左利き肝臓専門医ブログ

2016.01.22更新

新川の内田洋行ビルが建つ通りには エスニック料理店がいくつかあります
以前ご紹介したバンコックポニーさんの数軒隣にあるのが

RTN 

ラティーノさん 
新川2-7-7 クレール八重洲通103  03-3206-2726 

ここは何料理のお店と言えばいいのかな? 多国籍料理?

お店の外観や内装は メキシコやカリブの雰囲気
ラテンな開放的なムードに満ち溢れています

RTN2

で ランチメニューは ユニークで面白い!

RTN3

メキシタイコンボカリー 
スリランカチキンカリー 
煮込みハンバーグカリー

?? 味がイメージできますか?(笑)

メキシタイコンボカリーにしてみました

RTN4

左のタイカレーは 普通のタイ風ココナツカレー 
意外に辛くて美味しいです

右のメキシカンカレーは うーん 表現するのが難しい
トマトベースでかなりスパイシー 
今まで経験したことがない味わいです


店内にはテキーラやラムのビンがカウンターにたくさん並んでいて 
ここは夜に来た方が面白いかも?

夜のメニューはメキシコ料理が中心になるようです


お店のご主人は意外にご高齢でびっくり!
ご夫婦を中心に切り盛りされているようです

お店の皆さんが とてもフレンドリーで陽気なのが印象的でした

若い頃にメキシコで生活されたことがあるのかな?

今度 夜にうかがって 是非お話をお聞きしたいと思いました


2016.01.15更新

11日に近所の鐵砲洲稲荷神社で 寒中水浴大会・寒中禊がありました

km0

鐵砲洲神社江戸時代の八丁堀界隈を紹介したブログにも書きましたが
平安時代初期の841年に 飢饉を祓う目的で
この辺りの土地を作られた
産土神(うぶすなのかみ)の生成太神(いなりのおおかみ)を祀り 
御守護を祈願したのが由来で

その後 江戸湾の埋め立てが進み海に向かって土地が広がるとともに 
次々に海沿いに遷座を繰り返し 
江戸時代の寛永元年(1624年)に現在地に移られたそうです

その頃は 江戸の町で消費される米・塩・酒などのほとんどの生活物資は
全国からまずこの鐵砲洲の湊へ入ってきたため 
鐵砲洲生成太神の名は船乗人の海上守護の神として全国にとどろき 
船乗りさんたちから崇敬を集めたとか

ブログに書いたとおり 
湊から江戸城下に物資を運ぶために作られたのが八丁堀です


ちなみに八丁堀は 氏子エリアからはわずかにはずれていますが 
いちばん近い神社なので親しみがあります

先日 お昼休みにお参りにでかけましたが
近隣の会社の方々が集団で初詣に来られていて
社殿では15分間隔のスケジュールで御祈祷が行われていて 大賑わいでした

km2


さて 寒中禊

今年で第61回を数える歴史ある行事で 年々参加者が増えているそうです

km1

今回は100人ほどの参加者 200人以上の見物客で大賑わいでした
お天気が素晴らしく良く 例年よりも暖かかったので 
水浴される方のコンディションとしては 少しは楽だったのでしょうか?

今年は神社の敷地が工事中だったので 
隣の公園に 大きな円形プールのような水浴の場が設けられ
氏子の会の弥生会の方々が お揃いのいなせなはっぴ姿で準備されています

km3

神社の敷地内では 越中褌で頭に鉢巻を巻かれた方々が ウオーミングアップ中

kmm

なんと水浴場には氷柱が! それを見ているだけでも凍えてきそうです!

km5


さて 書き手は不勉強で知りませんでしたが
寒中水浴・禊は れっきとした神道の行事なのですね

ですから 神社本庁から来られた専門家の講師の指導の下に執り行われます


まずは神社に向って一礼し 鐵砲洲神社の宮司さんが安全を祈願されます

km6

そして 体を暖めるために神社の周りをランニング

km7

それにしても まさに非日常の世界で 
不謹慎な表現かもしれませんが 正直言って インパクトが大きいです!


そして 水浴場を囲んで 準備運動が始まります

km8

あとで勉強して知りましたが
この準備運動の一連の動作は「鳥船」と呼ばれる神道の儀式で

身体の邪気を発散させつつ 心と霊魂を浄化統一する行事だそうで
船の櫓をこぐ姿勢で足腰を踏ん張り ひじを曲げて 力強く両手と腰を使って
両手で櫓をこぐように上下させます

km9
km10

体を動かしながら講師が和歌を歌われ 参加者が続いて斉唱します
和歌が大きなのぼりに記されていて 皆さんそれを見ながら歌われます

km11

終わりに「イーエッ エーイ」とか「エーイッ ホ」と掛け声がかかりますが
皆で斉唱するとその声が大きくて 周囲に響き渡るようでした

この運動と和歌の斉唱は初めて見聞きしましたが とても印象深かったです

今でも 独特な節回しや 普段は聞き慣れない言葉が並ぶ歌詞が 
耳に残っているような気がします



そして両手を腹の前で上下に重ねて振りながら 
祓戸大神(はらえどのおおかみ)と唱えます

これは「振魂(ふりたま)」という 
やはり心と霊魂を浄化統一する作法だそうです

km12


それから「雄健(おたけび)行事」

生魂(いくたま) 足魂(たるたま) 玉留魂(たまたまるたま)と 
空に向って叫びます

生魂は 創造 発展 完成の神さま
足魂は 不足を豊かに充実させる神さま
玉留魂は 遊離した魂を再び静め 死者の魂を復帰させる神さま
だそうです

km13


さらに「雄詰(おころび)行事」

凶事をもたらす禍津霊(まがつび)を断ち 大地の霊気を受ける目的で
左手を腰に当て 右手人差し指と中指を額に当ててから
自分の前に己の悪い部分があると想定して 
それを斬るように指を振り下ろします

km14

これはビジュアル的に印象的(不謹慎でごめんなさい!)な行事でした


そして最後が「気吹(いぶき)行事」

息を吐きながら上体を前に傾け 息を吸いながら両手を開いて上に伸ばし
広げた両手を頭の腕で重ね合わせ 
それを静かに下ろして腹の前で臼を回すように動かします

km15


こうした一連の行事を終えてから 
水に入って 腰を落として肩までつかります

km16
km17

水浴している間は 振魂しながら唱えています
水浴時間は3分ほどでしょうか

待機されている方のなかには 女性の方々もおられました

そして順番に次の方々と交代します

km18


初めて見学しましたが
寒中水浴は禊を目的とした神道の行事だということを
全体を通して見て まさに身をもって知ることができました

ひとつひとつの所作に意味があって 
その意味するところが 普段の生活では考えたこともない
体の中から邪気を払うとか 神さまに呼びかけて魂と霊魂を統一するとか
そうしたことだったので

ある意味でカルチャーショックというか 面喰いました(苦笑)


km19

書き手は 神道にシンパシーを感じる部分は多々ありますが
きちんとした神道行事を見聞きする機会がほとんどなかったので
今回の寒中禊は とても印象的で勉強になりました

も 勉強したら奥が深そうですね


見物される方の数がすごくて 後ろから眺めるとこんな感じ 

km20

報道の方々も たくさんいらしていました


水浴中は神楽の音色が響き渡り 耳に心地が良く 印象深かったです

km21
km22

季節の風物詩の見学といった 軽い気持ちで行きましたが
想定外に色々とインスパイアされて 興味深かったし勉強になりました!

神道をちょっと身近に感じられたような気もしました


それにしても 再度  ねえ

近所のお寿司屋さんのご主人にその話をしたら
悪いことをしている人は 禊を受けた方が良いのですよ
と言われました

読み手の皆さんは 禊 必要ですか?

書き手はもちろん 必要ありません?(笑)



entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら