左利き肝臓専門医ブログ

2016.07.22更新

Brexitショックが冷めやまぬ 暴力的な日射しの日曜日の午後

ちょうどタイミングよく(?)英国ロイヤルバレエの公演に行きました

会場にはユニオンジャックと日の丸が飾られていましたが
青地にたくさんの星が丸く描かれている旗はありませんでした(笑)


演目は ジゼル

erbg1

ロマンテイック・バレエの代表作です

バレエファンならストーリーはご存知でしょうが
馴染みのない方も多いでしょうから 簡単にあらすじをご紹介します


ライン地方のある村に遊びに来ていた 貴族のボンボンのアルブレヒト
村娘のジゼルを見て その美しいに魅了され
自らの身分を隠して彼女に言い寄ります

erbg2

ジゼルもアルブレヒトに魅かれて
ふたりは瞬時に恋に落ちて 愛のダンスを存分に楽しみます

erbg3


しかしジゼルの母親は ジゼルと森番のヒラリオンを結婚させるつもりで
ヒラリオンもその気満々でした

そして アルブレヒトにも 実は貴族の娘の婚約者がいたのです

但し 彼はこの親が勝手に決めた婚約には乗り気でなく
だからこそ ジゼルに一目ぼれしたのですが、、、


erbg4

アルブレヒトの婚約者と知らないジゼルは
この女性の衣装の美しさに見とれたりしていますが
 

ジゼルとアルブレヒトが仲睦まじくしていたのを見つけたヒラリオンは
アルブレヒトの正体を見破り 彼が納屋に隠していた剣を見つけ
ジゼルの前でそれを見せ 彼が貴族のボンボンであることを明らかにします

さらに 彼の両親や婚約者をその場に呼んで
アルブレヒトは婚約者がいながらジゼルを誘惑したことを あからさまにします


全てを理解したジゼルは驚愕し 嘆き悲しみ 失意のうちに息絶えます

erbg5


悲しむジゼルの母親 アルブレヒト ヒラリオン

ここで 第1幕は終了です



第2幕は ジゼルの墓がある森

この森は 若くして亡くなった乙女たちの精霊が集る場所で
彼女達には 自分を裏切って死に至らしめた男への怨念がこもり

精霊の女王・ミルタは 精霊たちを指揮して
さまよいこんだ男を踊り狂わせて死に至らしめる

そんな怖いところです

erbg6


ジゼルの墓を健気に護っていたヒラリオンは ある夜 精霊たちを見つけ
彼女達により踊り狂わされて 湖に落ちて死んでしまいます

次に迷い込んたのが ジゼルの墓を探していたアルブレヒトで
ミルタは彼も踊り狂わせようとしますが

ここに 聖霊の世界の新入りのジゼルが現れ
アルブレヒトの前に立ちはだかり ミルタから彼を守ろうとします

erbg7


ミルタの力で踊らされ ジゼルにより守られ
そんな繰り返しで やがてアルブレヒトの息も絶えそうになったとき

erbg8


夜が明けて 精霊たちは立ち去り

アルブレヒトは助かり ジゼルは精霊の世界に戻っていく、、、

erbg9


ね ちょっと キモイお話でしょう?(笑)


ジゼルを演じたのは ローレン・カスバートソンさんという
イギリス人のバレリーナでしたが

erbgrc

第1幕の最後で
ジゼルが全てを知って 心が壊れていく場面の踊りは圧巻でした!


驚き 悲しみ 絶望 でも わずかな望み 

そんな情動が見事に表現されていて
今まで見たジゼルの中で いちばんすごかった

erbgmad

思わず息をのんで引き込まれました


さて 帰り道 真夏のような強い陽射しにご機嫌が斜めの同行者は

「私はいつも思うけれど ジゼルのストーリーは嫌い!」

と語られます

どーして? ちょっとキモイけれど 一応ロマンテイックでしょう?


だって アルブレヒトは たとえ気に入らなくても婚約者がいるのだから
ジゼルを誘惑するのはダメでしょ!

それなのに そんなアルブレヒトは ジゼルに守られて生き残り
彼女の死後も墓を健気に護っていたヒラリオンは 殺されてしまうのよ

こんなストーリーは いけないわ!


なるほどー そこがお気に召さないわけですね

でも 結果的に自分を死に至らしめたアルブレヒトのことを
死後の世界でも守ろうとするほど ジゼルは彼のことを愛していたという
そんな哀しい純愛のお話ではないの?

と 反論しようと思いましたが 家庭平和のためにやめました(苦笑)


不倫している人は ジゼルのストーリーは美しいと思うのかな?

お怒りはなかなかおさまらないようで

そんなこと考えたこともなかったけど なんて
小心者には言えませんでした(苦笑)



entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら