左利き肝臓専門医ブログ

2018.10.19更新

NHKの美の壺 銀座特集では
もうひとつ とても面白い話題を紹介していました

それは 銀座の柳

gzy01


昭和初期に流行した 西条八十が作詞した銀座にまつわる歌謡曲には

江戸のなごりの うすみどり

という歌詞があるそうです

gzy02


ちなみに 当院のそばにある亀島橋のたもとには
銀座の柳四世 があります

gzy09


さて うすみどり  何なのでしょう?


今より沢山の堀や水路が街中をめぐっていた江戸時代には
至るところに柳が生い茂っていたそうです

そう うすみどりは柳の葉の緑だったのですね


八丁堀も江戸を巡る堀の一角を占めていたことは  以前ご紹介しました

今は多くが埋め立てられてしまったので あまり面影がありませんが
江戸 東京は水の都だったのですね

この水路により 江戸の町は世界有数の街に変貌した
という話も聞いたことがあります

gzy03


さて 柳に話を戻しますが

柳の木は 水を好み 水の象徴ともされていたそうな

銀座にもたくさんの柳の木があったそうです


しかし 明治になって政府は 銀座の街路樹を
桜 松 楓といった見た目が華やかな木に変えてしまい
銀座から柳が消えてしまいました

そんな状況をはかなんで
昭和の末に 銀座の街に柳を復活させる運動が起こったそうで

都下の日野に残されていた銀座の柳から枝を持って来て
挿し木でつないでいくという根気強い作業が
有志の方々によって続けられました

gzy04

日々 あらゆるものが変化を続けている銀座の街で
変わらない柳を銀座の心のよりどころにしたい

そんな思いが こうした運動の根底にあったそうです

なるほどです


そこから話は 柳染め に転じます

柳染め 

不勉強な書き手は知りませんでしたが
主に着物や帯を染める草木染だそうです

gzy05

おしゃれ好きに人気の 街に溶け込む上品な色

暖かみのある肌色 気品が漂う灰色

そして 柳のおもむきを感じさせる うすみどり

gzy06

うすみどり 再び登場しましたね!(笑)


8月になると 過分に生い茂った柳の木の枝は
切って捨てられてしまいますが
それをトラック1台分もらって草木染めをするそうです

柳の葉は それほど草木染めにむいてはいないそうですが
段ボール2箱分の量を
1日10時間 1週間かけて根気強く煮詰めると
赤茶色の染料ができます

紡ぎの生地にそれを塗って
銅が入った色を定着させる媒染剤を上塗りすると
柳のうすみどりが現れてきます

乾燥させると色はより鮮やかになり
媒染剤の量を変えることで
みどりのグラデイエーションができるそうです

gzy07

やわらかいけれど 銀座らしく格好が良くて
品があってじゃまにならない色

番組では 柳染めの着物 帯を着た女性が
さっそうと銀座の路地を歩いておられましたが
なかなか絵になっていましたよ!

gzy08

格好良いけれど 目立ちすぎず邪魔にならず
そして 暖かく品がある

うーん まさに大人の世界!


銀座はやはり大人の街ですね
そして奥が深い!

小さい頃から慣れ親しんで
どこに何があるかくらいは知ったつもりでいましたが

銀座を余裕をもって歩くには まだまだ修行が足りません!(苦笑)

 

2018.10.15更新

NHKの 美の壺 は マニアックな内容が多くて面白いのですが

先日は
「憧れの銀座」というタイトルで 銀座の話題を紹介していました

gz01

八丁堀と銀座は徒歩圏内なので
書き手は小さい頃から銀座に行く機会が多かったのですが
知らない話も多く とても興味深かったです

gz02


@ショーウインドウ

銀座といえば ショーウインドウ

なんと 250面以上もあるそうです

流行の最先端が見られるし 季節感も感じるので 見ていて飽きません

明治10年 時の政府は年間予算の4%もつぎ込んで
日本初のアーケードつきの商店街 煉瓦通りを作りました

しかし日本にはアーケードは馴染まず やがて撤去されましたが
通りのお店は 当時は珍しかった舶来の商品などデイスプレイする目的で
軒並みショーウインドウを作っていたので
それが銀座のショーウインドウの原点になったとか

gz04


今の銀座のショーウインドウのデザインを手掛ける人たちは

ショーウインドウに並ぶ美しいものを見た人が
高揚感で気持ちのスイッチが入り 夢がかき立てられるような

そんなデイスプレイを心掛けていると語っていました


いちばん目立つ和光のショーウインドウは
1か月半ごとに季節感を先取りした内容にしているとか

gz05


確かに ショーウインドウのデイスプレイには季節感を感じます

gz06
gz07
gz08
gz09

書き手も お散歩がてらに
ブラブラと銀座のショーウインドウを見て歩くのが意外に好きです(笑)


@夜に魔法をかける

銀座の夜を輝かせる「光の仕掛け」についても紹介していました


まず 車道の路面に工夫がしてあるそうです

明るめのグレーの色で塗装されているため
街燈の光の反射率が高くなり
通り全体が明るく浮かび上がるようにしてあるとか

きらめく光の洪水が生み出されるそうな

gz10

なるほど そうなのですね!


そして 街燈

LEDが使われていて光量が豊かなので
女性の髪や洋服を 鮮やかに見せる効果があるそうです

再度 そうなんだ!

gz11


銀座のライトアップは斯界の最先端を走っていて
大正時代に日本で初めてネオンサインが登場したのも銀座でした


通りを浮かび上がるように 女性をより美しく見せるように
そんな意図をもって路面の塗装や街燈の工夫がなされているなんて
全く知りませんでした

個人的には
もう少し白色光でなく黄色い光を使って 暖かみを演出した方が
良いように感じます

今の光は 少し冷たい感じがしないでもない

でも それが 大人の街 銀座にはお似合いなのかもしれません

gz12


番組に登場されていた壇蜜さんは
学生時代に銀座のクラブでバイトをされていたことがあるそうですが

銀座は ワルい街  カタカナの ワル が似合う街

よそゆきの顔の作り方を教えてくれた街


と語られていました

gz13


夜の銀座は 人に魔法をかけてしまうのですね?

うーん 大人の世界だなあ
書き手はまだまだ勉強が足りません?(笑)

 

2018.08.03更新

久し振りのスタッフランチで向かったのは
(と言っても  うかがったのは1年ほど前ですが)
日本橋に近い 八丁堀1-4-8 森田ビル地下1階の

ALOHIDDINさん  03-6228-3898

ald01

なんと トルコ・ロシア・ウズベキスタン料理 のお店です!

どんな料理が出てくるか イメージできますか?


トルコというと ライオンのミルクと呼ばれる ラク

ald02



ロシアというと もちろん ウオッカ

ald03

あ これは 料理ではなくてお酒でしたね(苦笑)

でも 勉強家の(?)書き手をもってしても
ウズベキスタンのお酒のイメージはわきません(しつこい?:苦笑)


個人的には ウズベキスタン 行ってみたい!
サマルカンドの青のモスク ナマで見てみたい!

で お店に入ると 壁一面に 
憧れの 青のモスク の写真が飾ってあって

ald04

それを見ただけでも このお店に来た甲斐がありました

お店のご主人がウズベキスタンのご出身で
お父様のお名前を お店の名前にされたそうです

ald05


ランチは6種類

ald06

いちばん興味があった 羊の挽肉の煮込みは 残念ながら売り切れ


スタッフが注文したのは チキンのオーブン焼き
ウズベキスタンの名物料理だそうです

ald07


もうひとりのスタッフがオーダーしたのは
トルコの国民料理と呼ばれる クルファスリエ

ald08

牛肉と野菜といんげん豆のトマトシチューのような一品


書き手は イスタンブールの港の屋台で食べた鯖サンドを思いだして
鯖のハーブ焼き

ald09

青魚だから 体に良いDHAがいっぱいです!(笑)


どれも美味しい!


中央アジアには まだ行ったことがありませんが
あの辺りは 羊をたくさん食べますね

ラムラバーとしては 聞いただけで涎が出てきそうです

でも 意外にオリーブオイルが強くて
トルコを旅行したとき糖尿病専門医さんは
3日目で胃をやられてダウンしていました(笑)


お店のなかを見まわしていたら カウンターにこんなものを発見!

ald10

水タバコ!

なんとこのお店では デザート感覚で フレーバー水タバコを楽しめるようです
水タバコバージンの書き手としては とても興味津々です(苦笑)

ald11


このお店では 定期的に民族舞踏の夕べも開催しているそうです

ald12


お腹がいっぱいになりお店を出ましたが
うーん サマルカンド 行ってみたいよ~!(笑)

ald13

 



2018.07.09更新

今年は記録的な梅雨明けの速さで 既に夏本番の雰囲気
仕事帰りのビールが美味しくなってきました!(笑)

そんな季節にぴったりのお店のご紹介!

新大橋通りを 八丁堀から茅場町方向に向い
八重洲通りとクロスする 八丁堀交差点のそばに

麦酒倶楽部 HACHI があります

hcb02

hcb01

八丁堀1-11-6 互明ビル B1F
050-5284-7871

八丁堀にあるお店だから HACHI なのかな?(笑)


階段を地下に降りてお店に入ると
店内は イギリスのこぎれいなパブのような雰囲気です

hcb03


このお店は 麦酒倶楽部と銘打っているだけあって
色々な種類の地ビールが楽しめます

hcb04


ドラフトビールのサーバーも こんなに沢山ありますし

hcb05


壁に備え付けられた オシャレなサーバーもある

hcb07


ビールのメニューは こんな風に 名刺ホルダーに収められていて
どれを飲もうか 大いに迷ってしまいます(苦笑)

hcb08

国産の地ビールが たくさん!


まずは 関西は箕面の 白ビール

hcb09
hcb10


おつまみは 書き手の大好物の アンチョビ!

hcb11

濃厚な味で 美味しいです!


ついで 新潟・スワンレイクのIPA

hcb12
hcb13


そして3杯目は 山梨のボックビール

hcb14
hcb15

スモークの香りと 濃厚な味わいが楽しめます


合わせるのは 珍しい さんまのフィッシュアンドチップス

hcb16

初めていただきましたが 意外に美味しい!


壁には 世界各国の乾杯!が書かれたポスターが貼ってありました

hcb17

これで どこの国の人と飲みに来ても
ノミュニュケーションに 心配はありませんね?(笑)



2018.05.11更新

鍛冶橋通り沿いの桜川付近には 
美味しそうなお店が 数多く並んでいますが

uff00

そのなかのひとつが 地粉つけうどんの 福福 さん
八丁堀3-11-8 ニチト八丁堀ビル1F 03-3553-2929


狸がお蕎麦を手繰っている看板が ユーモラス

uff02

大きな丸太の看板 シンプルなのれん

uff01 

丸っこい福福の文字が なんとなく優しさを醸し出しています


ご覧のとおり 
うどんの専門誌にも掲載されたことがある 知る人ぞ知るお店のようです

uff03



辛みそひき肉うどん をいただきましたが 美味しい!

本当に食感がモッチモチしています!
これはクセになるかも、、、

uff04

おつゆの味付けも濃すぎず薄すぎずで うどんによく合っています


メニューを見ると

uff05

つけうどん も楽しめるようです

uff06


これ以外にも メニューが豊富

uff07


こちらが この店オリジナルの
きつね たぬき お肉 が全部入った その名も 福福

uff08


夜はお酒も楽しめるようですが 
きっと毎晩 近所の勤め帰りの方で大賑わいなのでしょうね

uff09

いやー あのモチモチ感 ホントにクセになっちゃうかも、、、

 

2017.07.10更新

八丁堀は意外にカレーのお店が多くて
そのほとんどが インドやネパールのジモピーさんが経営されています

当院から歩いてすぐのこのお店

インドネパール創作料理の店 エベレストイン
八丁堀3-23-1 03-5566-1858
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13174799/

evrin01

お店の方はネパール出身で
だからお店の名前がエベレストインになったのかな?

実は従業員の方が風邪をひかれて当院に来院されて
それでご縁ができました


突き出しに出てくる お豆のおせんべい
ピリ辛の鮮やかな緑色のミントの入ったペーストをぬっていただきます

evrin02

前菜で面白かったのが ネパール風蒸し餃子のモモ
初めていただきましたが もっちりしていてなかなか美味しいです
ピンク色のそれほど辛くないピリ辛ソースをかけていただきます

evrin03

ネパールにも 蒸し餃子のような食文化があるのですね 
見た目はまさに小籠包風で
この手の食べ物は中国系と思っていたので意外でした

でも 調べてみるとオリジンはチベットの食文化のようです
あのあたりの地理や歴史は 色々と入り組んでいて難しい
シルクロード系で中国から入っていったのかな?


シークカバブ! 大好きです

evrin04

鉄板にジュージューと音と湯気をたてて出てきました
羊のミンチにたっぷりのスパイスを混ぜて串焼きにしたもの

美味しい!
ミントソースをたっぷりつけていただくのが好みです


飲み物は インド屋さんでは必ずいただく
ヨーグルトドリンクのラッシーをベースにしたカクテル

evrin05

今日は  ココナッツリキュール入りのマリブラッシー

ほんのりと甘めで スパイシーな料理との相性は抜群です!


カレーはマトン

evrin06


一緒に行かれた方は エビとほうれん草のカレー

evrin07


ふたりともどこのインド料理屋さんに行っても 必ずこれを注文します(笑)

このお店も辛さのチョイスができます
トウガラシ2つマークのちょい辛にしましたが 意外に辛くなかった
でも3つマークの Very hot はきついかも


ナンが大きくて 焼きたてアツアツで美味しいです!

evrin08


レジには ネパールの珍しいカレンダーが飾ってありました

evrin09

ネパールも ヒンドゥーのゾウさん神様 がいるのですね

プチ異文化の雰囲気体験 楽しいです

お店のなかはだんだん若者が増えてきて大賑わい
2500円の飲み放題プラスコース料理があるそうで納得です

かなりお腹いっぱいになったので 少し遠回りして歩いて家に帰りました



2017.04.28更新

当院の近隣の会社にお勤めで
糖尿病や脂質異常症で通院されている方は たくさんおられます

肥満に悩む方も多く

そうした方とは どうして体重が増えてしまったか?
その原因を明らかにするために
普段の食生活について詳しくうかがいますが

皆さんが共通して言われるのが

八丁堀界隈の飲食店は ランチのボリュームが多い!


書き手も ブログネタ取材も兼ねて
近隣の飲食店にランチにうかがうことがありますが

確かに ご飯は軒並みどんぶりの量だし
ご飯に蕎麦 ラーメンにライスといった 炭水化物重ねメニューも多い

そんなランチを美味しそうに召し上がっている
お腹が突き出たおじさま方を見ると
思わず 医院のカードを配りたくなりますが(笑)



そんな飽食ランチが多い八丁堀界隈で
ヘルシーなランチメニューを提供してくださっているのが
今日 ご紹介する

日本料理 以と宇 さん
八丁堀1-11-6 3553-7637

八重洲通りが通る八丁堀の交差点を 茅場町に向ってすぐの
ビルの1階にある小料理屋さんです 
(吉野家とはなまるうどんの間)

看板の字が難しくて いとう と読めません(苦笑)

hitou01


こぢんまりとしたお店で
年配のご主人がひとりで厨房を仕切られて
奥様と従業員の方が 料理を運んでこられます

皆さん とても感じが良くて好印象です!


ランチメニューは こんなラインナップ

hitou02


青魚好きの書き手は 鯵の叩き に魅かれて 
このお店に入りました(笑)

その 鯵の叩きランチ

hitou03

ご主人が注文を受けてから 素早く作ってくださるので
新鮮そのもので美味しいです!

hitou04

ご飯の量はヘルシーに少なめですが
栄養バランスを考えてか しっかりと小粒の納豆が付いてきます!


とろろ定食も美味しかった!

hitou05


もう30年近く この地でお店を構えておられるそうで
バブルの前の懐かしい頃の話で 盛り上がりましたよ(笑)


ヘルシーランチ路線でブログを書きますよ とお話したら

実は このお店の人気ランチメニューは カツカレー
食べログなどにも カツカレーのことしか投稿されないそうです

和食屋さんのカツカレー 確かに気になります


今度来たときは 頼んでみようかな
でも カレーはカロリーが高いからなあ、、、(苦笑)



2017.04.10更新

今年は酉年なので 鶏料理!
でも このお店を訪れたのは 実は昨年暮れですが(笑)

ホントにご近所にある

博多水たきのお店 さ和鳥 さん
八丁堀3-24-1 03-3555-5258

sawacho1


ランチは親子丼が有名で マスコミにも出たことがあるそうで
スタッフが 是非一度食べてみたいと憧れていたお店です

sawacho2


お店の外観は こんな感じ

sawacho3

古民家を改築したような佇まいです


中に入ると 1階は厨房で
照明は和風で 水たきに使われる土鍋も並んでいて
とても落ち着いた良い感じです

sawacho4


ここでお店の方に人数を伝えて 2階に案内されるのを待ちます

階段を昇ると 2階の店内は意外に広くてびっくり!

2階から階段を見下ろすと こんな和風レトロな感じで
なんだかとても和みます!

sawacho5


ランチメニュー

sawacho6

有名な親子丼 お蕎麦も手打ちで美味しそうです


書き手が最初にひとりで来たときは
九州地鶏のつくねの入った極親子丼は売り切れだったので
京都の九条ねぎがたっぷりのった 京親子丼  をいただきました

sawacho7

九条ネギの辛さと 親子丼の甘さがマッチして とても美味しい!

ご飯が少な目なのも ダイエット族には嬉しいでしょうが
炭水化物ラバーには 物足りないかも?

そのためか セットご飯メニューがあり
白飯だけでなく 卵かけご飯 鶏と高菜を炒めた博多丼などが
ラインアップされていました

でも ふくよか傾向の方は お避けください!(笑)


スタッフと来たときには まだ売り切れていなかった
念願の 極親子丼 をいただくことができました

sawacho8

ご覧のように トロトロ卵が鶏肉とつくね団子に絡まっていて
お味も甘すぎず辛すぎず ふんわりやわらかで
木のお匙ですくって頬張ると なんとも幸せな気分になりました!


また 後日うかがった時には 高菜鳥そばをいただきましたが

scokd10

水炊きのときに使われる コクのある白いスープが
あっさりとした細麺にからんで とても美味しく かつ 暖まりました


ランチの時間帯は 混んで行列ができることもあるようで
親子丼も売りきれてしまうこともあるそうですから
極親子丼目当ての方は 早目に行かれてください


夜は 水たきコースが美味しそう!

sawacho9

今度は 是非  夜にうかがってみたいと思います!



2017.01.06更新

去年の秋のことですが

タレントの有吉さんが ぶらぶらと町をお散歩しながら
地元のお店を紹介するテレビ番組で
八丁堀と新富町を特集するという情報を伝え聞いて 録画しておきました

その番組の冒頭で紹介されていたのが

sbanana1

Sonna banana
八丁堀2-15-5 080-3707-0877


昨年4月に 鈴らん通り沿いの八重洲通りにちかい場所にオープンした
なんと バナナジュースの専門店! です

すみません 全然 知りませんでした!(笑)

sbanana2


それにしても どうして バナナジュースの専門店?

お店の前にはバナナの木が植えられ

sbanana3

店内はこんな感じです

sbanana4


ちゃんと 有吉さんの番組のステッカーも飾られていました

sbanana5


メニューは これ

sbanana6

色々な種類のバナナジュースがあって びっくりです!


カウンターで注文を受けてから ジューサーで作りますから
混んでいると 少し待つことになります

sbanana7


近所のハンコ屋さんに用があったついでに 朝一番でうかがいましたが
出勤途中の常連さんが 既に何人かいらしていました

sbanana8

朝ごはん代わりに バナナジュースなのでしょうか?


我が家も朝ごはんとして 3種類 飲み比べしてみました

sbanana9

1番人気の プレーンのバナナジュース

期間限定 紅芋バナナジュース

そして 1日限定10杯の 沖縄高級バナナジュース


プレーンは 甘くて美味しい

紅芋は 甘さが少し増すような感じでした

そして高級バナナジュースは とても濃厚なので
ストローで吸うときに とても吸引力が必要です!(笑)

sbanana10

お味は プレーンより酸味があり ワイルドな感じでした


ふたりで3杯飲んだら 予想以上にお腹がいっぱいになりました!(笑)


それにしても バナナジュース専門店なんて面白い!
八丁堀にもユニークなお店が出来てきましたね!



2016.11.28更新

このお店に入る扉は
ビルの入口で201号室のインターフォンを押さないと開きません

mbr1

なんだか 秘密クラブのような 怪しげな雰囲気?


路地裏を散歩している途中で たまたま見つけた

自家製ハムとベーコンと季節の燻製のお店 目分量さん

八丁堀2-21-11 エコアクワイエ 201号室
070-6633-0124


自家製ハムとベーコン 季節の燻製 という言葉に魅かれて
インターフォンを押してみました


お店のなかは 予想にたがわぬ なんとなく妖しい雰囲気? (失礼!)

mbr3


お店の奥には なぜか電動式のダーツがあります

mbr4

このダーツがお店にある理由は

オーナーさんのお家のネコさまが 電動ダーツの音がお嫌いだから

それを聞いて 妖しげな雰囲気に少しビビッていたネコバカは
すっかり打ち解けてしまいました(笑)


でも お店の独特な空気は まだ続きます

カウンターに置かれている調味料入れは なぜか ビーカーとスポイト

mbr5


そのとなりにあるのは これ なんだかわかりますか?

mbr6

なんと 万華鏡です!  オシャレ!!


カウンターの奥には ポップコーンマシンもあって

mbr7

ホント オリジナルな雰囲気に満ち満ちていて 楽しい!



つきだしは 自家製スモークチーズ

mbr8


美味しい! スモーク好きには たまりません!


ハムと豚足の焼テリーヌ

mbr9


テリーヌをこんがりカリカリに焼くのは アイデアですね!
外がカリカリ 中はしっとり・旨みたっぷりで なかなかいけます


秋ならではの サーモンの燻製

mbr10


クリームチーズとの相性は抜群です


そして 美味しい燻製に合うお酒といえば
スモーキーフレーバーのアイラモルト!

mbr11

このお店では ラフロイグは ビーカーの量り売りです!(笑)


燻製に使うチップの種類の話とか いぶす時間の話とか
合うウイスキーのタイプの話とか 
燻製もウイスキーも奥が深いので 話は尽きません


自家製の燻製作り 格好良いですよね!


メインは これも自家製の ハムとベーコンのステーキ

mbr12
mbr13


美味しい!!

肉汁と脂が 口の中で渾然一体となって 幸せな気持ちになれます、、、

ベーコンは カナダの豚さんで作られているそうです


ちなみに どうしてお店の名前が 目分量 かというと

オーナーさんが ご自分の趣味で料理をされていた頃には
調味料を小さじ1杯とか 細かいレシピは気にされず
目分量で味付けされていたからだそうで

そういうアバウトな感じは 書き手は決して嫌いではありません(笑)


但し プロの料理人としてお店を持たれている今は
目分量ではなく 
しっかりレシピに基づいて調理されているそうです!


最近 これまでの常連さんが転勤などで減少気味なので
新たな常連さんを募集中だそうです

燻製好きの方は 是非 一度 
路地裏でインターフォンを押してみてください(笑)

とても美味しいですよ!



前へ

entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら