左利き肝臓専門医ブログ

2015.04.25更新

なんの気なしにテレビをリモコン操作していたら 
たまたまボクシング中継をしていました

ボクシング 最近はほとんど見たことがありません

若い頃に巷で大人気だった「あしたのジョー」
真剣には読んでいなかった(笑)

 1051


昔は ボクシングの世界チャンピオンが何人いるかが 
国の強さを表すといった風潮があって
社会全体が 今よりももっとボクシングに慣れ親しんでいたような気がします

個人的にも 小さい頃は世界タイトル戦とか真剣に見ていましたね
日本に何人世界チャンピオンがいるか 名前も言えた記憶があります

勝ってかぶとのオシメヨ
 
との名言を語った人気者世界チャンピオンも憶えています(笑)

 1052


ボクシングの世界チャンピオンへのリスペクトの度合いも 
昔の方が大きかったのではないかな?

今はボクシング人気って どうなのでしょう?

若い女性がダイエットやエクソサイズ目的でボクシングジムに通う
といったニュースは聞いたことがありますが
それ以外は あまりポジティブなニュースを聞かない気がします

 1053


世界チャンピオンにしても 聞いたことがないような世界団体がいくつもできて
同じ体重クラスのチャンピオンが何人もいて
体重別クラスの数も昔より増えたんじゃないかな?

金銭が絡む聞き苦しいニュースも聞こえてくるためか
スポーツというよりショービジネスといった印象が強く 
個人的にはほとんど別世界のことです
今の日本に世界チャンピオンが何人いるかなんて もちろん知りません(笑)


そんななか 久しぶりに日本人の世界タイトル戦のテレビ生中継に遭遇し
見始めたときはたまたまひとりだったので 
ついついチャンネルを変えずに見ていましたが

これが意外に面白かったのですよ!

8年間負けていないという屈指の強さのアルゼンチン人世界チャンピオン
まあ はっきり言って顔つきからは知性のかけらも感じられない
でも上半身の筋肉は隆々 目つきは鋭く 表情は何かひきつけるものがある

貧しい家庭の多数の兄弟の何番目かに生まれ 
苦しい生活の中でボクシングに活路を見出し
といったお約束のような出で立ちが紹介されますが 
さもありなんという容姿風貌 雰囲気がにじみ出ています

挑戦する日本人は ボクシング界のサラブレットでエリートだそうで
確かにアルゼンチン人のチャンピオンに比べると 
どことなくノーブルさを感じさせる風貌です
体の逞しさはチャンピオンに比べると見劣りしますが でも目つきは鋭い

で 試合が開始されたのですが

チャンピオンは接近戦が得意で 
近寄って強烈なパンチをぐいぐい浴びせてKOするプレースタイル

かたや挑戦者は パンチの力に劣るためか 
相手との間合いをとって無用な打ち合いをせず 
ある程度の距離から効果的にジャブを繰り返して
ダメージを積み重ねていくスタイル

この対照的なプレースタイルの駆け引きが面白い

 1055


挑戦者は一発浴びたらダウンしそうなのですが 
そこを巧妙に避けながら相手に少しずつダメージを与えていく

とても緊張感があります

チャンピオンにしたら 自分が望むのとは異なる 
とてもじれったい攻防でしょうから 
そうした流れが続いてくると 焦りが出てきてミスも多くなってくる

うーん 挑戦者のプランどおりの展開でしょうが 
でもこの緊張感が最後まで維持できるかな? 
どこかでチャンピオンの強烈なパンチが挑戦者を見舞って
ダウンさせちゃうかな?

そんなことを思いながら ついつい見続けてしまったのですよ、、、

お風呂から出てきた方は 珍しくボクシングを真剣に見ている姿を見て
「なんでそんなの見てるの?」とひとこと言われて 
すぐに部屋を出ていかれました(笑)

確かに どうしてボクシング 真剣に見ているのかな?

結局 挑戦者のクレバーなスタイルが最後まで維持され 判定で挑戦者の勝ち
ファミリー悲願の3階級制覇をされました

リングアナから判定結果が告げられる瞬間は 緊張しましたね(笑)

ボクシングの醍醐味は 迫力あるKOシーンかもしれません
ヘビー級で応酬されるド迫力パンチも 何気に見る者を引き付けるものがる

でも KOシーンはなくても力強さがなくても 
こういう緊張感のある試合運びもなかなか面白いものです

男泣きで喜ぶ新チャンピオンとファミリーのセコンドたちの姿は 
ちょっと感動的でもありましたが

そのうしろで なんだバカヤローといった感じで
大げさな怒りや落胆の表情を見せず 
やや憮然とした表情で立ち尽くしている敗者の姿

妙に印象に残りました

 1056


それにしても うーん どうしてボクシングの試合 
最後まで見てしまったのかな?

見ていて面白いとは感じたけれど
それほど興奮したり血沸き肉躍る感じがしたわけでもないのですよ

でも 深層にしまい込んまれている闘争本能が 
ちょっとくすぐられちゃったのかな?(苦笑)


最後に再度言及しますが 勝者が歓喜のインタビューを受けている背後で
ふてくされた悪ガキのように ホントにつまらなそうにたたずんでいた
敗れた前チャンピオンの姿
 

とてもインパクトがありました

彼は今ごろ どうしているのでしょう? 
ふてくされて焼け酒を飲んでいないか ちょっと気になります(笑)

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら