左利き肝臓専門医ブログ

2017.08.15更新

夏にしつこい咳が続く場合
夏風邪でなく 夏型過敏性肺炎 を疑う必要があります

nkh01


<原因はカビ>

夏に増殖する トリコスポロン というカビによるアレルギー反応
気管支炎 肺炎になる病気です

nkh02


カビの胞子を吸い込むことでアレルギー反応が起こりますが

nkh03

このカビ菌は 温度20℃以上 湿度60%以上になると活動をはじめ
高温多湿になるほど繁殖し胞子をたくさん飛ばします

エアコン キッチン 浴室 寝具など
湿気の多いところで繁殖することが多く

マンションなどの部屋の気密性の高さが
カビの繁殖に適した室内環境をつくる要因となり

とくに風通しが悪く湿度が高くなりやすい場所は要注意です


<症状>

乾いた咳がずっと長く続く場合は 疑うべきです
ひどい場合には 呼吸困難が見られることもあります

初期は微熱も出ますが
慢性化すると熱は軽微で 咳だけが目立つようになります

痰をともなうことは ほとんどありません

初期症状(発熱 咳 頭痛)が夏風邪に似ているので
夏風邪と間違えられることが少なくありません

血液検査でトリコスポロンの抗体があることが認められると
夏型過敏性肺炎であると診断されます


<特徴>

毎年 夏になると熱がでて咳がとまらなくなる場合は
夏型過敏性肺炎を疑うべきで

6月~10月にかけて発症し 11月になると治まるのが特徴です

nkh04

また 自宅や職場のカビ菌が原因となるので
旅行などに行って自宅や職場から離れると症状が治まる
場合が多いのも特徴です

nkh05


<治療>

ステロイド薬
軽症の場合は約1週間 重症の場合は2~3週間服用します

短期間の服用なので 副作用はほとんどありません


<対応策>

家の中で トリコスポロンが増殖しやすいところを徹底的に掃除します

nhk06


水洗いできる場所は
通常のカビ取り剤などで除去し 乾いてから消毒用アルコールを塗ります

キッチンや洗面所などの水回りは
カビを除去したら日頃から水はねをふき取り湿気を防ぐ

浴室は入浴後に壁などの湿気をふき取るだけで
カビの発生をおさえることができます

カーテンに隠れた窓辺もカビが発生しやすいので

ホコリや汚れをためないようにこまめに掃除し
エアコンも週に一度は掃除します


エアコンをつけているときは窓を開けない人が多いですが
エアコンは室内の空気を循環させているだけなので
換気にはならなりません

ときどき窓を開けて風を通し カビの胞子などを外に出すことも大切です



2017.08.10更新

夏風邪の治療と予防について解説します


<治療>

夏風邪の治療は 対症療法が中心になります

相手はウイルスですから
抗生剤は効かず
残念ながら インフルエンザのようなウイルスを排除できる薬もありません

scc21

解熱剤や咳止めなどが処方されますが

腹痛や下痢に対する下痢止めの使用は注意が必要です

というのも 

下痢はウイルスを排出するための症状でもあるので
下痢止め薬で便秘になると、症状が長引くことになりかねないのです



<日常生活での対処法>

scc22

@食事


夏バテと勘違いしやすく お腹の調子がよくないのにも関わらず
体力をつけなきゃいけないと 無理に食べてしまうと
余計に症状がひどくなることがあります

かといって 何も食べないと体力が消耗して治りにくくなるので

おかゆなどの消化の良いもの 手軽に食べられるもので
栄養を補うことが大切です

scc23


@水分補給

高熱や下痢・嘔吐により 体内から大量の水分やミネラルが失われるので
しっかりと水分補給することが大切です

scc24

水分補給をするときは 塩分やミネラルも十分に補給する必要があり
熱中症の解説で紹介したオーエスワンなどが便利で有効です


@睡眠

夏バテをして体力が低下している時にウイルスに感染しやすくなりますし
夏場は熱帯夜が続き睡眠が浅くなりがちなので

睡眠をしっかりとって 体力を回復することが重要です

scc25



<予防>

@免疫力を保つことが肝要です

夏風邪をひかないために大切なのは 免疫力と体力を保つことで

そのためにも バランスの良い食事と十分な睡眠が必要で
規則正しい生活リズム 食生活 睡眠の維持が重要です


scc26


@手洗い うがいは風邪予防の基本

外出から帰ったら すぐに手洗い
そして 水やうがい薬を使用してうがいをするように心がけましょう


@タオルを共有しない

冬の風邪は 主に飛沫感染が多いのに対し
夏の風邪は 経口感染が多いのも特徴なので

家庭内に夏風邪を引いている人がいる場合は
バスタオルやトイレの手拭きなどを共有しないようにしてください



<エアコンの功罪>

@上手にエアコンを使い 体力消耗を防ぐ

体力の消耗を防ぐためにも
エアコンなどで室内を快適な温度に保つのが重要ですが

エアコンの温度は高めに設定し タイマーなども活用するとよいでしょう

但し 冷やし過ぎは禁物で 26~28℃くらいが最適です

scc27


@夏風邪の原因としてのエアコン


エアコンの効きすぎで 寒い場所に長時間いると
それがストレスになるだけではなく

既に説明したように
外との気温差に体が慣れず 体温調整が上手くできなくなり
自律神経が乱れ 免疫力が低下してしまいます

室内と屋外の温度差が5℃以上あると 自律神経が乱れがちになりますから
エアコンの設定温度を低くし過ぎないことが大切です


scc28


また クーラーの効き過ぎている職場では
靴下を履く 薄手の長袖を羽織る 膝掛や腹巻などを使用するなどして
冷え過ぎ対策を心がけてください


@寝るときの注意

夏風邪で来院される患者さんの多くが
一晩中エアコンをつけっぱなしにされていて 朝に調子が悪くなられています

エアコンが作動するときは
空気中の水分も一緒に吸収するので水分がなくなり乾燥し
寝ている間に 喉に炎症を起こしやすくなっています

ですから
水を張った洗面器などで湿度を保つ マスクをつけるなどの対処や

寝る前にクーラーをつけて部屋を冷やしておき 寝る前には切る
タイマーを使うといった工夫が必要です


scc29


熱帯夜などで寝苦しいのは事実ですが
エアコンをかけっぱなしにしていると 体力を削がれ 喉をやられてしまう

ジレンマです

睡眠の質を保つには 寝入りから3~4時間の間の睡眠が重要なので
タイマーなどでその間だけ冷えるように調節するのが
いちばん良いと思われます

また扇風機の風が直接当たると 睡眠の質が落ちるので要注意です


scc30


2017.08.09更新

代表的な夏風邪といえば

手足口病 ヘルパンギーナ プール熱 です

scc11

それぞれについて解説します


<手足口病>

今年 大流行している夏風邪で
コクサッキーA6 A16 エンテロ71ウイルスによって起こります

咳 くしゃみ 鼻水などによる飛沫感染 接触感染
おむつ交換時の糞便感染などにより感染し
3~6日間の潜伏期間を経て 症状が出てきます

scc13

微熱や食欲不振からはじまり
手の平や指の間 足や足の裏 ひざ 舌や唇 口の中などに
赤い発疹が現れるのが大きな特徴です


scc12

水泡は 赤くて米粒大ほどもあり 全身に出る人もいます

scc12a

38℃以上の高熱が出ることは少なく
ほとんどの場合 3~7日で回復します


以前は2歳以下の子どもだけの病気と思われていましたが
最近は大人にも しばしばみられることが報告されています

そして 子どもの場合は ほとんどが軽症で済みますが
大人の場合は 痛みがあったり高熱を発したりして
寝込むケースも少なくありません


大人が感染する場合は その大半が子どもからの感染で
夏風邪 手足口病の症状のある子どもがいる場合は
十分に注意する必要があります

子どもの食べ残しを食べない 食器やタオルは別にする
咳やくしゃみが出ている場合はマスクをさせて感染を防ぐ
といった対処が必要です



<ヘルパンギーナ>

エンテロウイルスのコクサッキーA群の感染で起こります

感染者のくしゃみや咳を浴びた時に感染する飛沫感染が多く
潜伏期は2~4日です

scc15

口内に水疱が多数でき
喉の奥が真っ赤になり プツプツとした白い水疱ができて
食べ物や飲み物を口の中に入れられないほど痛みを感じる場合もあります



scc14


突然39度前後の高い熱が出て その後38~40℃の高熱が2~3日続きますが
通常は3~4日で症状も改善して治ります

コクサッキーA群の複数のウイルスが原因となるため
何度もかかることがあります


幼い子供が感染しやすいウイルスですが 成人でも発病することがあります



<プール熱・咽頭結膜熱>

アデノウイルス感染により発症します

飛沫感染や咽頭分泌物や目やになどからの接触感染が主たる感染経路で
感染者がウイルスの付着した手でタオルや物を触り
感染していない人がウイルスの付いた部分に触れて目や口に触れると感染します

結膜や目やになどからも感染するため
同じタオルを使うことで感染するケースも少なくありません

scc17

潜伏期間は5日〜6日程で
目が真っ赤に腫れあがり 結膜炎を併発するのが特徴的です

発熱 喉の発赤 結膜炎 が3大症状で
38~40℃前後の発熱が3~7日間続きます


scc16

感染力が強いため
学校保健法で「主要症状が消失した後 2日経過するまでは登校できない」
と指定されています


大人の感染の大半は プール熱の子供を看病しての二次感染によります


scc18

通常 大人が感染しても症状は子供ほどひどくはならないと言われていますが
発熱や頭痛は子供よりもひどくなるとの報告もあります



2017.08.08更新

今年は例年より 夏風邪で来院される患者さんが多いので
夏風邪の解説をすることにします

風邪というと冬のイメージですが 夏でも風邪をひくことが意外に多いのです

scc01



<夏風邪は長引く>

夏風邪は冬の風邪と異なり 症状が長引くことが多い

風邪と自覚されず 夏バテ 熱中症と勘違いされ
放置されることが多いからです

夏バテは 夏の暑さによって水分不足になったり 内臓が疲れたりして
疲労感 だるさ 食欲不振にはなりますが 熱は出ません

ですから 微熱で体がだるい場合は 夏風邪の可能性が高い

但し 夏バテによって体の免疫力が落ちると 夏風邪を引きやすくなります

scc02


また体力 免疫力が低下しているので
一度治っても別の種類の夏風邪ウイルスに感染しやすく 長引いてしまいます



<夏風邪の症状>

夏風邪はよく お腹の風邪と呼ばれますが
冬の風邪と大きく異なるのが 腹痛や下痢が高頻度にみられることです

夏場はエアコンなどで体が冷えるので お腹を壊しやすい状況にありますが
何日も下痢が続く場合には 夏風邪を疑ってみる必要があります


scc03


喉の痛みも 夏風邪に特徴的な症状です

空気が乾燥しているわけでもない どちらかというと湿気が多い夏場に
喉が痛くなって咳が出始めたら要注意です


もうひとつの特徴的な症状が 口内や手足の水疱

scc03a

水疱が破けたときに激痛が走り
ツバを飲み込むのもためらってしまうほどです



<夏風邪を起こすウイルス>

風邪の原因の80~90%はウイルスですが
夏風邪を引き起こすウイルスは 高温で湿度の高い環境を好みます


scc04

代表的なのが エンテロウイルス アデノウイルス ライノウイルス

エンテロは腸 アデノは喉を意味することからわかるように
夏風邪をひくと お腹をこわしたり 喉が痛くなりやすいのは
これらのウイルスの性質のためです


エンテロウイルスは
コクサッキーウイルス エコーウイルスなど10種類以上のタイプがあり
感染すると 胃腸障害を伴うことが多い

scc06



アデノ
ウイルスは
喉の痛み 苦しくて激しい咳 発熱 結膜炎が主たる症状ですが
下痢や胃腸炎をもたらすこともあります

scc07

エンテロウイルスもアデノウイルスも子供の感染が多いのですが

ライノウイルスは
大人に多い鼻かぜウイルスで 鼻水が特徴的な症状です

scc08



<なぜ夏風邪にかかるか?>

過度な冷房などにより 室内と屋外の温度差が大きくなりすぎると
自律神経が乱れて体温調節が上手くできなくなり
免疫力が低下して風邪を引きやすくなり 症状が長引いてしまいます

自律神経の乱れを防ぐには
室内の温度を25~28℃にすると良いとされています

scc9a


また 高温多湿の環境やクーラーの使い過ぎによる夏バテも影響します

scc09

蒸し暑い夏は 食欲不振や倦怠感などで体調を崩しやすくなり
熱帯夜のせいで睡眠不足にもなり 生活スタイルが乱れがちです


高温多湿の環境は 夏風邪のウイルスを活性化させる一方で
人間の体力と免疫力を低下させるのです



2016.11.26更新

厚生労働省は11月25日に

全国的にインフルエンザの流行シーズンに入った と発表しました

ifl16s1

11月14日から20日までの1週間に
定点観測をしている医療機関からの患者さんの報告数が
流行開始の目安となる 定点あたり1.0を上回ったそうです

沖縄 栃木 福井 北海道 岩手 石川 群馬などでは
報告数が2.0を越えています


また 東京都福祉保健局も24日に

都内での患者さんの報告数が1.57となり
東京都でもインフルエンザの流行が始まった と発表しました


中央区でも
休日診療所を20日 23日に受診された患者さんの
約1/3ほどの約20名が インフルエンザの疑いで受診され
インフルエンザA陽性の方が それぞれ3名おられたそうです


昨シーズンは 年明けの1月15日に流行開始が発表されたので
今年は1か月以上も早い!


下の折れ線グラフの赤丸が今シーズンですが


ifl16s2


12月に大流行して 年明けにはピークが過ぎていた一昨年(紺色)と
ほぼ同様の立ち上がりを見せています


ちなみに 昨シーズンは 1/15に流行開始が宣言されてから
約2週間ほどで
定点あたりの報告数が10人を越えて 流行注意報が発令されました

そうしたことを考慮すると
これから徐々に気温も下がり 空気も乾燥してきますから

12月になると かなりの勢いで流行してくるかもしれません


インフルエンザの予防接種の効果が現れるまでに 約2週間必要ですから

まだワクチン接種されていない方は
大急ぎで接種されることをお勧めします


ifl16s3




下の地図のオレンジ色や黄色で示された
世田谷 大田 中野 葛飾 練馬などでは患者さんが多いようですから
それらの地域にお住まいの方 勤務されている方は
特にお気をつけください


ifl16s4


中央区は まだ患者さんの数は少ないようです


また 小学校(下図の棒グラフの緑色の部分)での流行が増えていて
学級閉鎖の数は昨年同時期の4倍程度です

ifl16s5


小学生のお子さんがおられる方は
感染予防や健康管理に 充分に気をつけてあげてください



東京都のHPにも出ていましたが
インフルエンザの対策のポイントは下記の4つです

ifl16s6


@こまめな手洗い

外から帰ったら 必ず手を洗う習慣をつけること

効果的な手洗い方法は こちらを参考にされてください

ifl16s7


@充分な休養・栄養・水分補給

気合いだけでは予防しきれませんから

体力 抵抗力を充分に保つために
栄養と水分をたっぷりとって よく寝ることが大切です


@咳エチケット

くしゃみや咳のしぶきには ウイルスがたくさん存在しています

ifl16s10


人さまに迷惑をかけないためにも 咳をしている人はマスクをしましょう

ifl16s9

また 咳をしていなくても
人込みではマスクをしていると予防効果があるようです

ifl16s8


@適度な室内の加温・加湿

インフルエンザウイルスは
寒くて乾燥している環境が大好きで繁殖しますから

ifl16s12

室内を暖かくして 特に就寝中などは 室内の加湿を心掛けてください


インフルエンザにかかると
ご自身も熱や悪寒で苦しむことになりますし
会社も休まなくてはいけなくなります

そんなことにならないですむように
早目にワクチンを接種され 日常生活でも予防対策をとられてください



今日は 土曜日のネコブログの予定でしたが
厚労省と東京都からのインフル流行の発表がありましたので
急遽ネタ変更になりました

ifl16s11

最近 ネコネタが枯渇気味だったので
ちょっとホッとしている書き手でした(苦笑)



2016.11.10更新

かぜシリーズの最後に
今年 大流行の兆しが見える マイコプラズマ の最新情報を提供します


マイコプラズマは 非定型性肺炎を起こす原因として紹介しました


かつては流行のタイミングが4年に1度のペースで
ちょうど夏季オリンピックの開催年に重なっていたことから
「オリンピック病」と呼ばれたこともありました

そうか 今年は リオ・オリンピックだったし、、、

というのは ちょっと早とちりで(笑)

ソウル・オリンピック(1988年)を最後に
このような4年周期の流行の規則性はなくなっています


日本で最後に大流行が見られたのは  2011~2012年シーズンでしたから

それからすでに 4~5年が経過しており
いつ流行がみられてもおかしくないとされていましたが

国立感染症研究所の10月の発表によると

今年10月のマイコプラズマ感染者の報告数は
2011~2012年シーズンの同時期のそれを上回っています

mcp1

 

赤のグラフが 今年の患者さんの数です

ご覧のように 東京都内でも患者さんの報告数が増えています

mcp2


また 世界的にもマイコプラズマ肺炎の患者さんの増加が報告されていて
今年は当たり年になりそうな気配です



で マイコプラズマ肺炎 って なに?

mcp3
マイコプラズマ・ニューモニエ

という微生物により引き起こされる肺炎で
1年を通じてみられ 冬にやや増加する傾向があります

子どもや若者に多くみられ
近年の報告では 約80%が14歳以下で発症しており
そのピークは小学校低学年(7~8歳)です

mcp4

 

大人では その病状は一般に軽く 肺炎に至る例は感染者の3~5%で
多くは感染しても 上気道炎 気管支炎などですみます



さて このマイコプラズマ

mcp5


自己増殖可能な最小の微生物
ウイルスと細菌の中間的な性質を有する病原体です

ウイルスのように 他の生物の細胞の力を借りて増殖するのではなく
細菌と同様に自分の力で増殖しますが

ウイルスに近いほど小さく その外側には細胞壁はありません

mcp6



マイコプラズマは

*患者さんの咳のしぶきを吸い込んだり
*患者さんと身近で接触したりすることで感染し

mcp7

家庭のほか 学校などの施設内でも感染の伝播がみられます

感染力が強く 家族内感染が多く見受けられるので
すでに診断された人が身近にいるかどうかが 診断に重要な情報になります


このように 感染経路はかぜやインフルエンザと同じですので
予防のためには 普段から 手洗いをすることが大切で

また 患者さんの咳から感染しますので
咳の症状がある場合には
マスクを着用するなど咳エチケットを守ることも予防上大切です



感染してから発症するまでの潜伏期間は長く 2~3週間くらいで

そのため 感染拡大の速度は遅く


mcp8

 

人が多く集まる保育園 学校 会社 病院などでは

施設内で流行が始まると
それが落ち着くまで 何か月もかかってしまうこともあります



代表的な症状は 発熱 と  で


mcp10

 

咳は 乾性咳嗽と呼ばれ 痰をともなうことが少なく
発熱から数日遅れて出現することもあり 経過に従い徐々に強くなり
熱が下がっても 頑固な咳が長く続く(3~4週間)ことも多い

また 全身倦怠感 頭痛 筋肉痛 関節痛などを伴うこともあります



2015年にマイコプラズマ抗原簡易検査キットが販売され
インフルエンザや溶連菌と同様に
より早期により簡便に測定できるようになりました (保健医療です)


mcp11




治療は 抗生剤を用います

抗生剤の中には
細菌の壁を壊すことで効くものが多くありますが

マイコプラズマは細胞壁がないので このタイプの抗生剤は効きません

したがって マイコプラズマに効果があるのは
細胞壁には作用せずに効果を示す抗生剤で

*タンパク質合成を阻害する マクロライド系 


mcp12


*DNA合成を阻害する ニューキノロン系

mcp13

 

という種類の抗生剤が用いられます



ということで 

最初に述べたように
今年はマイコプラズマの当たり年になりそうですから

頑固な咳でお悩みの方は 早目に受診されてください



2016.11.09更新

ウイルス性のかぜであれば わざわざ医療機関を受診しなくても

家で安静にして 水分や栄養を充分に補給して
暖かくして たっぷりと睡眠をとれば 1週間ほどで自然に治癒します


しかし 忙しい方は そうそう家でのんびり休めないでしょうし
症状がつらくて 我慢できないことも多い

そんな訴えで来院される患者さんには お薬を処方します

でも、、、

<かぜは薬で治るのか?>

患者さんの多くは

*症状がつらいから 早く治して欲しい
*仕事が休めないから 一発で治る注射をして欲しい

といった希望を持たれて 医療機関を受診される場合が多いです

ccs61

しかし そうした期待に沿えずに申し訳ありませんが
残念ながら かぜを一発で治せるような薬や注射は ありません


かぜで処方される薬は 症状を和らげる薬(対症薬)です


ccs62



つまり 薬はかぜを根本的に治すものではなく
あくまで症状をやわらげる手助けをするものにすぎず
内服したから早く良くなったり 悪化を防ぐわけではありません


かぜで当院を受診される患者さんに よくお話しするのですが

かぜを治すのは あくまで患者さんご自身の体力や免疫力であって
薬は症状を和らげますが 根本的に治すわけではありません


かぜを治すには 薬を服用するだけでは不充分で

*安静にして
*水分や栄養を充分に補給して
*暖かくして たっぷりと睡眠をとる

ことが不可欠です

そして 薬を飲んでも 1日や2日では治りません
体力 免疫力で治すのですから 改善するのに数日はかかります


なるべく早く患者さんのかぜを治して差し上げたいのですが
上述したような事情を ご理解いただけると幸いです



<かぜに抗生剤は必要か?>

一方 問題となるのは かぜにおける抗生剤の使い方です

以前にご紹介しましたが

不必要なシチュエーションで抗生剤を使用することは
百害あって一利なしです

ccs63



不適切な抗生剤の使用は
抗生剤に耐性を持つ細菌を増やしてしまうことになり
結果として 人類全体に不利益をもたらしてしまいます

ですから 世界保健機構・WHOも 各国の医療・保健機関も
安易な抗生剤投与に警鐘を鳴らし その対策を積極的に行っています


ましてや これまでにご説明しましたように

かぜの原因のほとんどは 細菌でなくウイルスなので

ccs66


かぜに抗生剤を投与しても 効果は期待できません


抗生剤は ウイルスには無力なのです


ccs67

そして 基礎疾患のない若い方の多くは
抗生剤など使わなくても 対症療法だけで自然に治癒します



もちろん 原因がウイルス以外の
細菌もしくは非定型病原体による場合は
それぞれに適した抗菌薬を投与します

抗菌剤を使うべき状況としては

*痰に色がついたり ねばねばした汚い痰がでたり
*咽頭への白苔の付着が見られ

細菌感染の合併が疑われる場合

*熱が1週間以上も続く場合

などがあげられます



一方 欧米の学会では 不適切な抗生剤使用を避けるための手段として

*かぜで来院された患者さんに対しては
 受診当日に抗生剤を処方せず 再受診時に処方する
*最初に処方する場合は 症状が悪化してから服用するように指示する

といったことが推奨されています

ccs64


かぜで受診されて
早く治したいので抗生剤をくださいと希望される方は
実際のところ少なくありません

世の中の “抗生剤信仰” は かなり根強いのが事実です


ですが これまでに説明しましたように

原則的に かぜには抗生剤は効きませんし
不適切な抗生剤の使用は 結果的に人類に不利益になります

ですから 抗生物質の処方を希望されていても
症状 診察所見などから抗生剤は必要ないと判断される患者さんには
その旨を説明するのですが

正直なところ 説明が上手くいかず
納得していただけないことも多々あります

そうした場合は
患者さんも医者も お互いにフラストレーションが溜まってしまいます

ストレスは かぜに良くないのですが、、、(苦笑)


ですから 抗生剤は必要ないと思われる状況なのに
どうしても抗生剤が欲しい と希望される患者さんには

上記のことをよく説明して

抗生剤は処方しますが 予防的に飲むのはやめてください
高い熱が出てきたリ 汚い痰や鼻水が出てきたら
そのときに服用してください

とお話して ご理解いただくようにしています

2016.11.08更新

かぜの予防法と 
医療機関を受診した方がよいタイミングについて説明します


<予防法>

@手洗い

手洗いは 最も効果的な予防法とされています

ccs41


*家に帰ったら 石鹸 流水で汚れを落とすようにする

*モノを触る前 触ったあと 食事をする前に
 速乾性アルコールで手指消毒をする

こうしたことを 特に冬の間は 習慣にしてください

ccs42

最近は飲食店などで 速乾性アルコールが置いてあるところもあります

当院でも受付に速乾性アルコールがありますので
来院された際 お帰りになる際に 手指消毒されることをお勧めします


手洗い方法のポイントは

*流水と石鹸で 約15~30秒かけて洗う
*指の間 親指の根元 爪などを 特に注意して洗う

ccs43


速乾性アルコールによる手指消毒も 同様に行います

洗い残しが起きやすいのは こうした部位ですので
特に注意して洗ってください

ccs44


「あわあわ手洗いのうた」の動画を見ると参考になります

このうたを見ると 医学生のときの外科実習で
手術室の手洗い場で 手洗いを習ったことを思いだします

あの頃は こんな解りやすいのは なかったな(笑)


@うがい

手洗いと同様に よく推奨されますが
最近は 手洗いほどの効果は認められないとする説もあります

ccs47

また うがいをするにしても 
わざわざヨードやイソジンでする必要はなく
水で充分とされています


@マスク

かぜをひかれている方が
自分のくしゃみや咳で ウイルスをまわりにまき散らさないことが大切です

ccs45



また 人ごみの多いところ 満員電車などでは
予防的にマスクを着用することで ウイルスの侵入を防ぐことができます


ちょっと脱線して恐縮ですが
マスクをしている女性は とても美人に見えることがあります

目力が強調されるからでしょうか?

ccs46

そして マスクをとると えっ? ということもあります(苦笑)



@手で顔を触らないようにする

かぜは 手に付いたウイルスが
その手で目 鼻 口などを触ることによって感染します

ドアノブ 電話などに付着したウイルスが
数時間も生存することが報告されていますから

外出先などで 知らぬ間に手にウイルスが付着していることもあり得ます

ですから 外出時に
手で 口 鼻 目を なるべく触らないことが必要です


@日常生活での対策

*生活環境を暖かく保つ
*早く休んで 温かい食べ物をとり 栄養補給する
*水分を充分にとる
*睡眠を充分にとる
*室内の加湿・加温を心掛ける

といった注意が必要です

ccs52

かぜを根治させるのは 本人の免疫力と体力ですから
充分に栄養と水分を摂って 暖かくして よく休む のが基本です

また ストレスはかぜのリスクになりますから
上手くストレスと付き合うことや

習慣的な運動はかぜのリスクを減らしますから 適度に運動することも

かぜの予防には大切です



<医療機関を受診した方が良いタイミング>

かぜは 自宅でよく休んで 栄養や水分を充分に補給していれば
自然に1週間程度で改善する病気ですが

ccs18

早目に医療機関を受診して治療を受けた方が良い状態もあります


@症状では

*39℃以上の発熱があり 悪寒戦慄があるとき
*鼻汁が 黄色や緑の混濁したものになってきたとき
*咽頭痛が激しく 喉が腫れているとき
*咳が激しいとき
*咳をすると胸が痛む 呼吸が苦しい 血痰がでるとき

ccs49



@患者さんの背景としては

*65歳以上の高齢者
*慢性呼吸器疾患 心疾患 糖尿病がある人
*妊婦

ccs50



@症状の時間的経過としては

*1週間前後で治癒しない場合
*いちど治りかけたのに また悪化する場合


こうした場合は

ウイルスによる最初の症状の改善後に
二次性の細菌感染が起きている可能性がありますから

早目に医療機関を受診してください



<いちど受診したあとでも 再受診した方が良いとき>

かぜの症状が完全に出そろうには 2~3日かかることが多いので
症状が出てからすぐに受診した場合は
かぜの症状が出揃っていないことがあります

ですから いちど医療機関を受診して治療を開始した後に

*症状が変化してきた場合
*治療により一旦症状が改善したあとに 再度悪化する場合
*治療中にもかかわらず 38℃以上の熱が出現する場合

などは 治療方針を修正する必要がありますから
再度 医療機関を受診することをお勧めします



医療機関を受診される際には

*最初はどんな症状があって
*それが どのように変化していって
*現在いちばんつらいことは何か

を 具体的に話されると 医者も判断がしやすいです

ccs51


また 高い熱が出たことがあるかどうかも
併せてお話しいただけると さらに診断の手助けになりますから
宜しくお願いします



2016.11.03更新

前回お話ししたように
かぜの主症状は 鼻水 喉の痛み 咳や痰 ですが

それぞれの症状を呈するものの かぜとは異なる重篤な病気があります

単なるかぜだと思っていて こうした病気の診断が遅れると
厄介なことになりますから注意が必要です

それぞれに思い当たる節がある場合は 早目に医療機関を受診してください


<注意すべき鼻水>

@副鼻腔炎

鼻水を中心としたかぜとの鑑別が必要なのは 副鼻腔炎です

副鼻腔というのは 顔面にある洞穴のような部位で
鼻や咽頭で起こった感染が この洞穴にも波及すると 副鼻腔炎になります

ccs21

副鼻腔炎に特徴的な症状 臨床経過は

*かぜをひいたあと 10日間以上 症状が続いて改善しない
*いったん改善したあとに 再度 頭痛 顔面痛 咳などがでてくる
*片側の顔面が痛い
*うつむいたときに前頭部や頬部が重い
*黄色や緑色の膿性の鼻汁がでる

といったことで こんな症状や経過があれば 副鼻腔炎が疑われます

喉の痛みや 咳が軽く
症状が鼻水や顔面痛などに集中しているのも
副鼻腔炎を疑わせる所見になります


ccs22


副鼻腔炎も 
ライノ パラインフルエンザなどのウイルスによるものが多く
細菌によるものは2%程度ですが

症状がひどい場合は 細菌性を疑い 抗生剤治療を行います


@アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎も 鼻水を主訴とするがぜと紛らわしい病気です

*鼻の症状だけで 咽頭痛 全身倦怠感などの症状がない
*症状の発現に季節性がある

といったことがアレルギー性鼻炎の特徴で かぜとの鑑別点になります



<注意すべき喉の痛み>

@扁桃炎 咽頭炎

咽頭痛を中心としたかぜとの鑑別が必要なのは 扁桃炎 咽頭炎です

細菌性の場合は 強い嚥下時痛をともなうのが特徴で
ウイルス性では食後に改善しますが 細菌性では改善しないとされています

それだけ細菌性の症状が強いということです

喉の痛みだけが強くて 鼻症状を欠く場合
扁桃炎 咽頭炎を疑います

ccs23


@A群β溶連菌性咽頭炎

小児に多い病気ですが 大人でも10%ほどに認められます

急な38℃以上の発熱 咽頭痛で発症し
扁桃に 白苔をともなう発赤があるのが特徴です

流行性が強い病気で 家庭でお子さんからうつされることが多い

ccs24


インフルエンザと同様 簡単な迅速診断キットで診断できます

当院でもキットによる診断を行っていますから 
心配な方はご相談ください


これら以外にも 喉の痛みを主訴とする病気には

*扁桃から周囲の組織に炎症が波及してしまう 扁桃周囲炎

*扁桃周囲の結合組織に膿瘍(膿み)が形成される 扁桃周囲膿瘍

などの病気があり

食事もとれない 唾をのみ込むのもつらいほどの激しい痛みや
口が開けられないといった激烈な症状を呈します

内科では対応が困難で 処置や治療に緊急性を有することもあり
耳鼻咽喉科の先生に処置をお願いすることになります



<注意すべき咳 痰>

@百日咳

あまりのひどさに吐いてしまうような咳 夜眠れなくなるような咳
長く続く場合は 百日咳を疑います


@細菌性肺炎

ccs25



*悪寒をともなう38℃以上の発熱がある

*上気道症状が先行し いったん改善後に 発熱をともなう症状がでてくる
*鼻水や咽頭痛を ともなわない
*咳が1日中出て 寝汗がある
*呼吸数が1分間に25回以上ある

といった場合には 細菌性肺炎を疑います

また 38℃以上の発熱がなくても
高齢者や呼吸器の基礎疾患がある人が 寝汗があれば 肺炎を疑います


ccs26


こうした症状が月単位で続く場合には 結核も疑わなければなりません

いずれも 抗生剤治療が必要ですから
思い当たる節がある場合は 早目に医療機関の受診をお勧めします


@非定型肺炎

咳や微熱が1~2週間続く または 38℃以上の熱が3日以上続く
なおかつ 鼻汁 咽頭痛もある場合は
マイコプラズマ クラミジア レジオネラなどによる非定型性肺炎を疑います


ccs28


これらの病原体は 細菌とウイルスの中間的存在なので

肺炎とかぜの両方の症状を示すのが特徴です

また 流行性が強いので
最近流行っているかの情報も 診断の参考になります

やはり 抗生剤治療が必要です



一方 かぜのあとに 何週間にもわたり長引く咳には
ウイルスや細菌の感染が関係しない病態もあります


ccs29


こうした状態は 遷延性咳嗽 慢性咳嗽とよばれ
さまざまな原因により起こります

ccs31



@感冒後咳嗽

*咽頭痛に続いて咳が出てきて 喉は良くなっても咳が続く
*数週間にわたって持続することもある
*咳以外の症状はない
*夜 床につくと咳が強くなる

こうした症状の多くは
病原体排出後の気道上皮の修復過程で起こってくる反応性のものなので
心配な病気ではありませんが

患者さんは 肺炎や肺がんを心配して受診することが多いのも事実です


注意すべきポイントは

かぜの症状がいったん改善したあとに
膿性痰をともなって増悪するかどうかで

そうしたときは 肺炎などが疑われますから要注意です


@咳喘息

かぜが治ったあとに咳が続き 咳喘息に移行することもあります

*夜間から早朝にかけて悪化する 眠れないほどのひどい咳がある
*症状に 季節性 変動性がある

といったことが特徴で 吸入薬で改善することが多い病態です

ccs30



繰り返しになりますが

鼻水 喉の痛み 咳や痰 などが
ほぼ同時やわずかな時間的差異で現れてくる場合は 
かぜと考えて間違いありませんが

*どれかひとつの症状が 他の症状をともなわず 持続する場合
*他の症状が改善したのちに ひとつの症状が持続する場合は

上述の病気の可能性がありますから  早目の医療機関の受診をお勧めします



2016.11.02更新

かぜは ヒトからヒトへとうつるのが 厄介ですが

では かぜはどうやってうつるのでしょう?


<かぜのうつり方>

かぜの感染経路には

*飛沫感染

*接触感染

*空気感染


の3種類があります

ccs10


@飛沫感染

感染している人の くしゃみや咳に含まれるウイルス
他人の鼻や口に直接入ることで起こります

ccs11

かぜをひいて 咳をしている人は
こうした飛沫感染を起こさないためにも マスクをすることが大切です

いわゆる 咳エチケット ですね


@接触感染

*感染している人との直接的な接触や

*ウイルスが付着した環境表面を触る間接的な接触
 

により起こります

意外に盲点なのが 間接的な接触による感染で
なにかに付着したあと そこで2時間~数日生き続けるウイルスもいます

それを触った手で目や鼻や口を触ると 感染してしまうわけです

ccs12


ウイルスが侵入してくる部位は 目や鼻や口ですから
満員電車などの 多くの人がいる状況で 何かものを触ったときは
その手で目や鼻や口を触らないようにすることが予防になります


@空気感染

くしゃみや咳の微細な飛沫が空気を浮遊して
それを吸引して感染する場合ですが

飛沫感染や接触感染に比べると はるかに低頻度で
かぜの感染の原因としては少ないです



<かぜの症状>

ウイルスが感染すると 細胞のなかで増えはじめて
3~4日すると充分に増殖して細胞に障害を及ぼすので 
症状が出てきます

この 感染してから症状が出るまでの期間が 潜伏期です


かぜの症状で特徴的なのは 多彩な症状が出ることです

くしゃみ 鼻水 鼻詰まり 喉の痛み 咳 発熱 頭痛 倦怠感などが
急に でてきます

ccs14


これこそが ウイルスによるかぜの特徴で
細菌によるかぜとの大きな鑑別ポイントになります


なぜなら 細菌によるかぜでは

細菌が感染した部位の症状しか出ず

ウイルス感染のように
多彩な症状がいちどに出てくることはありません


治療の説明で詳しく述べますが
かぜの原因が ウイルスか細菌かを見極めることが大切で
それにより治療方法が異なってきます


ですから 
色々な症状が次々とでてくるか?

それとも
喉なら喉だけずっと痛くて 鼻水や咳は出ないか?

そのあたりの情報が とても大切になります



さて 症状の中心となるのは 以下の症状です

*くしゃみ 鼻水 鼻づまりなどの 鼻の症状

*喉の痛みなどの 咽頭の症状

*咳や痰などの 下気道の症状



ccs15



多くの場合 咽頭痛がまず起こり
少し改善したあとに 鼻の症状が出てきて 最後に咳が続くことが多い

このように 時間経過により症状が変化することは 珍しくありません


また
 
いったん症状が改善したあとに 再び症状が悪化する場合や

*膿性の痰がでてくる場合には 

要注意です


というのも 

最初の症状はウイルスによるもので
それが改善したあとに 再度症状が悪化する場合は
二次性に細菌感染が起こっている可能性があるからです

こうなると 抗生剤治療が必要になってきますから
上述したような症状の二峰性の変化があれば すぐに受診してください



治療をしないと 症状は3~10日間ほど継続し
2週間ほど続くこともあります

ccs18



患者さんは 咳 痰 鼻汁などに2週間程度はウイルスを排泄しえますが
排泄のピークは発症2日目で 3日目以降は低下傾向になります

発症してすぐは 人さまにウイルスを撒き散らしやすいわけですから
マスクをするなどして対処するようにしてください

ccs17

 


前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら 高橋医院 メールでのお問い合わせはこちら