左利き肝臓専門医ブログ

2016.09.30更新

当院のホームページを見られて
健診結果を持って来院いただいたり
メールで質問をいただくことは多いのですが

ときどき 奇妙な問い合わせをいただくこともあります


ある日の午後 診療中に某テレビ局から電話が入りました

ちょうど患者さんがおられなかったので
「先生 テレビ局からお電話です」とスタッフに言われ

また何かの取材かなと思い(意外にこの手の電話は多いのですよ)
電話口に出たところ

あまりテレビを見ない書き手でも 名前を聞いたことがある
某テレビ局の有名な朝番組の担当者さんが 自己紹介をされました


おや これは 書き手もいよいよテレビデビューかな?

そんなアイデアが一瞬頭をよぎりました(苦笑)


でも 以前に別のテレビ局のお昼の番組の方から電話をいただいたときは

テレビCMで自家用ジェット機で世界を飛び回っておられる有名な先生が
肝臓の病気になられたとかで その病気の解説をして欲しい
というお願いで 

そんな偉い先生の御病気のことにコメントするなんて100年早い(笑)
と辞退させていただいたので

また そんなこと?とも想像したりしていました



ところが 担当者さんが電話口で言われたのは 予想外なことで

「先生 お忙しいところを申し訳ありませんが 
 医療関係の取材ではないのですよ

 実は先生のブログで
 片岡愛之助さんのことを書かれていたのを拝見しまして」

ainorika1



え 愛之助さんと対談でもさせてくれるの?

と 書き手は一瞬 独りよがりな妄想を膨らませましたが


担当者さんが続いて語られたのは

「実は 愛之助さんと藤原紀香さんが 先日 京都で挙式されて

ainorika3
 
 この度 東京で披露宴をされるのですが

 この披露宴の様子を取材するのが困難でして
 せめて出席された方に お話でもうかがえないかと思いまして」


えっ 書き手を披露宴に招待してくれて それをレポートしてくれというの?

またしても 勝手に独りよがりな妄想を膨らませましたが
(そんなわけないですよね:苦笑)


「先生は 披露宴に ご招待されておられますか?」

と 担当者さんは尋ねられるのですよ


はあ~?


一瞬の間をおいて 勝手に膨らんだ妄想は全てはじけ
状況を把握することができました


番組の担当者さんは

開業医がブログに歌舞伎のことなんか書いているくらいだから
きっとタニマチかもしれない
もしかしたら 披露宴にも招待されているかもしれない

と あちらはあちらで妄想を膨らませておられて
それで こんな問合わせの電話をされたのでしょう?(笑)


あー 残念ながら
書き手のところには 披露宴の招待状は届いていません

とお答えすると


担当者さんはとても残念そうな口調で

「そうですか~ では どなたか出席される方をご存じないですか?」

と 再び聞かれました


再度
 
残念ながら そんなやんごとない世界の知り合いはおりません

とお返事すると


「そうでしたか お忙しいところを失礼いたしました」

と 担当者さんは 丁寧に電話を切られました

ainorika4



うーん、、、


この電話でのやりとりを 糖尿病専門医さんに話したら

きっと 歌舞伎役者のタニマチをしている裕福なお医者さんと思われたのよ
ちゃんちゃら 可笑しいわよね!

と コメントしていただきました(笑)


でも そういえば 確かに担当者さんは

「先生は澤瀉屋さんのファンで 
 松嶋屋さんのファンではないかもしれませんが」

などと 猿之助さんとか愛之助さんと名前で呼ばず 屋号で呼んでいて

ainorika6

うーん 確かに ツウのタニマチと思われたのかな?(笑)



それにしても テレビ局って
こんな風にしてニュースソースを探しておられるのですね

びっくり!


そして 片岡愛之助とネットで検索すると
書き手の駄ブログがヒットするのでしょうか?

それも びっくり!


いやはや 面白い世の中ですね!(笑)



片岡愛之助さん 藤原紀香さん

残念ながら 披露宴には出席できませんでしたが
末永くお幸せにお過ごしください!


でも 招待されていたら 
ご祝儀は 袋ではなく 札束が入った桐の箱で持って行くのが
やんごとない世界の流儀なのかな?(笑)

ainorika7

 


2016.09.22更新

この国の天気は 
一日のうちに四季があると言われるほど 変わりやすいので有名です


朝 大西洋に浮かぶアラン諸島のイニシュモア島に観光に行こうと
高速船の乗り場に行くと 

ご覧のような横殴りの雨

ir402

うーん さすがに普段の行いが悪いと 
こういうときに罰があたるようで?(苦笑)


で そんな天候ですから 約40分間の船上はかなり揺れたのですが

書き手の後ろに陣取るフランスから来た中学生の集団は
元気そのもので 大はしゃぎ!

ir403

引率の先生に 静かにしなさい と怒られていました(笑)


島に到着して 船を降りても 残念なことにこの天候、、、

ir404

でも 件の学生さんたちは なんとサイクリングで島を観光するようです

さすが 若い!(笑)

ir405


一方 書き手たちはミニバスで移動です


この小島の人口は1000人余りですが
夏のシーズンには25万人の観光客が訪れるそうです

島民の多くは 
ゲール語(現地の人たちはアイルランド語と言います)をしゃべり

英語が苦手な方も少なくないそうで

年配のバスの運転者さんも なまりのある英語をしゃべられていました


そして 観光業を営む方は
5月初めから10月初めまで 日曜もなしに働かれて
あとの季節は 夏の稼ぎでのんびりと過ごされるそうです

なるほどね~


で バスは こんな細い道を進んでいきます

ir406

島内にある  いちばん古い修道院跡を訪れる頃には
幸いなことに雨は小降りになってきました

ir408


そして この島のいちばんの観光名所である 
ドン・エンガスの要塞遺跡に向かいます

ir409

正面の遠く彼方に見えるのが 目的地の遺跡
小一時間ほど 歩いて向かいますが 雨は止みました

この道 雨が降っていたら最悪でしたが 良かった~


そして 雲の合間から青空がのぞくようになり

ir410

出発したときは どうなることかと心配していた方も
安心して牛さんと語らっておられます

ir411


そして 高台にある遺跡に到着

こんな断崖絶壁の荒々しい景色が楽しめます

ir412

さらに 小山のように見える要塞跡に登ると

ir413

こんな絶景!

ir414


崖っぷちに座っている人もいましたが
かなり風が強いので 書き手は足がすくんでしまいました、、、

ir515

この大海原の先にあるのは 大西洋を越えて 北米大陸です

あのタイタニック号も この海原に出航していったのですね、、、


青空がどんどん広がってきて 気持ち良いです

ir416


航空写真を見ると こんな断崖絶壁の上に 要塞が築かれているのがわかります

ir417

紀元前5世紀くらいに建てられたと推測されているそうで
この島にケルトの民が移り住んでくるより以前のことだそうです

昔の人は すごかったですね、、、



見学を終えて バスを待つ間に
ソフトクリーム屋さんで ランチ代わりにソフトクリーム

ir418

ウイスキーハニー味で 美味しかったけれど

ir419

冷たさに顔をしかめておられる方もいました(笑)

ir420


さて 帰途につきましょう

サイクリング隊は 相変わらず元気で
午後の語らいを楽しむ地元のオジサンたちの脇を 
かなりのスピードで 走り抜けていきました

ir421 


天気はどんどんよくなって お日さまが顔を出してくれました

ir422
ir423


朝 出発するときは大雨だった埠頭も
帰ってきたときは すっかり晴れていました

ir424

まさに この国の典型的な天気を楽しめた一日でしたが

この変わりやすい天気 そして雨が 美しい緑を育てているのでしょう

この国は 本当に緑が美しいです


 

2016.09.20更新

見慣れない 顔つきだけど、、、


ホテルの部屋でくつろいでいたら 突然 誰からか呼びかけられました

びっくりして声の方に振り返ると 窓の外には

こんな珍しい訪問者が

ir11

カモメさん アップにすると なかなか迫力があるお顔つきです(笑)

ir12

あなたの嘴って こんな感じなのですね
初めて 細部を細かく観察することができました

ir13

こんなに至近距離で遭遇するのは 生まれて初めてなので
ついでに足の水かきもクローズアップしていたら

ir14

なにやってんだよ!

ir15

と 怒られてしまいました(苦笑)


お酒を飲んでから寝る前に飲むお水を仕入れに スーパーマーケットに入ると
こんなものを発見!

ir16

トイレットペーパーのようですが
子ネコが触って喜ぶほど柔らかい! というのがウリなのでしょうか?

そういえば ホテルのトイレットペーパーは やや固めかな?(笑)


こんなキャットフードも発見!

ir17

ネコさまたちへのお土産にしましょうか?(笑)


で こんなものも発見しました!

ir18

45% 糖質・カロリーオフのコカコーラ!

初めて見ましたが なぜに 中途半端に45%?(笑)

この国では はやりなのでしょう?
もちろん 日本と同じように 
完全オフの黒いダイエットコークもあるのですが、、、

日本で販売したら 売れるのかな?



ホテルの近くにある 由緒ある大学のキャンパスを訪れたら
広い構内の広場では ご覧のように 仮設テントがたくさん仕込みちゅうでした

ir19

えっ もう秋の学園祭?  と思ったら 大違い!

欧米では 秋が新学期のシーズンで 新入生のクラブ勧誘行事でした


ラグビー部 なんと女子ラグビークラブもあるようです

ir20


サイコクラブ!

ir21 

怪しいけれど 面白そうです!

ファーイーズトから来たオジサンも 入部させてくれるかな?(笑)



大学の売店では こんな言葉が書かれたマグネットも売られていました

ir22

人生とは 決して起こらない何事かのために 長い準備をするものである

 

この国の代表的な作家で ノーベル文学賞も受賞した
ウイリアム・バトラー・イエーツの言葉です

ひねくれモノの書き手は マジで購入しようかと思いましたよ(笑)


そして もう一枚

やはりこの国を代表的する劇作家の オスカー・ワイルドの言葉

ir23

私は 何事にも耐えて抵抗することができるが 誘惑にだけは勝てない

オスカー・ワイルドは 確か晩年に
ホモ・セクシャルであることを罪に問われて 牢獄に入れられ
失意のうちに世を去ったと聞いています

それを思うと なんだか意味深な言葉ですね、、、



ちなみに いちばん下の緑の部分に書かれているのは
この国のオリジナルな言葉である ゲール語 です

電車の車内放送でも
最初にゲール語 そのあとに英語でアナウンスされていて びっくりしました

駅の案内表示でも こんな風に

ir24

最初にゲール語 あとから英語が書かれています

ゲール語と英語の関係

この国の歴史を考えると なかなか奥が深くて 切ないものです、、、

 

 

2016.09.02更新

前回 前々回に引き続き 
ヒトラーはなぜネコが嫌いだったのか という新書の話題ですが

日本が第二次世界大戦に向かうようになるとともに

自由 放任 個人主義 などに価値を認めるネコ性社会から
忠誠 服従 全体主義 を旨とするイヌ性社会

徐々に変化していき

その象徴として
国家主義や国粋主義と結びつく形で
忠犬ハチ公の物語が生まれた  と筆者は指摘されます

ハチ公のモデルは 雑種で
日本古来の純血の秋田犬では なかったのだそうです!(笑) 

hachi


まあ こうした論の展開は予想通りでしたが

終戦を経てもイヌ性社会が続く理由の解析が面白い


イヌ性社会は

ワンコが忠誠を誓う対象が 国家や天皇から企業に変化した形で 

継続した


と指摘されるのです

なるほど~!


しかも 終身雇用で 企業が社員のあらゆる面倒を見て 
その見返りに 社員は企業に忠誠を誓う 

そんな高度成長期の日本社会で 
一億総中流化した人々が理想としたのが

一戸建ての持ち家を買って 庭で洋犬を飼う生活

niwadog



再度 なるほど~ ですよ

うまい! 座布団3枚! という感じです(笑)

高度成長期の日本は まさにイヌ性社会だったのですね!



しかし バブルがはじけた1995年頃を境にして
日本の社会は 再びネコ性社会へと回帰していきます

社会情勢の変化にともない

終身雇用や年功賃金のかわりに 転職や成果報酬という言葉が
時代を象徴するようになり

戦後社会を支えてきた企業社会の根底が 揺らいできている

そうなると 人々は企業社会からの解放と自由を手に入れ
一戸建てのお庭でワンコを遊ばせる夢は 不必要なものになる


ペットとしての飼育数が
イヌは減少してきたのに対し ネコが増加してきて
もうすぐ逆転しようとする現状は

まさに戦後に続いてきたイヌ性社会から 
新しいネコ性社会への変化を示唆している

と 筆者は指摘されます

はい ごもっともです


catdog



しかし 筆者はここで論を終わらせず 最後にもう一捻りされます

なぜ今の日本は 空前のネコブームなのか?
それはネコが可愛いからだけではないと!

nekobumu

再三述べられてきたように

人々がネコ性社会の背後に見るものは
自由 放任 個人主義


日本人が 長く続いた企業社会から脱して
自由や個人主義を 既に手にしているのならば

そうした価値観の象徴であるネコに
わざわざ熱をあげる必要はないのでは?

と 筆者は指摘されます


にもかかわらず 今の日本が空前のネコブームなのは

今の日本が 企業社会から新たな価値観の社会への過渡期であり

自由 放任 個人主義を 手に入れられそうな雰囲気はあるけれど
しかし 実際に手に入れ 生活の基盤とするには
未だ至っていないからだ

だからこそ人々は まだ手にしていないものに憧れるが故に
ネコの背後にそれを見て 
空前のネコブームを作っているのであろう

と 論を閉じられるのですよ

necobumu2


いかがですか

ネコブームの背景の深読み なかなか面白かったでしょう?


書き手は

*江戸人の合理性が ネコ性社会を作った

*戦後日本の企業中心社会が イヌ性社会を作った

という指摘が とても面白かったです


でも 前回も書きましたが

江戸の人々が 
どのようにしてそのような合理主義精神を得るに至ったのか?

そこに疑問が残ります

edocat4


日本精神史とか そのあたりの分野の本を読まないと いけないのかな?


それとも 合理主義の象徴だというネコさま達に
おうかがいをたててみましょうか?

rdk

ちゃんと教えてくれるかな?

でも 彼女達は気まぐれだからなあ、、、(笑)



entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら