左利き肝臓専門医ブログ

2016.01.29更新

都の福祉保健局は
1月28日に 都内におけるインフルエンザ流行が広がり始め
注意報レベルに達した 
と発表しました


インフルエンザ患者さんの発症数を
定期的に計測している医療機関(定点)における
1週間の新規インフルエンザ患者さんの報告数が

1/18~1/24の1週間で 
10人を越えて注意報レベルになりました

先週は3.78人でしたから 1週間で3倍を超える増加率です

下の折れ線グラフに示すように 
例年はこの時点から 患者さんの数が
急勾配の右肩上がりで増えていきますから
今年もこれからより大きな流行に拡大する恐れが充分にあります


16inf1

 

中央区は 幸いまだ注意報レベルには達していませんが
この地図をご覧になってお解りのように
都内の多くの区がオレンジ色の注意報レベルに達しています


16inf2

 

また 近隣の千葉県 神奈川県 埼玉県でも 同様の傾向が認められています

16inf3

 

インフルエンザは 早期に診断し 治療を開始することが大切です

早期に診断すれば 周囲の人に感染させてしまうリスクも減りますし
早期から治療をすれば つらい症状に苦しむ期間を短縮することができます

心配な方は 早目に相談にいらしてください


また 今年は流行の開始が遅かったので 
上の折れ線グラフの紺や緑で示された年のように 
流行が3月一杯続く可能性がありますから
まだインフルエンザの予防接種を受けておられない方は 是非お受けください



entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら