左利き肝臓専門医ブログ

2017.02.10更新

先日 食事をご一緒した方が九州男児で

乾杯のグラスビールで喉を潤したあと
次にどんなお酒を飲もうか思案したときに

和食だったので 書き手はドリンクメニューに日本酒を探しましたが
彼は迷わず 焼酎のページを探され

うーん あまりくさい芋の銘柄がありませんね と 
ちょっとご不満そうでした(笑)


くさいお酒

書き手も決して嫌いではありません

しかも 芋焼酎だけでなく シングルモルトウイスキーも
臭いが強いタイプが好みです(苦笑)


モルトウイスキーで強烈な臭いといったら アイラ島のウイスキー

islay1


スコッチウイスキーは スコットランドの
スペイサイド ハイランドなどのいくつかの地域で造られますが

islay2


最も香り・風味が個性的で強烈なのが
スコットランドの西 アイルランドとの間の海上にある島
アイラ島で作られる

アイラモルトウイスキーです


islay3



書き手が その代表格の ラフロイグ を初めて経験したのは
バーのカウンターで 一人で飲んでいた時でした

islay4


初めて入った旅先のバーで 何を飲もうか思案して
「なにかお勧めのお酒はありますか?」
と バーテンダーさんに尋ねると

「お客さんは お酒がお好きですか?」

と バーテンダーさんは おもむろに聞かれました

「はい かなりの左利きです」と答えると

バーテンダーさんは「では これを」と
ウイスキーが注がれたショットグラスを出してくれました

islay5


グラスを口に近づけると
それまでに経験したことがないような強烈な香りが 鼻腔を襲います

後に 友人や知人にこのお酒をトライしてもらうと
ほぼ100%に近い人が
「なんだ これ 消毒液の臭いがする」と驚きますが

まさに その表現がピッタリの ヨード臭のような香り


書き手はこれを 潮っぽい香り と呼んでいますが

初めてアイラモルトの独特で強烈な臭いの洗礼を受けて
確かにびっくりしたのですが

でも 書き手は嫌いではありませんでした

そして 口に含むと 口腔内から鼻腔全体にかけて
あの強烈な臭いが満ち満ちてくるのですが

これが 意外に美味しいのですよ

書き手の アイラモルト初体験の瞬間でした


「あ~ これ 美味しいです」

と バーテンダーさんにお話しすると

バーテンダーさんは 半分安心して 半分驚いたような表情で
「気に入っていただけて良かったです」と答えられました


このお酒が ラフロイグという
アイラ島で作られるシングルモルトウイスキーで

アイラ島のウイスキーは その強烈な独特の香りで有名なことを
教えてくれました


そして

初めてこのお酒をゲストにサーブするときはかなり迷う

と 話してくださいました

強烈な個性を持つお酒なので 好き嫌いが瞬時にはっきりと分かれて
嫌いな人には こんなお酒をどうして勧めるのか? 
と思わせてしまうリスクがあるので 躊躇されることもあるそうです

ただ 書き手は 結構お酒が好きそうに見えたので
ちょっとトライしてみても良いかなと 勧めてくださったそうで


あのバーテンダーさん 良い目をお持ちでした(笑)

それ以来 書き手は あの消毒液のような臭いに魅了されています

書き手にとっては 消毒液のような臭い ではなく
アイラ島の海の潮のかぐわしい香り ですが(笑)

islay6


シングルモルトウイスキーたちの 個性ある香りと味 

奥が深くて まだまだ勉強中ですが


アイラモルトの潮の香りを嗅ぐたびに

もう お店の名前も忘れてしまいましたが 旅先のバーで
アイラモルトの世界を教えてくださったバーテンダーさんのことを
思い出します

islay7


左利きがいくつになっても
バーテンダーさんとソムリエさんは 永遠の先生です(笑)



2016.12.23更新

ときどき焼酎の勉強しにうかがう(苦笑) 焼酎ダイニング・だけんさんが
開店10周年を迎えられました!

daken2

八丁堀に越してこられてから約1年ほどですが
以前にお店を構えておられた月島時代から
この12/15で10周年だそうです

おめでとうございます!


10周年記念ウイークとして  1週間
各地の焼酎の酒蔵さんの方が来られ お話が聞けて
さらに その酒蔵のお酒が飲み放題
という
そんな素敵なご案内をいただきました

dkrk1

芋 麦 泡盛、、、

うーん どの日に行こうか 迷いますね!(笑)


毎日行っても良かったのですが
予定がなかったのが15日木曜日で

なんとその日は 黒木本店の日でした!

ラッキー!!


黒木本店をご存知の方は かなりの焼酎ラバーですね?(笑)

麦の百年の孤独 米の野うさぎの走り などの銘柄は
ほとんどお酒が飲めない糖尿病専門医さんも
なぜか ご存知です(笑)


ということで とっても楽しみに お店にうかがいました

カウンターには 飲み放題で楽しめる銘柄のリストが

dkrk2

すごい 贅沢なラインアップ!

さすが だけんさん 太っ腹です!(笑)


そして サーブしてくださるのが 黒木本店の5代目 黒木信作さん

dkrk3

ご覧のとおりのイケメン!

法律上でお酒が飲めるようになってから まだ9年
なんと 独身!

次男坊さんで お兄さんは畑の方を管轄されているそうです


それにしても 黒木本店さん
なんと 創業明治18年 芋麦米焼酎一筋

dkrk4

背中が語っています!(笑)


どうして 芋も米も麦も 全部作られているのですか?
と うかがったところ

宮崎は 北から麦焼酎の文化 南から芋焼酎の文化が入ってくるので
もともと作っていた米焼酎に加えて
全部作るようになったそうです


黒木さんご自身は 最初はワイン指向で
大学卒業後にフランス・ブルゴーニュに留学されていたそうですが

日本を離れて 異国の田舎で生活しているうちに
故郷・宮崎のローカルな文化や焼酎の良さを再認識されるようになり
一念発起されて 家業を継がれる決心をされたそうです

なるほどです!


書き手も若い頃にスウエーデンに留学していたとき
向こうの人達に日本の文化や歴史について聞かれることが多く
そんな環境のなかで 日本文化の良さを再認識したのを憶えているので
とても共感できました

あ 失礼! 書き手の思い出話なんて 誰も聞いていませんね(苦笑)


で まずは 芋のきろくのソーダ割り

dkrk5

ノンベの書き手は
水で割るなんてもったいないと思ってしまいますが(苦笑)
水割りにすると 風味や香りが豊かになるのだそうです


そして お勧め第1弾 冬季限定の きろくの無濾過

dkrk4

フレッシュ感があり 香りも豊かですが 意外にパンチもある
美味しいです!


さらに 黒木さんが理想の焼酎をイメージして作られた
今年発売の新作 

dkrk7

焼酎を ワイングラスでいただきます

dkrk6

香りが なんとも言えないのですよ!

時間が経つにつれ変化して 色々な香りがしてきます
フルーツ? バニラ? ナッツ?

ワイングラスで供してくださった理由がわかりました!


焼酎にしては ちょっとお上品すぎるかも? と感じるほどで
従来の芋焼酎のイメージを一新する香りと味わいです

球という名前は
球体のように丸くなるような絶妙のバランスをイメージして
つけられたそうです



麹造りのお話 蒸留のお話など 色々とプロのお話をうかがいながら

そのあとも ジョイホワイトという種類の芋で造られた 山ネコ
とてもお上品な香りがしました!

dkrk8


そして 麦の山猿 米の山せみ と続いていただき

黒木本店さんの新しい意欲作を 存分に楽しむことができた
とても幸せな夜でした


黒木さんが

「焼酎造りもワインと同じで テロワールが大事です」

といったことを言われていたのも とても印象的でした


それにしても えーと いったい 何杯飲んだのかな?(苦笑)



しこたま酔っぱらって 帰り際に
これからも美味しい焼酎を作ってください! とお願いしたら

イケメン5代目は こんなことを言われました

良いお酒をたくさん作って お客さんが飲み過ぎたら
肝臓のお医者さんは忙しくなりますね?

上手い! と 手をたたいて喜んだ書き手は
やはり 不謹慎な左利き肝臓専門医でしょうか?(苦笑)



そうそう おみやげに お店オリジナルデザインの
10周年記念Tシャツをいただきました!

dkrk10

15周年 20周年が楽しみです!


八丁堀界隈のお客さんは夜が早い と嘆かれていましたから

焼酎ラバーの皆さん 寝酒に焼酎を楽しまれたくなったら
だけんさんにお出かけください(笑)



さて お酒ネタを書くにあたり

「医療機関のブログで お酒ネタはマズいんじゃない?」

「ビールネタならまだしも 
 今日のようなハードリカーの蒸留酒ネタはどうなの?」

というご批判もあるかと思い

「酒飲みの気持ちがわかる肝臓専門医ですから」

などと うそぶいていながら 実は意外に小心者の書き手は
常日頃から少しは案じているのですが

catdrink

先日 取材にいらしたプロの編集者さんから
(黒木本店をしっかりご存知でしたから 左利き?:笑)
名案を教えていただきました

それは お酒ネタの文末に 必ずある文言を入れること

おー なるほど~ と思い
この名案を 早速今日から採用させていただきます!

「読み手の皆さん 節度ある飲酒を心がけましょう!」

うーん これ ホントに免罪符になる?(苦笑)



2016.10.10更新

ご存知の通り 書き手は多趣味無根気ですから
ちょっとでも気に入ったことがあると 一過性に激しくのめり込みます

全く困ったものです(苦笑)


夏休みの旅行で 書き手がのめり込んだものは ふたつ

既にお伝えした 飲んで食べての順番に沿って まずは飲んで


アイルランドといえば ギネスですが
確かにギネスは最初の一口はクリーミーで美味しかったけれど

irkini1


書き手が気に入ったのは これ

スミテイックス

irkini2


発音が難しくて パブではいつも指さし注文していましたが
レッドエールという範疇のエールビールです

別名 アイリッシュエール とも呼ばれているようです


初めて飲んだのは ダブリンのヒューストン駅のパブでしたが

美味しかった!

irkini5


エールというと 上面発酵の代表的なビールで
昨今はホップの風味を強調したインディア・ペール・エール(IPA)が大人気

書き手も大好きですが

レッドエールはIPAよりフルーティで
苦味が強くなく 優しく甘く キャラメルの香りがします

肩肘張って IPAを頑張って飲んでいた書き手にとって
レッドエールは 新鮮で優しい誘惑 でした

irkini3

ギネスで使われる焙煎した大麦が使われるため 赤い色になるようで
アイルランドのオリジナルビールです

旅行中 パブやレストランで
ギネスでなくスミテイックスをずっと飲んでいました

irkini4

日本では入手困難なようで 寂しいです、、、



で 食べる方のこだわりは アイリッシュシチュー

羊肉と野菜のごった煮シチューで ホント 美味しかった

irkini6

お店によって 微妙に色合いや味わいが異なるのですが
どのお店でもはずれはありませんでした!

irkini7

羊肉のぶつ切りが沢山入っていて
ほのかに羊肉独特の香りがして 何回食べても飽きませんでした!

irkini8
irkini9



牛肉をギネスで煮込んだギネスシチューもトライしましたが

irkini10

アイリッシュシチューの方が ずっと美味しかった!

また 食べたい、、、



飲んで 食べて 以外にも 新たなお気に入りの発見がありました!

行きの機内で見た映画の マネーモンスター

irkini11



ジョディ・フォスターが監督して
ジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニー出演の豪華な配役の映画で

irkini12

テーマも コンピューターによる金融取引操作がからむ
up to dateな話題で とても面白かったのですが

出演している女優さんのひとりが 気になりました


カトリーナ・バルフ さん

irkini13



なんとアイルランド出身のスーパーモデルさんで 
モデルから女優に転身された方のようです

irkini14

アイルランドへの旅の機内で
アイルランドの女優さんを認識するなんて

なんだか因縁を感じます

irkini15


うーん 追っかけないといけない人が またひとり増えました

でも いつものように すぐにまた飽きるのかな?(苦笑)



2016.09.19更新

すみません 遅めの夏休みをいただいて
年に一度の羽伸ばしをさせていただいています、、、


さて レストランに入って席について 最初にすることは
注文を取りに来たウエイターさんと ご挨拶の言葉を交わしてから
飲み物を注文すること

で 注文した飲み物を飲みながら メニューを見て何を食べるか考える

だから順番は 食べて飲んで ではなくて 飲んで食べて?(笑)


ということで こんな可愛い女性の呼び込みにひっかかって?(苦笑)

ir0

入った古めかしいパブレストランで最初に注文したのは

ir1 


ウエイターさんは 注文したらすぐに持ってきてくれました
ふーっ やっと通じました

ギネス

ir2

それほど難しい発音の単語ではないと思うのですが

はじめは通じなくて、、、


最初にギネスを発音したのは 空港のイミグレーション(入国審査)でして

これが他のヨーロッパの国々のようにいい加減ではなく
アメリカ並み もしかしたらそれ以上に 細かく滞在予定などを聞いてくる

だから ひとり数分はかかって びっくりでした

パスポートに押されるスタンプも こんなに大きくて 
そして この国らしく 緑色です(笑)

ir3


このイミグレーションでの係官さんとのやりとりで

「この国に来るのは初めてですか?」と聞かれ

「はい 最初のギネスを飲むのを楽しみにしています!」

と答えたのですが 

書き手の発音が悪くて通じなかったのでしょうか? 係員さんは無視


その代わり 後ろにいた方に 思い切り背中をつつかれました

えーっ どんなときでも ユーモアは大事ですよね?(苦笑)



さて この国で最初に食べたものは

糖尿病専門医さんは これ

ir4


羊肉やジャガイモなどの野菜がたっぷり入った アイリッシュシチュー

この国の おふくろの味のような存在だそうです

書き手も分けていただきましたが ちょっと羊肉の臭みがあるのが好みです


書き手がいただいたのは ラムシャンク

ir5

ラムの脛肉の煮込みです

これ 書き手の好物なのですよ

お肉がとても軟らかいので 簡単に骨からはがすことができます

ir6

ラムだけあって 足の骨が短いです、、、

で 脛肉なので脂身もなく 少しぱさぱさしてはいますが
それほどのボリュームも感じずに 意外にペロリといただけます
(途中で 味にちょっと飽きてきますが:苦笑)

でも さすがに 下に敷いてあるマッシュポテトは残しました


久し振りにラムシャンクをいただけて とても満足でした

羊さん 食べてごめんね!

ir7


で 肝心のギネスですが
日本で飲むよりはるかにクリーミーで美味しい とよく言われますが

うーん 確かに美味しいけれど 感動するほどではなかったかな、、、

食べながら ちびちびと飲んでいると
グラスの後ろに この国のシンボルのハーブが描かれているのがわかってきます

ir8


まだ1杯しか飲んでいないので その美味しさがよくわからないのでしょうか

これから もっと勉強しないといけませんね?(苦笑)



2016.08.05更新

8月に入り 夏本番です!

東京は梅雨明けが遅れ 今週に入ってゲリラ豪雨で荒れ模様でしたが
昨日あたりから うだるような暑さになりました


暑いときは シンプルがいちばん
あれこれ策を講じず ズバッと行きましょう!

そんな心地好いコンセプトで造られたのが 泡盛

nawam1


ちょっと強引な導入で恐縮ですが(苦笑)
暑い沖縄を思い浮かべながら楽しむ夏の泡盛 美味しいですね!


口に含んだときにパッとひろがる華やかな香り
原料のタイ米のおかげ

じわじわと感じてくる力強さ
米麹を作るときに使う黒麹のおかげ

そして全体を貫く濃厚さ
原料の米を全て麹にして一度に発酵させてしまう
シンプルな全麹仕込みのおかげ

この タイ米・黒麹・全麹仕込み の3点セットが
琉球王朝文化の華ともいえる 泡盛の美味しさを造り上げています

nawam5


タイ米が使われるのは 日本のお米よりアルコール収穫量が多いから

タイ米が運ばれてきた
昔の琉球王朝とタイ王朝との交易の様子が思い浮かびます、、、

nawam2


黒麹が使われるのは 白麹や黄麹より雑菌が繁殖するのを防ぐ力が強いから
暑い沖縄での醸造には必須です

nawam3

そうそう 白麹・黒麹・黄麹の話題も
そのうちにしないといけませんね(笑)


で 全麹仕込みされるのは どうしてでしょう?

nawam4

焼酎
まず 米や麦に麹菌を入れて麹を作り
そこに酵母を入れて一次発酵させ
それから 原材料の芋や麦などを投入して二次発酵させて
それを蒸留して造りますが

それに対して泡盛
最初から全ての米を麹にして発酵させて そのまま蒸留してしまう

nawam6

琉球王朝の人達は 実はものぐさだった?(笑)



さて「泡盛テイスティング指標図」という
二次元座標軸が 甘さ苦さ で造られた図があって

甘みと苦みの強弱のバランスにより
さまざまな銘柄の泡盛がブロットされていますが

nawam7


書き手が色々と飲み比べた経験から 個人的な好みを言うと
苦味が弱いタイプは どうも美味しくない


苦味が強く 甘みが弱いタイプの代表が 瑞泉
これはとてもしっかりしていて ロックで飲むのはもったいないかも

nawam8


苦味はそこそこだけど 甘みが強いのは 久米島の久米仙
最近 ちょっとマイブームですが
これはロックで飲んだ方が甘さが引き立つ気がする

nawam9


そして ほのかな甘み 適度な苦み
それに加えて 泡盛特有の華やかさを感じさせてくれるのが 春雨

カリー春雨も春雨ゴールドも美味しい!

沖縄サミット晩餐会で各国首脳に振舞われたのも肯ける味です
あの華やかさは クセになりますよ!(笑)

ちなみにカリー春雨の カリー

無知な書き手は
琉球王朝はタイだけでなく インドとも交流があったのかと思いましたが

カリー は 沖縄では おめでたくて縁起の良いことを表す言葉だそうで
確かにカレー風味はしません(苦笑)

nawam10


焼酎ダイニングのだけんさんでいただいた 春雨の無濾過 44度
これは 絶品でした!

nawam11



沖縄には まだ一度も行ったことがありませんが
琉球王朝文化には興味があります

酒造りは その地域の文化を反映していますから

泡盛に興味を持つことは
沖縄の文化を理解するために 欠かせないことだと思います

決して左利きの都合良い戯言ではありませんよ!(笑)


しかし最近は 泡盛の消費量が年々低下しているそうで
左利きは心配になってしまいます

県外での消費量減少傾向が大きいようなので
その流れに歯止めをかけるべく 頑張らないといけませんね?(苦笑)


あと 泡盛で忘れてはならないのが 甕で保存されている古酒

nawam12

ちょっとアルコール度が高くて危険ですが 美味しいですよね~!
地元で飲んだら もっと美味しいのでしょうね!


ちなみに知人の沖縄出身者の方は
ジモピーのいちばん人気銘柄は 残波 と言われていました

nawam13

左利きを自負しているにも関わらず
書き手は勉強不足で まだ味わったことがありません

すぐに勉強しないと!(笑)



2016.06.17更新

前回のブログで 

食前酒にマティーニなんて注文するのは野暮

ベルモットをオンザロックにして
香草が醸し出す湿った土の香りを楽しむのが粋

とのご高説を紹介しましたが


左利きは あのブログのネタモト記事を読んで
ふと 閃くものがあったのですよ!(笑)


ということで 早速 ベルモットを買いに出かけましたが

ドライ・ベルモットの代表選手ともいえる

南フランス産の ノイリー・プラット

mhm1


最近のボトルは ずいぶんとオシャレになりましたね!

たまたま飲み残しがあった以前のデザインのボトルと並べてみましたが
流線型のしなやかな姿で 昔のずん胴なボトルとは大違い

mhm2

ベルモット業界 確かに頑張っていますね?(笑)


で 相方も 新しく購入

マティーニを作るのに いちばん美味しいジンの銘柄は何か?

これに関する意見は おそらくは百花騒乱
100人に聞けば 100人の異なる答えがあると思いますが
(えっーと ジンの銘柄は100種類もあったっけ?:苦笑)

ベルモットの“湿った土の香り”と喧嘩しないように
ボンベイサファイアのような 華やかな香りがするジンよりも
シンプルなジンの方が良いと思います


そこで東京駅八重洲地下街にある
某マニアックな酒屋さんで見つけたのが

スコットランドはアイラ島で生まれたジン

あの 潮の香りがする 絶品アイラモルトウイスキーが作られるアイラ島
(アイラ島賛歌ブログは そのうちにアップします:笑)

その島に自生する22種類の香草を使って作られた

その名も THE BOTANIST

mhm3

ラベルデザインとボトルのシェープに魅かれ買ってしまいました(苦笑)



ということで まずはボタニストを冷凍庫に収納して
外に出したらボトルに霜が降りそうなくらい 充分に冷やしてから

(見つかって じゃま!と怒られましたが めげません:苦笑)

まずはロック用のグラスに氷を充分に入れて 
ノイリー・プラットを注ぎます

そして ご高説に従い ロックで“湿った土の香り”を楽しみます

ストレートで嗜むと 確かにちょっと苦いですね(笑)

mhm4


そして 飲み干しそうになったら

冷凍庫からボタニストのボトルを取り出して
わずかにノイリー・プラットが残っているグラスに氷を足して
ジンをなみなみと注ぎます

それから ゆっくりと 充分にかき混ぜて

グラスに霜が降りてきたら 
カクテルグラスに こぼさないように注いで

はい 美味しいマティーニの出来上がり!


自分で言うのもなんですが
これまで自分で作ったマティーニより はるかに美味しかった!(笑)

mhm5


そうか これからは
 
まずはノイリー・プラットをロックで楽しんでから

残りベルモットに なみなみとジンを加えて 
ステアすれば良いのですね!

これぞ 2ステップ・アペリティフ法 

左利きシンパの皆さん 是非お試しください!(笑)



ところが このあと 
冷凍庫のスペースが冷凍食品で占領されて
ジンのボトルを納めることができなくなりました

あの冷凍食品の巧妙な詰め方には なにかしらの意図を感じます!

南シナ海 じゃなかった 冷凍庫の不法(?)占拠
はんたーい?(苦笑)



2016.06.16更新

最近は夕方のハッピーアワーに
食前酒をお手頃価格で楽しめるお店が増えてきました

さて 1日の疲れを癒すために 何を頼みましょう?

読み手の皆さんは どんなものを注文されますか?


これからの季節は ビールも美味しくなりますが
アペタイザーにビールを楽しむと お腹がいっぱいになってしまいます

それに 彼や彼女と出かけたレストランなら
ちょっとおしゃれなものを注文したくなりますね?(笑)

ちなみに書き手は とても疲れているときは
いきなりモルトウイスキーをストレートで頼んだりしますが
良い子の皆さんは マネしないようにしてください!


で つまらない話は脇に置いておいて(苦笑)

アペタイザーで頼むおしゃれな飲み物と言えば
やはりカクテルでしょうか?

でも カクテルは種類が多いし奥が深いから
見得を張って背伸びして注文すると 思わぬ失敗をすることがあります

以前のブログに書きましたが
書き手は若い頃 唯一 名前を知っていたマテイーニを頼んだら
Gin or Vodka?と聞かれて 面喰ったことがあります(苦笑)

martinevermot


そんなとき

「ベルモットをロックで 少し炭酸水を入れて レモンを絞ってね」

などと のたまうのが 最近のトレンドだそうです

vermot1


はあ~?(笑)


先日のニューズウイークに出ていましたが

最近は世界的に ベルモットが大人気だそうです


ベルモットは 白ワインに砂糖か蜂蜜を加えて甘味をつけて
ブランデーでアルコール度を高め
そこに ニガヨモギなどの薬草やスパイスを加えて
半年ほど寝かせて造ったリキュールです

ベルモットの苦味が 唾液と胃液の分泌を促し食欲を高めるので
アペタイザーにはもってこいです

アルコール度もさほど高くないので いきなり酔っぱらう心配もなし
塩味のおつまみをおともにすると さらに食欲が高まるそうです

vermot2


でも 左利きの書き手は
ベルモットというと マティーニのおかず というイメージがあります

チャーチルのようにドライベルモットをわずかに口に含んでから
ドライジンを飲んで マティーニとして楽しむ 

つまり 美味しいマティーニを味わうには
ベルモットは脇役で 量が少ないにこしたことはない(苦笑)

vermot3


ところが 記事を書いた記者さんは
そんな飲み方は ベルモットの魅力をいちばん殺してしまう飲み方なので

アペタイザーにドライマティーニなんて注文するのはやめて欲しい

と言われます

オンザロックで ベルモットが醸し出す 湿った土の香り を楽しんでほしい

vermut4



うーん

左利きを自負しているくせに 湿った土の香りを楽しめない書き手は
まだまだ修行が足りないようです(笑)


あ そうそう Gin or Vodka といえば

先日 ちょっとした機会に 
書き手が10代の頃に初めて飲んだお酒がジンだった という話をしたら
私も同じ頃に初めてウオッカを飲みました という方がおられ

世の中には 10代からハードリカーを嗜んだ経験がある悪い奴が
書き手だけではなくいっぱいいる? と知って
ちょっと安心しました?(苦笑)


2016.06.03更新

タイトルを読んで 内容が想像できてしまった読み手の皆さん
すみません ちょっと我慢してお付き合いください(苦笑)

だって

目にも鮮やかな新緑を愛でつつ 
爽やかな風を感じながら いただくのは美味しいのだもの、、、


ということで 毎年恒例の 日比谷の新緑の季節の10月祭り

51001


凄い人だかりの会場に入った途端
バイエルンの民族衣装で着飾ったきれいなお姉さんたちの
写真撮影場面に遭遇して

51002

ラッキー!(苦笑)

それにしても 今年もすごい人です!

51003


今年は 昨年のような白ビール三昧はやめて

渋く黒ビールを極めることにしました

51004

黒ビールだから  陶器のジョッキ コクも渋味もあって美味しいです!

51005

真ん中の ニシンのマリネ 書き手の大好物!(笑)


向かいのテーブルの人たちが楽しんでいたのは ブーツグラス

51006

これ なんと 2l も入ります!

さすがに これは飲んでいませんよ


で 翌日 前の晩にジブシブ付き合って下さり
つまらなそうにされていた方が お出かけだったので

今度は 白ビールから!(苦笑)

5107

この醸造所 本場ミュンヘンの老舗白ビール専門店で
日本のオクトーバーフェステイバルには初参加!

うーん 久し振りに味わいましたが 美味しいです!


いい気分で会場内を徘徊していると
ビール純粋令500周年記念ビールを見つけました

51008

そうか ビール純粋令が発布されてから 500周年なのか、、、

ビール純粋令とは 1516年4月23日に
オクトーバーフェステイバルのお膝元 ミュンヘンを首都とする
バイエルン地方を治めていたヴィルヘルム4世が制定した法で

ビールは 麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする

という 男らしい?法律です


そうか 500周年ならばいただかねば!

51009

はい 香ばしさもコクも苦味もあって 美味しいです!


でも 純粋令に反しているけれど 
ちょっと香草が入ったビールも 香りがあって美味しいのですよ
(いったい 何杯目?:苦笑)

51010


昨今はIPAブームだと いつぞやコメントしましたが
なんとIPAとは最も縁遠いと思っていたドイツビールのお祭りにも
IPAがあってびっくり!

51011


そうこうするうちに ステージではアトラクションがはじまりました

バイエルンと言えば ブラスバンド!

51012
51213

陽気に にぎやかに 軽やかなリズムで ズンチャ ズンチャ

51014

10分に1回くらい Ein Prosit 乾杯の歌で盛り上がり
気がつけば となりの人も みんなお友達!

書き手の隣にいたのは アメリカのアイダホから日本に観光に来られていた方
この日の夜のフライトでアメリカに帰る途中に 立ち寄ったとか


51015

仁義 の意味は ちゃんとわかっているそうです(笑)


あれ 誰かさん まだ飲んでいるの?

しかもこのジョッキ さっきのより ちょっと大きくない?(苦笑)

51016


酔っぱらってお土産に買ってきた 乾杯の歌 の歌詞が書かれているTシャツ

51017

楓さんが プロースト!(乾杯!) していました(笑)


しかし ビールでも たくさん飲んだら酔うものなのですね(苦笑)



2016.05.05更新

近場で楽しむGW

朝方は嵐のような雨でしたが
9時過ぎころから すっかり良い天気になりました


今日も 東京フォーラムのラ・フォル・ジュルネにお出かけです 

コンサートのタイトルは

イギリス・バロックの自然~テムズ川の舟遊び

rb0


皐月の舟遊びは きっと気持ち良いでしょうね!

ヘンデルとジョージ1世も こんな風に水遊びを楽しんだのでしょう


ということで 演目は ヘンデルの水上の音楽 

カンマーアカデミー・ポツダムという 管弦楽グループが奏でます

rb1

誰のチョイスかは 言わずもがなですね(笑)

ヘンデルは 毎年クリスマスにお世話になっていますから
馴染みもありますし

はい とても心地よいメロディーですが
書き手にはちょっと モノタリナイ(苦笑)


それにしても 会場は連日大賑わいで
ラ・フォル・ジュルネも GW行事として すっかり定着しましたね


さて 夕暮れまでには まだ時間があったので
三菱一号館美術館で開催されていた企画展を観ようと 歩いて行きましたが

rb2

残念ながら入館に30分待ちの行列

今日は美術館前の広場の緑を楽しむに留めました

rb3


ということで 今日も明るいうちから ビールを楽しもうと

フォーラムの前にある 
いきつけのベルギービール屋さんに目的地を変更(苦笑)

rb4


最近 巷では 空前のIPAブーム

よく行くクラフトビール屋さんでは 週末にはIPAの生ビールの樽が
あっという間に空になってしまうそうです!

IPAは 以前ブログに書きましたが
要するに ホップが沢山なので苦くて ちょっと柑橘系の香りがして
癖がある上面発酵のエールビール


主にアメリカで広まり人気が出たので
エールとは趣が異なる伝統があるビール大国のベルギーでは

IPAなんて アメリカの田舎者が飲むビール

というスタンスかと思っていたのですが

あにはからんや なんとベルギーにも IPAがありました!

rb5


うひゃ~ 今やIPAは 世界を席巻しているのですね!

あ これは前回のときの写真で 今回はIPAは頼んでいません
そんなにたくさんは 飲んでいませんからね(苦笑)


書き手もIPAは大好きですが なにせ天邪鬼ですから
世間さまがIPA一辺倒だと 
なんとなく 斜めに構えてしまう(苦笑)



そんな天邪鬼の目に留まったのが
ドラフトビールを注ぐポンプの真ん中にあった

修道女の指に鳥がとまっているデザインのビール

rb6

ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ

ブルゴーニュ地方の地ビール屋さんが作ったビールで

ローストしたモルトと 苦味の軽いホップで下面発酵させて
そのあと何ヶ月もオーク樽で寝かせて熟成させています

rb7

このビールの樽ナマが 期間限定で供されていましたが
オーク樽のタンニンが フルーティな香りをつけているそうで

確かに 口に含むと 甘酸っぱい!


こんな風味のビールは 今までに飲んだことがありません

面白い!

まさに今をときめくIPAとは 正反対ともいえる味わいです


バーテンダーさんに 面白いビールですね! と うかがうと

そうなのですよ どちらかというとレッドビール系ですね とのお答え


そうか レッドビール か、、、


ベルギービールは
ヒューガルテンなどの白ビール シメイなどの修道院ビールが有名ですが

オーク樽で熟成させた 
乳酸菌と酢酸菌の作用でフルーティで酸味のある味わいに仕上がった

赤褐色の色をした レッドビールと称されるタイプがあります


もともとベルギーには ランビックビールという
空中に浮遊している野性酵母を落下させて発酵させた
酸味のあるユニークなビールがありますが

どちらかというと その酸味に近い味わいでしょうか?


これまで あまりレッドビールを飲んだことはありませんでしたが
意外に美味しいことを 改めて認識しました


ということで

スコッチエールにランビックビールをブレンドして
オーク樽で半年以上寝かせたという

ブルゴーニュ・デ・フランドル もいただきました

rb8

こちらも甘酸っぱいのですが もう少しコクもあって 美味しい!


うーん ベルギービールの奥は深い!

トラピストビールを何種類か飲んで
ベルギービールをわかったような顔をしているようでは
まだまだ勉強不足ということですね(笑)


それにしても オーク樽ねえ、、、

最近よく思いますが 樽の力は大きいです!


ということで 勉強すべき新たな課題をいただいて(?:笑)
店を出て 良い気持ちで丸の内界隈をお散歩しました

冬はイルミネーションがきれいな仲通りも 新緑の装いです

rb9


今日は暑いくらいで 紫外線も強烈でした

rb10


美味しいビールをいただいたおかげで
書き手の脚も ずいぶんと長くなっていました(笑)

rb11



 

2016.05.03更新

書き手は新しもの好きなので
オープンして1か月余りの人気スポットに GWの1日 早速行ってきました

数寄屋橋交差点 SONYビルの向かいにできた 東急プラザ銀座

ght1


江戸切子
をイメージしたデザインだそうです

先日決まったTOKYO2020のロゴの市松模様といい
最近は 江戸の小粋なデザインがブームのようで
書き手は なかなか良いと思っています


11階からエスカレーターで屋上に上ると オープンエアー!

ght2


銀座のど真ん中でブルーアワーの薄暮の空を見上げるのも なかなか素敵です!

4丁目の交差点 和光の時計や三越が こんな風に見えます

ght3


かなりの人で賑わうレストラン街をぶらぶらしていたら
とあるお店の軒先に こんなポスターを発見!

ght4


このキャッチコピーも
お昼の日の部分が お日様になっているデザインも 素晴らしい!(笑)

ということで 左利きはこのポスターに心惹かれて(苦笑)
昼呑みならぬ夜呑みですが 銀座はなたれ さんの暖簾をくぐりました


このお店は 横浜の居酒屋さんがオリジンで
三浦半島の漁港や農家さんと直接お付き合いされているそうで

生シラスや 鎌倉野菜が とても美味しい!

ght6


生シラス 久し振りにいただきましたが すごく美味!!

ght5

 

お酒は 地元の神奈川や東京の日本酒がありました

ght7

お酒メニューの 右下の味わいマップ がとても参考になります

書き手は右上の分画に位置する
芳醇で香りが複雑なタイプの日本酒が好みです!


屋守
と書いて おくのかみ  なんと東京は東村山の蔵元だそうな

ght8


純米中取り無調整生

中取りとは もろみの絞り汁の最初の部分を除いた いちばん味わいのある部分
無濾過だから 雑味が濾されておらず 芳醇そのもの
火入れなしのだから 口に含むとわずかに発泡感も感じます

美味しい!

東京の地酒は 奥多摩の澤乃井しか知りませんでしたが
東村山にも こんなに美味しいお酒を造る蔵があるのですね

ちなみに 瓶の裏側には こんなオシャレなデザイン

ght9

屋守 だから ヤモリ!(笑)


このお店は 明治創業の横浜のお茶問屋さんとコラボされていて

着物姿のお茶屋さんの方が 目の前で抹茶を点ててくれて
焼酎の生抹茶割りを作ってくれます

ght10


点てていただきながら 抹茶の旨味 について教えていただきました

お茶の木は 土地に含まれる窒素を吸収して
葉に テアニンというグルタミン酸の誘導体として保存していて

このテアニンが お茶の旨味成分になるそうですが

日光に当たると テアニンが フラボノイドのカテキンに変化するそうです


カテキンは ポリフェノールを含み お茶の渋味のもとになりますが

抹茶の葉を収穫するときは 
テアニンがカテキンに変化して 旨味が渋味にならないように
収穫前の2週間ほど布をかぶせて遮光するそうです

ght11

日本人なのに 知りませんでした~!(苦笑)

あと アミノ酸が日光を浴びてポリフェノールになるのも 面白い!


うーん やっぱり飲み屋のカウンターは 勉強になります!(笑)


〆のシラス丼をいただいたら どんぶりの底に ごちそうさま を発見!

ght12

 

遊び心を満喫できるお店でした!!


 

前へ

entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら