左利き肝臓専門医ブログ

2018.12.10更新

朝6時過ぎの東京駅新幹線ホームは まだ暗くて寒いです

osfg01

先週日曜日 6時30分東京発ののぞみで大阪に向いました

osfg02


大阪には1か月前に文楽を観に行きましたが
今回はちゃんとお勉強です

内科学会主催の学術講演会「内科学の展望」

osfg03


この学術集会は 年に1回 トピックなテーマで開催されますが
書き手はこれまで参加したことはありませんでした

でも今回のお題は 書き手が好きな免疫・炎症絡みだったので
専門医の点数取得も兼ねて大阪まで勉強しに行った次第です

専門医を維持するためには こうした講演会や学会などに参加して
5年間で一定以上の点数をとらないといけないのですよ


会場にはこんなポスターが貼ってありました

osfg05

大阪万博決定 おめでとうございます!

タクシーの運転手さんに
1970年の万博に当時小学生だった書き手は行きましたよ
と話したら とても驚かれました(笑)

osfg20


講演会はとても面白かったです

免疫 炎症という視点から
アトピー性皮膚炎 気管支喘息 関節リウマチ といった疾患
書き手が専門の肝臓 消化器病
糖尿病専門医さんが専門の糖尿病 生活習慣病
など全身にわたる幅広い病気について横断的に最新の知見が紹介されて
とても勉強になりました

osfg04

日々の診療では
ともすれば自分が専門の臓器の病気について視野を狭めて診がちですが

免疫や炎症というさまざまな臓器に共通して起こる現象を考え
全身の臓器代謝ネットワークをイメージしながら
個々の臓器の病気を診ていく

というアイデアは とても大切だと思います

また皮膚の病気やリウマチなどの専門外の病気について
最新の病態の考え方や治療について学べたのも有意義でした

一生懸命ノートをとってきたので(笑)
勉強になったことは またブログで紹介したいと思います


ランチにいただいた きざみうどん

osfg06


関西ならではのお味で美味しかったです!


で 講演会は15時半に終わったので
6時30分ののぞみには乗られなかった(笑)糖尿病専門医さんと合流して
せっかく大阪に来たのだからということで 年に一度の贅沢をしました

日曜日の16時頃からやっているお店はなかなかありませんでしたが
ネットで調べて梅田のとあるお店に

お店に行く途中には こんなお店もありました

osfg07

前回のブログで“でんがな”と書いたら
大阪出身スタッフに「そんなこと言うのは吉本とさんまだけです!」
と言われましたが でんがな あったよ!(笑)

で スタッフさんにこの写真を見せたら
反応されたのは「でんがな」でなく「どて焼き」でした!

「先生 どて焼きって知ってますか?」

さすが ジモピーは反応するところが違います(笑)

書き手は不勉強で知りませんでしたが
どて焼きは 関東で言うもつ煮込みなのだそうです

osfg07a

でも なんで煮込みなのに「焼き」なの?
関西ワールドは奥が深いです!


さて 路地の奥まったところにあるお店は こんな感じの雰囲気のあるところ

osfg08

カウンターに吊り下げられているものを見れば 何のお店かわかりますね(笑)

はい 大阪だから てっさ てっちり です!


まずは 湯引き

osfg09

こんなに大きな器でたくさんの湯引きを食べたのは 生まれて初めてです!


てっさ

osfg10

東京ではあまりお目にかかることがない(笑)
お皿が透けて見えない肉厚のてっさに感動です!

歯応えがあって 美味しかった!


そして てっちり

osfg11

アラ身も正身も とっても肉厚!
プリプリとした食感がたまりませんでした


立派な

osfg12

これも東京で見たことはありません
お鍋に入れると ゼラチンがとろけるようで美味しかった!


お店の方に
東京ではフグはとても贅沢品のイメージで
僕らは年に1回くらいしか食べませんとお話ししたら
びっくりされてしまいました(笑)

大阪ではもっと日常的に楽しまれるそうです


あ こんなものも いただいてしまいました

osfg13

オイチカッタ!(笑)


頭もお腹もいっぱいになり 満足した帰りの新大阪駅で
大阪出身スタッフが勧めてくれたチーズケーキを
スタッフのお土産に買いました!

osfg17
osfg18

あまり甘くなくフワフワとした食感は初めて!

osfg19


糖尿病専門医さんがチーズケーキのお店で並んでいる間に
書き手はこんなものを見つけて喜んでいました

osfg14
osfg15
osfg16

どれかひとつ 買ってくればよかったかな?(笑)

 

 

2018.11.26更新

久し振りにシュングルマンさんに行きました

sgb01

お肉にこだわるお店で こんな”お肉てんこ盛り”が有名です

sgb02

このプレート
隣のテーブルの肉食女子3人チームが楽しんでおられましたが
かなりの迫力でした!(笑)


でも 書き手たちは定番を頼まず 想定外のものをいただくことに

だって メニューにこんなリストを発見したのだもの!

sgb03

食材に秋を感じる ジビエ!

4本足シリーズは 鹿 猪 熊

2本足シリーズは 雷鳥 鳩 ウズラ 鴨 シギ

うひゃー まさにジビエなラインアップ!


3人で行ったので 鹿 猪 熊 を全部トライしようと思いましたが
お店の方から ボリュームがすごいので2種類にしておいた方が無難ですよ
とアドバイスされました


まずは バーニャカウダ

sgb04

野菜が新鮮で美味しかった!


そして 馬肉のタルタル!

sbg05

見た目はきれいですが しっかりと生馬肉なのですよ!

sgb06

少しマスタードの効いたソースで和えてありましたが
コリコリとした食感 生々しい舌触りもあって
おー しゃれた馬刺し! という感じ(笑)


そして 

sgb07

よなよなエールのIPA・インドの青鬼で煮込んであるそうで
IPA好きの書き手は それだけで魅かれます!(笑)

sgb07a


見た目は豚の角煮のようですが まあ猪も豚も親戚ですからね(笑)

猪というと 以前にぼたん鍋をいただいたことがあり
ちょっとワイルドな肉の香りが気に入りましたが

sgb07b

今回は意外に匂いがありませんでした
ビールでしっかり煮込んでいたからでしょうか?

sgb08

外観だけでなく 味わいも豚に近い感じがしましたが
豚よりもしっかり噛み応えがあって 脂身に味があって美味しかった


合わせたのは 南西フランス・ラングドックの赤ワイン

ボルドーやブルゴーニュのお上品ワインだとジビエに負けてしまいますが
スパイシーで濃い味わいのラングドックなら 素敵なマリアージュ!

sgb08a


そして ヒグマ!

sgb09

一見 大きなハンバーグのように見えます

熊をいただくのは初めてです!

マタギになった気分?(笑)

sgb09a


で カットすると断面はこんな具合

sgb10

意外にパサパサした食感で 脂はほとんど感じません

なんだか「肉の塊!」という感じで 歯応えがしっかりとあり
口の中で噛みこんでいくうちに
控えめだけれどしっかりした旨味がジワジワと滲み出てきます

sgb11

牛や豚とは 食感も味も全然違っていて
”おー ジビエしています!”という実感に溢れました(笑)

これまで味わったことがある 鹿や鳥類などの他のジビエと比べて
よりワイルドな感じがありました!


しっかりとジビエをいただきましたし
食後酒ビギナーの方もいたので
お勉強も兼ねて 消化のためにダイジェスティフ!(笑)

sgb12

右から

サッシカイアのグラッパ エレガント!

ラフロイグ 懐かしい海の潮の香り!

熟成ポート いつも思うのですが ミリン ですね(笑)

あと 酔っぱらって写真を撮るのを忘れましたが
ラフロイグとの飲み比べで マッカランもいただきました(苦笑)


良い気分でお店の外に出ると
霜月の満月の夜は冷えていましたが
ジビエのおかげで 体が暖まった感じがしました

sgb13


で いつも賢い糖尿病専門医さんは
寝る前に胃薬をちゃんと飲まれたそうですが

酔っぱらいの書き手はもちろんそんなことはせず
翌朝 胃もたれと脱水で目が覚めました

ダイジェスティフを勉強された方は
朝起きたら 胃の中にまだ熊がいらしたそうです(笑)

しこたま飲んだダイジェスティフの効き目はなかった?(苦笑)


ところで 馬もジビエ?(笑)

 

2018.11.09更新

国立文楽劇場のすぐそばに 黒門市場がありました

大阪の台所と呼ばれる有名な市場ですが 一度も行ったことがなく
文楽が始まる前に少し時間があったので見学に行きました


入口はこんな感じ

kmi01

アーケードの上を向くと あちこちで巨大な魚が空中遊泳しています

kmi02
kmi03

うーん 独特の雰囲気だなあ!(笑)


祝日だったせいか 大勢の観光客でにぎわっていて
中国などアジア系の方がたくさんおられました

kmi04


お店のデコレーションも 派手でシュールな感じ

kmi05

店員さんが名物のタコ焼きを 一生懸命に焼いていました

kmi06


大阪の方は タコがお好きなのかな?

kmi07


天井にも巨大なタコ!(ちょっとグロテスク?:笑)

kmi08


ぬいぐるみも もちろんタコさん!

kmi09


エビも タコに負けずに空を泳いでいます!

kmi10


クジラの食文化も 関西発なのかな?

kmi11


爆弾ホルモン! いかにも大阪!という感じがします

kmi12

どんな味がするのかな?


フグ屋さんが多くて
さすがは「てっさ てっちり」の食文化の地ですが

kmi12a
kmi12b

最近は中国の方の間でフグが大人気で
こんな風にお店の脇に臨時に設置された簡易テーブルで
買ったフグをてっちりで食べられるそうです

kmi13

でも タクシーの運転手さんが言われていましたが
そのせいで最近はフグの値段が上がってしまい迷惑だとか

色々ありますねえ


あ ちゃんとネコもいました(笑)

kmi14


文楽が終わったのが夜の8時過ぎだったので
最終の新幹線で帰京しましたが

新大阪駅構内のフードコートで 大阪グルメしてきました!


まずは 串揚げ

kmi15


これが有名なお作法 二度漬け禁止 ですね(笑)

kmi16


初めていただきましたが 意外にあっさりしているのですね

kmi17

なんだか おやつのような感じでした


そして車内に持ち込んだのは お約束のこちら

たこ喰いなはれ!

kmi18


芝居 浄瑠璃 いも たこ なんきん なの?

関東では女の子が好きなのは
いも くり かぼちゃ ではないかな?


やはり キーワードは コテコテ?(笑)

kmi19


少し冷めてしまいましたが 美味しかったです

kmi20


でも 個人的には明石焼きの方が好きかな


浄瑠璃もタコも楽しんで
束の間だけれどディープだった(笑)大阪体験でした!

あっ 大阪出身スタッフがお勧めの「冷やし飴」を飲むのを忘れた!(笑)

 

2018.10.12更新

京都の老舗料理店の三代目 高橋拓児さんが語られる
和食のだしの香りの話題を続けます

ここで香りと記憶」の関連に話が進みます

プルーストのマドレーヌの話でも紹介したように
香りと記憶は とても密接な関係にあります

dasi11


香りが記憶を呼び起こす

だしの香りが幼い頃の懐かしい記憶が蘇らせるのは
香りが記憶をつかさどる海馬を刺激するから


dasi12
dasi13


また 匂いの刺激は
扁桃体に伝わって情動を刺激して 快不快の感情を引き起こします


dasi14a


つまり
脳の中の最も人間らしいエモーショナルな部分に 直接働きかけている

視覚や聴覚からの情報は
大脳皮質を経て 海馬や扁桃体に伝わりますが

嗅覚からの情報は 直接 海馬や扁桃体に伝わる

これがいちばん大きな違いで
それだけ嗅覚が記憶や情動に働きかける力が強いということです


dasi15


そして 香りは海馬を経て大脳皮質で記憶として蓄積され
またその香りを嗅いだ時に記憶が蘇るのです

つまり 
香りを楽しむことは
脳の奥にしまい込まれた記憶をたどる旅でもある

dasi16
なるほど~


高橋さんと聞き手の佐々さんは さらに敷衍します

だしの香りを楽しむことは だしそのものの記憶をたどる旅でもある

だしの素である昆布や鰹が育ち
収穫されたそれらを原料に 長い年月を経てだしが完成するまでの
時間の経過によって蓄えられた森羅万象の記憶が
香りによってひもとかれる

さらに 人を惹きつけるその香りは
人類に進化する前の祖先が海の中に暮らしていた頃に
由来するのかもしれない

香りを嗅ぐという行為は
進化の過程で先祖が身につけてきた「美味しい」という記憶の扉を
開ける作業でもある

dasi17

そういわれてみると
確かにだしの素は 昆布や鰹といった海の栄養素の塊ですね

それにしても だしの香りについてそこまで深く掘り下げますか
凄いですねぇ、、、


視覚優位の現代社会における 香りの立ち位置 

についても話は及びます

現在は さまざまな技術進歩で便利になったけれど
圧倒的な視覚優位の生活の中で
なぜか生きている喜びから遠い場所にいるのに気づくことがある

dasi20

それはひょっとすると
香りによって立ちあげる世界と切り離されているからかもしれない

香りを嗅ぐという行為は
しばしば受け身であり 意識されることがないけれど

しかし ひとたび香りに意識を向ければ
そこから立ち上がる世界は われわれが思うよりずっと深い

dasi21

うーん 深いけれど なんだか香り礼賛になってきました(笑)



最後に にほひ について言及されて興味深いインタビューは終わります


高橋さんは 能も嗜まれるそうですが

能には 日本人の香りに対する感性が色濃く表れている 

と指摘されます

能の達人は
扇一枚でその場の空気そのものを動かし
舞台から去っても その人の存在が色濃く残る

それを人は「にほひ」と呼ぶ

能独特の この世ならぬものの気配すら表す「にほひ」は
日本人が大切にしてきたものだとか

dasi18



それは 料理を作るときの心構えでもあるそうで

料理の背後に
目に見えない 音に聞こえないが 確かに存在し気配がする
そんな料理人でありたい

と語られます


うひゃ~ 格好良いですね!


にほひ かあ

古語辞典を紐解くと

美しい色合い 色つや つややかな美しさ
魅力 気品
香り
気分 余情

といった 懐の深い言葉が並んでいます

dasi19


和食のだしの香りから
「にほひ」という情緒豊かな古語にたどり着くなんて!

いつか京都の高橋さんのお店で お椀をいただきたくなりました!

 

2018.10.08更新

香水香道の話題が続いたところで
香りについて  少し異なった視点から書かれた記事を読みました

和食のだしと香りの関連

ミシュランの星を持たれる京都の老舗料理屋さんの三代目の
高橋拓児さんが語られています

dasi01


高橋さんは

和食の真髄は椀であり
椀を開けることは そこに華やかな舞台をつくり出す演出でもある

蓋を開けた途端に 白い湯気が立ち上がり だしの香りがほのかに広がる

開けてから食べ終えるまでの 儚い芸術作品のようなものだ


と言われ

dasi02

その椀の決め手となるのが 香り高いだし

と指摘されます

dasi03

ああ~ なんだか想像しただけで 口内に唾液が出てきそうです(笑)


ちなみに 香りと最も密接に関係しているのは湿度
香り成分が空中の水分と結びついて空気中にとどまるから だそうで

冬は乾燥していて湿度が低いので
椀の口は狭く比較的背の高いものが選ばれる
これによって少しずつ香りが立つように工夫されているとか

dasi04

うーん いきなり 奥が深いですね!


高橋さんが感じるだしの香りのイメージは 自然そのもの

森羅万象の複雑な香り かすかで落ち着いた 大地に近い香りが 
だしの味わいを引き立たせる

dasi05

幽玄かつ大地に還るイメージがあることから 輪廻の思想を連想させる

こうした香りも
我々の死生観を生み出す土台になっているのかもしれません

dasi06


プロはそこまでイメージを極められるのですね!


そして 高橋さんはちょっと苦言を呈されます

最近は 味つけの濃いものをおいしいと思う人も増えていて
そうなると素材本来の香りを楽しめなくなってしまう

料理人も客が喜ぶものを作った方がいいので
その人に合わせて料理をお出ししますが
それでは本当においしいものを味わう機会を失ってしまう

本物をもっとお客さんにも知ってほしい

うーん なにかと醤油や塩をかけたがる人には
耳が痛いお話です(苦笑)


ここで 秀逸なインタビューアーの佐々涼子さんが話を少し転がします

香りというのは
とらえどころがなく うまく説明できないものも多い

味覚は 甘い 苦い 酸っぱい 塩辛い 旨い の五味
視覚は 赤 黄 青の3種類のグラデーション
といった基準により 人は比較的明確に認知していますが

嗅覚はもっと複雑で

例えば 五感に関する受容体の遺伝子の数は
視覚では10個ほど 聴覚ではもっと少ないのに対し
嗅覚は1000個ちかくもあると言われています

dasi08b

また 嗅覚を感じる受容体は400種類もあり
一般の人でも約1000種類もの匂いを嗅ぎ分けることができ

プロの料理人にいたっては
約一万種類の匂いを嗅ぎ分けられる可能性があるそうです


だから逆に
香りは 人によって感じたり 感じなかったりと
かなり個人差があるそうで

香りの評価 特に美味しさとの関連については
個人が経験により培ってきた感性が重要な役割を果たすとか

高橋さんは
料理人として香りのエキスパートになるなら 本気でやって15~20年
それでもまだまだでしょうと言われます

うひゃ~ 修行の道は厳しいですね!

dasi09


話が長くなりそうなので 次回に続けます

 

2018.08.06更新

江戸時代は 寿司といえば 屋台

ちょっと小腹がすいたときに立ち寄り
立ったまま 好みのネタをササッとつまんで 長居せずに立ち去る

これが江戸っ子の 粋な寿司の食し方

oos01

などとウンチクしてみせても
書き手は 立ち食い寿司は未経験でした

築地あたりには何軒か
屋台ならぬ立ち食い寿司屋さんがありますが

なんとなく落ち着かない気がして 暖簾をくぐったことがありません


しかし 京橋にできたエドグランに 立ち食い寿司のお店がオープンして

tgs02

なんとなく雰囲気が良さそうなので
人生初の 立ち食い寿司体験をしてみました


いちばん魅かれたのは 宣伝に書かれている

「お好きなネタを お好きなだけ」

という文言ですね

tgs03

ネタの値段が表示されていないお寿司屋さんで
カウンターでお好みでお寿司をいただいているときは

懐具合も気になって
お好きなネタを お好きなだけ という平安な気分には
なかなかなれないものです(苦笑)


でも 立ち食い寿司屋さんでは ちゃんとネタの値段も表示されていて

tgs04

注文すると 職人さんがササッと手早く握ってくださるので
お好きなネタを お好きなだけ を楽しめます

こういうのが 立ち食い寿司屋さんのいいところですね!



書き手が大好きなネタは ヒカリモノ

tgs05


なかでも は大好物です

tgs06

以前に 鰯の炭火焼や 鰯料理専門店の話題も紹介しましたが
お寿司でも まず鰯を頼みます

そして をいただいて

tgs07

また鰯

それこそ お好きなネタを お好きなだけ の実践です(笑)


貝類も好物です

tgs08

ホッキ みる貝 赤貝 とり貝、、、

あ すみません 安いネタばかりで

tgs09

ウニ とか 大トロ とか そういうネタを注文した方が
お店にとっては 良いお客さんですよね(苦笑)


ちょっと脂の強いネタを食べたくなったら エンガワ

tgs10

美味しいです


お腹がいっぱいになってきたところで
お品書きに面白い名前のネタを発見しました

おじさん

はっ? そんな魚の名前 聞いたことがありません


板さんにうかがうと ヒメジの仲間の 白身魚とのこと


oos11


アゴ髭が伸びていて なんとなくおじさん顔なので
こんな面白い名前がついたそうです

tgs12


握っていただくと
コリッとした食感があり そこそこ脂ものっていて美味しかったです

tgs13

オヤジ おじさんを食べてしまいました(苦笑)


そして 〆はやっぱり ですね!

tgs14

いったい 鰯を何カンいただいたことやら

立ち食い寿司 なんとなく はまりそうです(笑)


そういえば 立ち食い蕎麦屋さんはあるけれど
江戸時代に三大立ち食い屋台の一角を占めていたといわれる
立ち食い天ぷら屋さんは ありませんね

oos15


さすがに天ぷらは
ファーストフードという感じはしないのでしょうか?(笑)

2018.06.08更新

NHKのステーキ番組を紹介したときに
アメリカ フランス アルゼンチンなどの
ステーキの焼き方事情を説明しましたが


世界の牛肉がどんな味がするか が

炎の牛肉教室! という講談社現代新書に書いてありました

hgk01


まず 日本の牛肉事情についてご紹介

日本で消費されている牛肉で 国産牛が占める割合は
なんと半分以下の40%に過ぎません


hgk02


60%が輸入肉で
オーストラリアが57% アメリカが35% ニュージーランドが4%

だそうです

どうしてこういう事情になっているかというと
国産牛に比べて輸入牛は 圧倒的に安いから!

価格はなんと 1/5らしい! (知りませんでした)


hgk02a


では 最初に アメリカンビーフ

hgk03


日本人は USビーフが大好きだそうで

その理由は
アメリカの牛さんが トウモロコシを食べているからだそうです

hgk04

アメリカンビーフというと
霜降り和牛と比べると赤味が強いイメージがありますが

トウモロコシを餌にすると 適度にサシが入りますから
それで日本人に人気があるのかな?

実際に オージービーフやフランスのお肉に比べると
アメリカンビーフは サシの入りが多いとか

hgk06


でも 筆者の畜産ジャーナリストの山本謙治さんは

アメリカのドライエイジングしたお肉は
柔らかいうえに 香りやフレーバーが素晴らしいけれど
肉の味そのものは 日本のお肉のほうが上ではないか?

と指摘されます


そもそも お肉の味が薄いのではないか?
だからバターをたっぷり使って焼くし

hgk07

意地悪な見方をすれば
味がないから エイジングさせるのでは? と


どうして 味が薄いかというと

日本の牛さんは 25~30ヵ月で市場に出されるのに対して

アメリカンビーフは 20~22ヵ月と
より若い時期に出されるので
まだ 味わいと香りが蓄積されないのでは?

と推測されています


で アメリカの牛さんが若くして出荷されるのには
ちょっとした裏話もありまして

それは 肥育ホルモン

要するに薬を投与されているので
20ヵ月くらいから急激に体が大きくなって 出荷できるようになる

hgk08

アメリカの牛さんの90%以上は肥育ホルモンを投与されているそうで
その安全性はお墨付きなのだそうですが

再度 そんなこと 知りませんでした!

なんとなく 肥育ホルモンとか言われると
えーっ? と思ってしまいます


ということで 

アメリカでステーキを食べたことは何回もあり
確かにバターがしつこいと思ったことも少なくありませんが

でも 味が薄いと思ったことはなかったです

どうなのでしょうね?

味覚オンチには わからないかな?(苦笑)



で 次は オージービーフ

オーストラリアの牛さんは 日本の牛さんとは
全く異なる環境で育っているそうです

狭い牛舎で過ごす日本の牛さんと異なり
オージー牛さんは 広大な草原で のびのびと放し飼いにされているそうで

hgk09

しかも 食べている餌が 100% 草だけ

hgk09

草だけで育った牛は グラスフェッドビーフ と呼ばれますが

特に 本土南部やタスマニア島で 高品質の牧草だけを食べて育った牛は
バスチャーフェッドという 高品質なビーフとされているそうです

トウモロコシなどは いっさい食べていないので
サシが全く入っていない ピュアな赤味肉

hgk11


すがすがしい香りがあり しっとりとしていて
赤味のうま味がたっぷりある

決して軟らかくはないけれど
じっくりと噛めば噛むほど 旨さを感じられる

食べていて 脂っこさは全く感じず
実に健全なタンパク質を摂取したぞ という喜びを感じる


うーん 聞いているだけで よだれが出てきそうです(笑)

それにしても ステーキを食べて
すがすがしい香りなんて 感じられるのですね
びっくりです!

ちなみに 出荷の時期は 日本と同じく20~40ヶ月だそうです


オーストラリアの南部の土地では 1年中豊かな牧草が生えているので
こんな贅沢な牛の飼い方が出来るのだそうです

そして 1年中 放牧なので 飼育にお金がかからない

1頭1頭手間ひまかけて飼育する和牛と
たくさんを放牧して育てるオージービーフの 価格差が大きい理由は
この飼育に要するお金の差によるところが大きいそうです


オーストラリアには 出荷前の100日間に限り穀物を与える
グレインフェッドという牛肉もあるそうですが

hgk12

グラスフェッドとグレインフェッドを食べ比べると

グラスフェッドの方が よりサシが少なく
断然 味に深みがありリッチで 良い香りがして 食感も軟らかく

hgk13

食べ比べた人は誰しもが グラスフェッドに軍配を上げるとか

うーん グラスフェッド 食べてみたくなりますね!


それにしてもお肉の味って
飼料によって そんなにも変わるものなのですね


個人的には
グラスフェッドとグレインフェッドの食べ比べに とても興味があります

hgk14

どこかのレストランで やってないかな?


2018.05.28更新

とある休日 今日の夜は外食しようか ということで

銀座のキラリトの7階にある  バーンヤード という
カリフォルニア料理のお店に行きました

gnb01

どうしてこのお店かというと
HPを見たら 気になるメニューがあったのですよ!

それは ガンボ!

gnb01a


読み手の皆さんは ガンボをご存知ですか?

ガンボは アメリカ南部 ルイジアナを中心とした地域の郷土料理で

濃いスープ 肉または甲殻類 とろみ成分
そして「聖なる三位一体」と呼ばれる 
セロリ ピーマン タマネギといった具材からなります

具材いっぱいのスープを お米にかけて食べます

とろみは なんと オクラが使われることもあります


書き手が初めてガンボを食べたのは
昔 学会で訪れた ジャズの街 アメリカの ニューオリンズ

gnb02

お米の料理が恋しくなって ホテルの人に聞いて
ガンボが売りのお店に  食べに行きました

gnb03

南部の雰囲気漂う なかなか良い雰囲気のお店で

gnb04

注文して出てきたのが これ

gnb05

カレーのような濃い色のスープ 具材はチキン
真ん中には お子様ランチで出てくるような 型取りされたライス

日本のお米とは異なる パサパサした細長いインディカ米です


食べると 意外にスパイシーで コクもあって 日本人の口に合います!


ということで ニューオリンズ滞在中は ガンボ三昧
色々なお店で ガンボを楽しみました

小さなカップで出てくるお店もあれば

gnb06


2種類のソースが一度に楽しめるお店もあり

gnb07


ファストフード店でも プラスチックの容器で ガンボを楽しめました

gnb08


そして それぞれのお店で 味が微妙に異なる

お店の方に聞くと
ガンボは 日本のお味噌汁のような家庭の味で
お家によって お店によって それぞれ味が異なるそうで

まさに 地元のソウルフードなのですね


そもそも ガンボができた歴史を紐解くと

18世紀 アメリカ南部がフランスやスペインの植民地だったころ

gnb09a


(アメリカというと イギリスの植民地 というイメージが強いですが
 フランスやスペインも しっかり新大陸に植民地を持っていたのですね!)

宗主国フランスのブイヤベースに  現地で獲れた魚介類や野菜が使われ
さらに アフリカから連れられてきた奴隷が持ち込んだオクラが加えられ
独特のとろみを持った一品が出来上がったとか

まさに クレオール料理 です


クレオール  とは

ヨーロッパ諸国が  新大陸の国々を植民地として治めていた時代に

現地で生まれ育った人たちが
自国の習慣や文化と 宗主国の習慣や文化を うまく良いとこ取りをして
独自の新しい文化を築き上げたことで

ガンボはまさに
アメリカ フランス 
そして連れてこられた奴隷の故郷のアフリカ

それぞれの食文化がミックスして出来たものです


書き手は クレオール文化や料理に とても興味があります

学生の頃 今福竜太さんが書かれた クレオール主義 という本を読み
その成り立ちや文化に とても興味を持ちました

gnb09


自分のルーツの文化を大切にするという ぶれない姿勢と
宗主国の文化の良いところは取り入れようというフレキシビリティに
いたく感心したものです


そして クレオールの女性は きれいな方が多い!

gnb10

そこも 書き手がクレオールに魅力を感じる大きな原因かもしれません(苦笑)



ということで 久々に味わうガンボ
日本でガンボが楽しめるとは 思ってもいませんでした

しっかりと 聖なる野菜もシーフードも たくさん入っています

gnb11


お米は インディカ米ではなかったようですが
黄色い穀類が入っていて 独特の味わいを出していました

gnb12


最初にご飯をとって 具材を載せて たっぷりとスープをかける

gnb13

美味しいです!

もうちょっと スパイシーでも良かったかな?(笑)

汚い写真で申し訳ありませんが しっかりと残さずに いただきました!

gnb14


クレオールに思いを寄せながら 美味しくいただけて
とても幸せになったディナーでしたが

あ とろみにオクラを使っていたのか お店の方に聞き忘れました!(笑)


 

2018.05.07更新

最強の牛肉 頂上決戦

最後の対決は お肉の焼き方 レアとウエルダンの比較です


書き手は レア ミディアムレアが好みですが
ウエルダンのように よく焼いた方が美味しいと言われる方も
かなりおられますね



で 対決の舞台となるのが 前回と同じ フランスとアルゼンチン


レアの本場は フランスです

フランスでは ステーキといえば レアだそうです


お店の黒板に書かれたメニューには こんなことが書かれています

おいしい肉はレアで レア以外はおいしくない

sks52

スゴイ徹底ぶりですね!(笑)


でも お客さんのコメントは もっと辛辣!(笑)

ウエルダンなんて 厚紙を食べるようなものさ

sks53

あんなの 靴の底よ!

sks54


驚いたことに
レアには セニョンとブルーの 2種類があるそうです

sks56


セニョンは 日本のレアに近い

sks57

表面だけ焼いて 中は余熱で火を通した程度で
肉本来のおいしさが味わえます


ブルーは セニョンよりもっと焼かない

表面を 軽くあぶるだけで 中は限りなくナマ

sks58

セニョンより よりピンク色が強い

野性味あふれる焼き方で 日本では目にすることは少ないとのこと


書き手はアメリカのステーキハウスで お店の方から

良いお肉を食べるときは ブルーがいいよ

とアドバイスされたことがありますが
臆病なので まだ試したことはありません(笑)


おいしい肉は ブルーかセニョン それ以外はおいしくない

sks59

またしても お店の黒板に書かれています(笑)


強火で30秒 

肉の表面全体をさっと焼き 旨味が逃げ出すのを防ぐので
レアで焼いたお肉は 肉の甘味 香りが味わえます

sks60


そして フランスお得意の熟成肉だから レアで食べる

熟成肉は 焼きすぎると うま味が全てなくなってしまうのです

sks61




一方 ウエルダンの本場は アルゼンチン

レアは邪道 中まで火が通っていないとダメ

sks62

血が滴っているのはダメだね

sks63

こちらも徹底しています(笑)


さて ウエルダンも 3種類あるそうです

sks64


なかでも 一番人気のコシードは 最も火が良く通っているもの

sks65


コシードで焼いたお肉は 香りがすごくよい

sks66

そして 血が一滴もたれず
噛みしめると 肉汁がジュワーッと広がり 旨味がすごい

sks67


よく焼くと お肉が固くなる印象がありますが
食べると それほど固くなく
ジューシーさが残っているそうです

sks68


そして ウエルダンこそが
アルゼンチンお得意の 2歳の 柔らかくてみずみずしい肉
最適な焼き方なのです

sks69


しかし ウエルダンは 実はいちばん難しい焼き方

4cmの厚さのお肉を 片面10分ずつ
火を離して 弱火でじっくりと 温めるように焼きます

sks70

レアで焼くより よほど神経を使うとか

sks71


でも 上手く焼けると
パサパサにならず 中の肉汁が失われず  ジューシーさが保てて
とても美味しいそうです

sks72



このように お肉の焼き方は
結局のところ お肉の熟成度 若さに規定されるようです


熟成肉は さっとあぶり

若いお肉は じっくりと仕込むように焼く


ベテランは すぐに仕事が出来るけれど
ルーキーが仕事ができるようになるまでには 仕込みに時間を要する

たとえて言うと そんな感じでしょうか?(笑)


書き手は
若いお肉をじっくり焼いた美味しさは 経験したことがないので
是非味わってみたいです

もちろん 合わせるのは 彼の地の濃い赤ワインですね!

sks74


これはやはり ブエノスアイレスに行かないとダメかな?

sks73

でも そうしたら タンゴも観たくなっちゃうだろうし 困ったなあ(苦笑)


2018.05.05更新

最強の牛肉 頂上決戦

続いての比較は 熟成肉 vs 若肉 です


熟女派は フランス

フランスは伝統的に ステーキといえば 熟成赤身肉

sks21


熟成とは 肉を低温で乾燥させ 1ヶ月ほど寝かせることです

sks22


前回もご紹介しましたが

こんな風に 温度 湿度が厳重に管理された熟成庫のなかで
肉塊は じっくりと寝かせられます

sks22a


肉から余分な水分が抜け
酵素の働きで肉質が柔らかくなり
その上 うまみ成分が増えてきます

sks23

香りがよく 柔らかい
甘味感を感じる
肉の芳醇な香り しっとりとした食感が味わえる

ナッツのような 熟成香も強く
これが 熟成度を測る目安にもなります


街のいたるところに 熟成肉専門店があり

sks24


ショーウインドウには
赤黒く変色した熟成肉の塊が ディスプレイされています

sks25


フランスでは 17世紀から肉の熟成文化が始まり
現代の温度・湿度管理により さらに熟成技術が向上しました

sks26

肉の熟成師 という国家資格もあるそうです


しっとりと熟成したお肉

sks27


ステーキに焼き上げると 美味しそうです!

sks28


最も熟成に適したお肉を提供するのは バザス牛

sks29

4500頭しかいません


もともと使役牛なので 肉質がしっかりしていて
野山に放って 存分に運動させ 筋肉をさらに鍛えます

sks30

牧草に含まれる良質なタンパク質が 豊富な赤身肉をつくります


発酵させたトウモロコシを飼料に加えることで
少しサシが入るので しっとりとした食感 味わいがでます

sks31


しっかりと4年間育ててから 出荷します

和牛が2歳半~3歳で出荷されるのとは大違いです


ステーキの旅で登場したパリのお肉屋さんも
4歳以上の経産牛でないと 熟成に向かないと言っていましたね


現地で味わった日本人は
本マグロのような味わいがする と言っていました

sks51



一方 ギャル派は アルゼンチンです

アルゼンチンの 一人あたりの年間牛肉消費量は 日本の10倍の60Kg

sks32


街のいたるところで 豪快に肉が焼かれています

sks32a


そんな彼の地では 肉を全く熟成させず 新鮮なまま食べます

sks33


カウボーイが 牧場で牛を丸焼きにして食べた習慣から 生まれた伝統とのこと

sks34


若いお肉は やわらかく みずみずしく 肉本来の味がするそうです

sks35


2歳のアンガス牛

とても柔らかく 水分たっぷりで みずみずしい

sks36

フランスの熟成肉とは 全く異なります


弱火で1時間ほどじっくり焼いて 削るように薄く切って食べます

sks37

コンソメのような旨味が 噛みしめるほど出てきます


塩 コショウの味付けも一切せず
肉そのものの味だけを楽しむそうです

sks38


アルゼンチンの牛を育てているのが 大草原の パンパ

日本の国土の1.5倍の広さがある 世界有数の草原地帯で
ここで 5700万頭もの牛が飼育されています

東京ドーム750個分の広さに 1000頭の牛

sks39


ライグラスと呼ばれる イネ科の栄養価が高い牧草を食べ
広大な敷地で ノビノビ運動するので 牛はストレスなく育ちます

sks40


そんな環境で飼育されているので 成長が速く
だから 2歳がいちばん美味しい

それ以上成長すると 肉質が硬くなり
もっと若いと 柔らかいだけで美味しくないそうです

アルゼンチンで若い肉が好まれるのは そうした理由があるようです


ただ 残念ながら
アルゼンチンのナマ肉を 日本に輸入することはできないので
ギャル肉を楽しむことはできません

はるか南米まで 食べに行くしかないのかな(笑)


前へ

entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら