたけれど

17el07

あのたった一言で トリックスターになり損ねた 緑のおばさまの

17el08

ご本人が全く想定していなかったであろう “大功績” によって

思いがけず リベラル新党が生まれ 

17el09


ご存知のような結果に あいなったわけで

17el13



この結果は 仕掛けた彼女は憮然でしょうが
書き手は 結果として彼女の功績が大だったと思うのですよ

まさに 瓢箪から駒!(笑)


17el10




こうした想定外の政治情勢の変化を受けて

選挙区と比例区で 保守とリベラルの使い分け!

なんて投票行動をした人も おられるのではないかな?


これから先 うまく育って行ってほしいものです(主語ナシ:笑)


それから

あのトリックスターの巻き返しはあるのかな?
という下衆な関心も 正直言ってあります

17el11

傷心のパリでの記者会見では しおらしいところを見せていましたが
転んでも ただでは起きないキャラでしょう!(笑)



ところで 結構驚いたのですが

各種の世論調査によると

若い層では リベラルでなく保守の支持が圧倒的に多くて
リベラルの支持は むしろ中高年 特に60代以降で多いそうで


17el12

えーっ そうなの?

若い頃はリベラルシンパで 今は保守シンパの書き手にとって
このデータは ホントに驚きました

今の若い人たちは 書き手が若かった頃より
ずっとリアルで 賢いのかもしれません


それにしても 安倍さん 悪運が強いなあ(笑)

 

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら