左利き肝臓専門医ブログ

2017.09.29更新

All Blacksは 前週のアルゼンチン戦に続いて いよいよ 南アフリカ戦

57001

オーストラリア・ワラビーズに2連勝して
アルゼンチン・プーマーズにも勝ったAll Blacksですが

細かなミスがあり 点もかなりとられて 満足には程遠い内容

新しいチームを作り上げている過程なので
2015年の頃の相手を圧倒する強さには 未だ達していません


対する南アフリカ・スプリングボクス
昨シーズンは不調でしたが 今年はなかなか好調で

今シーズン初めての両チームの対決 どんな展開になるか楽しみです!

57004


試合開始当初は 南アが良いテンポで攻め込み 優勢に試合を進めますが
All Blacksも固い守備で 攻撃をはね返します

57006

そして 南アの一瞬のミスを突いて 
瞬時の切り返しで あっさりと先制トライ!


57007


先日 サッカー日本代表がワールドカップ予選突破した試合で見せたような
厳しく鋭いプレッシングからの 1発逆襲!

お見事です!


そして 圧巻だったのが All Blacksの次のトライ

やはり南アが攻め込んでいたのですが
前回ご紹介したミルナー・スカッターが鋭い出足で
相手バックスのパスを見事にインターセプト!

57008

この時点で 写真右上に写っているスタンドオフのバレットが
後ろからバックアップのために トップスピードで走り出しています

ミルナー・スカッターが快足を飛ばして 自陣から相手陣内に走り込みますが

57009

バレットも足が速くて あっという間にスカッターに追いついていく

最近 いつも思うのですが バレットの韋駄天ぶりは出色です!


そして 相手のマークをひきつけたスカッターから バレットにパス

57010

バッレットが内側に切り込んで

57011

なんとここで スカッターに 後ろ手にノールックパス

57012
57013

再度パスをもらったスカッターが 再びアングルチェンジして
相手ディフェンスを翻弄するかのように
そのままゴールラインに飛び込んでトライ!

57014
57015

なんて美しく イマジネーションに溢れたトライ!

すごいものを見せていただきました!


All Blacksのスタンドオフに定着した感がある ーデン・バレット

2015年のレジェンドチームのSOのダン・カーターの領域に
少しずつ近づいていきそうな気配もします

57021


で 試合はその後も All Blacksがプレッシングをかけ続けてトライを量産

テリトリーも攻撃時間も 緑色で示された南アの方が上回っているのに

57016
57017

80分間の試合が終わったら スコアはなんと 57-0

57018


All Blacksが 8トライ奪って 記録に残る点差で 完封勝ち!

びっくりしました!


All Blacksファンには たまらない試合になりましたが

でも 屈辱的な敗戦のスプリングボクスの落胆は いかばかりか


試合後の記者会見で 南アのコーチは選手たちの健闘を讃えつつも
まるでホラー映画を見ているようだったと
沈痛な面持ちで漏らしていました

でも 南アのキャプテンは
我々はすぐに頭を上げて 次の試合に備えなければならない と 
自らを鼓舞していました

57019

次の第2戦 スプリングボクスのリベンジが楽しみです!


それにしても この試合のAll Blacksのディフェンスの固さ
そこからのスピーディな攻撃の切り返しは見事でした!

先日の日本サッカーの試合でも感じましたが
プレッシングという試合運びのアイデアは なかなか興味深いと思いました


そして
ウイングの ミルナー・スカッター
センターの ソニー・ビル・ウイリアムス

この二人が バックスの柱になっていくのかな?

57020

2019年の日本開催のワールドカップを見据えて
徐々に固定され始めた感じがするAll Blacksのメンバー

これからどうなっていくか楽しみです!



2017.09.22更新

書き手の最近のお楽しみは 毎週末に開催されている
The Rugby Championship

allb1701


ニュージーランド オーストラリア 南アフリカ アルゼンチン
南半球のラグビー強国が リーグ戦形式で南半球王座を決定する大会です

もともとは NZ AUS 南アの3か国で行われていましたが
力をつけてきたアルゼンチンが数年前から加わり 今の形式になっています

この大会 BS放送のJ-Sportsでライブ放送をしていて
オンデマンドで好きなときに見ることもできるので とても重宝!
J-Sportsさん ありがとうございます!


さて 書き手のご贔屓チームは ずーっと昔から

NZ の All Blacks

allb1702

2015年のワールドカップで優勝したときは
このブログでも 興奮気味に喜びを書かせていただきました(笑)


で 先日 アルゼンチン戦をライブで見始めたら
なんと スターティングメンバーに懐かしい名前を発見!

ウイングの  ミルナー・スカッター

allb1703


2015年ワールドカップで 
キレキレのラン 変幻自在なステップを連発してトライを重ね
All Blacksの優勝に大きく貢献しましたが

allb1705


その後 怪我が続いて代表から離脱していて
あの走りにインパクトを受けてファンになっていた書き手は
寂しい思いをしていたのです


そんな彼が やっと怪我が癒えて この試合で2015年以来の先発復帰!

スター復活です!

メンバー紹介を見て 思わず手を打ちましたよ!(笑)


で お約束通りのキレキレの快走を見せてくれての 復活トライ連発!

allb1706

今後の活躍が楽しみです

allb1707


All Blacksは 2015年のワールドカップ優勝を花道に
キャプテンやスタンドオフなどの主力メンバーがごっそり引退したので

2019年に日本で開催されるワールドカップでの3連覇に向けて
新たなチーム作りが試行錯誤されている真最中です

綺羅星のごとく人材が豊富なNZですから
いったいどんなメンバーでバックスラインが構成されるか楽しみですが
ミルナー・スカッターの復活は 個人的には嬉しい限りです!



そして この試合では 新たなスターも誕生しました

フランカーでAll Blacksデビューした ヴァイア・フィフィタ

allb1708


凄い! 速い! 強い! びっくりしました!!

ボールをもらうと一瞬で加速して マークする相手の選手を置いてきぼり

allb1711
allb1712
allb1713

そして タックルを強烈なハンドオフでいなして

allb1710

相手に正面からぶち当たってなぎ倒し

allb1709

ライン際を快走して タックルされても倒れず そのままトライ!

allb1714
allb1715
allb1716

まさに ぶっちぎり!!


解説者が

速すぎる! 強すぎる! ブリリアントなスター誕生だ!

と絶叫していましたが まさにその通り


いやー 凄いタレントが出てきてしまいました!

allb1717 

これで フォワード第3列のメンバー争いも激しくなって楽しみです


懐かしいスターの復活 新しい凄いスターの登場

その両方を目のあたりにすることが出来て
All Blacksファンとしては とても幸せな夜になりました!



最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら