左利き肝臓専門医ブログ

2017.10.09更新

3か月余り行われてきた ザ・ラグビーチャンピオンシップも いよいよ最終節

既にご贔屓のオールブラックスが優勝を決めていますが

最終戦は 敵地ケープタウンに乗り込んでの
南アフリカ・スプリングボクス戦

ytab01


スプリングボクスは 2週間前に57-0と屈辱的な敗戦を喫しているだけに
ラストのホームゲームで ファンに良い試合を見せたいところ


ytab02a

試合前の国歌斉唱でも いつにも増して気合が入っているのが感じられます


この試合の注目は オールブラックスのキレキレ・バック3

ウイングの  ミルナー・スカッター イオアネ
フルバックの  マッケンジー

ytab03 

マッケンジーは22歳 イオアネは なんとまだ20歳ですよ!


でも 彼等の活躍の披露の前に
書き手がご贔屓の ロックのサム・ホワイトロックをご紹介

ytab04


立派な髭だけど童顔の ホワイトロック
オールブラックスデビューの頃から注目していますが すっかり4番に定着
貫録すら漂い始めてきました

今日も グランドに転がるイーブンボールへの素早い飛び込みの連発で
しっかりとバックスにボールを供給!

ytab05
ytab06

派手さはないけれど 素敵です!


そして 今日の白眉は FBのダミアン・マッケンジー!

FBにしては175cmと身長が低いので
相手チームにハイパントを蹴られて それを処理するところを狙われるのですが
そんなの ぜーんぜん 大丈夫!

ytab07

しっかり空中でキャッチして ボールを前に力強く運びます!

そして 瞬時のスピードアップ ステップで相手マークを振り切り

ytab08

まるでバスケットボール選手のようなパスを投げて
トライをセットアップ!

ytab09
ytab10

ライブ中継を見ながら 
何度も「マッケンジー凄い!」と 手を打ちましたよ(笑)


イオアネも負けておらず
キレキレの走りで 相手の一瞬のミスを逃さず 独走トライ

ytab11
ytab12

格好良いです~!


ミルナー・スカッターも 相変わらずの走りを見せていましたが
前半の最後に肩を痛めて交代 古傷を再度ではなければいいけれど


ところが 
そのかわりに出てきた 代表2試合目のダビット・ハビリがスゴイ!

密集をきれいに抜けて 

ytab13

こんなトリッキーな逆手パスで

ytab14
ytab15

マッケンジーが快足を飛ばした決勝トライのお膳立てをしました

ytab16
ytab17
ytab18

ハビリも まだ22歳の若さ!

ニュージーランドのラグビー界には
こんなにキラキラしたタレント達が あちこちに転がっているのでしょうか!

スゴイです!


試合は スプリングボクスが終了間際に意地のモールトライをあげ

終わってみれば1点差でしたが

ytab19

内容的には 危なげない勝利と言ってよいと思います

やっぱり強いぞ オールブラックス!

一緒に観戦していた楓さんも その強さに納得していました(笑)

ytab21


スプリングボクスも
さすがに地元で頑張って 前戦の汚名は返上しましたが
こうしたら点を獲れるというストラテジーが見えない

ytab20

地力の差は 意外に大きいように感じました


アフターマッチレセプションでは 両チームのキャプテンもにこやかに談笑

ytab22

これが ノーサイド精神のラグビーの良いところです!

今日 大活躍のマッケンジーとイオアネも
それぞれ 嬉しそうにインタビューに答えていました

ytab23
ytab24

それにしても ふたりとも若い! これからが楽しみです!


最後は 彼等を率いる先輩のセンター ソニー・ビル・ウイリアムス

ytab25

血気盛んな彼は ときどき勢い余ってレッドカードをもらってしまいますが

「今日はちゃんとタックルの練習をしたので 
 レッドでなくイエローで済むはず」

と 試合前にお茶目に答えていたそうで

イエローももらわずに 無事にしっかりと勝利に貢献していました(笑)


オールブラックス これから先も楽しみだけど
先発メンバー争いは ますます熾烈になっていくのでしょう

最終的には どんなメンバーになるのかな?

ytab02


ここ数試合は 固い防御からの 切れ味鋭い一瞬のターンオーバーで
電光石火のごとくトライを奪い取る強さを見せてくれましたが

攻撃のフェーズを重ねたあとに しっかりとトライを獲りきる仕留めに関しては
まだスゴイ!という場面を あまり見ていない気もするので

そのあたり さらに磨きをかけていただきたいものです!



entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら