左利き肝臓専門医ブログ

2017.10.23更新

公の場では 政治と宗教の話はしない方が無難なのでしょうが

衆議院選挙も 無事に終わりましたから

17el14

ちょっと こっそり 政治ネタ します(笑)

yrid10


書き手は これまでのブログで

トランプさんのやり方に疑問を感じることや

佐野元春さんの政治への姿勢に共感を覚えながらも
でも歳をとると逡巡するところもある

といった

まあ 当たり障りがないことを 書いてきましたが(笑)


今回の選挙を巡っての

ちょっとびっくりするような
予想外 想定外なダイナミックな動きが続いた政治情勢

政治家さんたちの騒動

それらに関してさまざまなマスコミで繰り広げられた論評

などを見聞きしていて 感じることがありました


それは  日本では リベラルがどうなっていくのか? ということ


いわゆる ”保守” と ”リベラル”

” ” が意味するところは 
必ずしも一筋縄ではいかなくて なかなか厄介でもありますが


17el01


優等生的かつ短絡的な表現で恐縮ですが

社会や政治が健全に発展していくためには
その両方が 二大政党制で 競い合った方が良いと思う

17el02

日本の政治風土には 二大政党制は似合わない
という話もありますが


で 今の日本では 

保守は いわずもがなの存在感がありますが

リベラルは どうなっていくのだろう?

という気持ちが ずっとありました


書き手も さすがに若い頃は
今のように世の中を斜めに見てばかりいませんでしたから(苦笑)

どちらかといえば左寄りで
(左利き=酒飲み という意味ではありませんよ:笑)

保守かリベラルかといえば リベラルで

学生の頃は 江田さんの社民連とかに 淡い期待を持っていました

17el03



まあね でも 歳を重ねると
よいことか悪いことかわからないけれど(苦笑)
ついつい保守化しますよね

言い訳するわけではありませんが(苦笑)

アメリカでも 年齢層が上がるに連れて
赤の保守党の支持者の割合が増えてくるし

17el05


イギリスでも 47歳を境にして
保守の支持がリベラルのそれを上回るようになる
(この図では 保守:青 リベラル:赤 と これまでの逆です)

17el06


でも 個人的には
若い頃のリベラルへの思いも 心のどこかにこっそり生息していて

佐野さんの歳を重ねてもぶれない姿が気になったり
リベラルはどうなるのかな?という思いを
イジイジと持っていたのですよ(苦笑)


で 今回の選挙

新党結成で アッと驚く政治ショーの幕を勢いよく開けたけれど

17el07

あのたった一言で トリックスターになり損ねた 緑のおばさまの

17el08

ご本人が全く想定していなかったであろう “大功績” によって

思いがけず リベラル新党が生まれ 

17el09


ご存知のような結果に あいなったわけで

17el13



この結果は 仕掛けた彼女は憮然でしょうが
書き手は 結果として彼女の功績が大だったと思うのですよ

まさに 瓢箪から駒!(笑)


17el10




こうした想定外の政治情勢の変化を受けて

選挙区と比例区で 保守とリベラルの使い分け!

なんて投票行動をした人も おられるのではないかな?


これから先 うまく育って行ってほしいものです(主語ナシ:笑)


それから

あのトリックスターの巻き返しはあるのかな?
という下衆な関心も 正直言ってあります

17el11

傷心のパリでの記者会見では しおらしいところを見せていましたが
転んでも ただでは起きないキャラでしょう!(笑)



ところで 結構驚いたのですが

各種の世論調査によると

若い層では リベラルでなく保守の支持が圧倒的に多くて
リベラルの支持は むしろ中高年 特に60代以降で多いそうで


17el12

えーっ そうなの?

若い頃はリベラルシンパで 今は保守シンパの書き手にとって
このデータは ホントに驚きました

今の若い人たちは 書き手が若かった頃より
ずっとリアルで 賢いのかもしれません


それにしても 安倍さん 悪運が強いなあ(笑)

 

2017.07.24更新

書き手は 厨房男子 

ではありません

bregg00

ひとりで留学していたときは たまにご飯を炊いたりしましたが
おかずを作ることは 滅多にありませんでした

我が家のご飯は 糖尿病専門医さんが作ってくれて
書き手は 食べ終わった食器を流しに運ぶ程度の
台所活動(?:苦笑)しかしません


そんな書き手が 急に食べたくなって
糖尿病専門医さんがいないときに ひとりでゆで卵を作りました

ゆで卵は 作る というほどのものではないでしょうが(笑)

でも

ちゃんとタイマーでお湯が沸騰してから4分間測って
ゆでている間もお箸で適度に転がして

黄身がちょうど真ん中に位置し 
オレンジ色の適度な固さになるように
細かい仕事は加えたのです(苦笑)

bregg01

そんな甲斐あって 自分で言うのも何ですが美味しいゆで卵ができました


ふたつゆでたので 残ったひとつは翌朝食べようと思い
冷蔵庫の卵置き場に パック詰めの卵とは分けて置いておきました

bergg02


で 翌朝 冷蔵庫をあけて見ると

あれ 分けておいたゆで卵がない!

bregg03



もしかして、、、と思い
歯を磨いていた糖尿病専門医さんに

「ねえ 卵置き場に ひとつ分けておいた卵 知ってる?」

と聞いたところ

「パックに戻しておいたよ」とのお返事


「ええっ あれ ゆで卵だったのだけど」 と話すと

「ええっ ゆで卵だったの?」 と びっくり返しの専門医さん


だって ほとんど台所仕事をしない書き手がゆで卵を作るなんて
そんなアイデアは 専門医さんには微塵もなかったそうで

こういうのを
普段の地道な努力が実を結ぶ と言うのでしょうか?(笑)


大笑いしながら台所に来られた専門医さんと
パックにある ゆで卵と生卵の鑑別作業を始めました

bregg04


確か戻したのはこれだと思うのだけど と専門医さんが言われる卵と
他の卵を 見比べますが
外見では 違いはわからないなあ

専門医さんは
ゆで卵と思われる方が 表面にほくろのようなものが見える
と言われますが、、、


で 次にとった行動は 卵をたたいてみること

bregg05


すると ゆで卵と思われるものと 生卵では
たたいたときの音質が 明らかに異なることがわかりました

ゆで卵と思われる方は 生卵と比べて 音質が低い
中身が詰まっているような音質がします

西瓜の品質を見比べるときと一緒だね と 専門医さんは言われます


そこで 事件が起こらないように
音質鑑別により ゆで卵と思われる方を
流しのシンクの角にコツコツとぶつけてみたところ

わっ 透明な白身が漏れ出てきた!

bregg06


ということはなしで
ちゃんとゆで卵であることが判明しました

事件が起こらず 良かったです(笑)


そうか 表面をたたいて低い音がしたら ゆで卵なのだね

ゆで卵と生卵の鑑別法 リアルに会得しました!(笑)



で そのことを医院のスタッフに話したら

卵をまわしてみると鑑別できるそうですよ とのこと

bregg07

ゆで卵は 勢いよくクルクルと回りますが
生卵は なかなかうまく回らないとか

bregg08


また ネットで調べると

回したあとに指で押さえると ゆで卵はピタッと回転が止まるのに
生卵はなかなか回転が止まらない 

とも書いてありました

bregg09

ゆで卵のタンパク質は凝固しているから 安定性があり
クルクル回るし 回転もピタッと止まる

考えてみたら 当たり前ですね


照明にかざす という鑑別法もあるようです

bregg09

ゆで卵は影になるけれど 生卵は透けて見えるそうで

これも 中身の液体と固体との性質の差を見ているわけですから
当たり前と言われれば当たり前ですが(笑)


でも たたいたときの音質で鑑別するという方法は
ネットサーフィンしてみましたが どこにも書いてありませんでした

おっ これは オリジナルな鑑別法を発見かな?

もしかして 特許がとれたりする?(笑)



2017.07.21更新

スノーデン・ファイルの暴露をきっかけに
世界で諜報活動・情報収集に関する議論がされ始めたことを紹介しましたが

sndf21

こうした状況は

*このような諜報活動 情報収集は 本当に必要なのか?

*必要だとしたら 個人のセキュリテイとプライバシーの問題はどうなるのか?

という ふたつの問題を提起するに至ります


前者に関しては

緊迫する世界情勢を考えると当然必要である 
という意見が多いようで

日本は軽武装の国なのだから
逆に 情報収集 インテリジェンス能力は 高くないといけない

自前の情報収集システムを作って
自分で国際情勢を判断できるようにならないといけない

といった意見が 国内の専門家たちの間に根強くあるようです


また アメリカでは
諜報活動に制限はない 国家が行う不正は不正ではない
といった 極端な擁護意見もあるようです

sndf22


書き手は ジェームス・ボンドを擁護するわけはありませんが(苦笑)
必要悪というか ある程度は仕方ないのかな と感じています


で この問題に関して ちょっとびっくりしたのは

アメリカは日本も情報収集の監視対象にしていて

日本が世界から非難された捕鯨活動に関して
国際会議に提出して反論の根拠にしようとしていた情報が
あらかじめアメリカに漏れていて 上手くいかなかったそうで

他人事ではないのね という感じで驚きました

sndf23


また アメリカが諜報活動で収集した情報は

ファイブ・アイズと呼ばれる
アメリカ イギリス カナダ NZ オーストラリア
の各国は見ることが出来るけれど

日本を含めたサード・パーティと呼ばれるアメリカの同盟国は
機密情報の共有は限定されているそうで

sndf24


えっ 日本は仲間はずれなの?

これもちょっと驚きました



さて 後者の セキュリティとプライバシー については

プライバシー権は 人が自由であるための根源的な権利なので
セキュリティとのバランスを どうとるか という
かなりデリケートな問題になります

sndf25
sndf26


イギリスやアメリカでは
プライバシーよりもセキュリティが大事とする風潮があり

一方 ドイツなどでは
セキュリティよりもプライバシーが大事と考える人が多いそうです

この 英米とドイツの国民性の違いは 何気に面白い!



そして この問題は 市民の知る権利との関連 も生まれてきて

セキュリティやインテリジェンスに関することは 当然秘匿されるわけですが
それを市民が知る権利が保障されなれければ 民主主義が成立しない

また

過度に強力なセキュリティやインテリジェンスに関する法案が整備されれば
民主主義や社会が委縮しないか?

という危惧も叫ばれています

sndf27


さらに
権力者はあらゆる情報を集めたがる誘惑にかられる傾向があるので
そこを監視するシステムがないと エスカレートしかねない
という声も上がっています

うーん つい最近 どこぞの国でももめていますね(笑)


スノーデンさんは 番組のインタビューに答えて

日本は国民の自由やプライバシーを大切にする素晴らしい国だが
最近は その風潮が変化しているのではないか?
日本の報道の自由度の国際的な評価が低下しているのが気懸りだ

と コメントしていました


池上彰さんをはじめとする 番組のコメンテーターの方たちは

セキュリティとプライバシーの問題に関して
日本はどうするか? という議論を 今すぐにでも開始すべきである

とコメントされていましたが


うーん そんなこと 今まで考えたこともありませんでした


sndf28


書き手は
セキュリティの保持のための諜報活動・情報収集活動は必要だと思います

そして 哀しいかな デジタル技術の進歩により
個人のプライバシーに関する情報収集が可能になってしまったなら
諜報活動がその領域にまで及ぶのは 仕方ないのかもしれない

とも思います

自分はやましいことはしていないのだから
プライバシーを第3者に覗かれても 別に問題は感じない とも思いますが

でも セキュリティとプライバシーの問題って
個人レベルに根差しているものの 社会全体のシステム 価値観の問題だから
もう少し真剣に考えないといけないのかもしれません


確かに 一定の歯止めをかけないと リスクがあるように思います

人間性善説が 必ずしも担保されるわけではありませんからね


日本はどうするか? という議論は 確かに必要だと思いました

sndf29


今まで スノーデンさんのことは 何か他人事のような気がしていましたが
この番組を見て 身近な問題として認識することができて良かったです



2017.07.17更新

NHKで放送していた スノーデン・ファイル に関する番組を見ました

sndf01


アメリカの国家安全保障局にいたスノーデンさんが
その内部情報を暴露して アメリカ国内で指名手配になり
ロシアに亡命していることは 知っていましたが

正直言って 書き手はそれほど関心がなかったのですよ

sndf02


スノーデンさんは
アメリカの諜報活動が 市民のプライバシーを脅かしている危機的状況を
多くの人々に知らしめるために あの暴露行為を行ったそうですが

その行為に対しては 裏切者か? 愛国者か? という賛否両論があります

sndf03

ただ アメリカでは国民の55%が
罪を犯した者というより 正当な内部告発を行った者として
好意的に見ているそうです

sndf04


さて スノーデンさんが問題視した

情報収集 諜報活動の現状ですが

従来 この手の活動は007の映画に代表されるような
個人としてのスパイの活動などが中心でしたが(今でもあるのでしょうが)

sndf05

今や 電話 メールなどのデジタル通信情報を対象にした諜報活動が
そのメインになっているそうです


アメリカのNSA・国家安全保障局は
テロ対策を名目に Collect it all 全てを収集するという施策を極秘裏に行い

sndf06

民間の通信会社 電話会社などから
通話記録等を大量に収集していたそうで

その対象は 世界中の一般市民の 電話 メール SNS が含まれており
ドイツのメルケル首相の電話まで傍受していたことは
ニュースにもなりました

sndf07

もともと 東西冷戦における諜報・情報活動で出来たシステムが
技術の進歩とともに さらに発展しているそうです


その最前線の様子といえば

XKEYSCOREという
世界中の情報を収集できる 強力な大量監視プログラムがあり

個人のメール 電話の会話 ネットの閲覧履歴などを 全て見ることが出来て
個人のパソコン スマホへの遠隔操作でカメラを起動して
盗撮・盗聴もできるそうです

sndf08

世界の通話のほとんどは 海底テーブルでアメリカを経由するので
そこから情報を得るプログラムを使えば こうしたことが可能になるとのこと


さらに PRISMという
インターネット SNSなどの大手IT企業から 
情報を入手できるプログラムもあり 威力を発揮しているそうです

sndf09


こうした状況下では 一般市民の生活の全てが傍受 監視可能で
もう 誰にもプライバシーはなく
使い方を間違えれば 民主主義を破壊しかねないと危惧されています

そして テロ対策・安全保障目的以外に
この情報収集システムが利用される危険性に警鐘が鳴らされています

sndf11


うーん なんだか 自分とは関係ない 何か違う世界の話のようですが

今回 新たに公開されたスノーデン・ファイルによると
強力な大量監視プログラムXKEYSCOREが
アメリカから日本にも提供されたという記述があるそうで

それについて日本の防衛省の関連部署は
コメントを差し控えているそうです


日本でも 個人のメール 電話の会話 ネットの閲覧履歴などが

第3者に見られている可能性があるということ?

sndf10


えっ そうなの?

書き手が XXXなサイトを覗いていたことも ばれてるの?(笑)

なんだか ちょっと妙な気分もしてきて 番組を見続けました

 

2017.05.05更新

GWの近場探訪 今日は銀座です


5月の太陽は 意外に紫外線が強いので危険です

g601

 

京橋から中央通りを  銀座1丁目から8丁目に向けて歩いて行きます

g602

休日の歩行者天国 しかも午後2時過ぎですが 意外に人出は多くありません


しかし 既に1丁目界隈から この広告が、、、

g602a

えっ GSIX って なに?(笑)


4丁目を過ぎると ご覧のようなすごい人だかり!

g603

 

そして見えてきたのが 今日の目的地!

g604


4月20日に 松坂屋の跡にオープンした GINZA SIX

さすがにすごい混雑で 入口では入場規制をしていました

g605


GWのさなかに わざわざこんな混むところに来なくてもいいのに
と思われるでしょうが 
哀しいかな 江戸っ子は新しいものには目がなくて(苦笑)


やっと中に入り エスカレーターに乗ると 館内の景色はこんな感じ

g606

一緒に行かれた方は フランスのデパートみたい と言われていました


そして 6階から専用エレベーターに乗り13階へ
この階段を昇ると お目当ての屋上ガーデンに到着します

g607

ここに来てみたかったわけですよ!(笑)


芝生が広がる空間

g608


地面から水が出て 子供が水遊び出来る空間

g609


緑も豊かです

g610


建物を囲むように回廊状の通路があり
気持ち良い風を感じながら ぐるっと1周できます

g611


外の景色は こんな感じ
4丁目の交差点 和光が見える方向です

g612


松坂屋にあった稲荷神社も 残されています

g613


でも 予想していたほどの解放感はないなあ、、、
景色もすごくキレイというわけではないし

確かに 銀座のど真ん中のビルの屋上に 緑あふれる空間があるのは
面白いには面白いけれど

うーん、、、(笑)


でも 一緒に行かれた方は 木々や花々を観察されて
桜もつつじも楓もあるし 四季折々で楽しめるんじゃない?
と 言われていました

g614


で 下りのエレベーターに乗るのに約30分行列に並び(笑)
6階まで降りて もうひとつのお目当ての 蔦屋書店

g615

なんでも アートに特化した店構えにしたそうで

g616


確かにご覧のように 普通の本屋さんと違い
店内に陳列されている書籍の分野が かなり偏っています

g617


店内は こんな感じ

g618


ご贔屓の
ドイツ・ロマン派のカスパー・ダビッド・フリードリヒの画集を見つけて
書き手はプチ興奮しました(苦笑)

g619


なぜか 店内の一角には 日本刀コーナーがあって、、、

g620

外国人を意識しているのかな?


1階から6階までは 200店舗以上のブテイックが軒を並べ
13階や地下2階には飲食店がありましたが
地下2階は すごい混雑とのことだったので パスしました(笑)

ブテイックも少し覗いてみましたが 意外に高級感がありました

ターゲットの客層は バブル世代の50~40歳代だそうで
確かに 若い人よりおじさまおばさまを意識している感じがする


でも こんなに沢山 店舗があって やっていけるのかな?


観察力が鋭い同行者は

人はたくさんいるのに お店のショッピング袋を下げた人はほとんどいない

と シビアな観察をされていました(笑)


そうそう この施設の地下3階には 観世能楽堂が入りました

g620a

噂によると ここでは夜の公演もやってくれるそうなので
銀座でお能が見られるのを楽しみにしたいと思います


ということで
屋上庭園と 6階の蔦屋と 地下3階の能楽堂には
また来ることがあるかもしれません(笑)


外に出たら 入ったとき以上の大勢の人が 入口に列を作っていました

g621


ふーっ 疲れた(苦笑)


 

2017.04.07更新

書き手は 本屋さんで色々なジャンルの本を見て回るのが 大好きです

丸1日は無理かもしれませんが
半日なら 余裕で本屋で過ごせます(笑)

books1


最近はネットで本を注文することが多くなりましたが

本屋でのブックハンティングには 
ネットショッピングでは味わえない楽しみがあります


なんといっても 実際に本を手にして 中身を読むことができること

ネット書店の作品紹介では 目次程度しか記載されていないので
初めて読む筆者だと どんな文体なのかわかりません

それに 書き手は必ず 最初に「あとがき」を読むのが好きなので
それができるのもありがたい

あとがきには 筆者の裃を脱いだ思いが記されていることが多いので
どんな本なのか どんな思いで書かれたのかを 
知ることができて面白いです


それから 異なる分野の隙間というか 異分野を連結するような
そんな内容の本を見つけることができるのも
本屋さんでのブックハンティングの楽しみのひとつです

ときには 不便なアナログ行動も 悪くない!(笑)


お散歩がてらに訪れることが多い 大きな本屋さんというと

日本橋の丸善
東京駅前の八重洲ブックセンター 
有楽町交通会館の三省堂

などがありますが

興味深いのは 書籍の並べ方というか 
どういう本をどんなジャンルでディスプレイするかに
それぞれの本屋さんの個性がでていて それが何気に面白い

ジャンルの別け方にも 本屋さんの個性が現れるように思います

同じ本が 本屋さんによっては 異なるジャンルに並んでいることもある

だから 歴史とか美術とかといったジャンルの本を探す時も
ひとつの本屋さんだけでなく いくつかの本屋さんを
周遊してハンティングした方が 面白い本に遭遇できます


それから 大きい本屋さんだからどんな本でもそろっている 
というわけではありません

小さくても個性的な本屋さんは とても魅力的です


最近お気に入りなのが 銀座1丁目のLIXILブックギャラリー

books2


置いてある本の分野が 
建築 デザイン 美術 海外紀行 とかなり偏っているのですが

書き手の好みと波長がばっちりあっているので 
書棚を見ていて飽きることがありません

books3

さらに 酒 グルメ ネコ などに関する文庫や新書が
まとまって陳列されているコーナーもあり
ついつい両手にいっぱいの本を買ってしまいます(苦笑)

本屋さんの個性を味わうのは楽しいです



さて 先日 インターネットが社会に及ぼす影響について
川上量生さんが書かれた新書を読んでいたら
(この本は なかなか面白かったです!)

「電子書籍の普及により 将来は現行の書店はどうなっていくか?」

といった内容が書かれていて 興味深かったです

books4


ちなみに 個人的には 電子書籍はあまり良い印象がないのですよ

書き手は 
ラインマーカーをひいたり 書き込みをしながら読むので
そうした行為を電子書籍では楽しめない(苦笑)

でも 日々 部屋の空間を侵食していく
マスとしての書籍の山を見ていると
電子書籍なら 保管や探すときはさぞかし便利だろうと思います


で 川上さんは

将来的には 確実に紙の本は電子書籍にとってかわられるので
そうなると本屋さんは激減するのではないかと予想されます

books5

ただ 書き手がこのブログの前半でつらつら書いたように

本屋さんには ネット書店が全盛の今の時代においてしても
本をディスプレイして プロモーションするという重要な役目があり

街から本屋さんの数が減ってしまうことは
そうした書籍のディスプレイ プロモーションの場や機会が
少なくなるということで

そうなると 人が書籍と出会う機会が減ってしまい
世の中で本の存在感が薄くなり 
人間が消費する本の総量も減るのではないか

その結果 かえって電子書籍も売れなくなるのではないか?

と予想されていました

books6


うーん どうなるのでしょうね?

本屋さんも 本好きのための慈善事業ではなく ビジネスですからね

本屋さんの将来は どうなっていくのか
興味があるし ちょっと心配でもあります



2016.10.17更新

結果が欲しければ女に頼め 議論が欲しければ男に頼め

鉄の女と評されたマーガレット・サッチャー
かつて こう言い放ったそうです

彼女の名言の数々は 以前にご紹介しましたが
過日のNewsweekでは 彼女のこの言葉をまくらに用いて

「これからの世界は女が仕切る」 という特集を組んでいました

sexc1


ドイツではメルケルさんがずっと頑張っているし
新たにイギリスではメイさんが サッチャー以来の女性首相に就任
11月には ヒラリーが初のアメリカ女性大統領になるかも

IMFはラガルドさんが FRBはイエレンさんが仕切っているし

確かに政財界での女性のトップリーダーの存在感が増してきています

sexc2


男性リーダーと女性リーダーの特徴を比較した研究では

部下を鼓舞するときに

男性リーダーは
効果が低い ネガティブで脅迫型のインセンティブ に頼りがちなのに比し

女性リーダーは
ポジティブで 報酬期待型のインセンティブを上手に提示する傾向があり
さらに 序列にこだわらず 変革に積極的な資質も多いそうです

また 女性リーダーは男性より 包容力と思いやりがあるそうで

sexc3


幸か不幸か
書き手は家庭の外では女性ボスに仕えたことはありませんが(笑)
そんなものなのでしょうか?


そして興味深いのは

組織における女性比率が30%に達すると

女性の影響力は目に見えて大きくなり
互いに連携して 組織の文化を変えることすら可能になる そうで


sexc5

それを裏付けるファクトは

女性は自分の能力を過小評価し他人を過大評価しがちだから
チームワークを好み 他との協力を柔軟に受け入れる

ということ

一方 男性は
自分一人でやれば最高の結果を出せると思いがちで
チームワークよりも序列を好む傾向が強いそうで

どうなのかな~?



女性も男性も ヒトにもよるので
一般化して言うのは難しいと思いますが

確かにコミュニュケーションやネゴシエーションは
男性より女性の方が 巧みな気がしないでもありません

特に
落としどころを見つけなければいけない交渉を 異性と行うときは
女性は男性より 上手に事に当たる気もします

sexc4

そういう意味では
文頭に引用した 結果が欲しければ女に頼め というのは
けだし名言なのかもしれません


以前にもご紹介したように

アメリカにおいてですら 女性がリーダーになることを嫌う風潮は
社会で許容される最後のタブーとして歴然と存在しているし

ヒラリーをはじめとして リーダーにならんと欲する女性たちが好んで使う
ガラスの天井 という比喩は
これもまた 言い得て妙なのでしょう

sexc6


しかし 最近は Glass Ceiling を打ち破る女性がさらに増えてきているので
(東京でも破りましたね:笑)

臨界点の30%を越えるようになったら 世の中は少しは変わるのでしょうか?

sexc7

どうなのでしょう?

個人的には ちょっと楽しみな気がしないでもありません(笑)



2016.09.30更新

当院のホームページを見られて
健診結果を持って来院いただいたり
メールで質問をいただくことは多いのですが

ときどき 奇妙な問い合わせをいただくこともあります


ある日の午後 診療中に某テレビ局から電話が入りました

ちょうど患者さんがおられなかったので
「先生 テレビ局からお電話です」とスタッフに言われ

また何かの取材かなと思い(意外にこの手の電話は多いのですよ)
電話口に出たところ

あまりテレビを見ない書き手でも 名前を聞いたことがある
某テレビ局の有名な朝番組の担当者さんが 自己紹介をされました


おや これは 書き手もいよいよテレビデビューかな?

そんなアイデアが一瞬頭をよぎりました(苦笑)


でも 以前に別のテレビ局のお昼の番組の方から電話をいただいたときは

テレビCMで自家用ジェット機で世界を飛び回っておられる有名な先生が
肝臓の病気になられたとかで その病気の解説をして欲しい
というお願いで 

そんな偉い先生の御病気のことにコメントするなんて100年早い(笑)
と辞退させていただいたので

また そんなこと?とも想像したりしていました



ところが 担当者さんが電話口で言われたのは 予想外なことで

「先生 お忙しいところを申し訳ありませんが 
 医療関係の取材ではないのですよ

 実は先生のブログで
 片岡愛之助さんのことを書かれていたのを拝見しまして」

ainorika1



え 愛之助さんと対談でもさせてくれるの?

と 書き手は一瞬 独りよがりな妄想を膨らませましたが


担当者さんが続いて語られたのは

「実は 愛之助さんと藤原紀香さんが 先日 京都で挙式されて

ainorika3
 
 この度 東京で披露宴をされるのですが

 この披露宴の様子を取材するのが困難でして
 せめて出席された方に お話でもうかがえないかと思いまして」


えっ 書き手を披露宴に招待してくれて それをレポートしてくれというの?

またしても 勝手に独りよがりな妄想を膨らませましたが
(そんなわけないですよね:苦笑)


「先生は 披露宴に ご招待されておられますか?」

と 担当者さんは尋ねられるのですよ


はあ~?


一瞬の間をおいて 勝手に膨らんだ妄想は全てはじけ
状況を把握することができました


番組の担当者さんは

開業医がブログに歌舞伎のことなんか書いているくらいだから
きっとタニマチかもしれない
もしかしたら 披露宴にも招待されているかもしれない

と あちらはあちらで妄想を膨らませておられて
それで こんな問合わせの電話をされたのでしょう?(笑)


あー 残念ながら
書き手のところには 披露宴の招待状は届いていません

とお答えすると


担当者さんはとても残念そうな口調で

「そうですか~ では どなたか出席される方をご存じないですか?」

と 再び聞かれました


再度
 
残念ながら そんなやんごとない世界の知り合いはおりません

とお返事すると


「そうでしたか お忙しいところを失礼いたしました」

と 担当者さんは 丁寧に電話を切られました

ainorika4



うーん、、、


この電話でのやりとりを 糖尿病専門医さんに話したら

きっと 歌舞伎役者のタニマチをしている裕福なお医者さんと思われたのよ
ちゃんちゃら 可笑しいわよね!

と コメントしていただきました(笑)


でも そういえば 確かに担当者さんは

「先生は澤瀉屋さんのファンで 
 松嶋屋さんのファンではないかもしれませんが」

などと 猿之助さんとか愛之助さんと名前で呼ばず 屋号で呼んでいて

ainorika6

うーん 確かに ツウのタニマチと思われたのかな?(笑)



それにしても テレビ局って
こんな風にしてニュースソースを探しておられるのですね

びっくり!


そして 片岡愛之助とネットで検索すると
書き手の駄ブログがヒットするのでしょうか?

それも びっくり!


いやはや 面白い世の中ですね!(笑)



片岡愛之助さん 藤原紀香さん

残念ながら 披露宴には出席できませんでしたが
末永くお幸せにお過ごしください!


でも 招待されていたら 
ご祝儀は 袋ではなく 札束が入った桐の箱で持って行くのが
やんごとない世界の流儀なのかな?(笑)

ainorika7

 


2016.09.22更新

この国の天気は 
一日のうちに四季があると言われるほど 変わりやすいので有名です


朝 大西洋に浮かぶアラン諸島のイニシュモア島に観光に行こうと
高速船の乗り場に行くと 

ご覧のような横殴りの雨

ir402

うーん さすがに普段の行いが悪いと 
こういうときに罰があたるようで?(苦笑)


で そんな天候ですから 約40分間の船上はかなり揺れたのですが

書き手の後ろに陣取るフランスから来た中学生の集団は
元気そのもので 大はしゃぎ!

ir403

引率の先生に 静かにしなさい と怒られていました(笑)


島に到着して 船を降りても 残念なことにこの天候、、、

ir404

でも 件の学生さんたちは なんとサイクリングで島を観光するようです

さすが 若い!(笑)

ir405


一方 書き手たちはミニバスで移動です


この小島の人口は1000人余りですが
夏のシーズンには25万人の観光客が訪れるそうです

島民の多くは 
ゲール語(現地の人たちはアイルランド語と言います)をしゃべり

英語が苦手な方も少なくないそうで

年配のバスの運転者さんも なまりのある英語をしゃべられていました


そして 観光業を営む方は
5月初めから10月初めまで 日曜もなしに働かれて
あとの季節は 夏の稼ぎでのんびりと過ごされるそうです

なるほどね~


で バスは こんな細い道を進んでいきます

ir406

島内にある  いちばん古い修道院跡を訪れる頃には
幸いなことに雨は小降りになってきました

ir408


そして この島のいちばんの観光名所である 
ドン・エンガスの要塞遺跡に向かいます

ir409

正面の遠く彼方に見えるのが 目的地の遺跡
小一時間ほど 歩いて向かいますが 雨は止みました

この道 雨が降っていたら最悪でしたが 良かった~


そして 雲の合間から青空がのぞくようになり

ir410

出発したときは どうなることかと心配していた方も
安心して牛さんと語らっておられます

ir411


そして 高台にある遺跡に到着

こんな断崖絶壁の荒々しい景色が楽しめます

ir412

さらに 小山のように見える要塞跡に登ると

ir413

こんな絶景!

ir414


崖っぷちに座っている人もいましたが
かなり風が強いので 書き手は足がすくんでしまいました、、、

ir515

この大海原の先にあるのは 大西洋を越えて 北米大陸です

あのタイタニック号も この海原に出航していったのですね、、、


青空がどんどん広がってきて 気持ち良いです

ir416


航空写真を見ると こんな断崖絶壁の上に 要塞が築かれているのがわかります

ir417

紀元前5世紀くらいに建てられたと推測されているそうで
この島にケルトの民が移り住んでくるより以前のことだそうです

昔の人は すごかったですね、、、



見学を終えて バスを待つ間に
ソフトクリーム屋さんで ランチ代わりにソフトクリーム

ir418

ウイスキーハニー味で 美味しかったけれど

ir419

冷たさに顔をしかめておられる方もいました(笑)

ir420


さて 帰途につきましょう

サイクリング隊は 相変わらず元気で
午後の語らいを楽しむ地元のオジサンたちの脇を 
かなりのスピードで 走り抜けていきました

ir421 


天気はどんどんよくなって お日さまが顔を出してくれました

ir422
ir423


朝 出発するときは大雨だった埠頭も
帰ってきたときは すっかり晴れていました

ir424

まさに この国の典型的な天気を楽しめた一日でしたが

この変わりやすい天気 そして雨が 美しい緑を育てているのでしょう

この国は 本当に緑が美しいです


 

2016.09.20更新

見慣れない 顔つきだけど、、、


ホテルの部屋でくつろいでいたら 突然 誰からか呼びかけられました

びっくりして声の方に振り返ると 窓の外には

こんな珍しい訪問者が

ir11

カモメさん アップにすると なかなか迫力があるお顔つきです(笑)

ir12

あなたの嘴って こんな感じなのですね
初めて 細部を細かく観察することができました

ir13

こんなに至近距離で遭遇するのは 生まれて初めてなので
ついでに足の水かきもクローズアップしていたら

ir14

なにやってんだよ!

ir15

と 怒られてしまいました(苦笑)


お酒を飲んでから寝る前に飲むお水を仕入れに スーパーマーケットに入ると
こんなものを発見!

ir16

トイレットペーパーのようですが
子ネコが触って喜ぶほど柔らかい! というのがウリなのでしょうか?

そういえば ホテルのトイレットペーパーは やや固めかな?(笑)


こんなキャットフードも発見!

ir17

ネコさまたちへのお土産にしましょうか?(笑)


で こんなものも発見しました!

ir18

45% 糖質・カロリーオフのコカコーラ!

初めて見ましたが なぜに 中途半端に45%?(笑)

この国では はやりなのでしょう?
もちろん 日本と同じように 
完全オフの黒いダイエットコークもあるのですが、、、

日本で販売したら 売れるのかな?



ホテルの近くにある 由緒ある大学のキャンパスを訪れたら
広い構内の広場では ご覧のように 仮設テントがたくさん仕込みちゅうでした

ir19

えっ もう秋の学園祭?  と思ったら 大違い!

欧米では 秋が新学期のシーズンで 新入生のクラブ勧誘行事でした


ラグビー部 なんと女子ラグビークラブもあるようです

ir20


サイコクラブ!

ir21 

怪しいけれど 面白そうです!

ファーイーズトから来たオジサンも 入部させてくれるかな?(笑)



大学の売店では こんな言葉が書かれたマグネットも売られていました

ir22

人生とは 決して起こらない何事かのために 長い準備をするものである

 

この国の代表的な作家で ノーベル文学賞も受賞した
ウイリアム・バトラー・イエーツの言葉です

ひねくれモノの書き手は マジで購入しようかと思いましたよ(笑)


そして もう一枚

やはりこの国を代表的する劇作家の オスカー・ワイルドの言葉

ir23

私は 何事にも耐えて抵抗することができるが 誘惑にだけは勝てない

オスカー・ワイルドは 確か晩年に
ホモ・セクシャルであることを罪に問われて 牢獄に入れられ
失意のうちに世を去ったと聞いています

それを思うと なんだか意味深な言葉ですね、、、



ちなみに いちばん下の緑の部分に書かれているのは
この国のオリジナルな言葉である ゲール語 です

電車の車内放送でも
最初にゲール語 そのあとに英語でアナウンスされていて びっくりしました

駅の案内表示でも こんな風に

ir24

最初にゲール語 あとから英語が書かれています

ゲール語と英語の関係

この国の歴史を考えると なかなか奥が深くて 切ないものです、、、

 

 

前へ

entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら