左利き肝臓専門医ブログ

2017.10.05更新

言葉が持つ響き 

というのは 意外に大切だと思います
 

つい最近も 笑顔で 「排除」 なんて言葉を口走ってしまったために
せっかくうまく運びそうだった流れを
一言で変化させてしまった方もおられるようですが?

yrid10


あ 今日はこういうお話をしたいのではなくて
(でも 22日夜は楽しみですね!笑)


いきなり閑話休題で恐縮ですが

古式ゆかしく 言霊(ことだま)と評するほどの
大げさなことでもありませんが

自分が発した言葉のニュアンスが 聞く人にきちんと伝わっているか? 


yird11


確かに そうしたことは 日常生活ではあまり意識しないかもしれませんが

こと 医者と患者さんとのコミュニュケーションにおいては

患者さんが気になる病状に関する言葉を発する側である医者は
充分に注意した方がよいと 自戒しています



さて 日本遺伝学会が
優性遺伝 劣性遺伝 という遺伝に関する用語を改定すると発表しました


優性遺伝 劣性遺伝

読み手の皆さんは 聞かれたことがあるでしょうか?


遺伝という現象は 親から子に遺伝子が伝えられることで起こります

DNAから成る遺伝子は かたまりを作り 染色体を形成します


yrid01


染色体は
男女の性別を規定する性染色体(X染色体 Y染色体)と
それ以外の常染色体に 分類されます

ヒトは 
2本の性染色体(XXなら女 XYなら男) 
22対・44本の常染色体を有しています

yrid02

母の卵子に父の精子が受精して 受精卵が作られますが
そのとき 母親の染色体 父親の染色体を
それぞれ1本ずつ受け継いで それが子供の染色体となります


yrid09


さて 染色体の一部の遺伝子に変異がある場合
なんらかの症状が出ることがありますが

症状が出るか出ないかは 少し複雑なルールで決められています

父 母から受け継いだ1対・2本の常染色体のうち
いずれか一方の常染色体の遺伝子にだけ変異があった場合

その遺伝子変異による症状が出る遺伝形式を 常染色体優性遺伝

症状が出ない遺伝形式を 常染色体劣性遺伝

と呼びます


どうして このような現象がみられるかというと

遺伝子には その特徴が
表現されやすい遺伝子 されにくい遺伝子 があるからです


血液型を例にして説明すると わかりやすいかもしれません

A型遺伝子 B型遺伝子は 特徴が表現されやすい遺伝子で
O型遺伝子は 表現されにくい遺伝子です

ですから 図のように

yrid03

お父さんが A型 O型の遺伝子を有していると 血液型はA型
お母さんが B型 O型の遺伝子を有していると 血液型はB型

その お父さん お母さんから生まれた子供が

お父さんのA型 お母さんのB型を引き継ぐと 血液型はAB型
お父さんのA型 お母さんのO型を引き継ぐと 血液型はA型
お父さんのO型 お母さんのB型を引き継ぐと 血液型はB型
お父さんのO型 お母さんのO型を引き継ぐと 血液型はO型

つまり A型 B型の遺伝子は
遺伝子がひとつあれば 血液型はA型あるいはB型になりますが

O型の遺伝子は
両親のO型遺伝子を両方引き継がないと 血液型はO型になりません

ということで

A型 B型の遺伝子は 特徴が表現されやすいので 優性遺伝子
O型の遺伝子は 表現されにくいので 劣性遺伝子
と呼ばれます


さて 血液型の遺伝子だけでなく
子供は全ての遺伝子がのっかった染色体を 両親から1本ずつもらいます

そして血液型と同じように
優勢 劣勢遺伝のシステムにより 特徴が引き継がれます

つまり 両親から1本ずつもらった遺伝子のうち

そのうち1本の染色体の遺伝子に変異があっても
もう1本の染色体の遺伝子に変異がなければ
変異による症状が出現しないことがあります

こうした場合は 劣性遺伝になります

変異による症状が出にくいので 劣性と呼ばれてきました


しかし 優性遺伝では
両親の遺伝子のいずれか1本に異常があれば 症状が出てしまう

症状が出やすいので 優性と呼ばれてきました

yrid04


耳垢がカサカサしているか ジメジメしているかも
優勢・劣性遺伝で規定されています

この場合
ジメジメ遺伝子・Aが優性遺伝子 カサカサ遺伝子・aが劣性遺伝子です

yrid05


優性遺伝 劣性遺伝 と呼ばれる仕組みを ご理解いただけたでしょうか?



で 医療関係者は こうしたことを勉強しているので
ごく普通に

「ああ それは優性遺伝ですよ」とか「劣性遺伝ですね」と言いますし

そのままの単語を用いて 患者さんに説明することもある

yrid08


ですが そうした単語を初めて聞く患者さんや家族の方は
医者から「劣性遺伝」と言われて

えっ 遺伝的に劣っているの? と勘違いされることが有り得るのです


患者さんや家族の方が そんな風に感じられるなんて

医療関係者は思ってもいないし 想像すらしていないのですよ

だけど 医療関係者と患者さんとの間で
そのような 医者が発した言葉に関する認識の違いが 
起こり得る


だから 遺伝学会は
優性遺伝 劣性遺伝 という用語を使うのをやめて

顕性遺伝 潜性遺伝 という呼び方にしましょう と取り決めたのです

顕れやすい 潜みやすい

確かに 優性・劣性よりは 言葉の響きが柔らかいように感じます

yrid06


それ以外にも
変異 や 異常 という単語は
バイアスがかかった認識をされる危険性があるとのことで
多様性 という単語に変更されました

yrid07



こうした
専門家と素人の間での会話で生じうるリスクに気がつくことは
とても大事だと思います

そのような感性が 医療従事者には不可欠でしょう


自分が語った言葉が 患者さんにきちんと理解されているか?
知らぬ間に患者さんを不安にさせていないか?

自戒 自戒です

正直言って お恥ずかしいことに この歳になっても
患者さんにちゃんと意図が伝わったかな?
と ときおり 不安になることもあります(苦笑)

患者さんの皆さんも
医者との会話で 腑に落ちないことがあれば
すぐに遠慮なく質問してくださいね!



2016.12.13更新

書き手は 学会発表や講演会などで
しょっちゅうスライドは作っていましたが
動画を作った経験はありません

生活習慣病の食事療法・運動療法の動画
というテーマをいただいて

運動療法の方は
実際にウォーキングや筋トレの映像を撮る構想が
すぐに思い浮かべましたが

うーん 食事療法の方はどうしようと悩みました

爆食いしている動画は シュールだし(苦笑)


そこで考えたのが
スライド作りのソフトのパワーポイントでよく用いる
アニメーションという手法です

文字ばかりのスライドをだして
そこに書かれていることを上から順番に説明していたら
聞いている方は眠くなってしまいます(苦笑)

dgu12

そんなことにならないように

何も書かれていないスライドに
話す順番に小見出しなどを表出していく手法が アニメーションですが

dgu11

その手法を駆使して

太る食習慣のパターンとか
具体的なダイエットの方法や長所短所などを解説した
10枚ほどのスライドを作りました

dgu13


水色の何も書かれていないスライドに
ナレーションにしたがって 上から順番に文言が表示されていく
そんなイメージです


運動療法についても
有酸素運動 無酸素運動の要点などを列記し
アニメーション手法を用いて強調し

dgu14

その合間に 実際に運動している動画を挿入する

dgu15

といったイメージのスライドを やはり10枚ほど作りました

そしてそれらのスライドを こんな感じでいかがでしょうか? と
プロの方にメールで送りました


で 以前のブログでご紹介したように
何回かの雨天順延を経て やっと動画撮影が行えることとなり

dgu16

その際に 動画制作部の担当の方が来られたのですが

打合せを始めてすぐに
僕が作ったスライド どうですか? と お尋ねしました


書き手は 学会発表や講演会はかなりの数をこなしていて
スライド作りは上手い方だと自己満足していましたから
実は 意外に自信ありだったのですが(苦笑)

はい プロに見事にダメ出しをしていただきました!(笑)

dgu17



プロがおっしゃるには

*動画ですから いくらアニメーション技法を使っても
 文字だけではダメ

*見る方が飽きないで最後まで見てくれるのは
 どんなに長くても2分程度

ということで

書き手が作ったものは
文字が中心でアピール性が乏しく そのうえ長すぎる

うーん ごもっともで 耳が痛い(苦笑)



そこでプロが
書き手が作ったスライドのエッセンスを抽出して
見事に作っていただいたのが 今回アップした動画です

dgu19

さすがプロ ポイントはしっかりとおさえて
みやすく わかりやすい動画に仕上がっています

食事療法の方は どうしても静的な傾向が強くなるので
運動療法の方は より動きを強調したダイナミックなものにしました
とも言われていました

dgu18

ホント さすがです!


その後 いくつかの細かい修正を経て ついに公開にこぎつけました!

今回の動画で女優デビューしてくれたスタッフや
製作のプロたち ナレーションしてくださった方など

多くの方々のご協力のおかげで
なかなか良いものが出来あがったと ちょっと嬉しい気持ちです

貴重なアドバイスをいただいた 動画制作部の方々をはじめ
皆さん 本当にどうも有り難うございました

やり慣れない筋トレで 翌日 筋肉痛になった(笑)スタッフも
どうもありがとう!


八丁堀駅から当院への道順案内の動画もあわせてアップしましたので
是非 ご覧ください

dgu4


そして 最後に 忘れてはならない一言

食事療法・運動療法の動画の最後に 字幕付きでナレーションされていますが

「ここでは説明しきれなかった
 細かい重要なポイントもたくさんありますので
 心配な方 何か疑問がある方は 遠慮なく相談にいらしてください」

ベラベラと自己満足的に ダラダラと全てを説明しつくすのではなく

最後は こうした 
「そうか ちょっと相談に行ってみようかな」
見ている方に思っていただけるような

そんな ちょっとビジネスライクな文言で〆る

再度 さすが プロです!(笑)



蛇足ですが 運動療法編に書き手が出ているのは
「自分も出たい!」 という出しゃばり精神によるものではなく

普段 患者さんに
「ウォーキングのときは
 前を歩いている人を追い越す勢いで歩いてください」
と 説明しているので

チンタラ歩いていて追い越されるおじさん役を 演じたわけです

書き手は普段は歩くのが早い方なので
のんびり歩くのは結構大変でしたし
ついつい カメラの方を見てしまいそうになったりして

OKが出るまで 何テイクも撮ることになったのですよ(笑)



2016.12.12更新

既にお気づきの方もおられるかと思いますが
当院のHPに12/8から 動画コンテンツ が加わりました


このHPは
最初は 構成・デザインなど ほぼ自家製で作っていたのですが

dgu1


とある機会に その道のプロの方

「素人くさくて 見る人が安心感を得られない」

と指摘していただき なるほど~と感じて


昨年夏に 別のプロの方にお願いして リニューアルして

自画自賛で恐縮ですが(苦笑)
外観はなかなかオシャレになったと満足しています

中身は 相変わらず
偏屈した内容のブログばかりで恐縮ですが(再苦笑)



で リニューアル後に HPへのアクセス数は右肩上がりで増加し

dgu2

HPを見て来院される患者さんの数も同様に増えています

うーん プロのアドバイスは素直に聞くものだし
その対策は効果的で 実際に数値として現れるものだな
と 感心していた次第ですが


そのリニューアルをお願いしたプロの方が
今年の初夏に 新たな提案を持って来られました

それが 動画コンテンツの挿入です


動画コンテンツ?

dgu3


はっきり言って 考えたこともありませんでしたし
どんな内容の動画を挿入するか
なんのアイデアもありませんでした(苦笑)


プロの方が言われるには
最寄りの駅からの道案内などの動画を挿入されることが多いそうで

そういえば 当院にも
八丁堀の駅から どのようにして行けばいいのか?
という問い合わせのお電話がかかってくることが少なくありません

なるほど それは良いかもしれませんね と納得しました

dgu4


でも どうせなら 道案内だけでなく
医療関連の動画もあると良いと思ったのですが

たとえば美容系のクリニックなら
こんなに綺麗になりましたとか
一生懸命に手術をされている先生のお姿などの動画がウケるでしょうが

糖尿病 生活習慣病 肝臓病を専門にする当院に
ふさわしい動画なんてあるかな? と思案したところ

良いアイデアが浮かびました!

糖尿病 生活習慣病の食事療法 運動療法の動画はどうだろう?


実際 当院には
検診などで血糖 コレステロール 尿酸などが高いと指摘され
心配されて相談に来られる患者さんが多く
そうした方々には ほぼ100% 食事療法 運動療法のお話をします 

また 待合室にも
食事療法 運動療法の自家製のパンフレットを置いてありますが

dgu5

聞いたり読んだりするよりも 目で見た方が
理解するためのとっかかりとして すんなり入れるのではないだろうか?


ということで 食事療法 運動療法の動画はどうでしょう?

と プロの方に提案したところ

それは良いかもしれませんねと ご賛同いただき
プロジェクトが動き始めたわけです


こうなると
学生時代に文化祭などで企画・製作をしていたときのノリで
なんとなく楽しくなってきます(笑)

でも HPの作製のときと同じで
いざ実行するとなると プロのチェックは厳しいのですよ(苦笑)

どんな風に厳しかったか 次回 詳しくお話しします



2016.11.18更新

例によって 突然電話がかかってきました

先生 外人さんからお電話です!

はいはい ディスイズ Dr. Takahashi スピーキング ですよ


電話をかけてきたのは 香港のかわいい女性でした

あ 別に声だけでかわいいかどうか判断したわけではありませんよ(笑)
あとで来たメールに添付されていたネームカードに
顔写真がついていました


でも どうして香港から当院に電話が?

hongkong1


当院ではHPに英語の案内も載せていて
そのせいかGAIJINさんの患者さんも度々来られますが

某国大使館の日本在留市民サービスページにも
案内を掲載させていただいているので
そこで当院を発見されたようです


お話をうかがうと どうも薬剤のマーケットリサーチの依頼のようです

彼女は リサーチを行っている会社の下請けさんをしていて
「XX…X っていう薬なのだけど 発音 あってる?」
という感じで 医薬業界にはあまり詳しくないようでした

hongkong2

オファーをアクセプトしてくれるなら
あなたの都合のいい時間に担当者から電話してインタビューしたいのだけど
大丈夫かしら?

面白そうなので OKしてみました


そのあと何通かメールが来て
リサーチを行っているのはロンドンに本社がある会社で
インタビューは ニューヨークの担当部門からの電話で行われるようです

いかにも欧米らしく メールには契約書が添付されていて
そのなかで 特定の製薬会社との利益相反がないか質問されています

最近は日本の学会でも発表する際に
利益相反の有無を提示するようになりましたが

十年くらい前はそんな習慣はなく その頃にアメリカの学会で発表したとき
ディスクローズすべきことはないことを最初のスライドで示せ
とのお達しがあり

ディスクローズってなに? と面食らったものです(苦笑)

hongkong3



製薬会社となんらかの利益が絡む関係があった場合
発表内容にバイアスがかかる可能性があるので
あらかじめ発表前に関係(利益相反)の有無を示すわけですが

薬品に関するアンケート調査でも
そうしたバイアスがないことを確認されたわけで
いかにもアメリカ! という感じですね(笑)



さて 指定された時間の当日 ちょっと緊張して電話を待ちました

なんとその30分前に 香港の彼女からコンファームの電話があったので
えっ そんなに大掛かりなことなの?と 
余計に緊張してしまいました(笑)

で 定刻通り NYから電話がかかってきて

hongkong4

インタビューアーは残念ながら若い男性でしたが(苦笑)


なんとインタビューは 1時間も続いたのですよ!

しかも電話で 普通にしゃべってくるので
正直言って1/3~1/4くらいは ちょっと聞き取れず意味不明(苦笑)

多分 こんなことを聞いているのだろうな と思って解答すると
その予想が当たってまっとうな返事ができた場合は
電話の相手は got it と答えてくれますが

hongkong6

とんちんかんな返事をしたと思われる場合は しばし沈黙が流れます(苦笑)

沈黙されると あ 失敗したな という感じ(再苦笑) 
インタビューアーさんも 困ったな と思っていたかな?(再々苦笑)

hongkong7


こちらも 質問された薬剤について それほど詳しいわけではなく
しかも そのうちのいくつかは日本では未発売なので
知っている知識を総動員して答えていたら 汗をかいてきましたよ(苦笑)

でも 最後の方で
あ 多分彼はこんな答えを期待しているかな? と思う質問があったので
期待通りと思われる答えをしたら 予想通り妙に盛り上がり
しばしその話題に花が咲いて 円満に幕を下ろすことができました

hongkong8

うひゃー 疲れました!(笑)

はたして 得体のしれない東洋人医師へのインタビューは
役に立ったのでしょうか?(笑)

hongkong9


インタビュー後すぐに 
バイト代の振り込みの知らせがメールできましたが
予想より時給は良かったです(笑)


夏真っ盛りの頃でしたから
最初の電話のやりとりで 香港の彼女に
「香港は暑い?」と聞いて しばし雑談をしたのですが

彼女からのバイト代振り込み通知のメールの最後には
「Tokyoも暑いの? 素敵な夏休みを!」と書かれていました

こんな なにげないやり取り 書き手は結構好きなのですよ(笑)



2016.10.07更新

書き手は雨男だと 糖尿病専門医さんは言います

確かに 結婚式の日も雨だったし
ヨーロッパに出張に行くときに台風が来て
飛行機が飛ばず 成田で1泊したこともあります

でも 自分では 雨男という自覚はないのですが(苦笑)


しかし 今回はその事実を はっきりと認識せざるを得ませんでした

だって 雨で予定が 3回も延期になったのですから!


HPを より使いやすくするために 動画を挿入することにしました

当院に行きたいのだけれど 道がよくわからない という
問い合わせの電話をいただくことが多いので

東京メトロ・JR京葉線の八丁堀駅から当院に至る道順をカメラで撮影して
HPに道順案内の動画をアップすることにしたのですが

satsuei1


せっかく動画を撮るので 道順案内だけでなく

併せて 生活習慣病の食事療法・運動療法の解説を
スライドとナレーションで動画にして 近々中にアップする予定でいます


で 動画なので動きがあった方が良いということで
運動療法の解説では 実際にデモンストレーションすることにし

有酸素運動のデモンストレーションは
当院の近くにある隅田川テラスで撮影することにしました
(このビュー 昔のトレンディドラマでよく使われました:笑)

satsuei2


この計画が立ち上がったのは8月初めで
お盆休みが明けてから撮影をしましょう ということでしたが

最初の予定日の8/30に台風が来て 延期

次の予定日だった9/8にも 再度 台風が来て 再延期

satsuei3


さらに 翌週の9/15にも 雨で 再々延期 


最後の方は 撮影スタッフの方も当方も

ここまできたら きちんと晴れる日を待ちましょう!

ということになり、、、


それにしても 確かに今年の夏は台風が多かったのは事実ですが
3回も延期になるとは、、、


satsuei4

まあ 2度あることは3度ある という諺もあることですし
(でも 3度目の正直 という諺もありますね:苦笑)

さすが雨男! と 糖尿病専門医さんは 大笑いしていましたが(笑)


ということで 先日 4度目の正直で やっと撮影を行うことができました

実は撮影予定日の数日前には
再び台風で雨になるとの天気予報があって

えっ 4回目の延期なの? と 半ば呆れていましたが

てるてる坊主を作ったおかげで?(笑) 無事に晴れてくれました

satsuei5


当日は2名の撮影スタッフが来られて

まずは院内の待合室で 無酸素運動のデモンストレーションを撮影

satsuei6

モデルは 当院スタッフに女優デビューしていただきました


撮影という経験は初めてでしたが こんな感じで和気あいあい!

satsuei7

撮影する場所や背景などを充分に吟味したあと

まずは 演技指導が入り

satsuei8


最初に試し撮りをして それから本番です


はい 本番いきま~す という声がかかり

緊張のなか 無事にデモンストレーションが終わると

はい OKで~す 

なんだかプロっぽいです!(笑)

当院のスタッフが スクワットなどをしているときには
撮影スタッフの方が こちらに目線を! と合図したりするのですよ!

出来上がりの良さは 後日公開のお楽しみ!(笑)


そして 隅田川テラスでの撮影は こんな感じ

satsuei9

実は書き手も
早歩きをするスタッフに追い越されるオジサン役で登場したので
その部分のメイキング写真は撮れませんでしたが

はい おじさん もう少しチンタラ歩いてください とか

もうちょっと川の方を見ながら のんびり散歩している雰囲気で とか

いろいろと指導が入ったり


じゃあ 同じシーンの足元のアップを撮ります 

とかで 1シーンを撮るのに7~8回くらい演技(?)しました

業界では ハイ テイク4 いきまーす とか言うのかな?(笑) 


いやー 撮影って大変ですね!
こりゃ 役者さんにはなれないな?(笑)


急遽 ジョギングシーンもあった方が良い との提案があり

ジョギングシューズを履いていた撮影スタッフの方に
隅田川テラスをジョギングしていただきました

satsuei10


ということで 4度目の正直で 無事に撮影も終了

女優デビューしてくれた当院スタッフ
それから 撮影隊の皆さん どうもありがとうございました!

どんな動画になるか 今から楽しみです
読み手の皆さんも 乞うご期待?(笑)


で 隅田川テラスでの撮影の際に
道行く人に 役者さんと間違えられてサインを求められて、、、

なんてことは 残念ながらありませんでした(笑)



2016.08.26更新

ダイワハウスさんのメルマガのPERMIST Life

dh1

書き手を取材していただいた
NAFLD・脂肪性肝炎に関する記事が掲載されました

dh2


ダイワハウスさんからオファーがあったのは 確か5月頃でしたが
電話で最初にダイワハウスさんとうかがって

あ あの面白いTVコマーシャルの会社ですね と受け答えたのを覚えています

だって 役所広司さんが踊る あのコマーシャル
インパクトがありましたよね!(笑)

dh3
dh4



実は先方から NASHについてお話をうかがいたい と言われたので
急遽ブログにNAFLD・NASHシリーズを書き始めたのですよ(笑)

メディアの皆さんは 健康ネタのトレンドをしっかりとキャッチされていて
しかもよく勉強されているので 手強いです(笑)


それにしても
不動産会社のメルマガで健康関連の話題を取り上げられるなんて

なかなか戦略的です

確かに マンションを購入しようと考えられる方の多くは
ご自身の健康に気を配られはじめる年代でしょうから
メルマガなどに健康関連の情報があると 興味を持たれますよね

そして そんな情報を提供してくれたダイワハウスへの親近感が増す

さすが プロは目のつけどころが違います!
CMで描かれていたように しっかりと戦略を練っておられます(笑)

dh5


ということで なんでダイワハウスなの? と ちょっと意外でしたが(笑)
お引受けすることにしました

dh6



取材当日は 聡明な素敵な女性が来られて
オジサンは少し緊張しましたが(苦笑)

しっかりと脂肪性肝炎の怖さについてお話をしました

ゲラのcheckのやりとりを経て
8/29から オンライン公開されていますが
ご覧になっておわかりのように

読みやすくて おしゃれで しかもよくまとめられています!



書き手は文章を書くのは嫌いではないので
毎日ブログを書くことは 全く苦にならないのですが

こちらが伝えたいことをきちんと伝えられているか 心配になることがあります

独りよがりな表現をしたり まとまりのない散文になったりで
読み手の方に 何が言いたいのかわからない と思わせてしまうことが
往々にしてありがちです

dh7


ところが オレンジページの取材のときも
このHPをリニューアルしたときも 思いましたが

取材される方は こちらが勝手に散逸にベラベラと喋ったことを聞かれながら
書き手がアピールしたいと思うポイントを しっかりと的確にとらえられ 
それを 見事にコンパクトにまとめられます


dh8


しかも 読む人が興味を持つような表現をされるし
タイトルや小見出しのつけ方も上手い!

さすがはプロだと いつも感心してしまいます


書き手もプロの技を見習って
読み手の皆さんが興味を持たれるようなネタを感知して
それを上手に料理して 面白く わかりやすく伝えねばと思う次第です

オチ 大事ですよね!(笑)

dh9



幸いなことに 健康関連の話題だけでなく
ネコネタブログや左利きネタブログにもファンがいてくださるようなので

うーん はやく ネコ関連メディアや左利き関連メディアからも
取材のオファーが来ないかな?

えっ 趣旨が違う?(苦笑)



2016.08.01更新

書き手は活字好きなので
本屋さんに行くと 本や雑誌はジャンルを問わず色々と見て回りますが

すみません この雑誌は 今までいちども手にとったことがありませんでした


orp1


料理の月刊誌なのですね

さすがに 料理雑誌はちょっと、、、
お酒の雑誌なら興味はあるのですが(苦笑)


さて 5月頃 このオレンジページの編集部さんからご連絡をいただき
サルコペニア肥満について取材をしたい とのオファーがありました

ブログでサルコペニア肥満についてのシリーズを書いていたので
それをご覧になって 興味を持っていただいて
連絡してくださったようです

orp2


ちょうど書き手はその頃に
早稲田の学生さんからの二日酔い対策の取材を受けていましたし

サルコペニア肥満は糖尿病とも深い関係があるので
糖尿病専門医さんに取材をうけてもらいました


ということで 6月に編集部の方が当院に来られ
30分ほど取材をされていかれました

あらかじめブログに書いた内容もあったので
そちらも参考にしてくださったようです


インタビューに来られた方は とても素敵な女性だったそうで

糖尿病専門医さんからそれを聞いた書き手は
失敗した 僕がインタビューを受ければよかった

などと ちょっと邪(よこしま)なことを思ったりしました(苦笑)



そして 先日 ご丁寧なお礼状とともに
インタビュー記事が掲載された オレンジページ8/17日号
郵送されてきました

orp3


猛暑緊急特集 「包丁いらず」特集2本立て!
「味つけ肉ストック」で速効ごはん
レンチンおかず 2分小鉢

忙しい主婦の皆さんにとって こういう特集は力強い味方になるのでしょうね!
なんだか とても美味しそうです(笑)


そして 付箋が貼られたページを開くと

いま知りたい! 健康ことば辞典 第4回
「サルコペニア肥満」

orp4


おおー 糖尿病専門医さんの監修で 1頁の記事が出ています

orp5


さすがプロだけあって インタビューで話された内容が
しっかりとポイントをおさえながら コンパクトに要領よくまとまっています

なんだか こうして活字になると
ブログに書いたり インタビューで話した(と思われる)ことより
立派なことが書かれているような気がして不思議です(笑)


でも サルコペニア肥満は
これから増えていくと思われる重大な病態ですし
ブログに書いたように 生活習慣病とも深く関与します


orp6

ですから この記事を読まれた方が少しでも興味を持っていただいて
ご自分の日常の健康管理に役立てていただければ
頑張ってブログを書いた甲斐があると思い ちょっと嬉しいです


先日も 足が弱くなってきたと嘆かれる高齢のご婦人の患者さんに
サルコペニア肥満のお話しをして

ふくらはぎのところで こうやって両指で輪っかを作ってみて 
ブログにも書いた簡単なサルコペニア診断法をやっていただき

orp7


幸いにもまだ筋肉量が落ちていなかったので
まだこれから筋トレをすれば
いつまでもしっかり歩け続けられますよ とアドバイスしたら

とても喜んでいただけました

患者さんたちは
こうした具体的なアドバイスをとても喜んでいただけますから
そういう役に立つ実践的なアドバイスをしようと心掛けています



で 最近 ブログを読まれたマスコミ関係の方から
度々 問い合わせをいただきます

早稲田の学生さんからの問い合わせもびっくりしましたが
うーん どんな方が読まれているかわからないなと痛感しています

しかも 今回のオレンジページの方もそうでしたが
健康上のことで 最新の話題になっている事柄について
とてもよく勉強されて 突っ込んで来られる

こりゃ きちんと勉強をしてup to dateな知識を仕入れて
解かりやすいブログを書かないといけないなと

書き手は気を引き締めている次第です


ところで 幸か不幸か お酒関係の雑誌社からは
まだ問い合わせが来たことはありません(苦笑)



2016.05.13更新

プロのカメラマンさんが 当院に来られました!

おっ いよいよ我が家のネコさまたちが ネコ雑誌にデビューされる?

わけではありません(笑)


最近Googleさんのストリートビューで
実際に店舗のなかに入り 内部を360℃見わたせる

インドアビュー というサービスができて

飲食店などではかなり採用されているそうです

Googleさんは 医療機関にもこのシステムを浸透させようとされていて
当院にも そのオファーがあった次第です


ミーハーであたらしもの好きな書き手は 面白いと思い

当院のHPのデザイン等をやってくれているプロに聞いたところ
是非 取り入れた方が良い! とアドバイスされたので

お財布と相談して(笑) お願いすることにしました


確かに外国のホテルなどのHPでは
マウスを操作して 内部を360℃見ることができる画像をよく見かけます

今回のGoogleさんのサービスでは ストリートビューに付随するだけでなく
その画像をHPでも見られるようにできるとのことで
そりゃ 良いじゃない! 


ということで 某日のお昼休みに Googleのカメラマンさんが来られました

三脚を立てて カメラを設置して
あらかじめ決めておいた何ヶ所かのポイントで 撮影が始まります


ビルの前の通りから 内部の当院の入口を見る視線の方向の撮影は
こんな感じです

google1

お昼休みだったので 道を行かれる方が 
いったい 何をやってるんだ~ という感じで 
不思議そうに見て行かれました(笑)


医院のなかに入って 待合室の撮影は こんな感じ

google2

空間を360度見渡せるポイントに三脚を立て 前後左右の4枚の写真を撮ります

レンズが魚眼レンズなので 
各方向の写真は こんな具合に広角で撮影されます

google3

google4



そして 前後左右の4枚をつなぎ合わせると
そのポイントからの360℃画像が出来上がるのだそうで

なるほど~ そういう仕組みになっているのですね! 面白い!

google6


個人情報に関わるものが写されないように 細心の注意を払いますし
依頼者からのオファーがなければ 原則的に人物は写しません

ただ アメリカなどでは
お店のスタッフの方が変装して 皆で写っていることもよくあるそうです

書き手も ネコさまを連れてきて被写体になろうかと思いましたが
動物病院と間違えられては困るので やめました(笑)

でも ちょっとイタズラして
診察室のイスに このクッションを立てかけておきました

google7

以前ご紹介した 黒ネコのCuriosityも 探すことができるでしょうか?

google7


数週間後には HPで見られるようになりますので 乞うご期待です!


いやー それにしても 世の中は どんどんと新しくなっていきますね
びっくりです!

カメラマンさん どうもありがとうございました!



 

2016.04.18更新

地下鉄のホームで電車を待っているとき
なんとなくてもちぶたさで 壁の看板に目がいきますが

最近思うのは

広告がない空きスペースが多い!

metrokoukoku1


銀座駅でも 半分くらいは 空いているのではないかな?


ネット全盛時代なので こういう広告は流行らないのかなと思っていましたが

なんと そのメトロの広告を行っている会社の営業さんから
八丁堀駅に広告を出しませんか? というオファーがありました

えっ ホームの壁に広告を出すの?

と 一瞬たじろぎましたが 
さすがに違って 改札口を出たところにある地図に出す広告でした


今どきは 皆さんスマホでグーグルマップされるでしょうから
地図を見る方は少ないかなと思いましたが

そのオファーがあってから しばらくの間
八丁堀駅の改札口を行き来するたびに 地図のところを見ていたところ

意外に地図を見ている方が多い!

それに 医療機関はあまり出ていないし 
お値段的にも許容範囲内だったので お願いすることにしました

ちなみに 興味本位で ホームの広告のお値段もうかがってみましたが
駅によってお値段は異なるようで
さすがに銀座駅のお値段は ご立派なものでした!(笑)


ということで 4月から
東京メトロ八丁堀駅の改札を出たところにある地図には

metrokoukoku2

高橋医院の場所が出ていますし

metrokoukoku3

地図の横の広告スペースの医療施設の欄には
医院の広告が出ています

metrokoukoku4


初めて見つけたときは ちょっとドキドキしました(笑)

あ オレンジのマークが 
HPや実際の看板と反対で 左側なのは
メトロの広告のデザインの決まりがあるからで 悪しからずです


八丁堀駅で地図のそばを通ることがありましたら チェックしてみてください

残念ながら 見ただけでは 
血糖値やコレステロールの値は下がりません(苦笑)


つまらない冗談はさておき

当院への行き方がわからない と
ときどき電話で質問されてくる方もおられるので
そうした方々のお役に立ったら良いと思っています


それにしても いろいろな広告媒体があるものですね



さて 先週末から起きている 熊本地方を中心とした地震

被害がどんどん大きくなっていくのを見て 本当に驚いています

テレビを見ると 自然災害の猛威に驚かされるとともに
避難生活を余儀なくされてる方々の様子を拝見して 心が痛みます

世の中というのは 不条理なものですね

不幸にして亡くなられた方のご冥福と
被害に遭われた方々のご健康と 一刻も早い復興を 
お祈りしたいと思います



 

2016.02.26更新

お腹をこわして 下痢や吐き気で食事がとれないとき
風邪やインフルエンザで 高熱が出て苦しいとき
夏に熱中症気味で 脱水症状がつらいとき

そして

二日酔いで調子が悪いときも?(笑)

そんなときに効果があるのは 点滴です

口から飲んで胃から吸収されるのでなく
血管のなかに直接水分や薬の成分が補給されるので
即効性があり すぐに調子が良くなることが多い

書き手もずいぶん昔 風邪で高熱でまいったときに点滴をして 
こんなによくなるものか と驚いたことがあります


当院でも さまざまな理由から 
点滴治療を望まれる患者さんが増えてきましたので
点滴専用のスペースを確保して リニューアルしました

tenteki1



このベッド
なんのことはない ごく普通の診察ベッドに見えるでしょうが
実は なかなかこだわりがあります

tenteki2

ちょっと宣伝させてください(笑)

@普通の診察ベッドよりも 横幅が広い
点滴は終わるまでに1時間くらいかかることが多いし
その間 針を刺したところから液が漏れないように
腕を体幹に沿って伸ばして 同じ姿勢を保持していただくので
ベッドの横幅が狭いと窮屈ですから 広い横幅のベッドにしました

@クッションが柔らかい
患者さんは長い時間 同じ姿勢で寝ておられるので
少しでも快適に過ごせるように
普通の診察ベッドより柔らかい クッション性のあるものにしました
フカフカではありませんが 通常の診察ベッドよりかなり弾力性があります

@枕の角が丸くて柔らかい
診察ベッドの枕は 長方形のものが多いのですが
長時間 後頭部から首にかけて枕の角があたっていると寝づらい
かといって 円柱形だとすわりが悪い
そこで 後頭部にあたる部分は丸くて 柔らかく
他の部分は四角で 安定性がよく動かないものにしました

tenteki3

@軽くて肌触りがよく暖かいブランケット
点滴している間は リラックスしてのんびりしていただきたい
そこで 軽くて 肌触りが良く 暖かいブランケットを用意しました
しかも大きなサイズなので 体全体がすっぽりと収まります
プレミアムマイクロファイバーという素材で
とても肌触りが良いです!

teneteki4


点滴ベッドの周りには 待合室に季節ごとに掛け替えていた
四季折々の風景写真を飾って

tenteki5
tenteki6
 
あたかも大自然のなかでのんびり休んでいるような
そんな気分を味わっていただけるようにしました


既に何人か 点滴を受けられた方がおられますが
途中で点滴がきちんと落ちているかチェックしに行くと
皆さん とても気持ちよさそうに休んでおられます


体調が悪くて とてもつらいとき
どうしても明日の仕事が休めないので なんとかしたいとき
疲れがたまってどうしようもないとき など

点滴をすることで早期に改善することも多いので
つらいときには 遠慮なくご相談ください

意外に寝心地が良いですよ!(笑)


あ でも いくら気持ちよくても
点滴中に寝返りをうつと 液が皮下に漏れてしまうので
仰向けの姿勢のまま寝ていただくようお願いします

イビキは可です(笑)


前へ

entryの検索

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら