左利き肝臓専門医ブログ

2015.11.02更新

日本が強豪の南アフリカを破って 
センセーショナルに幕を開けた2015ラグビーワールドカップ

31日夜に 見事 オールブラックスが大会史上初の連覇を成し遂げて
1か月半にわたる饗宴が幕を閉じました

rwcfinal

もちろん書き手は またも土曜夜の飲酒は控えめにして
頑張って夜中の1時過ぎからJ-SPORTでライブ観戦しました


前回2011年の決勝戦は NZ対フランスで
NZが圧勝かと思っていましたが NZのスタンドオフにケガ人が続出

ついに途中で急遽呼ばれてチームに合流した 
序列では4番手SOのドナルドが出場するはめになり
しかし その彼が決勝PGを決めて 辛くも1点差で勝利しました

いやー あの時は見ていてヒヤヒヤしました(笑)


今回の決勝の相手は オーストラリア・ワラビーズ

昨年から今年の対戦を見て 
まあ 負けることはないだろうと思っていました


ところで 
オーストラリアとニュージーランドは 国旗の柄がそっくりですね!

試合前のセレモニーを見て あまりに似ているのでびっくりしました

nzauflag

イングランド開催の イングランドで生まれたラグビーのW杯決勝で
ともに自国の国旗の左上に
ユニオンジャックがあしらわれている国どうしが戦うのは
うーん 何気に意義深い?(笑)


つまらない冗談はさておき 試合は予想通り オールブラックスペース
徐々に力の差を見せつけて ワラビーズを圧倒していきます
試合の70%くらい ワラビーズ陣内でプレーしていた印象です

後半開始直後に ノヌーが独走トライを決めて21-3にしたときには
今日はお祭りかなと思い 
前祝いにそろそろシャンパンでも開けようかとしましたが

FBのベン・スミスが危険なタックルで10分間の退場になり
その間にワラビーズに2トライ奪われて4点差になってしまい
ちょっと緊張感が走りました

でも その後 SOカーターの神様のようなドロップゴールが決まり
終了間際にも そのカーターの後継者と言われているバレットが
独走トライして 見事34-17のダブルスコアで連覇を達成しました


書き手がこの試合でいちばん印象的だったのが 最初のトライ
13番 センターのコンラッド・スミス 
まさにいぶし銀のようなプレーでした

コンラッド・スミスは 
書き手がオールブラックスのなかでいちばん好きな選手です

cs1

派手さはありませんが プレーがクレバー

cs2


優勝セレモニーでも 上の写真でご覧のように
腕を組んで左手で耳を触り ちょっとシャイでクールなポーズ
こんなポーズは いかにも彼らしい(笑) 


で このトライも 敵陣深く中央やや右寄りのラックからでたボールを
まずコンラッド・スミスがもらって 
最初は右前方のスペースにトップスピードで走りこむと見せかけて
すぐにステップを踏んで左内側に切り込みます

cs4
cs5

そして敵のデイフェンスプレーヤーを引き付けておいてから
身を反転させて 右外側のスペースに走り込むSHアーロン・スミスにパス

cs8
cs9
cs11

アーロン・スミスから 右サイドに作られたスペースに走りこむ
キャプテンのリツチー・マコーにパス

マコーからドンピシャのタイミングで
トライゲッターのミルナースカッターにボールが渡り
右ライン際に飛び込んでトライ

cs12
cs13

このトライは コンラッド・スミスが瞬時に内側に切り込むことで
右側にスペースを作って 
そこに身を反転してパスしたことで生まれたトライ

いかにもコンラッド・スミスらしい クレバーなプレーでした

現地放送の解説者も 
Absolutely typical NZ skill ! と絶賛していましたね


この試合を最後に 
オールブラックスの黄金期を支えてきた
キープレーヤー達の何人かが引退すると噂されています

キャプテンのリッチー・マコー SOのダン・カーター、、、

cs30

そして いぶし銀のコンラッド・スミスも 
(ちょうど左のマコーと右のカーターの間にいます)
黒のジャージを脱ぐと言われています

オールブラックスを引退して フランスのチームに移籍するとか

そのオールブラックス最後の試合に 
彼のまさにいぶし銀のプレーが見れて最高でした


もう このオールブラックスのチームの試合が見れないのかと思うと
寂しさを感じてしまいます

本当に熟練された 大人のチームでした

さて次のコンラッド・スミス探しをすることにしますか(笑)


そういえば 30日に行われたエデイー・ジョーンズさんの
外国人記者クラブでのサヨナラ記者会見では

日本のラグビーは今のように大学ラグビーに拘って 
若手の育成を大学ラグビーに任せていたら この先は強くなれない
と苦言を呈されていましたね

日本の大学ラグビーは 
確かにひとつの文化であることは間違いありません

書き手もラグビーに興味を持つようになったきっかけは
早稲田のラグビーでした

でも これからは
トップリーグの試合にも もっと注目すべきかもしれません


11月後半から始まるトップリーグでは
今回のワールドカップで活躍した外国人選手が
多数来日してプレーします

来年2月から始まる世界最高峰のスーパーラグビーには 
日本チームも初めて参戦しますから
ワールドカップが終わっても 色々と楽しみです!

これで 何週間か続いた週末の時差から解放されます(笑)

 

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら