左利き肝臓専門医ブログ

2016.03.28更新

バッハのマタイ受難曲を 
書き手がストーリーを旧知のように聴けた話をしましたが

クリスチャンでもない ふとどき者の書き手が
なぜ イエス・キリストの最後の日々の様子に馴染みがあるかというと

それは小さい頃から 子守唄代わりにマタイ受難曲を聴いていたから

ではなく(苦笑)

別の機会に このストーリーに慣れ親しんでいたからです


それは ミュージカルの 

ジーザスクライスト・スーパースター

jcsuperstar


のちに エビータ キャッツ オペラ座の怪人などの
大ヒット作を次々と世に送り出し 
ミュージカル界の大御所となり
爵位を得て サラ・ブライトマンとも結婚した(離婚もした:笑)

あの サー・アンドリュー・ロイド・ウエーバーの 
ブロード・ウェイでのデビュー作です(1971年が初演)

aluyoung

右が若き日のロイドウェーバー

月日が経つと

alwold

でも 老いても とてもエネルギッシュに見えます!
(金髪に染めてる?:笑)


さて この作品は 
まさにイエス・キリストの最後の7日間を描いた作品ですが

必ずしも福音書には忠実ではなかったので
(イエスとマグダラのマリアのラブストーリーなどがありましたから)
初演の日には キリスト教団体が劇場に抗議に来たそうです


どうしてガキだった書き手が
このミュージカルの存在を知ったかというと

当時の書き手はロックが好きで ディープ・パープルのファンでしたが
(ハイウエイ・スターとか 懐かしい、、、)
ボーカルのイアン・ギラン(写真右上)が 
ジーザスのオリジナルとなる2枚組LP作品で イエスを演じ歌っていたので

jc ian gikkan 

当然 既にLPは買って聴いていて
四季が舞台化するとのニュースを聞いて すぐに観に行くことにした次第です
(ちなみに若い方はLP?と思われているでしょうが 昔は“レコード”だったのですよ)

うへー 色々と懐かしい名前が出てくるな 
と思いながら読まれている おじさん おばさんがおられるかもしれませんね(笑)


日本では 浅利慶太さん演出の劇団四季により
1973年に「ロックオペラ イエス・キリスト=スーパースター」
として初演され

jcsiki


まだ中学生だった書き手は おこずかいをためてチケットを購入して
初めてミュージカルなるものを 観に行ったのですよ

で とてもとても感動して 

もともとミュージカルが好きだった両親に
是非 観に行った方が良いと勧めたものでした(笑)

ちなみにハコは 中野サンプラザホール しかもこけら落とし公演

今はなき中野サンプラザホールと聞いて 
懐かしくなった方もおられるのでは?(再笑)


で 劇団四季の初演キャストが凄かったのですよ!

イエスを演じたのは鹿賀丈史で これが彼のデビュー作

jckagatakeshi

ユダは 初演は飯野おさみでしたが のちに滝田栄が演じました

ヘロデ王は
ダンシング・オールナイトをヒットさせた もんた&ブラザーズの
あのもんたよしのりですよ

この役は 初演時にはチョイ役でデビューした市村正親
のちに演じることになります

鹿賀丈史 滝田栄 市村正親

その後の劇団四季の ミュージカルや芝居 
そして 日本の演劇をしょって立つことになった
錚々たる大スターのデビューに出会えたなんて とてもラッキーでした


それから 癌で才能を惜しまれつつ早世された
舞台演出の金森馨さんがアイデアを出されて仕掛けられた
ジャポネスクバージョンの舞台装置は

キリストの最後をモチーフにした内容なのに
岡っ引きが出てきたり 大八車が舞台狭しと豪快に行き来したりで
とても印象に残るものでした

jcjaponesk


で あくまで娯楽作品のミュージカルですから

イエスとユダとの確執や 
イエスをひとりの男性として慕うマグダラのマリアの苦悩などが
メインテーマとなり 

アップテンポのロック調の曲あり マリアが歌うバラードありで 
楽しめましたが


このミュージカルを何回も観に行ったおかげで
マタイ受難曲で歌われている内容

ユダとイエスの確執や ペテロの否認や 
エルサレムでの裁判の模様や 民衆の手のひら返しのイエスへの非難
などが なんの戸惑いもなく耳に入ってきたわけです


いくらふとどき者の書き手でも マタイ受難曲を聴きながら
 
あれ マリアのバラードはないの? 
などとは 思いませんでしたが

正直に言うと 
四季の舞台のことを ちょっと想いだしたりしていました

これからも この季節にマタイ受難曲を聴きに行ったら
ジーザスクライスト・スーパースターのことを 
思い出すかもしれません(笑)


いやー なんだか古い個人的な思い出話で 失礼いたしました(苦笑)

劇団四季 ジーザスをリバイバル公演してくれないかな、、、



 

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら